Kinugasa の日々放談(時事・生活)

政治、社会、時事、日常雑記について放談

『軍部』の選挙応援!(政治干渉)

2017-06-28 22:57:38 | 時事、身辺雑記
梅雨さなかのガクアジサイ。うっとおしい日々だが、花には罪はない。


東京では都議選、兵庫では知事選、選挙に囲まれながら、恐ろしい報道にであった。

東京の都議選の応援演説で、稲田防衛大臣が、『防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい』と発言したことだ。

すぐに撤回の訂正発言がメディアを通じてなされたようだが、いったん口をついてでた言葉は取り消しも、撤回もできない。

スーダン派遣の自衛隊の『戦闘』日誌問題、森友学園の『弁護士』問題で、すでに政治家としての資質のないことは明らかになっているが、任命責任のある安倍総理はかばい続けてきた。

所が今度はそうはいかない。都議会議員の選挙という政治活動に23万自衛隊を動員するかとも受け取れる発言をしたわけだ。

『防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい』

選挙の中立性を損ない、省(行政機関)による選挙運動を行ったばかりが、まだ軍隊ではないけれど、自衛官(特別職・国家公務員)が、防衛大臣のもと、有権者に自民党への投票をお願いすると呼び掛けるのだから大問題だ。

言葉を取り消してもこの事実は取り消すことが出来ない。

これは獣医学部問題などとは比較にならない、国の制度の根幹にかかわる問題で、任命責任者からの罷免を待つまでもなく、自ら辞任するのが当然だが、発言撤回の場面を見ていると事の重大さをご本人が認識していないことがよくわかる。

このような人が一国の政府高官(大臣)を務めているなどとは、信じられない。

安倍政権のもと数々の信じられないようなことが起こるが、安倍総理にしてみれば、ひょっとして、稲田大臣の発言のどこがいけないのか、わからない可能性もある。

明日中に辞任しないのであれば内閣総辞職してもおかしくない事案だと思う。

なんという国に私は住んでいるのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀法可決・戦後体制転覆へ... | トップ | 白虹事件・言論の自由 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に・・・ (すみとも)
2017-06-29 00:00:22
何とう国に私は住んでいるのだろう。・・・ ですね!
あのお方は 弁護士さんだった筈! もうビックリです。。
 
国防で亡国 (kinugasa01)
2017-06-29 19:41:49
★ すみともさん

三島由紀夫よりも、もっともっと遠く遥かに頭が悪いのでは、と思います。

自衛隊は、最高裁判決で違憲ではないことになっていますが、憲法で、軍隊を持たない日本の国では、司法試験などで自衛隊の選挙活動などについて絶対に試験問題はでないでしょうね。

試験に出ないことは勉強しない、そんな弁護士さんではなかったでしょうか。

今日も、まともな新聞などでは。罷免をとの見解がでていますし、民進党などは臨時国会の開催を要求しています。

都議選の前だから騒ぎを起こしたくない、だから『謝罪』を、と安倍総理。

誰も謝罪などは求めていません。罷免でしょ。

も少し若かったら。もっと大きい声で怒鳴るところですが。

コメントありがとうございました。

  kinugasa01


コメントを投稿

時事、身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。