認知症の早期診断、介護並びに回復と予防のシステム

440を超える市町村で早期発見と回復及び予防を実践してきた成果に基き
初期症状と早期診断並びに回復と予防の方法を詳説

アルツハイマー型認知症の予防に不可欠の脳の活性化(B- 84)

2017-06-15 | 脳の活性化と前頭葉の機能

    

 & 「アルツハイマー型認知症」の本態に関する「仮説」の類とは

「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化のメカニズムについて、世界中の認知症の専門家達(学者、研究者、医師)の間では、様々な「仮説」が主張されています(主張されている発病の理由と発病との間に要求される因果関係の立証が未だに出来ていないので、「仮説」として扱われているのです。テレビに出てきて断定的な言い方をする人達がいますが、あくまでも「仮説」にすぎないのです)。

これまでに主張されてきたそれらの仮説の全てを挙げるとそれらは、アセチルコリン説、アミロイド・ベータ説、タウ蛋白説、そして脳の萎縮説なのです。それらの仮説の内では、アミロイドベータ説(アミロイドベータというタンパク質が脳内で消費されないものが蓄積することにより、「老人斑」なるものが構成されて、老人斑が有する毒性が記憶を伝達する役割を担っている神経細胞の細胞死を惹き起こすことにより、「記憶障害」に起因した症状が惹起されることになることが「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化の原因であるとする主張なのです)が、これまでは通説の地位を占めてきていたのです。ところが、アミロイドベータ説に立脚して治療薬の開発に挑んだ欧米のいくつもの巨大な製薬会社をはじめとして、我が国でもその分野では著名な製薬会社を含めて、治療薬の開発に挑んだ全ての企業が治療薬の開発に失敗したが為に、通説としての地位が揺らぎ始めていて、これまでは少数説の地位に甘んじてきていたタウ蛋白説がその地位に取って代わろうとしている現況に在るのです。

ところがそのタウ蛋白説もアミロイドベータ説と基本的には同じ考えに基づいていて(タウ蛋白というタンパク質が脳内で消費されないものが蓄積することにより、「神経原線維変化」なるものが構成されて、記憶を伝達する役割を担っている神経細胞の細胞死を惹き起こすことにより、「記憶障害」に起因した症状が惹起されることになることが「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化の原因であるとする主張なのです)、近い将来にこの仮説もアミロイドベータ説と同じ運命を辿ることになるのです。何故なら、「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状の重症化と記憶障害の症状の発現との間には直接の因果関係が存在していないからなのです。両説共に単なる「憶測」に基づいた主張に過ぎないのです。そのことについては、次章で詳しく説明することにします。60歳を超える年齢の高齢者で、現在は「第二の人生」を送っている貴方達は、時空をコントロールして行き来することは不可能であっても、私たち人間だけに特有な脳機能である「前頭葉」(「前頭前野」を言うものとする。以下、同じ)という脳機能により、意識的な世界で、自由な意思と自由な選択という機能を自在に使える自分に、幸せと楽しさを覚えていることと思うのです【ただし、「アルツハイマー型認知症」を発病している場合は、除外する】。世界中の認知症の専門家達(学者、研究者、医師)から、発病の原因が分からないとされている「アルツハイマー型認知症」と言うタイプの認知症は、現在の貴方には不自由さを感じさせていないはずなのですが、「前頭葉」絡みのその脳機能の使用が思うに任せなくなってくることが、言い換えると、「前頭葉」の機能レベルが異常なレベルに衰えてくることが、「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化の重要な要因なのです。然もそのことは、「器質的な病変」に起因したものではなくて、或いは、「記憶の障害」に起因したものではなくて、機能の低下、就中、廃用性の機能低下に起因したものなのです。世界中の認知症の専門家(学者、研究者、医師)から発病の原因が不明とされてきている「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化の真の原因が、実は、此処にあるのです。

    

& 「アルツハイマー型認知症」の段階的な症状とその特徴

認知症の専門家とされる人達は、米国精神医学会が策定した診断基準である「DSM-4」の規定が「第一の要件」として確認を要求している「記憶障害」に起因した症状(実は、これこそが重大な誤りであり、諸悪の根源なのです)が「アルツハイマー型認知症」の根幹をなしているとの誤った前提に立脚しているので、「記憶障害」に起因した症状なるものを外観的に観察し、それを単に「アルツハイマー型認知症」の症状として羅列しているだけなのです(更に言うと、中核症状と周辺症状又は随伴症状に二区分するのが通例)。それに対して私たちは、生きた人間の意識的な世界に着目して、その機能レベルを精緻に判定することが出来る神経心理機能テストである「二段階方式」の手技を独自に開発して、「前頭葉」を含む脳全体の機能レベルに厳密にリンクした症状であり、14689例にも上る生の、憶測ではなくて実際の症例による「脳機能データ」を集積し、解析してきている上に、その根拠に基づいて、北海道から九州に至る広範囲の452に上る市町村に於いて、住民参加型の「地域予防活動」として、「アルツハイマー型認知症」の早期発見と回復並びに発病の予防というテーマのもとに、実践し、主張内容が正しいものであることを証明してきてもいるのです。

