kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『人生の特等席』を観て

2012-12-16 18:39:30 | アメリカ映画 2012

12-99.人生の特等席
■原題:Trouble With The Curve
■製作年、国:2012年、アメリカ
■上映時間:111分
■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■料金:0円(1カ月フリーパス)

 

□監督・製作:ロバート・ロレンツ
◆クリント・イーストウッド(ガス)
◆エイミー・アダムス(ミッキー)
◆ジャスティン・ティンバーレイク(ジョニー)
◆ジョン・グッドマン(ピート・クライン)
◆マシュー・リラード(フィリップ・サンダーソン)
◆ロバート・パトリック(ヴィンス)
◆ジョー・マッシンギル(ボー・ジェントリー)
【この映画について】
クリント・イーストウッドの『グラン・トリノ』以来4年ぶりの主演作となるハートウォーミング・ストーリー。年老いたメジャーリーグのスカウトマンと、わだかまりを感じつつも父親の最後の旅に同行することになったひとり娘との絆を描く。娘役を演じるのは、アカデミー賞で3度のノミネート歴があるエイミー・アダムス。(この項、MovieWalkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
家庭を顧みず、メジャーリーグ・アトランタ・ブレーブスのスカウトマンとして生きてきたガスは長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が衰えてきていた。
彼の最後のスカウトの旅に手を貸したのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきたひとり娘のミッキーだった。妻を亡くし、男手ひとつで育てようとして育てられなかった父娘の旅の最後にそれぞれが見つけた人生の特等席とは……。

一方の娘は法律事務所で多忙を極め実績も上げて共同経営者への道を進み、現在の仕事を成功に導けば大きく前進するのだった。ミッキーはスカウト仲間のクラインからの要請もあって、多忙な時間を割いてガスの様子を見ることになる。ガスは球団から、ドラフトの有望株で高校生強打者のボー・ジェントリーの獲得の為の調査をしている。
年老いてきたガスは、あくまでもPCを使わずに自ら球場に足を運んでプレイを観察するスタイルを頑固なまでに貫くが、球団上層部の中にはそんな彼のスタイルに疑問を呈する視線がある。
視力の衰えを感じているガスだが、彼には長年のスカウト活動で培った彼独自の視点がある。そんな父を幼少時に一緒に球場巡りをしていたミッキーは今でも野球オタクで、選手を見る目も女性ながらしっかりしている。
肝心のジェントリーだが、相変わらず強打者ぶりを発揮しているが、メジャー入りして大金を稼ぐことを信じて疑わないその尊大な態度がガスには気になっている。だがドラフトが近付くにつれ彼の人気は高まり、球団内部でも指名が検討されている。

そのジェントリーを巡っては、ガスがかつて目にかけて指名したジョニーが今ではレッドソックスのスカウトとして活動していて、こちらもジェントリー指名に向けて調査に熱が入っている。そのジョニーとミッキーが何時の間にか良い仲になり...。
いよいよ球団本部で指名選手を選定する段階になり、ガスは球団が推すボー・ジェントリー指名を回避するべきだと主張するが受け入れられない。逆にレッドソックスはガスがジョニーに進言したとおりボー・ジェントリー指名を回避する。

ボー・ジェントリー指名に成功したブレーブスだったがこれで終わらなかった。ミッキーがモーテルで偶然に見つけた長身の左腕投手を連れて来て、ボー・ジェントリーの打撃投手として対決させた。そこで、この長身投手が投げたカーブを全く打てなかった(Trouble with the Curve)。
この投手こそ、ボー・ジェントリーが球場で尊大な態度を取っていたピーナッツ売りだった。そう、ガスは打球の音でこの高校生打者がカーブを打てないことを見抜いていたのだった。球団幹部の前での打撃練習で醜態を晒したことで、ボー・ジェントリーを進言したスカウトは解雇された。

