kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『マイティ・ソー』を観て

2011-07-28 19:01:56 | アメリカ映画 2011

11-50.マイティ・ソー
■原題:Thor
■製作年・国:2011年
、アメリカ
■上映時間:115分

■字幕:川又勝利
■鑑賞日:7月23
日、新宿ミラノ3
■料金:1,800円

 
□監督:ケネス・ブラナー
□脚本:アシュリー・エドワード、ミラー&ザック・ステンツ、ドン・ペイン
□撮影監督:ハリス・ザンバーラウコス
□編集:ポール・ルベール
□美術:ボー・ウェルチ
□音楽:パトリック・ドイル
◆クリス・ヘムズワース(ソー)
◆ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)
◆トム・ヒドルストン(ロキ)
◆ステラン・スカルスガルド(セルヴィグ教授)
◆アンソニー・ホプキンス(オーディン)
◆浅野忠信(ホーガン)
◆コルム・フィオール(キング・ラウフェイ)
◆イドリス・エルバ(ヘイムダル)
◆レイ・スティーヴンソン(ヴォルスタッグ)
◆カット・デニングス(ダーシー・ルイス)
◆レネ・ルッソ(フリッガ)
◆ジョシュア・ダラス(ファンドラル)
◆クラーク・グレッグ(コールソン捜査官)
◆ジェイミー・アレクサンダー(シフ)
【この映画について】
1962年に発表され、約50年も人々に親しまれているアメリカン・コミックス「マイティ・ソー」が、英国人監督ケネス・ブラナーの手で映画化。自信過剰なヒーローが、縦横無尽に飛び回るアクション・エンターテインメント作品だが、親子の愛憎を描いたシェイクスピア劇のような趣も。
シェイクスピア俳優として知られるケネス・ブラナーの手腕が見事に発揮されている。主人公のソーを演じるのは、オーストラリア出身のクリス・ヘムズワース。その鍛え上げられた見事な肉体美と王子らしいジェントルな物腰で、ハートを鷲掴みにされる女性客も多いはず。日本人俳優・浅野忠信がソーの腹心の部下・ホーガン役で出演しているのにも注目して欲しい。他には
「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマン、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。しかし強すぎるあまりその傲慢さから、氷の巨人の世界へ身勝手に攻め込み、アスガルドを戦乱の危機に陥れる。
その行為に怒ったオーディンはソーの力とムジョルニアを奪い、地球へと追放する。地球の荒野で目覚めたソーは、天文学者ジェーンたちの乗った車に追突される。ジェーンたちはソーを病院へ連れていくが、ソーはそこでも暴れ出す。ソーは慣れない人間生活を送るが、ジェーンとの出会いによって人間の痛みや弱さを学び、彼女に心を奪われていく。

一方そのころ神の世界では、邪神ロキがアスガルド征服を狙い、陰謀を企てていた。ソーの護衛であったホーガン、ヴォルスタッグ、ファンドラルの三銃士は、国家の危機をソーに伝えるため地球へやってくる。しかしロキは、破壊者デストロイヤーというマシンをソーに向けて放っていた。さらに危機は、ジェーンにまで迫っていた。ソーは力を取り戻し、地球と神の世界を救うことができるのだろうか?

この映画は元々人気アメリカン・コミックが原作で、更に内容は北欧神話が原典であるのが特徴。神話であるものの、そこには親子間の葛藤や、兄弟間の権力争い、国家間の争いなどが散りばめられており、内容的には現代の世の中にも相通じるテーマであることが人気の秘密だろうか?
ここでは父王オーディンを名優アンソニー・ホプキンスが演じているが、彼はどんな役も自分のものにする現代の俳優の中では最高峰の演技力を誇り、彼がスクリーンに登場するだけで釘づけになるから不思議ですね。その父王の強大なパワーの源が「ムジョルニア」であり、息子ソーはその力を封じ込められ地球へと有無を言わさず追放される。
その間に王国内では弟ロキが台頭し、父王の跡継ぎとしての地位を固めようと着々と基礎を築こうとしていた。父王はそのパワーを使い果たすと暫くの間、長い睡眠を取ることでパワーが再度蘇る特徴があり、ロキはその隙を狙って王位継承を計っていた。ロキとソーは兄弟として育てられたが、この二人の間に血のつながりは無くロキは敵国から連れてこられたのだった。