私たちが主張し類型化した「アルツハイマー型認知症」の症状及びその特徴は、三段階に区分されるものなのです。最初が私たちの区分で言う「軽度認知症」(小ボケ)の段階であり(自分で決断できなくて、何かと人を頼ろうとする「指示待ち人」であって、社会生活の面で様々な支障が出てくる段階です)、次が「中等度認知症」(中ボケ)の段階であり(口先だけが一端の言い訳のうまい「幼稚園児」であって、家庭生活の面でも様々な支障が出てくる段階です)、最後が末期の段階である「重度認知症」(大ボケ)の段階となるのです(謂わば、「脳が寝たきり」の状態にあって、食事や入浴、大小便、或いは服を身に着けること等と言った日常生活面での簡単な身の周りの処置程度のことさえも出来ない、言い換えると、「前頭葉」を使って意識的に何かの「テーマ」を実行しようにも、そのこと自体が困難となっているので、セルフケアの面でも様々な支障が出てきて、日常生活面での介護が不可欠となる段階です)。「脳のリハビリ」(「前頭葉」を含む脳全体の出番が出来るだけ多い「生活習慣」の工夫と実践)により、正常なレベルに回復させることが可能(「アルツハイマー型認知症」の症状を治すことが可能)であるか否か及びその可能性の程度により私たちが三段階に区分しているものであって、「小ボケ」は回復させることが容易であり、「中ボケ」は回復させることが未だ可能であり、「大ボケ」は回復させることが困難となるのです。「アルツハイマー型認知症」の全ての症状は、『DSM-4』が規定しているような「記憶障害に起因した症状」(これこそが、単なる憶測に基づいたものであり、根本的に誤った見解なのです)なのではなくて、「前頭葉」を含む脳全体の機能についての「廃用性の加速度的で異常な機能低下が進行していくことに直接起因した症状」ばかりなのです。それであるが故に、檻の中で餌を探して歩きまわるマウス(アミロイドベータを注入したアルツハイマーマウスであっても同じこと)の記憶についてどんなに詳しい研究調査を実施しようとも、「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状重症化のメカニズムの解明には何の役にも立たないし、時間とコストと更には若い人材の無駄遣いに終わるだけなのです。

私たち人間の意識的な世界で生じてくる記憶のメカニズム自体が、マウスの記憶のメカニズムとは根本的に異なる脳の機構と機能により構築されていることさえも無視した、憶測だらけの、且つ間違いだらけの主張に過ぎないのです。以下に列記する「アルツハイマー型認知症」の様々な症状について、それらの全てが、記憶障害に起因したものではないことを確認し、理解していただきたいのです(なお、私たち人間の意識的な世界で生じてくる記憶のメカニズム並びに記憶障害に起因した症状が発現するメカニズムの説明については、このブログ中の「B-36」を読んでみてください)。

    

 ○  [ 小ボケのチェックリスト](「軽度認知症」(小ボケ)に特有で、代表的な症状を8項目列記しておきます)

□ 発想が乏しくなって、画一的な行動が目立つようになる

□ 何事にも億劫で面倒がり、やろうとする意欲が見られない

□ 一日や一週間の計画が立てられず、なにも思いつかない様子

□ 問いかけに対する反応が遅く、生き生きした笑顔が見られない

□ 根気が続かず中途半端なことを繰り返し、やりかけが目立つ

□ 目の光がどんよりとしていて、普段の顔つきが無表情となる

□ 歩くとき前屈みの姿勢で、小股でトボトボと歩く

□ 自分に自信がなくなり、何かにつけて人を頼ろうとする

         

 【中ボケのチェックリスト】(「中等度認知症」(中ボケ)に特有で、代表的な症状を8項目列記しておきます)

□ 簡単な計算さえもしなくなり、お札ばかりで買い物をするので、やたらと小銭がたまる

□ 家庭内の簡単な用事程度のこともきちんとできない(部屋や洗濯物の整理、食後の片付け、簡単な庭仕事さえもきちんとできない)

