Kinugasa の日々放談(時事・生活)

政治、社会、時事、日常雑記について放談

共謀法可決・戦後体制転覆へあと一歩

2017-06-15 23:31:36 | 時事、身辺雑記
写真は南天の蕾。秋には実がなり、冬には赤い玉の房が年末を飾る。



今日、参議院は異常な手続きで『共謀法』の可決を強行した。

会期末を控え、会期の延長をあえてしないで強行可決したのは、加計学園問題などを国会で追及されるのを阻止するためだといわれている。

自民、公明に圧倒的多数の議席を許し、さらに維新が加わり、安倍総理の言う、戦後体制からの脱却のためにはあと憲法改正を残すのみとなった。

自衛隊を国軍と名称変更し、米軍が主張する『自衛権』の発動に呼応して、同盟国として集団的自衛権を発動し、参戦するために交戦権を行使して
米軍の敵と戦う。

こんな政府にしたのは、自民、公明の両党、それに賛同する維新、だが、これらの国会議員を選んだのは日本国の有権者だ。

戦前の国民は『シコ(醜)のミタテ(御盾)』として万乗の大君に命をささげるように訓練されたが、その実は軍部と財閥・巨大企業の命や資産を
守るために中国大陸や南海の諸島でたくさんのかばね(屍)をさらすことになった。

今、現行憲法が禁じている、国権の発動としての戦争(参戦)の開始を決めるのは誰になるのだろう。アメリカが国連無視で軍事行動に出るのに対
して、集団的自衛権の発動は許されるのだろうか。また、誰が開戦の発議を行うのか。

安倍総理の思うまま、気のすむままの政治がまかり通っている。

今こそ、憲法を固持する運動を続けたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧米と一括りでは呼べなくな... | トップ | 『軍部』の選挙応援!(政治... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すみとも)
2017-06-20 11:18:08
南天の花 こちらより早いなぁ~と思って覗いていました^^何度もお邪魔して・・・です。 
 南天は難を転ず! 縁起を担いで お赤飯のお重に葉を添えたりしますね。

もう! 着々と進めて 2020年までには念願の憲法改正を・・・と言っていますね。
昨日は国会閉会の会見などあったようですね。ごめんなさい改憲!!いやいやパソ君勝手に誤変換です。会見だったとか。 婆に耳には良く聞こえませんでした。

何故か今年は 庭の木々の様子も虫たちの様子も 変なのですよ。時でもなく葉を落としたり 背丈をのばしたり・・・毛虫が巣食わなかったり 夏の虫が早かったり
気候が変なのか 土の中が変なのか?? ボケバアの偏見なのかと思いましたら ご近所さんも何か気味が悪いと言っておりますから ボケの所為ばかりじゃないようです。
なんて、 またまた下らないコメントをで すみませんm(__)m
難を転ずる (kinugasa01)
2017-06-21 00:02:53
★ すみともさん!

知りませんでした。お正月の縁起物なのはそういうところからなのですね。

私の大嫌いな言葉に『内部告発』というのがあります。

とりわけ、内部というのが、政府内部とか、省庁内部とかの場合、政府全部は内部で、国民は外部、とでもいうのでしょうか。

政府であれ、官庁であれ、国民全体の公共の利害に関する事柄は、『内部問題』として秘密にしてはならないと思います。

外交に関連する事柄などで、機密に属する事柄でも、一定の期間が過ぎれば『公開』されるのが自由・民主主義の政治の要だと思います。

公共の利害に関する発言は、それが政府の利害と対立するものであっても、『内部告発』と呼ばれるべきではなく公益のための告発と呼ばなければならないと思います。

公益のための発言が『共謀罪』に触れる可能性が高くなってきました。

安倍禍、自公維大難を転じて福とするのは、現政権に反対する選挙の一票しかありません。

息切れしかけていますが、コメントを頂くと、また元気を取り戻します。

気候も変ですね。我が家のガクアジサイが一向に花を咲かせません。

ぜひお顔をお出しください。

kinugasa01

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。