ミッキーは仕事に戻り、彼女の代わりをその間務めていた男性は降格となり、彼女が再び最前線に戻った。そして、父と娘の絆も戻った。

この作品ではC・イーストウッドが愛弟子の監督デビュー作品に主演として出演した。メジャーリーグの老スカウトであり、一人娘ミッキーとの交流について描かれている。ミッキーは子供の頃に母を亡くしており、スカウト活動で多忙だった父とは疎遠だったことで気持ちもすれ違ったままだった。そんな父娘の心の交流の復活に一役買ったのが「野球」だった。
男性も叶わない豊富な野球知識、父がマウンドから投げる投球をいとも簡単に弾き返すセンス、父譲りの選手を観察する能力はずば抜けていた。野球がアメリカでは生活の一部として定着している姿を改めて感じさせた、サッカーではなくてね!そのミッキーを演じたエイミー・アダムスの演技も良かったが、そもそも「ミッキー」という名前は名選手ミッキー・マントル(男ですよ)に因んで名づけたそうだ。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ホビット 思いがけない冒... | トップ | 映画『綱引いちゃった!』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『人生の特等席』 2012年11月13日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人生の特等席』 を試写会で鑑賞しました。 予告が大変良かったので、本編は心配だったが・・・ 中々素晴らしいドラマでした 【ストーリー】  ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が弱...
『人生の特等席』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、...
人生の特等席・・・《野球へのラブレター》みたいなもの (Kathura West)
クリント・イーストウッド、衝撃のラストを飾った《グラン・トリノ》でもう見納めと思っていたので、復活にはびっくり。先のアメリカ大統領選で、元気な姿を見ていたが、再び劇場スクリーンで見れるとは。この作品のみどころはとてもシンプル。 1.頑固一徹、クリン...
人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE (勝手に映画評)
『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督が愛弟子ロバート・ロレンツと言う事もあってか、俳優専任として登場している。 渋いねぇ...
「人生の特等席」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド主演の最新作、「人生の特等席」(Trouble with
人生の特等席  監督/ロバート・ロレンツ (西京極 紫の館)
【出演】  クリント・イーストウッド  エイミー・アダムス  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。そ...
No1006『人生の特等席』~早朝、心に飛び込んでくる、すてきな音~ (パラパラ映画手帖)
一番好きなシーンは、エイミー・アダムスが、父親とも、恋人になりかけた男性ともうまくいかず、大事な仕事も人にとられ、八方ふさがりで落ち込んだ朝、窓の外から聞こえてくる音。 それは… 早朝のキャッチボール。心に直接投げ込んでくるような、爽快感あふ...
『人生の特等席』、バスで帰る (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
今さらですが、新年のごあいさつを。 あけましておめでとうございます。 年末からずっと更新をサボってましたが、本年もよろしくお願いいたします。
「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる (はらやんの映画徒然草)
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve
人生の特等席 (B-scale fan's log)
公開中 ロバート・ロレンツ監督     出演 クリント・イーストウッド、     エイミー・アダムス、     ジャスティン・ティンバーレイク 他 新評価 4.0 メジャーリーグの定年が近いスカウトマンと、 その娘で33歳独身の弁護士。 母親が早々に亡くなっ....
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
「人生の特等席」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/マルパソ・カンパニー 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Trouble with the Curve 監督:ロバート・ローレンツ脚本:ランディ・ブラウン撮影:トム・スターン音
人生の特等席 (あーうぃ だにぇっと)
人生の特等席@スペースFS汐留
劇場鑑賞「人生の特等席」 (日々“是”精進! ver.F)
父の背中は、特等席だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211240005/ Trouble With the CurveSoundtrack Varese Sarabande 2012-10-16売り上げラン...
人生の特等席(2012)☆★TROUBLE WITH THE CURVE (銅版画制作の日々)
 スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る。 好き度:+5点=75点 MOVIX京都にて鑑賞。 グラン・トリノが俳優として最後の作品となると思っていたイーストウッドおじさん。何と4年ぶりに俳優としてスクリーンに戻ってきたのでした。但し自らの監督作品ではあ...
凄ーくイイ話なんだけれども・・・。『人生の特等席』 (水曜日のシネマ日記)
長年メジャーリーグのスカウトマンとして働く男性とその娘の絆を描いた作品です。
『人生の特等席』 (こねたみっくす)
子供にとって親の背中こそが人生の特等席。親にとって子供の成長を見守る場所こそが人生の特等席。 『グラン・トリノ』で俳優業から引退するかも知れないと囁かれていたクリント ...
人生の特等席 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、
人生の特等席 (シェイクで乾杯!)
スクリーンから引退するなんて、もう言わないでほしい
人生の特等席 (迷宮映画館)