□ 自分が飲む2~3種類の服薬管理ができない

□ 服の着方に無頓着で、重ね着が目立つ(セーターの上からシャツを着る。裏表や前後ろに着る)。

□ 入浴時の温度管理が出来ず、体を洗わないとか石鹸がついたまま

□ 料理の味付けが変になる(塩加減が極端に変になる。塩辛すぎて、周りが食べられないようなものを作り、本人だけが平気で食べる)

□ 行き慣れている所に行くのに、スムーズに行けない(行き先の違う乗り物に乗ったり、行き道を間違えたりする)

□ 季節が分からなくなる(夏にセーターなど、季節違いの服を平気で着る)

        

 【大ボケのチェックリスト】(「重度認知症」(大ボケ)に特有で、代表的な症状を8項目列記しておきます)

 □ 着ている服を脱ぎたがらず、便で汚れた下着をそのまま平気で着ている

□ 風呂に入るのを嫌がり、怖がるようになる

□ 服を正しく着られず、ズボンを頭からかぶったり、上着に足を通したりする

□ 家族の名前を間違えたり、子供を配偶者と間違えたりする

□ 自宅に居ても落ちつかず、外に出て行きたがる

□ 大小便を失敗しても、後の処置や始末ができない(大小便で汚れた下着を、押し入れなどに隠すようなこともあります)

□ 今は昼なのか夜なのかがわからなくて、夜中に騒ぐ(夜中に起きてくる、家中の電気をつけて回る、会社に行くとか田んぼに行くとか言い張る)

□ 痛んだものを平気で食べ、食べ物でないものを口にする

    

 & 症状の発現及び症状重症化のメカニズムについての正しい理解

-「器質的な病変」が発病の原因ではないのです

認知症の専門家とされる人達は、「アルツハイマー型認知症」の末期の段階(私たちの区分で言う「大ボケ」の段階)の様々な症状、極めて重度の症状を外観から観察して並びに末期の段階の症状が発現して猶何年間も生きたお年寄り達の死後の脳の解剖所見に共通して見られる「老人斑」(アミロイドベータ説の根拠)、「神経原線維変化」(タウ蛋白説の根拠)、或いは「脳の顕著な萎縮」(脳の萎縮説の根拠)等の器質的な病変に着目して、発病の原因が「器質的な病変」にあるに違いないと最初から決めつけ、思い込んでいるのです。その結果、「記憶の障害」を惹起する原因で、且つそのことが器質的な病変にあると考えられそうなものばかりを探し求めるという誤った方向と方法に深く入り込み、迷路に入り込んでしまっているのです。

-「記憶の障害」が発病及び症状進行の原因ではない

「アルツハイマー型認知症」の症状が重いものになるにつれて、記憶の障害に起因した症状であるかと誤解しやすいものが増えてくるのは事実なのですが、実は、それらの全ての症状が、記憶の障害に起因したものではないことを知る極めて有効かつ有益で客観的な方法が存在するのです。それは、私たちの意識的な世界を構築し、統括し、支配し、コントロールしている「前頭葉」という脳機能に着目した方法なのです。「アルツハイマー型認知症」と言うタイプの認知症の特徴はというと、脳内に何等の器質的な病変が見当たらないのに(脳が壊れてもいないのに)、「アルツハイマー型認知症」の様々な程度及び態様での症状が発現してくることなのです。その原因は、「前頭葉」を含む脳全体の廃用性の加速度的で異常な機能低下の進行こそが発病及び症状重症化の真犯人だからなのです「前頭葉」を含む脳全体の機能レベルが正常な状態から始めて、その機能レベルを順次下げていきつつ、同時に「前頭葉」を含む脳全体の機能レベルに厳密にリンクした症状を判定し、鑑別していくことにより、前述した、「小ボケ」、「中ボケ」及び「大ボケ」の各段階の症状が発現してくることを客観的な基準とデータに基づいて観察し、確認することが出来るのです。但し、その為には、私たちが独自に開発した「二段階方式」の「手技」に代表されるような精緻な「神経心理機能テスト」の活用が不可欠であり(「アルツハイマー型認知症」と紛らわしい他の種類の認知症との精緻な鑑別が出来並びに「アルツハイマー型認知症」と紛らわしい認知症以外の他の病気との精緻な鑑別が出来るのです)、それは、CTやMRIやSPECTやPETをもってしても困難なことなのだということを指摘しておきたいのです。脳全体の司令塔の役割を担っていて、言い換えると、左脳、右脳及び運動の脳という三頭立ての馬車の御者の役割を担っている「前頭葉」と言う脳機能が構築し、統括し、支配し、コントロールしている私たちの意識的な世界は、極めて複雑で、様々な機能が複雑に絡みつつ統合されていて、且つ重層的な機能構造から成り立っている上に、そこで発現してくる「意識」自体が、静態的ではなくて動態的なものであり、私たちが独自に主張しているような世界、『「意識状態」であって、且つ、そこには「意識の覚醒度」という問題が存在しており』、何かのテーマを考え実行しようとしている状態下では、「テーマ」を構成する各要素ごとに形成された意識の覚醒度がそれぞれに異なる「多重で、且つ多層の意識状態」が存在しているので、CTやMRIやSPECTやPETを総動員しようとも、精緻なことは何等の判定も、鑑別も出来ないことを知るべきなのです。

