kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『黒執事』を観て

2014-01-27 16:53:09 | 映画・邦画

14-11.黒執事
■配給:ワーナー・ブラザース
■製作年、国:2014年、日本
■上映時間:119分
■料金:1,800円
■観賞日:1月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)



□監督:大谷健太郎、さとうけいいち
◆剛力彩芽
◆水嶋ヒロ
◆優香
◆山本美月
◆岸谷五朗
◆伊武雅刀
◆城田優
◆丸山智己
◆安田顕
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
漫画、アニメなどで絶大な人気を誇る枢やな原作のコミックを、水嶋ヒロ主演で実写映画化。貴族の執事セバスチャンと女性であることを隠している幻蜂清玄を中心に、映画版オリジナルのストーリーが展開していく。
巨大企業の若き総帥にして、女王の密命を帯びる名門貴族の末裔である幻蜂清玄伯爵は、過去の壮絶な傷を抱え、わけあって女であることを隠して生きる男装の令嬢だ。執事のセバスチャンとは絶対的な主従関係にあるが、その関係は主の魂で契約された究極のものだった。そんな中、街で“連続ミイラ化怪死事件”が頻発。警察保安省外事局局長・猫磨実篤は、部下の鴇沢一三、松宮高明に捜査命令を下す。やがて鴇沢は、幻蜂伯爵とその執事が事件の周辺にいることに気づき、疑いの目を向け始める……。

水嶋ヒロ、久々の映画出演と剛力彩芽が出ている事で注目されている邦画。原作はアニメだが映画化された本作はオリジナル・ストーリーだそうだ。飼い犬の名前をそのまま付けられた黒執事ことセバスチャンは命をかけて主である清玄を守り命じられるままに「御意に!」の一言で完璧に遂行する。
名門貴族の跡取り清玄は両親を目の前で虐殺され叔母華恵が後見としてサポートするなか、この華恵は実はこのストーリーの鍵を握る人物でもあり、清玄両親惨殺事件の首謀者でもあったことが後半で明かされる。優香は華恵役を前半は忠実な後見人を、後半は一転して清玄の父に棄てられた元妻として幻蜂家に復讐する役を見事に演じていた。
ストーリーは後半になって二転三転するなか、中盤に秘密のドラッグを巡る場面があり、これが事件の真相を結び付くのかと思いきや、華恵の私怨から幻蜂家へどうしても復讐したかった。後継ぎを求める父が華恵と別れ姉(清玄の母)と結婚したこと、それを恨んで反西側の犯罪組織による清玄の両親殺害を手引きし、不死の肉体を得て生き続けることで清玄から幻蜂家を奪おうとしていたことを暴露する。そして黒幕犯罪組織の正体を知らないと言い、清玄はショックを受ける。セバスチャンに欺かれさらに毒を盛られた華恵は、急激にミイラ化し肉体を消滅させ死ぬ。

その後、爆破を防ぎ人々を救うため命がけで装置を運び出す清玄をセバスチャンは冷ややかに見つめるが、彼女が自力で装置を解除し倒れたあと、解毒剤を口移しで飲ませて救う。ストーリーとしては中盤のドラッグ・パーティーが思わせぶりで事件の真相とは直接結びつかなかった。

出演陣の中では水嶋ヒロが事実上の主役である。セリフが少ないながらも立ち居振る舞いなどで魅せてくれた。「御意に」の決めゼリフも場面に応じてタイミングを変えたりしていて、彼の存在が無ければ映画として目立つ事は無かっただろう。もう一人の主役である剛力彩芽だが、まだまだ演技力には疑問符が幾つも付くのはセリフと演技が一体化していないからだろうか?逆に優香演じる叔母の華恵は後半になってから一気に存在感が増して行った。
剛力彩芽が数年後か数十年後に目指すお手本のような存在が優香だったような気がする。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『エンダーのゲーム』を観て | トップ | 映画『オンリー・ゴッド』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
黒執事 (あーうぃ だにぇっと)
黒執事@よみうりホール
「黒執事」完璧な執事がミイラ化事件を追い続けた先にみた欲に溺れた人たちの末路と幻蜂家の悲劇と宿命 (オールマイティにコメンテート)
「黒執事」は枢やなによる日本の漫画を実写化した作品で、東西に別れた世界で西側から送り込まれた貴族がそこで起きる奇怪な事件を執事と共に追っていく中でその家で起きた悲劇を ...
劇場鑑賞「黒執事」 (日々“是”精進! ver.F)
“あくま”で、執事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401180001/ 【送料無料】黒執事 オリジナル・サウンドトラック [ 松浦晃久 ]価格:3,150円(税込、送料込) 【送料無料】映画「黒執事」VISUAL BOOK [ 枢...
黒執事 (映画的・絵画的・音楽的)
 『黒執事』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『BECK』で見た水嶋ヒロが3年ぶりに映画復帰した作品ということでもあり、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、2020年の世界は西と東に分断されていて、西側諸国は女王が支配し、世界統一を図るべく、対立する東...
黒執事/水嶋ヒロ、剛力彩芽 (カノンな日々)
人気の原作コミックというのは読んだことありませんが評判になっていたのだけは知ってました。内容については全く知らなかったのでこの映画の予告編を観てアクションドラマなの? ...
『黒執事』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「黒執事」□監督 大谷健太郎・さとうけいいち□脚本 黒岩 勉□原作 枢 やな□キャスト 水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
映画 黒執事 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   「あくまで、執事ですから」が決めセリフのセバスチャンが実写化されるなんて、黒執事は大人気ですね。   残念なことは、若槻華恵がセバスチャンの正体を知っていたのにも関わらず   幻蜂...
黒執事 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(AF) 『ラッシュ』と『スノーピアサー』のハシゴ鑑賞の恩恵(?)で
『黒執事』 (beatitude)
巨大企業の若き総帥にして、女王の密命を帯びる名門貴族の末裔である幻蜂清玄伯爵(剛力彩芽)は、過去の壮絶な傷を抱え、わけあって女であることを隠して生きる男装の令嬢だ。執事のセバスチャン(水嶋ヒロ)とは絶対的な主従関係にあるが、その関係は主の魂で契約された究極...
黒執事 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
漫画、アニメなどで絶大な人気を誇る枢やな原作のコミックを、水嶋ヒロ主演で実写映画化。貴族の執事セバスチャンと女性であることを隠している幻蜂清玄を中心に、映画版オリジナルのストーリーが展開していく。幻蜂を剛力彩芽が演じ、そのほか優香、山本美月、栗原類、城...
黒執事 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/18公開 日本 119分監督:大谷健太郎、さとうけいいち出演:水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗、栗原類、海東健、ホラン千秋、丸山智己、城田優、安田顕、橋本さとし、志垣太郎、伊武雅刀、岸谷五朗 全能の執事vs禁断の怪事件(ミステリー)この執事....
【黒執事】私は、あくまで執事 (映画@見取り八段)
黒執事     監督: 大谷健太郎、さとうけいいち    出演: 水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗、栗原類、海東健、ホラン千秋、丸山智己、城田優、安田顕、橋本さとし、志垣太郎、伊武雅刀、岸谷五朗 公開: 2014年1月18日 2014年1月8日。劇場観賞(...
『黒執事』を109シネマズ木場6で観て、意外に好きだぞこれふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★推理はC級だがアクションが小気味いい】    確か原作マンガを1巻だけ読んだ。 「原作とは設定変えます」と言い切って、 時代背景やキャラクターの属 ...
黒執事 (とりあえず、コメントです)
枢やな著の人気コミックを水嶋ヒロ主演で映画化したファンタジーです。 原作は未読ですけど、悪魔の執事を水嶋ヒロがどのように演じるのか気になっていました。 あまりのピッタリ度に、この人が出演を望まれたのも分かるなあと思うような作品でした。
「黒執事」 天使の欠片 (はらやんの映画徒然草)
人気コミックの映画化作品ですが、原作は未見です。 ですので作品に関しての知識は事
黒執事 (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。なんでもアリーナの試写会はいつぶりかな〜。司会に堀田アナが出て来はった時はちょっとテンション上がりました。ストーリーはこんな感じ世界が西側勢力と東側勢力に二分された近未来。執事のセバスチャンが仕える主人は、東側の幻蜂伯爵家4代目当...
黒執事 (単館系)
黒執事 TOHOシネマズ渋谷 1/18公開 女性だということを秘密にしている幻蜂家当主の幻蜂清玄伯爵(剛力彩芽)と 執事のセバスチャン(水嶋ヒロ)は、絶対的な主従関係にあった。 一方、二人は世界統一を目標にする女王の諜報(ちょうほう)員「女王の番犬」 という役...
『黒執事』('14初鑑賞8・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 1月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。
映画:「黒執事」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年1月28日(火)。 映画:「黒執事」。 監  督:大谷健太郎・さとうけいいち アクション監督:大内貴仁 脚  本:黒岩勉 原  作:枢やな 音  楽:松浦晃久 キャスト: セバスチャン・ミカエリス:水嶋ヒロ 幻蜂汐瑠(幻蜂清玄):剛力彩芽 ...
黒執事 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】悪魔の執事とそこの主の剛力さんが殺人事件
黒執事 (だらだら無気力ブログ!)
めんこいわ〜、山本美月。
黒執事 感想です。 (★ Shaberiba )
「あくま(悪魔)で執事----!」な水嶋さんに痺れました!。
映画「黒執事」レビュー(水嶋ヒロ、私は悪魔で執事でございます) (翼のインサイト競馬予想)
映画「黒執事」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバ
黒執事 (いやいやえん)
イエス、マイロード。(なかった…) 世界観設定などを変更、女王の番犬・悪魔との契約など、基本的な部分と一部のキャラを残して映画オリジナルの世界を構築しています。そうなると当然「これは黒執事ではない」と
黒執事 (銀幕大帝α)
2013年 日本 119分 アクション/サスペンス/ファンタジー 劇場公開(2014/01/18) 監督: 大谷健太郎 さとうけいいち 原作: 枢やな『黒執事』 主題歌: ガブリエル・アプリン『Through the ages』 出演: 水嶋ヒロ:セバスチャン・ミカエリス 剛力彩芽:幻蜂....