しかぜきょうこの1日1枚+

スペイン在住フラメンコ研究家/通訳コーディネーターによるフラメンコCD紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マリア・メスクレ

2010-06-08 16:14:55 | カンテ
ハエンの山奥に生まれコルドバやセビージャを流れるグアダルキビル川。
その河口の町サンルーカル・デ・バラメーダ。
セビージャのフェリアでよく飲まれるマンサニージャという
ヘレスのフィノより軽やかな飲み口が特徴であるシェリー酒の一種の
生まれ故郷であり、おいしい魚介類とうまい酒のある海辺の町。
この町生まれの22歳、マリア・メスクレのデビューCD。
5月29日に地元サンルーカルで発表コンサートを行ったばかりだ。
そのコンサートにはマノロ・サンルーカルもやってきたという。

本名、マリア・デ・ロス・アンヘレスマリア・デ・ロス・アンヘレス・ロドリゲス・クエバス。
高祖父フェルナンド・エル・メスクレはシルベリオ・フランコネッティ時代のシギリージャ歌い、曾祖父フアン・エル・メスクレも歌い手という血筋。
また祖父は同じくサンルーカル出身の歌い手、マリア・バルガスの従兄弟だという。
11歳から歌い始め、2004年頃からヘレスやカディスなど近辺の町のコンクールに参加し、賞を獲得している。

CDはヘラルド・ヌーニェスのプロデュースで彼のレーベル、ガジョアスールからの発売。
毎年サンルーカルでクラスを開講しているヘラルドがある日クラスで歌った彼女をスカウトし録音がはじまったという。

サンルーカル発祥の曲とされるミラブラスにはじまり、ブレリア、ソレア・ポル・ブレリア、マラゲーニャ…。
ヘレスの若手ギタリストの中でも実力派のマヌエル・バレンシアが主に伴奏。
(1曲だけパスクアル・デ・ロルカ)
カラコーレス、アレグリアスと3曲カンティーニャス系の曲があるのが面白い。

私的にはシギリージャが好み。
どこかアフリカンなかんじもあるパーカッションではじまる
アレンジはモダンだけど歌いっぷりは正統派というのも好み。
歌い上げる感じが彼女の声や歌い方にあっているし、
音程もいいし、リズムもしっかりしている。声もよくでているのだが、
ちょっと声を張りすぎるのか、息継ぎの問題か、全体的にちょっと苦しそうな感じがする。きいてるこっちが息切れしてくる感じ、というか。
まだ若いせい?
肩の力抜けたらきっともっとよくなるに違いない。
なお、マヌエル・バレンシアの伴奏、めちゃいいです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mixto Lobo | トップ | ホセ・マヌエル・ロルダン「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。