  

-私たち人間の「記憶」のメカニズムと廃用性の機能低下とは

枠が3万字と言うブログの制限の都合でここで詳細を説明するのは回避しますので、詳細については、「B-36」をお読みください。

私たち人間の「記憶」のメカニズム及び廃用性の機能低下に起因した物忘れを含む記憶障害の症状が発現してくるメカニズムについて、詳しい説明(私たちの考え方)が載っています。

-私たち人間の「意識的な世界」で起きていること

「アルツハイマー型認知症」と言うタイプの認知症の特徴はというと、私たちが意識的に何かの「テーマ」を実行しようとする際に、器質的な病変の存在が全く確認されないで居て、脳の機能面から観た記憶の障害も確認できないのに、自分が置かれている状況の理解と判断、判断に沿った「テーマ」の発想、実行内容の企画と計画、実行結果何が起きてくることになるかのケースシミュレーション、シミュレーションに基づく修正、最終的な実行内容の決定、実行の方法、程度及び態様に関わる選択と決定、実行の決断、決断に基づいた脳の各部(左脳、右脳及び運動の脳)に対する実行の指令について、様々な程度及び態様での支障が起きてくる病気(認知症)なのです。

-廃用性の加速度的で異常な機能低下に起因した病気なのです

私たちが生きた人間の「前頭葉」と言う脳機能に焦点を当て、「前頭葉」を含む脳全体の機能レベルに厳密にリンクした症状を調べ上げて分かったことは、「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状の重症化には「二つの条件」が存在するということなのです。その一つが、私たちが発病の「第一の要件」に掲げる「加齢に基づく機能低下」という問題であり、他の一つが、私たちが発病の「第二の要件」に掲げる「廃用性の機能低下」という問題であり、この二つの条件が同時に充足される下で、「前頭葉」を含む脳全体の機能についての廃用性の加速度的で異常な機能低下が進行していくその先に、「アルツハイマー型認知症」の発病及び症状の重症化が待っていることが解明されたのです。

   

-「加齢」に起因した機能低下の問題(発病の「第一の要件」)

「前頭葉」の廃用性の機能低下の進行に関連して理解することが不可欠となるのが、私たちが14689例にも上る「脳機能データ」の解析を通じて解明した『「前頭葉」の個別認知機能の発揮度に関わる二重構造の問題』というテーマなのです。観察、考察、判断、理解、考慮、企画、計画、洞察、推理、推察、シミュレーション、修正、創意、工夫、構想、構築、比較、検討、評価、反省、抑制、感動、決定、決断等、私たちが大まかに数えただけでも60を超える数の様々な種類の機能が集積していることで知られる「前頭葉」の「個別認知機能」は、各々の機能を単独に/複数の機能を同時に並行して、機能を発揮する上で、私たちが「前頭葉」の三本柱の機能と呼ぶ「意欲」、「注意の集中力」及び「注意の分配力」の機能により、機能の発揮が下支えられ並びに機能の発揮度が支配されているという機能構造、言い換えると、「機能発揮上の二重構造の関係」にあるということなのです。然も、「前頭葉」の三本柱の機能には、脳の使い方としての「生活習慣」の如何にかかわらず、加齢と共にその機能が衰えていくという重要な、且つ、誰の脳にも存在する生来的な性質が内在しているのです。その機能レベルが衰えていくカーブに関する私たちの脳機能データによると、20歳代の前半の頃にピークを迎えてからは、正常な機能レベルを保ちつつも加齢とともに直線に近い緩やかなカーブを描きつつ衰えていき、「第二の人生」が始まる60歳代の半ば頃になるとピーク時の半分くらいの機能レベルとなり、それ以降も、100歳代に向かって緩やかに下降していきつつ衰えていくという特徴があるのです。この加齢に起因した老化のカーブを私たちは、「正常老化のカーブ」と呼んでいるのです。「アルツハイマー型認知症」の発病と症状が重症化する原因は、私たちが規定する発病の「第一の要件」と「第二の要件」とが同時に充足されることにある(注意を要するのは、「第一の要件」と「第二の要件」とのいづれか一方を充足するだけでは、発病することにはならないのです。若者がナイナイ尽くしの単調な生活習慣に陥っているからと言って発病することにはならないし、お年寄りが「前頭葉」が活性化する生き生きとした生活を楽しむ生活習慣を送っている場合には発病することは無いのです。)とはいえ、年齢別の発病率(この場合、「小ボケ」、「中ボケ」及び「大ボケ」の全ての段階のお年寄りを含む総数を基礎としていることに留意する)が、60歳代では12%、70歳代では30%、80歳代では50%、90歳代では75%、加齢の極まりの100歳代では97%という風に、年を取れば取るほど発病の割合が高くなるその第一の要因は、この「第一の要件」に存するものと私たちは考えているのです。