くそジジイっぷりが、何とも言えずに憎たらしくて、いとおしい。
人生の特等席 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】頑固オヤジのメジャーリーガースカウト
人生の特等席 (墨映画(BOKUEIGA))
クリント・イーストウッド主演作品。 やらないといっていたのに…。だけど彼の復帰はうれしい。 監督は、彼のひぞっこらしい。 現場あってナンボ。 イーストウッドの役どころは、大リーグの老いぼれ名物スカウト。 彼の目利きは一目置かれている。 しかしながら、加齢に...
人生の特等席 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
「人生の特等席」 (2012 WB) (事務職員へのこの1冊)
「おれみたいになるな。三等席の人生だ」「お父さん、いつもうちで一番いい席にすわっ
映画『人生の特等席』 (健康への長い道)
 20年ぶりに監督兼俳優ではなく、俳優専任で出演したクリント・イーストウッドの4年ぶり主演作『人生の特等席』を新宿ピカデリーにて。雨が降って、寒い1日でした。 Story 家庭を顧みず、メジャーリーグのスカウトマンとして生きてきたガス(クリント・イーストウッド...
人生の特等席 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
人生の特等席 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve/ クリント・イーストウッドが久々に俳優として映画に出ると聞けば観ない訳にはいかない。 ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年の...
「人生の特等席」 (prisoner's BLOG)
イーストウッド主演だから父親寄りの視線で見てしまうが、考えてみるとストーリー段階では娘寄りの視線で考えていたのではないか。元野球選手の若いスカウトとのラブロマンスのウェイトが割と高いのだが、ちょっとそこが長く感じてしまう。 娘が仕事をおいて父親について...
人生の特等席 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2012年米国 上映時間:111分 監督:ロバート・ロレンツ  最近監督業に専念していたクリント・イーストウッドが、監督をロバート・ロレンツに任せて、『グラン・トリノ』以来4年振りに主演を務めた感動作である。不器用で目が見えなくなり始めたプ
アメリカ映画「人生の特等席」、クリントイーストウッドの映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆      家族映画の好きな方 ☆☆☆☆ クリントイーストウッドと聞けば、見ずにはいられまい。 だが、今回は監督は、彼の映画のプロデューサーだったロバートロレンツ。 スカウトマンの話だ、老齢のガスは、頑固者で、コンピューターなどあてに...
『人生の特等席』 (ラムの大通り)
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どん...
人生の特等席 (こんな映画見ました~)
『人生の特等席』---TROUBLE WITH THE CURVE---2012年(アメリカ )監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イースト、エイミー・アダムス 、ジャスティン・ティンバーレイク 、ジョン・グッドマン クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶ....
映画レビュー「人生の特等席」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
人生の特等席 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray] [Blu-ray]◆プチレビュー◆頑固な父と不器用な娘の和解を描く「人生の特等席」。ストーリーは平凡だが、イーストウッドの存 ...
人生の特等席・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ガンコ父娘の心の旅路。 映画人生の集大成とも言うべき傑作「グラン・トリノ」を最後に、俳優引退を宣言していたクリント・イーストウッドの四年ぶりとなる主演復帰作は、長年メジャーリーグの現場に立ち続...
「人生の特等席」 (或る日の出来事)
エイミーが出ていなければ、観なかったはずの映画だ。
映画「人生の特等席」 (FREE TIME)
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
頑固親父~『人生の特等席』 (真紅のthinkingdays)
 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、医師 ...
『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
映画「人生の特等席」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権は講談社さんだ、客入りは8割くらい、一橋ホールの映写機は2台共相変わらずピンぼけである。    
人生の特等席 (心のままに映画の風景)
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...
人生の特等席 (いやいやえん)
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよ...
『人生の特等席』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力が衰え仕事にも支障を来たし始めていたが、プロとしての自信と誇りは持ち続け、今もドラフ...
人生の特等席   TROUBLE WITH THE CURVE (映画の話でコーヒーブレイク)
久々のイーストウッド作品。 今回は監督はせず、プロデュースと主演です。 共演は「魔法」からすっかり冷めて、野球にめちゃくちゃ詳しいやり手の弁護士ミッキーを エイミー・アダムズが演じております。 この二人の主演ということ以外何も知らずに見たのですが・・・、 ....
映画 人生の特等席 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
TVかなにかで紹介されていて気になっていた映画「人生の特等席」。Blu-rayがレンタルできたので鑑賞してみました。あらすじ的には・・・MLBの敏腕スカウトマンであるガス(クリント・ ...