園長ブログ

園生活での徒然です。又、携帯用に年間行事等のデータも紹介いたします。コメント投稿機能は非設定にしています。

第2回除草作業のお礼

2017年09月20日 | Weblog

最近、「趣味は何ですか」と聞かれると、「草刈り作業もそのひとつかな」と答えます。(笑)

刈った後の充実感、自己満足や体力を付けることなど、一石二鳥です。

昨日、午前中、刈り残した小型車、軽自動車の駐車スペースです。

今朝、確認してきましたがご覧のように、お手伝い当番の保護者さんがきれいに除草してくれました。

他、グランドが見えないくらいに伸びていたメイン駐車場ノリ(斜面)、会場全体もきれいになり、すっきりしました。

ご協力に心より感謝申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

奉仕作業のお礼

2017年09月15日 | Weblog

昨日、お手伝い当番保護者のご協力のもと、運動会場駐車スペースの除草作業をしました。

除草前の写真を撮っておけばよかったかな!とにかく、「なんじゃ、これは!夕方までに終わらないぞ」というほど雑草が背丈近くまで伸び放題。

約2時間の作業でご覧のように、きれいになりました。残りの除草は第2回目になります。

ご協力に感謝申し上げます。

グランドも関東豪雨災害から、復旧しまして、改めて「広いな~」実感しました。

10月7日が待ち遠しい今日この頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝のJアラートについては「園生活紹介」にてとり上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

夏祭りの御礼

2017年08月06日 | Weblog

8月5日(土)きぬ学園夏祭りを無事、済ませました。

父母の会役員皆様、前日準備お手伝い、当日進行お手伝い、本日片付けお手伝いの保護者様に心より感謝申し上げます。

夏祭りオープニングにシンガーソングライター・常総ふるさと大使の石塚美咲さんミニライブ。

こうした幼児教育施設では初ライブのようでしたので、とても感激されていました。

雨雲、雷雨もなく、タイムスケジュールがこよなく進行でき、ホッとしています。

子どもたちへのご家族の愛情がひしひしと伝わるきぬ学園夏祭りでした。ご協力ありがとうございました。


この記事をはてなブックマークに追加

夏祭り掲示物制作 ご協力へのお礼

2017年08月03日 | Weblog

2日後に夏祭りを控え、昨日、最終のお手伝いお母さんたちが来てくれました。

小学生のお子さんも手伝ってくれました。

皆さん、微笑みいっぱいで、楽しそうでした。

ご協力に感謝申し上げます。台風も逸れて、何とか開催できそうです。どうぞお楽しみに!


この記事をはてなブックマークに追加

エキストラご協力お礼(再編集)

2017年08月01日 | Weblog

30日投稿の写真と記事内容は著作権のため、削除し、再編集します。

日曜にもかかわらず、たくさんの参加ありがとうございました。

また保護者様におかれましても、送り迎え、待機、お疲れさまでした。


この記事をはてなブックマークに追加

除草作業の御礼

2017年07月28日 | Weblog

一昨日、4名のお父さん、 2名の祖父さんのお手伝いで、夏祭り臨時第3駐車場がきれいになりました。

↓ 草刈り前の様子。

・・・

・・・

↓草刈り後の様子。

・・・

・・・

やはり、お手伝い人数が多いと、作業がはかどります。「いくら刈っても先が見えないなぁ」この日ばかりは、孤独感もありませんでした。(笑)

年中、年少棟裏の雑木も取り除いていただき、感謝の限り。

ありがとうございました。


この記事をはてなブックマークに追加

「夏休みの重さ」

2017年07月20日 | Weblog

7月20日読売新聞朝刊に大手建設会社の広告が掲載されておりました。

一瞬にして目と心が釘付け。素晴らしい詩です。

・・・夏休みの重さ・・・

『わずかな体重でも、帰り道は重い。遊び疲れたこどもは、ずっしりと重い。

夏のこどもは、エネルギーに溢れている。夏休みを楽しみにして、待ちこがれていた。そのエネルギーが、満タンだから。

解放するには、やっぱり、海や山がいい。広い空の下、大きな自然の中がいい。はしゃいで、走って、転んで、笑って。

そうして、エネルギーが空っぽになるまで。そのぶん、何かを吸収しているのだ。まぶしい夏のすべてを、かき集めるように。

この重さは、その思い出の重さなんだ。夏がくれた、たくさんの宝物なんだ。』

詩の上にはご覧のような写真。私事、小学校夏休みの殆どは大洗の親戚にて海遊びに明け暮れた思い出が蘇ります。まさに完全燃焼の夏休みでした。

大人同様、こどもにもストレスがあると思います。幼児の場合、両親の就労によって夏休みが無いお子さんもいますが、小学生のお子さんは如何でしょうか。

よく「夏休みににたくさん遊んだこどもは、自然と2学期に入っていける」そんな例えも聞きます。宿題は別として・・。(笑)