-廃用性の機能低下の問題(発病の「第二の要件」)とは

「アルツハイマー型認知症」の年齢別の発病率が上述のような高い割合を示すとは言え、年を取ればだれでも「アルツハイマー型認知症」を発病する訳ではないことも確かなのです。80歳代の50%が発病するとはいえ、残りの50%は発病していないわけなのです。つまりは、「アルツハイマー型認知症」発病の原因(要因)について、上述した「第一の要件」以外のもう一つ別の要因が存在するということなのです。「加齢」による「前頭葉」の三本柱の機能について、その機能レベルの低下だけであれば、第二の人生が始まったばかりの60歳代という年齢で、「前頭葉」の機能が異常なレベルに衰えてくるものではないのですが、「前頭葉」の機能低下についてはもう一つ別の重要な要因が存在しているのです。それを私たちは、「廃用性の機能低下」と呼んで「正常老化の性質」による機能低下とは区別しているのです。正常老化の性質は内因性の遺伝的な要素なのですが、廃用性の機能低下は外因性の生活環境、具体的には、脳の使い方としての「生活習慣」の要素なのです。私たちの意識的な世界を構築し、統括し、支配し、コントロールしている「前頭葉」と言う脳機能、脳全体の司令塔の役割を担っていて、左脳、右脳及び運動の脳という三頭立ての馬車の御者の役割を担っている「前頭葉」と言う脳機能が、生き甲斐なく、趣味なく、交遊なく、運動もせず、目標となるものもない単調な生活、ナイナイ尽くしの単調な「生活習慣」が継続されていると、出番が極端に少なくなった「前頭葉」の三本柱の機能が廃用性の機能低下を進行させていくことにより異常なレベルに衰えてくると言うことなのです。その結果、「前頭葉」の三本柱の機能が廃用性の機能低下を進行させていくことにより、機能発揮上の二重構造の関係にある「前頭葉」の個別認知機能自体の機能の発揮度が、その反射的な効果として、低下していくことになるのです。

発病の原因も症状重症化の原因も不明とされてきている「アルツハイマー型認知症」と言うタイプの認知症は、私たちが主張する発病の「第一の要件」と「第二の要件」とが同時に充足される状況下で、「前頭葉」を含む脳全体の機能が廃用性の加速度的で異常な機能低下を進行させていくことにより、発病及び症状の重症化が進行していくものなのです。左脳、右脳及び運動の脳の全てが未だ正常な機能レベルに在って、「前頭葉」の機能だけが異常な機能レベルに衰えてきたその時から「アルツハイマー型認知症」の症状が発現してきて(私たちの区分で言う「小ボケ」の段階:社会生活面で様々な支障が出てくるようになる)、「前頭葉」の機能が加速度的で異常な機能低下を進行させていきつつ、左脳、右脳及び運動の脳までもが異常な機能レベルに衰えて来始めるその時から私たちの区分で言う「中ボケ」の段階が始まり(家庭生活面で様々な支障が出てくるようになる)、更には、「前頭葉」を含む脳全体の機能が更なる機能低下を進行させていくことにより末期の段階であり、私たちの区分で言う「大ボケ」の段階(セルフケアにも様々な支障が出てきて、日常生活に介護が必要となる)に入っていくことになるのです。