ソーには彼を慕う側近が居て地球にきた。ソーの地球での落下地点がニューメキシコの砂漠であり、そこに科学者であるジェーンと良い関係になる。そもそも地球に追放されたソーが、その瞬間から英語を話すのは滑稽だが、ジェーンとの関係を築く部分は良いアクセントになっている。因みにジェーンを演じるのは「ブラック・スワン」でアカデミー主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマンです。
ソーを追ってきた側近の三銃士の一人が浅野忠信演じるホーガンだが、この役どころは「無口」だが一度語り始めると国が彼の言葉に耳を傾けるという設定。日本人俳優のハリウッドでの役どころとしては無難な線だろう。
ソーはジェーンに心を許し始めるが、国での混乱を聞いたソーは国に戻ることを決意する。

ストーリー的にはこれで終わりますが、続編もありそうな展開なので、その時はそちらも観てみたい気がします。続編を匂わす根拠は、エンド・ロール中にサミュエル・L・ジャクソンが登場するシーンがあり、まるで続編の予告編のように感じました。エンド・ロールと同時にダッシュ帰るのは止めて最後まで観ましょう。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西武、犠牲飛球3本の効率良い攻... | トップ | 伊良部元投手、ロスで首つり自殺! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイティ・ソー 3D 字幕版/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
『マイティ・ソー』という『スパイダーマン』みたいなアメコミのヒーロー物人気作品があるのは知ってましたけど、どういうお話なのかはこの映画の宣伝で初めて知りました。神話と ...
マイティ・ソー (悠雅的生活)
神の国からの追放。未登録の武器所持。虹の架け橋。
マイティ・ソー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THOR) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1962年にスタン・リーとジャック・カービーのコンビによって誕生したアメコミ・ヒーロー。 力を奪われ神の世界を追放された男が、人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていき、やがて訪れる地球と神の...
マイティ・ソー 3D 字幕版 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
マイティ・ソー'11:米◆原題:THOR◆監督:ケネス・ブラナー「スルース」「魔笛」◆出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド ...
・・・パンチ力がない。『マイティ・ソー』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックの人気ヒーローを実写版映画化した作品です。
「マイティ・ソー」暴れん坊 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミヒーローになった北欧神話の神様、マイティ・ソー。 スカンジナビアでは「Thor」はトールと読む。 どおりで持っているハンマーが「ムジョルニア」って、北欧らしいネーミングだわ。
マイティ・ソー (2D字幕) / THOR  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメコミ映画大好きだけど、なんとなく全く期待してなかった、本作。試写にて。 マーベルのコミックの中でもとくに人気あるキャラなんだとか。 主演はオレ様ヒーロー 武器はハンマー なんて原始的。 あ....
マイティ・ソー (to Heart)
神失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に 原題 THOR 製作年度 2011年 映時間 115分 原案 J・マイケル・ストラジンスキー/マーク・プロトセヴィッチ 脚本 アシュリー・エドワード・ミラー/ザック・ステンツ/ドン・ペイン 監督 ケネス・ブラナー 音楽 ...
マイティ・ソー (LOVE Cinemas 調布)
マーベルコミックのスーパーヒーローシリーズ。傲慢な態度で神の国を追放された男、最強戦士ソーは、地球で愛する女性と出会うことで成長し、巨大な敵に立ち向かう。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。共演にナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキン...
映画:マイティ・ソー The Mighty Thor  マーベル・コミックの人気キャラが実写で登場。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
マーベル・コミックを実写映画化。 アメリカで公開後、好評の声が聞こえてきたので、期待して観に行った。 神の世界の最強戦士ソー(写真:左)は、ある事件をきっかけに父親(写真:右)から追放され、ただの人間にされてしまう(あれ?ワーグナーの指輪みたいだな...)...
マイティ・ソー (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(20) 肉体改造って簡単に出来たらいいのに、、、羨ましい(爆)
マイティ・ソー (3D字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THOR】 2011/07/02公開 アメリカ 115分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、ジ...
マイティ・ソー (Akira's VOICE)
暴れんぼうソー君のお気楽修行。  
マイティ・ソー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞マイティ・ソー/THOR 2011年/アメリカ/115分 監督: ケネス・ブラナー 出演: クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/ステラン・スカルスガルド/コルム・...
