トランキリティの森

日々の出来事+時々猫

動物病院には行けず

2017-08-10 16:25:43 | 白い花

タケニグサ(竹似草)である。
6月くらいから、ニョキニョキと伸び始めて葉っぱを広げ、7月頃から花が咲き始める。
大きいものだと2mを越すので、道路脇に咲いているのは目立つ。
この直立した中空の太い茎が竹に似ていることが、名前の由来と言われているようだ。
花は白い紐状のものが広がっている。
これは雄しべで、花びらはない植物だ。
アルカロイドを含む有毒植物でもある。


今日は朝から曇り空。
たまに霧雨が降ったりしていたが、気にならない程度のもの。
気温は低く、窓から吹き込んでくる風はひんやりしている。

昨夜はお風呂で沈没しかかり、フラフラ状態で布団になだれ込んだ。
一緒に寝ている娘は、車中で朝も昼も夕方も眠っていたため、帰ってからも元気。
勿論、それに構っていられないので、さっさと寝てしまったが、娘が布団に入ったのに気付かなかった。
それくらい熟睡できるのは、年に何度もないのだが、かなり疲れてたんだろうな。

それでも5時過ぎに一度目が覚めた。
頭痛がひどかったので、鎮痛剤を飲みに起き出し、また布団に。
次に目が覚めたのは7時半近く。
慌てて起き出した。

だんなは既に起きていて、出勤の支度をしていた。
昨日は行程の2/3は運転していたはずなのに、何でこの人はこんなに元気なんだ??
簡単に朝食を済ませてだんなは出勤。
私も食事を済ませ、最中を病院に連れて行こうとしたのだが...。

いないのである。
最近は台所に置いてある段ボールの中で過ごしているのに、今朝はいなかった。
だんなは朝、カリカリを食べてたぞと言っていたので、気配を察して逃げたかとため息。
まあ、11時半までに戻ってくれば、ギリギリ行けるかと諦めた。

息子は10時過ぎに起こしたのだが、降りてきたのは10時半を過ぎてから。
遅い朝食をとらせ、11時を過ぎてから試験会場まで送って行った。
初日は社会から始まったのだが、2教科受ける子は10時半試験開始だった。
息子は1教科だけだったので、11時半から。
終わるのは18時なので、その頃に迎えに行かねばならない。

さて、最中はとうとう帰ってこなかった。
外でいつも寝ている場所も確認したが、姿なし。
このところ、家で過ごしている時間の方が長かったので、何かあったのではと心配している。
娘が周辺を見てきたけれど、死体はなかったとのことなので、車に轢かれたわけでもないようだ。
本当にどこに行ったんだろう??

明日の模試は9時半開始だが、こちらも理科を2教科とってればで、1教科だと10時半から。
何れにしても送って行かねばならないので、帰ったら確認しないと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日の山形話。
博物館では「森の妖精ー不思議な生き物、粘菌」を、
美術館では「高橋コレクション・マインドフルネス2017」を開催していたのを見に行った。

ちょうど、高校総体を天童市を中心に開催中で、高校生は県内の施設は無料になっていたみたい。
博物館の方は無料開放日だったので、入館料は4人ともかからなかった。
美術館は高校生のみ無料だったが、生徒手帳が必要だったので、ダメであったが。
そのせいか、高校生の集団が結構来ていた。

粘菌は存在を知ってから興味を持ってはいたけれど、専門的なことは全く知らない。
南方熊楠や昭和天皇が研究を行っていたことも初めて知った。
専門的な粘菌の世界を説明したDVDが流されていたので、見ていたけれど面白かったな。
でも、子供にはかなり難しい話だったし、私もよく分からない部分も多かった。

粘菌の模型が可愛らしくて、写真撮影ができないのが残念であった。
あれのマスコットがあったら、絶対に買ってきたんだけどなあ。


美術館の方は精神科医・高橋龍太郎氏が収集した、現代アートのコレクション展。
1990年代以降の、日本の現代に術を俯瞰できる作品群の一部を展示したもの。
面白かったけれど、結論としては「何でもやった者勝ちである」ということだろうか(笑)

素人から見れば、ただキャンパスに油絵の具を塗りたくっただけでも芸術。
ゴテゴテと小物をくっつけたものを並べただけでも芸術。
箱をただ置いただけでも芸術。

「見ていても何だか分からない」と子供達がぼやいてたが、まさにその通りかも。
「落書きとの境界ってあるの?」と息子に聞かれ、ないんじゃないと答えるしかなかった。
「常設展の絵を見てホッとした」とはだんなの弁。

現代美術はあまりに何でもありすぎで、しかもわけの分からない物も多く、ゆったりした気分になれない(笑)
それでも、あ、これなら家に飾りたいと思うものもあって、楽しくはあったけれど。


帰りは蔵王を通ろうと言っていたのに、雨のせいで通行止。
台風の影響か、山形から宮城へ山を越えて抜ける国道なども、あちこちで通行止になっていた。
これだけが残念だったが、天気のことだから仕方ない。
気候が良くなったら、また行ってみたいなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 山形へ | トップ | 会って怖いのは人間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (八丁堀)
2017-08-10 21:42:15
こんばんは。

最中ちゃん、何所へ行ったんでしょうね。
家の中で過ごす時間が長かっただけに、これだけ長い
時間行方が分からないと、心配しますよね。

轢かれていないとなると、何所かで長居をしているかも。
最中ちゃ~ん、飼い主さんが心配しているから、
早く帰っておいで!
帰ってきました (きおねこ)
2017-08-11 16:13:52
八丁堀さん、こんにちは。
最中は暗くなってから帰ってきましたよ。
もう、確信犯かと思うほどでしたね。
明日も朝からいなかったら、完全に病院に行くのを察してますね(笑)

大概、最中も敷地内ならいる場所は決まっているのですが、今回はどこにもおらず。
猫おばさんとこに避難していたのでは?という話まで出てました。
さて、明日はどうなるでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。