従って、アミロイドベータの蓄積の程度やタウ蛋白の蓄積の程度を精緻に計測できたからと言って、「アルツハイマー型認知症」の発病や、「脳のリハビリ」により回復させることが可能な本当の意味での早期の段階を判定し、鑑別することは出来ないのです。「前頭葉」の機能を中核として左脳や右脳や運動の脳との連携を含めて、私たちの意識的な世界で繰りひろげられる意識の内容とか程度、或いはその異常なレベルであるか否かの計測や判定や鑑別をするに際しては、CTやMRIやSPECTやPETを持ち出そうとも、何の役にも立たないこと、不可能だということがお分かりいただけたでしょうか。

    

& 早期診断と「脳のリハビリ」による正常な状態への回復

-サプリメントも薬も効かない世界

上述したように、『「アルツハイマー型認知症」の本態が、廃用症候群に属する単なる生活習慣病であり、その場合に言う「生活習慣」とは、脳の使い方としての生活習慣である』ということは、発病を予防する方法は、「前頭葉」の出番が出来るだけ多い生活習慣を構築し、それを実践することが唯一の方法となるのであり、症状の重症化を抑制し/防止し、或いは症状を治すには、「脳のリハビリ」が唯一の方法となるのであって、いかなる種類のサプリメントも薬も何等の効能を発揮することは出来ない〈あり得ない〉ということなのです。 ・

-医療現場での診断の問題点

医療現場では、アミロイドベータ説の考えを是認して受け入れていて並びに「DSM-4」の規定の内容を疑うことなく信望しているので、外観的な「記憶障害」に起因しているとの誤解に基づいた症状の判定と失語や失認や失行などの症状(脳の後半領域の働き具合を判定する上で有効な「MMSE」を実施すると、30点が満点の得点が一桁にしかならない程に脳の働き具合が衰えてきている人達だけに発現が確認される症状、極めて重度の症状なのです)を確認することにより、「アルツハイマー型認知症」と診断しているだけなのです。その結果、せっかく見つけても、それは末期の段階の更に後半になって初めて発現が確認される症状を基礎とした診断であり、せっかく見つけても何の意味もないのです。その認識さえも無くて、副作用だけあって、治したり、症状の更なる進行を抑制し/又は防止する効能を有しない薬、言い換えると、効きもしない薬を何種類か処方しているだけなのです。売り上げを稼ぐという目的以外に、こうした診断に何の意味があるのかと、行為自体の目的、意図及び意味を疑うのです。

    

& 脳の機能構造面から見た「脳が活性化する」と言う意味

-意識的な世界と「前頭葉」の機能の活性化

私たち人間の脳が活性化するということは、私たちの意識的な世界を構築し、統括し、支配し、コントロールしている「前頭葉」の機能自体が活性化することを意味することになるのです。「前頭葉」の機能が廃用性の機能低下を起こしてくるだけで、上述した「小ボケ」の症状が発現してくることになる訳なのですから。こうした基礎的な知識さえも持たないで居て、脳の活性化についての本を出版したり、テレビに出てきて語る人達が多数いることに違和感を覚えるのです。

注意の分配力」の機能の重要性に着目した「デュアル・タスク」という言葉を持ち出そうとも、「物忘れの症状」が減ったくらいのことで脳が活性化されたなどと騒ぎ立てているようでは、「前頭葉」と言う脳機能についての理解が未だ極めて浅いというしかないのです。

    

 & 「アルツハイマー型認知症」を予防する「生活習慣」とは

-あなたにもできる「アルツハイマー型認知症」発病の予防

「脳の活性化」とはすなわち、「前頭葉」の活性化であると言いました。私の今回のブログを気を入れて読んでこられた方は直ぐに気付かれたことと思うのですけど、「前頭葉」の活性化、言い換えると、「前頭葉」の個別認知機能を活性化させるには、機能発揮上の「二重構造」の問題が存することを想い出して頂けたのではないでしょうか。そうなのです、「前頭葉」の個別認知機能を活性化させるには、「前頭葉」の三本柱の機能を活性化させることが必要条件となるのです。実行するに際して「意欲」が湧いてきて、「注意の集中力」が高まってきて、更には、「注意の分配力」の機能がフルに回転するような「テーマ」を見つけて、生活習慣化して実践することが求められるということなのです。「生活習慣化」するというのは、何年間もの長期に亘って実践することが「前頭葉」の潜在的な機能レベルを高め、且つ、そのこと自体が「アルツハイマー型認知症」の発病の予防に直結する条件となるからなのです。このブログ中で何度も指摘してきているように、廃用症候群に属する生活習慣病を本態とする「アルツハイマー型認知症」は、左脳も、右脳も、運動の脳も未だ正常な機能レベルに在る中で、最も高度な機能である「前頭葉」の機能だけが異常な機能レベルに衰えてくることにより認知症を発病する、言い換えると、「前頭葉」の機能が正常な機能レベルに在る限り「アルツハイマー型認知症」を発病することは起きては来ないからなのです。