どうぞお子さまの待ちこがれる夏休み、どう過ごさせるか、両親の腕の見せ所です。がんばってください。

もう一つ話題を。先日、某団体定例会での挨拶。

『シャッター通りと揶揄される水海道の中心街が土日、祇園で賑わいました。同様に小学校学区や私の居住地でも子供会みこし祭りが行われました。下校後も休日も外で遊ぶこどもの姿がめっきり見られなくなった地域に元気な声が聞こえてきて、とても嬉しく思いました。大切なことを次世代に伝えていくという水海道祇園関係スタッフやPTA保護者の心意気はまさに郷土の誉れ(ほまれ)であります』

さて、きぬ学園夏祭り!フィナーレの花火ですが毎年、演出をいろいろと考えるのですが、今年も同じパターンでしょうか。(笑)菊玉以外に玩具花火をもう少し増やしてみます。どうぞお楽しみに。


この記事をはてなブックマークに追加

芋苗の植えにようこそ

2017年06月12日 | Weblog

本日、所要で「園生活紹介」は更新できませんでした。タイトルですが、こちらでUPします。

芋畑周辺はまさに雑草との格闘。何度、刈ってもすぐ伸びてきます。園周辺も同様ですが・・。(笑)

先日、トラクターで耕し、畝を作りました。

トラクターは乗って操作するだけなので楽ですが、この小さな機械で畝を作るのは結構、大汗、足腰に来ます。

昔は棒状の鉄器具を引っ張って、作ったとか。偉い!

昨日、何本かサツマイモの苗を植えました。さぁ!あすは年長組がこの地で苗植え体験になります。


この記事をはてなブックマークに追加

奉仕作業のお礼

2017年06月07日 | Weblog

昨日、保護者お父さん、祖父さんに剪定(せんてい)・除草作業をしていただきました。ありがとうございました。

ぶどう組東側斜面がきれいになりました。

年中、年少棟裏は放っておくと、雑草で見えなくなります。定期的に刈り払、除草剤散布をしていますが、桜の枝が邪魔して、とてもやりづらい場所。

小枝を伐採していただき、作業しやすくなりました。

また、一本枯れた桜がありまして、それを伐採していただきました。他、第一駐車場斜面も刈っていただき、とても感謝しています。

季節は6月、園のアジサイも満喫しているかのようです。アシタバという品種です。

どんぐり林に清涼な空気が漂い、園児たちも季節を満喫しています。(AM10:20撮影)

本日は2.3歳児クラスがご家庭からのお弁当DAYです。さぞ、楽しみなことでしょう。はいチーズさんも入っていますので、後日のWEB公開をお楽しみに。

明日からスケジュールがひと段落しますので、「園生活紹介」を更新していきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

水戸「千波湖」

2017年06月06日 | Weblog

「園生活紹介」はもとより、こちらのブログもご無沙汰しています。

以前は手帳やスケジュールに会議会合、研修など予定が入ると「面倒くさい」と思っていたのですが、昨今は「どぉ~んと来い」の心境になりました。

社会や地域、仕事関連の人達によって「自分は生かされている」「自分は生きていられる」そんな気持ちです。

昨日、茨城県私立幼稚園・認定こども園連合会の会議で、再び、県都水戸市に行きました。圏央道常総インター開設のおかげであっという間の水戸になりました。

少し早目についたので、道中、車を止めて、千波湖を訪れてみました。湖畔に立ったのは初めてでしょうか。何処か外国に来た気分です。

とても清々しく、出張、連日の会議の疲れも吹き飛んでいく気分です。

「なんだ、この鳥は」人なつこく、寄ってきます。湖畔にはこのような鳥がたくさんいました。

「たかが千波湖、されど千波湖」ボートも種類豊富。お子さん連れでとても楽しめるところで、「近くにこうした観光地があればなぁ!」うらやましくも思ったりしました。

「たかが筑波山、されど筑波山」未だ訪れていない観光資源の見直しをしていきましょう。県魅力度最下位の茨城県ですから。(笑)