マイティ・ソー 3D字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
キリスト教に変わる前の北欧伝説をもとに、神の世界の争いが人間のいる地球に影響を及ぼす様子を3Dで描いたアクションエンターテイメントだ。神々の設定がシェイクスピアの世界なので、仰々しい彼らの権力闘争は現代の政治家のそれと変わらない。今までのアメコミ映画とは...
マイティ・ソー (食はすべての源なり。)
マイティ・ソー ★★★★☆(★4つ) 雷の神ソーは、傲慢さが仇となり、人間界へ追放されてしまう。その“乱暴者の神”が、力を失ったまま二つの世界=《地球》と《神の世界》の危機に直面する・・・。 アクションストーリー。 面白かった〜コメディポイント満載で、...
マイティ・ソー(3D) (だめ男のだめブログ)
「マイティ・ソー」 監督 ケネス・ブラナー 出演 クリス・ヘムズワース(ソー) ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター) トム・ヒドルストン(ロキ) ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ教授) コルム・フィオール...
マイティ・ソー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack北欧神話にアメコミを足し合わせ、ケネス・ブラナー流に料理すると、古典的なヒーローが誕生する不思議。クリス・ヘムズワースのマッチョぶりが妙に笑える。神の世界“アス ...
[映画『マイティ・ソー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆北欧の神話を題材にしたヒーロー物なので、なんか重々しくて気が進まなかったんだけど、  主人公・ソーが、シンプルにパワー一直線キャラクターだったので、気軽に作品世界に入っていけた。  主演のクリス・ヘムズワースは、カッチョいい筋肉体型だけど、甘いハンサ...
『マイティ・ソー』 なぜ実写映画化されなかったのか? (映画のブログ)
 2011年は極めつけに嬉しい年である。なぜなら、6月には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、7月に『マイティ・ソー』、9月に『グリーン・ランタン』、10月に『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・...
マイティ・ソー (心のままに映画の風景)
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
木曜日の雷神〜『マイティ・ソー』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THOR  神の国「アスガルド」で王(アンソニー・ホプキンス)の長男として生まれたソー (クリス・ヘムズワース)は、力に任せた振る舞いから父の怒りを買い、地球へと 追放されてしまう。  ...
マイティ・ソー (だらだら無気力ブログ)
シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。 傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、 人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる 地球と神の世界の...
【映画】マイティ・ソー…この筋肉バカには燃えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事アップ(一度目はこちら)。 …まずは近況報告から 本日2011年10月2日(日曜日)は、朝から公園の草取り作業を行ってきました。 涼しくなってきたので、こういう作業も随分楽ですね。 以下は映画観賞記録です。 「マイティ・ソー」 (監督:ケ...
マイティ・ソー (とりあえず、コメントです)
マーベルコミック原作のSFファンタジーです。 原作は未読ですけど、ソーが人気のキャラクターだと聞いてどんな物語になるのか期待していました。 壮大な神の世界とソーの魅力でワクワクさせてくれるような作品でした。
マイティ・ソー (ダイターンクラッシュ!!)
2011年7月17日(日) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1400円(レイトショーvit購入1100円+メガネ持参3D料金300円) パンフレット:未確認 『マイティ・ソー』公式サイト 古代戦士みたいな容姿で、その他のマーベル・ヒーローに比較すると違和感ありあり。 何者...
『マイティ・ソー』 (ラムの大通り)
(原題:Thor) ----これもマーベル・コミック。 あまり、というか全然聞いたことないけど…。 「ぼくも。 でも、日本から浅野忠信も出ているというし、 いったい、どんなお話だろうって興味津々。 ところが、いきなりビックリ。 冒頭こそ現代のニューメキシコだけど、 ...
映画『マイティ・ソー [3D]』 (闘争と逃走の道程)
 北欧神話をモチーフにしたアメリカン・コミックの映画化。圧倒的な力を持ちながら、その傲慢さゆえに神々の国を追放されたソーが、人間界と神々の世界にまたがる大いなる危機に立ち向かう! マイティ・ソー...
『マイティ・ソー』 (・*・ etoile ・*・)
'11.06.24 『マイティ・ソー』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは見たかったー☆ 意外に試写会が多いらしく、かぶりまくりだったので、一人鑑賞。 *ネタバレありです 「9つの国を治める神々の王オーディンの息子ソーは、...
マイティー・ソー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アメコミ系の映画って、実は結構寝てしまう傾向あるんですよね^^;これは、北欧神話絡みの作品と聞いて、ちょっと興味があったんで、もうじき公開終了と確認して駆け込み鑑賞してきました。ソーとは雷神トールのことだったんですね。木曜日のThursdayの語源がTHOR(トー...
マイティ・ソー (5125年映画の旅)
神々の王オーディンの息子ソーは敵対する巨人族の世界に無断で侵攻したことでオーディンの怒りを買い力を奪われ人間界に追放されてしまう。天文物理学者のジェーンに助けられたソ ...