   

それでは、「第二の人生」を送っている60歳を超えた年齢の高齢者である貴方にとって(言い換えると発病の「第一の要件」に該当している)、どのような「テーマ」を見つけて実践すれば良いのか。実は、何か特定の/特別の「テーマ」というものはないのです。

言葉や計算や論理や場合分け等デジタルな情報を専管的に処理する「左脳」が関わる仕事」とは無縁の「第二の人生」を送っているのが通常のケースなので、仕事以外の「テーマ」、右脳や運動の脳を使う趣味や遊びや人付き合いや運動や地域興し等の「テーマ」の中で、要は、自分なりに興味や関心が持てるものであって、その「テーマ」の実行を企画したり計画したりするだけで、或いは、その「テーマ」を実行する上で自分なりの「目標」の設定が出来て、その「目標」遂行の過程自体が楽しくて及び「目標」達成の結果が、自分なりの喜びや楽しみや、場合によっては「生き甲斐」をもたらしてくれることになるもの、言い換えると、貴方の「前頭葉」を活性化してくれる「生活習慣」となるものであれば、なんでも良いということなのです

その条件に合致するものでさえあれば、何か一つのものに集中し、熱中するのも良いし、或いは逆に、ダボハゼのように、アレにもコレにもいろいろなものに手を出すやり方でも良いのです。世界中の認知症の専門家達から発病の原因が不明であるとされてきている「アルツハイマー型認知症」というタイプの認知症は、私たちが規定する発病の要件、発病の「第一の要件」(第二の人生を送っている60歳を超える年齢の高齢者であること)と「第二の要件」(生き甲斐なく、趣味なく、交遊なく、運動もせず、目標となるものもない「単調な生活」、ナイナイ尽くしの「単調な生活習慣」が継続されていること)とが同時に充足されることにより、認知症を発病することになるのです「アルツハイマー型認知症」を発病することになるか/ならないか、それは、「第二の要件」に該当するかしないか、言い換えると、「第二の人生」での脳の使い方としての「生活習慣」次第ということなのです。「アルツハイマー型認知症」と言うタイプの認知症は、「第二の人生」での貴方の日々の「生き方」が問われることになる病気(認知症)なのです。 

    

  (エピローグ)

私のブログは字数が多くて、写真を或る程度は挿入するものの、3万字の枠が殆ど字で埋められてしまいます。テーマと全体の流れとを頭の中で構成しさえすれば、あとはただ打ち出すだけなので、朝飯前の作業で終わるのが通例なのですけど、実は、このところ苦労しているのです。去年の3月8日に帯状疱疹を発病して以降、4種類もの様々な病気が一気に噴き出してきて、「一生分」を此の1年間で体験したみたいな状況が続き、殆ど寝ていない(言葉に言い尽くせない程の激痛が続いた為に、昼も夜も何時寝たのか分からない程の状態が続き、何らかの運動で身体を動かすことも、頭を十分使うこともなく、15ヶ月間もの長期に亘って、「前頭葉」の出番が少ない生活をだらだらと過ごしてきてしまったのです。一時は左腕全体が全く動かない程になっていた「帯状疱疹」の後遺症としての極度の筋肉痛が、此のところやっとのこと和らいで来て、現在は、就寝中に2~3度痛みで目が醒める程度には良くなってきてはいるのです)せいで、私の「前頭葉」の三本柱の機能が廃用性の機能低下を進行させてしまい、「正常域」に在るレベルでの機能レベルを保っているとは言うものの、潜在的な機能レベルが大きく落ち込んでしまっているからなのです。「意欲」も、「注意の集中力」も、更には、肝心の「注意の分配力」の機能も衰えてしまってきているのです。そのせいで、僅か 3万字程度のブログを書くというのに、かつてとは異なり、頭の中での構成がままならないのです。全体を構成するには、シミュレーションが不可欠であり、事前のシミュレーションをするのに必要な「注意の分配力」の機能が思うようには働いてくれないのです。こんなことは生まれて初めての体験なのです。「注意の分配力」と言う脳機能の重要性を我が身の実体験により、改めて思い知らされているのです。「前頭葉」の三本柱の機能、その中でも最も高度な機能であり、正常老化の性質に起因した場合であれ/廃用性に起因した場合であれ最も早くに衰えていく機能である「注意の分配力」の機能を、出来るだけ早期に回復させる為には、何等かの「テーマ」に熱中して打ち込むのが一番効果的なことは分かっているのですけど、そうした「テーマ」を今の私の「前頭葉」は、思いつかないのです。口が悪いTadからは、何かにつけて、「小ボケ」呼ばわりされているというのに。