さて本日6日はつくば市で再び、茨城県私立幼稚園・認定こども園連合会総会出席です。


この記事をはてなブックマークに追加

幼児数の減少と今後の常総市

2017年04月20日 | Weblog

昨日、4月2度目の講話(プレゼンテーション)を所属奉仕団体(水海道ロータリークラブ)にて行いました。

前半は幼児教育施設運営者として当園卒園生数年度別推移や待機児童の意味を説明。

開園から右肩上がりの10数年間。

平成8年頃から右肩下がりになりました。

そしてここ10年の統計。平成25年をピークに右肩下がりの傾向です。卒園生に占める旧水海道市地域の卒園生が減る反面、きぬの里など新興住宅地や他市町村の卒園生が増えてきております。

更に27年度、28年度を比較すると162名の乳幼児の減少。今後、私たちの地域はどうなっていくのであろうか?率直な疑問であり、深刻な不安でもあります。

後半はロータリークラブ会員で友人でもある市議会議員の大澤清さんからプレゼンテーション。

建築設計士・宅地建物取引士・常総市議会議員として、様々な角度から、課題解決の方向性を説いていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茨城県内ではつくばエクスプレス線沿いのつくば市、つくばみらい市、守谷市などに人口増が見られ、他市町村は殆どが人口減の現実となっています。

3月に研修でJR常磐線、石岡市街地を訪れましたが、目抜き通りは人や車も少なく、関東鉄道沿線市町村と同じ光景。

同様の悩みや課題を背負いながら、国家、地域社会の歴史は栄枯盛衰の繰り返しでもあります。

しかしながら、どんな時代でも子どもたちの存在こそ、かけがえのない国や地域の宝であることは真実そのものです。

多くの方々とこれからの地域と子どもたちの未来を真剣に考えていかねばならない。職業人として肝に銘じる昨今です。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ご入園おめでとうございます

2017年04月11日 | Weblog

4月10日(月)桜満開の中、平成29年度入園式を済ませました。「生涯教育の第1歩を胸に刻んでおこう」ご家族の方もたくさん来園されました。

また、当園の卒園児が保護者でもある第3世代が近年、増えつつあります。

卒園卒業、結婚後、生まれ育った地で再びお子さんを幼稚園、保育園、学校に通うこと、地域社会の原点のような気がします。

写真は記念撮影のひとコマ。「はーい、こっち見て」カメラマン泣かせでもありますが、これぞ入園式笑いのひととき。

式進行も約2時間の卒園式に比べて、30分。とても賑やかな体育館、保育室、園庭は例年どおりです。

園長あいさつ「少子化、人口減の地域でもこうして毎年、たくさんの新しい顔に出会えることは、とてもうれしく、小学校就学まで成長の後押しをして参りたいと思います」

4月5月は不安な胸中での登園となりましょうが、どうぞ保護者の皆様、励ましながらご家庭から送り出してください。

ご入園おめでとうございます!!