マイティ・ソー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マイティ・ソー」監督:ケネス・ブラナー(『スルース』)出演:クリス・ヘムズワース(『スター・トレック』)ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』)アンソニー・ホプ ...
2011年6月20日 『マイティ・ソー』 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『マイティ・ソー』 を試写会で鑑賞です。 楽しみにしていた作品でしたが・・・ 【ストーリー】  神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失...
マイティ・ソー3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
神話とヒーローを融合させたコミックを実写映画化。神の世界を追放された最強の戦士の活躍を描く3Dアクション大作。監督は「ヘンリー五世」のケネス・ブラナー。出演は、「パーフ ...
『マイティ・ソー』 | 宇宙と地球を駆けめぐる神話的エンタメ。 (23:30の雑記帳)
とても楽しめました。 ナタリー・ポートマンが良かったです! それではさっそく2分で分かるあらすじ紹介いきます。 (以下、完全ネタバレです) とても元気で好戦的なソー ...
劇場鑑賞「マイティ・ソー」 (日々“是”精進! ver.A)
“俺様”ヒーローから、真の英雄へ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107050003/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.28 Thor Walt Disney Records (2011-05-03) 売り上げランキング: 342...
マイティ・ソー (Diarydiary! )
《マイティ・ソー》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − THOR 神の世界で
マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
マイティ・ソー こんだけ強けりゃ文句ないし! (労組書記長社労士のブログ)
 いきなり5時にぱっちりと目が覚めちゃったのでマンションの下の河川敷を軽いペースで5?ジョギング、しかし5時台でももうけっこう暑い・・・夏のジョギングはきつい。 【=37 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート11本目、3Dで鑑賞、しかし3Dにする必要性は全くな...
マイティー・ソー  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  アンソニー・ホプキンス 【ストーリー】 神々が暮らすアスガルドの国では、全能の王・オーディンの息子・ソーの戴冠式が行われていた。しかし、敵対する氷の王国・ヨトゥンヘイムの巨人が侵入し、式は中止にな...
マイティ・ソー (あーうぃ だにぇっと)
6月23日(木)@よみうりホール。 20日(月)に新幹線のビジネス切符を買いに新橋の金券ショップに行った。 その時に試写状を1枚900円で購入。 今週は1週間毎日どこかで“マイティー・ソー”の試写会が行なわれている。 そのわりに、私のところに到来した試...
マイティ・ソー (銀幕大帝α)
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
マイティ・ソー (いやいやえん)
ケネス・ブラナー監督作品。アメコミのマーベル・コミックが原作。 北欧神話でソーなんていたっけ?と思ったら、トールをモチーフにした創作なんですね、なるほど。別にトールでも良かった気がしないでもないけど、アメコミだから破天荒なストーリー展開が出来ますも...
映画「マイティ・ソー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/6、109シネマズ木場。 3D字幕版。 3D映画になると必ずと言っていいほど、3Dか2Dかの議論になる。 館にもよるが、3Dの追加料金である300円なり400円なりが、 「3D効果」に見合うかどうか、と言う議論だ。 そして議論になるということ....
マイティ・ソー【3D鑑賞】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:マイティ・ソー 制作:2011年・アメリカ 監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デ...
マイティ・ソー (Thor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に...
マイティ・ソー (I am invincible !)
北欧神話で語られている出来事。 ミッドガルド(地球)を襲ったヨトゥンヘイムの氷の巨人たちを撃退したのは、アスガルドの神々だった。 偉大なる神々の王オーディン(アンソニー・ホプキンス)には2人の息子、快活で逞しく勇ましいソー(クリス・ヘムズワース)と魔法と...
マイティ・ソー (RISING STEEL)
3Dもタケナワらしいので、ブームが去る前になるべく見ようと思い 3D吹替版で見ました。 マイティ・ソー / THOR 北欧の神々の世界アスガルド。最高神オーディンの息子ソーは最強の戦士であったが ...
『マイティ・ソー』 (Cinema+Sweets=∞)
観たい映画の上映回が自分の都合と合わないことが多くて、DVD鑑賞に甘んじてます。 今回のDVD鑑賞は『マイティ・ソー』。 アメコミ映画はテンションあがります。 ******************** シェイクスピア...
『マイティ・ソー』('11初鑑賞90・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:55の回を鑑賞。
マイティ・ソー (迷宮映画館)
え!?ケネス・ブラナーって、ケネス・ブラナーのこと?えぇぇぇぇ!!
2011年ベスト10 第 9位 マイティ・ソー (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 本日は、2011年度の第9位を紹介します。 【題名】 マイティ・ソー        【鑑賞手段】 DVD 【おすすめ度】 超おすすめ!! 【あらすじ】  神の世界アスガルドの王オ