     

 その上、夏の始まりを告げる梅雨の季節は、私にとっては一番苦手な時期なのです。家の外に出かけて行って、何かの「テーマ」に挑戦しようにも、雨がしとしと降っていたのでは、格好の「テーマ」自体を探すのに一苦労するからです。昨日も今日も雨の天気。激しくは無いけど、しとしと雨が降っているのです。何をしようかと思案に暮れていた時、ハタと思いついたのです。『そうだ!富戸のJ-GARDENへ行って、ご夫妻との会話を楽しんだり、雨に濡れた風情の庭の景色や雰囲気や音楽等を楽しみながら、意欲が湧いてきたところで、今日のブログを書けば良いんだ!』。

ところで、このブログ中でも何度かその景色を紹介したことがある、富戸のJ-GARDENの特徴を一言で言えば、“天空の異空間”という表現がぴったりだと思うのです。父親から受け継いだ600坪余りの小高い地に在るミカン畑を、独力で大改造して造り上げた手作りの“空間”なのです。道路に面したところには、売店用の建物があり(未だ販売自体には取り掛かっていない)、その脇に取り付けられた手造りの石の階段を登って行くと、二段になった広い庭に辿り着く、そこが天空の異空間 “J-GARDEN”なのです。庭の部分は、二段になっていて、二段になった上の庭の北側部分には、私が“バベルの塔”と呼ぶ3階建ての建物があります。その中二階部分には、小部屋があり、私が音楽を聴いたり、パソコンを使ったりできるようになっています(私のための“特設空間”)。小部屋の右上隣りには、なんと”天空の露天風呂”が待っているのです。敷地内から豊富に湧き出る温泉を利用してもいるのです。露天風呂からは、居ながらにして水平線と大島が一望できる仕掛けになっているのです。

 露天風呂の脇の石造りの螺旋階段を登って行くと屋上はテントを張って、キャンプが出来るような仕様になっています。その屋上からは、大島が東南方向の間近にあって、更には、北側方向にはダイヤモンドヘッドが眺められ、目線が尾根伝いに追っていくと、水平線に落ちて、その南方向の延長線は大島につながっているという訳なのです。 その水平線のほぼ真ん中の辺り、晴れた日には房総半島を望むことが出来るというパノラマティックな仕掛けになってもいるのです。 右脳の働きが突出しているご主人は、一枚の図面さえ引くことなく、この異空間を構成する様々な建物や塔やモニュメントを造り上げてきたのです。右脳が未発達で、何かにつけて、左脳に頼るしかない私には、憧れの気持ちも交じってとても眩しい存在なのです。上の庭の南側にあるのがこれまたご主人手作りの温室なのです。今は、薄いピンク色の花が真っ盛りのブーゲンビリアの巨木と黄色をした色のアラマンダの花が甘い香りを振りまきながら咲き誇っています。その部屋の中に”緩いくの字”に曲がった木製の手造りのテーブルがあって、差込口が設置されているので、そこに小型のパソコンを持ち込んで、このブログを書いているところという訳なのです。

   

 ダイヤランドに在る脳活性化研究所の玄関前で、富士山に向かって今にも飛び立とうとしている鳳凰は、御主人の制作によるものなのです。言い遅れましたが、御主人の本業は、日本の刀鍛冶の伝統技法を受け継いだ我が国有数のアイアン作家であり(さる宮家の、庭のテーブルの修復を頼まれるほどの腕前)、J-GARDENの設営は、趣味なのです。GARDENへの入場料を取らないし、駐車場も無料なのです。一度訪ねてみることを、お勧めします。きっと、感動しますよ。

注)本著作物「Bー84」に記載され表現された内容に係る著作権は、(有)エイジングライフ研究所に帰属しています。

 エイジングライフ研究所のHP左の部分をクリックしてください)

 脳機能から見た認知症(具体例をベースとしたもう一つのブログです)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の季節とブーゲンビリア | トップ | 心が湧き立ってくるよー満開... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL