kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』 を観て

2012-04-01 23:29:41 | アメリカ映画 2012

12-29.スーパー・チューズデー ~正義を売った日
■原題:The Ides Of March
■製作国・年:アメリカ、2011年
■上映時間:101分
■観賞日:4月1日、新宿ピカデリー(新宿)

 

□監督・製作・脚本:ジョージ・クルーニー
◆ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)
◆ライアン・ゴスリング(スティーヴン・マイヤーズ)
◆フィリッピ・シーモア・ホフマン(ポール・ザラ)
◆ポール・ジアマッティ(トム・ダフィ)
◆マリサ・トメイ(アイダ・ホロウィッチ)
◆エヴァン・レイチェル・ウッド(モリー・スターンズ)
◆マックス・ミンゲラ(ベン・ハーペン)
◆ジェフリー・ライト(トンプソン上院議員)
【この映画について】
トップスターでありながら、監督としてもリベラルで質の高い作品を発表しているジョージ・クルーニー。本作はそのクルーニーの監督第4作目。大統領予備選の大勢が決まる、“スーパーチューズデー”を前に、そのスタッフの駆け引きを描く、政治サスペンス。今回、クルーニーは大統領候補役で、主人公はその予備選を支える若い上昇志向の強い広報官。
共演は「ラブ・アゲイン」のライアン・ゴズリング、「マネー・ボール」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」のポール・ジアマッティ。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
アメリカ合衆国大統領の座をめざし、民主党予備選に出馬したマイク・モリスは、選挙ツアー最大の正念場を迎えようとしていた。ペンシルベニア州知事として政治家の実績を積んだモリスは、ハンサムで弁舌に優れ、カリスマ性も十分。そのうえ清廉潔白な人柄と揺るぎない政治信条で多くの有権者を魅了し、ライバル候補のプルマン上院議員をじわじわと引き離しつつある。

来る3月15日のオハイオ州予備選に勝利すれば、その勢いに乗って共和党候補をも打ち破り、ホワイトハウスの主になることはほぼ確実。いよいよ一週間後に迫ったスーパー・チューズデーの決戦に全米の注目が集まっていた。
モリスを支えるのは、ベテランのキャンペーン・マネージャー、ポール・ザラと、広報官スティーヴン・マイヤーズ。ある日、スティーヴンのもとに、プルマン陣営の選挙参謀トム・ダフィが電話をかけてくる。極秘の面会を求められ、一度は拒んだスティーヴンだが、何らかの情報提供をちらつかせるダフィの言葉巧みな誘いに負けてしまう。ダフィの目的は、スティーヴンを自陣営に引き抜くことだった。

だがモリスに心酔しているスティーヴンは、その申し出を即座に拒絶。その夜、スティーヴンは選挙スタッフのインターンである若く美しい女性モリーとホテルで親密な一夜を過ごす。
翌日、スティーヴンはダフィとの密会の件をポールに打ち明け、謝罪するが、何より忠誠心を重んじるポールの怒りは想像以上だった。二人の間には亀裂が生じ、ダフィとの密会は新聞記者アイダにも嗅ぎつけられてしまう。圧倒的優勢を見込んでいたスーパー・チューズデーの雲行きも怪しくなり、スティーヴンを取り巻く状況はまたたく間に悪化していった。
そんな中、ポールからクビを宣告されたスティーヴンは、プルマン陣営への寝返りを決意するが、態度を豹変させたダフィにすげなく門前払いされてしまう。怒濤の嵐が吹き荒れるスーパー・チューズデー前夜、正義を売る者たちの最後の壮絶な駆け引きが始まった……。

G・クルーニーは俳優としては様々なタイプの作品に出演して一つの枠に拘らないのだが、監督作は硬派なテーマを撮る傾向にあるようだ。今回の作品はアメリカ大統領選を巡る裏話的なもので、G・クルーニーよりむしろ売り出し中のライアン・ゴスリングを主演に据えている。ライアン・ゴスリングは私も好きな俳優で、ここでは選挙参謀の役で、モリス候補の人柄に惚れ込んで選挙参謀としてスタッフ入りした。
しかし大統領選を巡って対立候補との駆け引きやネガティヴ・キャンペーンの話題や相手陣営との引き抜き、更には、大物議員との密約などの話題も盛り込んでいる飽きない作りとなっていた。
ストーリー的にはG・クルーニー演じるモリス知事と若い選挙スタッフの女性との密会を嗅ぎつけたマイヤーズがモリスを呼び出して問い詰めるシーンは、仮にモリスが大統領選で当選したら、知り過ぎたスタッフとしてどういう扱いを受けるのか気になってしまった。
それにしても洋の東西を問わず、政治家の下半身スキャンダルは政治家としては脇の甘さに繋がり運良く権力の座に就いても、対立陣営に嗅ぎつかれたら政治生命の危機に陥るのは明らか。

俳優陣では主役級の2人より脇を固めるポール・ジアマッティやフィリップ・シーモア・ホフマンンの個性的な演技が光っていたのは流石だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アスレティックスが3発で勝利、... | トップ | 映画『ヘルプ ~心がつなぐスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~/The Ides of March (LOVE Cinemas 調布)
民主党のアメリカ大統領選予備選を舞台に、占拠の裏側を赤裸々に描いた政治ドラマ。原作は2004年に実際の民主党予備選で有力候補のスタッフを務めたボー・ウィリモンの戯曲でジョージ・クルーニーが自ら監督し大統領候補役として出演もしている。。主演には『ドライ...
『スーパー・チューズデー -正義を売った日-』 2012年1月26日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スーパー・チューズデー -正義を売った日-』 を試写会で鑑賞です。 今年のアカデミー賞作品は期待大ですね この映画作品賞から外れてしまったんですから いや~面白かったですよ 【ストーリー】  マイク・モリス知事(ジョージ・クルーニー)の大統...
スーパー・チューズデー~正義を売った日~ (佐藤秀の徒然幻視録)
スキャンダル相互確証破壊 公式サイト。原題:The Ides of March。ボー・ウィリモン原作、ジョージ・クルーニー監督・出演。ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・ ...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ / THE IDES OF MARCH (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 夏にヴェネチア映画祭、秋にトロント映画祭で上映して楽しみにしてました~ ジョージ・クルーニー監督第4作、製作、脚本、レオナルド・ディカプリオ製作総指揮 2004年、民主党大統領予備選でハワード・ディー...
スーパー・チューズデー (映画的・絵画的・音楽的)
 『スーパー・チューズデー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、このところ俳優として大活躍中のジョージ・クルーニーが監督・出演して制作した作品というので見に行ってきました。  お話は、党の大統領候補を決める予備選のハイライトであるスーパー・チュー....
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」□監督・脚本 ジョージ・クルーニー □脚本 グラント・ヘスロヴ、ボー・ウィリモン□原作 ボー・ウィリモン□キャスト ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (だらだら無気力ブログ!)
役者陣の存在感が素晴らしく見入ってしまった。
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョージ・クルーニーの監督作品。ジョージのシリアス系作品は小難しい上にトーンが低くて、下手をすると付いていけずに睡魔に襲われてしまう傾向が私にはあり、というか嘗て「シリアナ」では敗北宣言したというトラ
スーパー・チューズデー~正義を売った日~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) ジョージ・クルーニー監督作品としては最高傑作!
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』 (ラムの大通り)
(英題:The Ides of March) ----これって、ジョージ・クルーニーの監督作だよね。 アメリカ大統領選挙の裏側を描いた映画ニャんでしょ? 「そう。 ところが、そのジョージ・クルーニー、 こんなことを言っている。 『ジャンルで言えば政治サスペンスだが、 政治そのも...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (そーれりぽーと)
大統領選挙前のキャンペーン映画? 『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』を観てきました。 ★★★★ 選挙前なので、米国民主党側が共和党を悪く描くキャンペーン映画なのかと思いながら観ていたら、どうもやっぱりそんな風か…? なんて感じていたのはほんの序...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (労組書記長社労士のブログ)
【=18 -1-】 もしかしたら将来、大統領選に出馬するかも知れないし、いや、労組の人として大統領選を仕切ることもあるかも知れないし、勉強のためにちょっと見ておくかと、こないだの朝日新聞夕刊でのこの映画の紹介記事を読んで思ったので、昨日レイトショーで観てきた...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (迷宮映画館)
ドキドキさせるのは、こういう駆け引き、やり取りだ。
映画「スーパー・チューズデー~正義を売った日~」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『スーパー・チューズデー~正義を売った日~』(公式)を映画の日に劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 民主党予備選に...
スーパー・チューズデー 正義を売った日 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Ides of Marchクチコミを見るアメリカの大統領選の駆引きと人間模様を描く「スーパー・チューズデー 正義を売った日」。腹黒さと信頼が入り乱れる、硬派な政治ドラマだ。スティーヴン ...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~THE IDES OF MARCH (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
どこかの州の開票でやり直しなどをしたり、大金を投入してメディア戦略に勝った方が大統領になるのがアメリカだ。現在の彼が選挙中に訴えていたことと実施していることの格差を見れば、大国の指導者の実態が明らかになる。それよりも、この映画の内容を分析すれば政治の世...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (試写会) (風に吹かれて)
狡猾でなければ務まらない公式サイト http://www.supertuesday-movie.com3月31日公開元選挙広報マンの劇作家ボー・ウィリモンが、実体験をベースに執筆した戯曲“Farrag
[映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆米国の、大統領への民主党予備選を舞台にした、自軍の候補を大統領にすべく、理想と野望に燃える広報官・スティーヴンの「理想の夢散」と「野望の変質」の物語。  非常に面白かった。  最初は眠かったのだが、「こいつは面白いぞ!」と思い、眠気を振り切りつつ見て...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (とりあえず、コメントです)
選挙戦に臨むキャンペーンチームの選挙参謀を主人公に、政治の世界の裏側を描いた ジョージ・クルーニー監督作品です。 ジョージ・クルーニーが曲者の役者を揃えて、どんな物語を繰り広げるのか気になっていました。 陰謀と策略の世界に染まっていく主人公の姿に、この世...
大統領予備選の内幕~『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』 (真紅のthinkingdays)
 THE IDES OF MARCH  民主党大統領候補決定のための予備選は、オハイオ州で天王山を迎えて いた。 ペンシルバニア州知事、マイク・モリス(ジョージ・クルーニー)の元、 30歳の若さで...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (心のままに映画の風景)
ペンシルベニア州知事のマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)は、米合衆国大統領の座を目指し、民主党予備選に出馬する。 モリスの選挙キャンペーンチームで広報官を務めるスティーヴン・マイヤーズ(ラ...
『スーパー・チューズデー~正義を売った日~』 (こねたみっくす)
必要なのは貫く正義よりも信じる大義。事実上アメリカの次期大統領が決まるスーパー・チューズデーに正義などいらない。 政治を扱った映画を撮らせると渋い演出を見せてくれるジ ...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~(2011)☆★THE IDES OF MARCH (銅版画制作の日々)
好き度:=50点 MOVIX京都にて鑑賞。 監督は大統領候補役で出演のジョージ・クル―ニ―だった。そしててっきり主役だと思っていたら、メイン主役はライアン・ゴスリング君でした。 製作総指揮には何とデカプリオ君も参加していたんですね。その上キャスト陣も豪華...
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 生き馬の目を抜く世界 (はらやんの映画徒然草)
先週「ドライヴ」を観たので、本作でライアン・ゴズリング祭りにしようか、「SHAM
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 良質なアメリカ映画 (ももたろうサブライ)
監督 ジョージ・クルーニー
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 (セレンディピティ ダイアリー)
ジョージ・クルーニー監督、ライアン・ゴズリング主演の、アメリカ大統領予備選挙を題
政治の世界は・・・ (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「スーパー・チューズデー ~ 正義を売った日 ~」を鑑賞しました。 大統領選挙キャンペーンチームの広報官スティーヴン ライバル陣営からの密会、インターン女性からのある秘密を知り・・・ 非常にソツなく作られていて 楽しめました 大統領選....
『スーパー・チューズデー』 (千の天使がバスケットボールする)
今年はオリンピックの年。ということは、アメリカでは大統領選挙の年でもある。 選挙資金を大量に使い、中傷合戦をものともせずに熾烈な選挙を勝ち抜いてオバマ氏が登場してもう4年か。歳月人を待たず・・・。 それは兎も角、実際の大統領予備選が進展しているさなかに、...
スーパー・チューズデー~正義を売った日~・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
政治は、人間によって堕落する。 「スーパー・チューズデー~正義を売った日~」は、俳優としてだけでなく、映画監督としても非凡な才能を発揮する、ジョージ・クルーニーの四本目の監督作品。 原作は、20...
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 (prisoner's BLOG)
政治の裏舞台での駆け引き、腹の探りあい、騙しあいをみっちり描くのも見ごたえ充分だが、甘い理想家みたいなことも言っていた主人公が手を汚したあとで犠牲者に対する寂寥感を本当に持ち続けているのがこの映画の他にあまりない財産に思える。 理想家が偽善者になったの....
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (Diarydiary! )
《スーパー・チューズデー ~正義を売った日~》 2011年 アメリカ映画 - 原
スーパー・チューズデイ ~正義を売った日  The Ides of March (映画の話でコーヒーブレイク)
アメリカで共和党の大統領候補を選ぶ予備選挙が進む中、何ともタイムリーな公開です。 本作の舞台は共和党ではなくて、民主党の「オハイオ州予備選」です。 「スーパー・チューズデイ」って・・・何故アメリカでは「火曜日」に選挙をするのか? 日本では選挙は日曜日と相...
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 (てんびんthe LIFE)
「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」新宿ピカデリーで鑑賞 2012-035 ジョージ・クルーニーとライアン・ゴスリングのW主演かと思っていましたが、主演はライアン・ゴスリング一人。 勿論、ジョージは重要な役どころではありますが、それよりもこれはジョー...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (こんな映画見ました~)
『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ 』---The Ides of March---2011年(アメリカ)監督:ジョージ・クルーニー 出演:ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー 、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイ 、ジェ....
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (The Ides of March) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・クルーニー 主演 ライアン・ゴズリング 2011年 アメリカ映画 101分 ドラマ 採点★★★★ メディアってのは「オレたちが世論を牛耳ってるんだ!」とでも言いたいのか、とにかく印象操作にだけは手間暇かけますよねぇ。数ある実績から“成し遂げなか...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ '11:米 ◆原題:THE IDES OF MARCH ◆監督:ジョージ・クルーニー「かけひきは、恋のはじまり」「グッドナイト&グッドラック」 ◆出演:ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポ...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IDES OF MARCH】 2012/03/31公開 アメリカ 101分監督:ジョージ・クルーニー出演:ライアン・ゴズリング、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイ、ジェフリー・ライト、エヴァン・レイチェル・ウッド、マックス・ミンゲラ、ジェ....
『スーパー・チューズデー/正義を売った日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
アメリカ大統領予備選挙を題材にしたポリティカル・サスペンス。 民主党の予備選に出馬したモリス知事(ジョージ・クルーニー)を支えるポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)とスティーヴン(ライアン・ゴスリング)。ある日スティーヴンは、対立候補である上院議...
映画評「スーパー・チューズデー 正義を売った日」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ジョージ・クルーニー ネタバレあり
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (悠雅的生活)
忠誠心。夜中の電話。掃除係。
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (いやいやえん)
ライアン・ゴズリングの最初と最後の表情の違いが見もの。 まさに自分の中にある眠れる「正義」を無くした話なんですよね。 米大統領選を舞台に、渦巻く陰謀・打算などを描いた政治ドラマになってます。ちょっと苦
【映画】スーパー・チューズデー ~正義を売った日~…ヤッツケ映画観賞記録(14) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
東京オリンピック決まりましたね。運動嫌い(自分がするのも観戦も苦手)な私ですが、何故か、ちと嬉しい気がします 高校生(~大人にかけて)の頃に読んだ、大友克広の「AKIRA」では2020年に東京オリンピックが開かれる筈の2019年が舞台。なかなか当たらないSF作品の未....