この記事をはてなブックマークに追加

卒園式の御礼

2017年03月19日 | Weblog

昨日18日、第38回卒園式を済ませました。ご卒園、おめでとうございます。

開門時間より相当早く、ご来園され、長蛇の列、大変お疲れさまでした。

これまでのたゆまぬ練習のおかげで証書授与の立派な姿、そしてその歌声に心を打たれっ放しのひととき。

心に銘じていたことがあります。

「証書授与ではこみ上げる思いを我慢して、しっかり園児名を読んで(呼んで)あげる」

「一瞬たりとも万感迫れば、涙があふれ、園長挨拶どころではなくなる、保護者に失礼になる」

しかし挨拶の終わりの頃「この素晴らしい子どもたちの将来・・・」ちらっと子どもたちに目をやりましたら、胸の高鳴りは限界に達してしまいました。

東日本大震災の年に生まれ、年中組のときは東北関東豪雨災害を経験した今年度の卒園生。

誕生から今日までを振り返ればご家族の方々も様々な思いが交差し、喜びもひとしおだったことでしょう。

「顧客満足度という点で当園は皆様方にどうだったか」述べましたが、反省点も多々ありますが今後、より良い園運営、保育教育を職員一同目指して参りたいと思います。

式の進行の中で伝え忘れたことがあります。卒園生保護者より防犯用品3つの「さすまた」を卒園記念品として頂きました。

来年度も防犯・不審者対策訓練を行っていきますが、活用させていただきます。ありがとうございました。

この日の様子は後日、ホームページ「年間行事」にて特集します。またはいチーズさんのWEB公開、さくらムービーさんのDVDをお楽しみにしてください。

ゆり、ばら、めろん組卒園生のみんな、本当に立派でした。スタンディングオベーション!会場のすべてがあなたたちに大拍手です。


この記事をはてなブックマークに追加

幼児教育支援の行方

2017年03月10日 | Weblog

3月も半ばに入り、卒園・進級の時期が近づいてきました。保護者の皆様方におかれましては、いかがお過ごしですか。

年長組保育室や卒園式会場から毎日、歌声が聞こえてきます。全国の幼児教育施設でも同様でしょう。

本日(10日)も修了証書授与の練習をしました。園児たちも園長からとなると練習でも相当な緊張感のようです。(笑)

年長組保護者様におかれましては、どうぞ当日、立派な姿を楽しみにしていてください。

給食写真を撮りにぽかぽか棟に出向いた際、ふと2~3年前、子ども子育て新制度の一環として推進された認定こども園への移行のことを思い出し、何気に写真を撮りました。

・・・・・・・・・・・

2年前のちょうど今頃の写真です。ここに及ぶまで何もかにも未経験、未知の分野でしたが、職員の努力と各方面からのご指導、ご協力を仰ぎつつ、何とか2年目、平成28年度修了の日が間近になりました。

『待機児童解消のため、国や県、地方が推し進めた認定こども園制度は本当に問題解決の一役を担っているのだろうか?』

『人口減、乳幼児数減の常総市でいえば今なお、22名の待機児童がいるようだ、20以上の幼児教育施設があるのに、この現実はどうしてか?これからこの地域はどうなっていくのだろうか?』

『むしろ他に根本的な問題があるのでは?』

ぽかぽか棟を設計してくださった市議会議員さんと徹底的に議論したりもしました。

積りに積もったそんな不安や疑問を代弁してか、常総市議会一般質問にてとり上げてくださいました。

http://www.joso-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=201 

バス乗務の職員が「先生、園児募集でなく先生募集なんですね」保護者からこんな声をかけられたりもしています。

待機児童問題は地域的な偏りも見られますが、人口増、人口減の地域問わず、保育教諭不足問題が根底にあるのでは。

特に民間施設は深刻です。与えられた環境の中で、がんばるしかない! どうぞ応援してくださればと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

beautiful japan

2017年01月13日 | Weblog

「ビューティフル ジャパン!ビューティフル ジャパニーズ ピーポー!」「美しい日本!美しい日本の人達」

先週の7日から常総市内にホームステイしているオーストラリア大学生3名の誰もがこうスピーチされていました。

到着後、日光を含めて案内同行役を任されましたので、地元の筑波山女体山頂にも連れて行きました。

「つくば市でショッピングと筑波山どちらがいいですか?」と尋ねたら(もちろん英語で)すかさず「マウントツクバ」。

・・・オーストラリアなんかもっと壮大な大自然があるのに、日本百名山で一番低い筑波山なんて・・・そう思っていましたが、彼らの目と心はそうでなかった。

スカイツリー、富士山、日光や霞ヶ浦も見える360度の景色に大感激。足がすくんでしまう怖さをものとぜずに写真やビデオを撮りまくっています。

Watch your step!!「危ないよ」思わず叫びました。(笑)

「ビューティフル ジャパン!」ウォシュレットトイレを始めとした生活形式から街並み。ショッピング施設、規則正しく運行が刻まれている電車、バス。何時、何でも食べることのできる食事環境、礼儀正しく温かく迎えてくれる人々にとにかく感動しきり。

彼らはたくさんの美しい思い出を持って国に帰り、家族や友人に報告することでしょう。

国際交流といえば今朝の新聞記事。いろいろとぎくしゃくしている日本と中国ですがホームステイ後の高校生たちが「日本への印象が良いほうに一変した」。地道な活動の成果となっています。

争いが起きかねない2017年世界情勢がとても心配です。オーストラリアにとって日本は親日国ですができるだけ多くの国々の方々に「ビューティフルジャパン」を目と心で確かめて欲しい。

私なりに国際交流のために何かできることがあればと、ささやかながら思う昨今です。 


この記事をはてなブックマークに追加