kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ソルト』を観て

2010-08-13 23:04:02 | アメリカ映画 2010

10-44.ソルト
■原題:Salt
■製作年・国:2010年、アメリカ
■上映時間:100分
■鑑賞日:8月7日、シネパレス(渋谷)
 

スタッフ・キャスト(役名)
□監督:フィリップ・ノイス
□脚本:カート・ウィマー
□音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

◆アンジェリーナ・ジョリー(イヴリン・ソルト)
◆リーヴ・シュレイバー(テッド・ウィンター)
◆キウェテル・イジョフォー(ウィリアム・ピーボディ)
◆ダニエル・オルブリフスキー(オレグ・ワシリエヴィチ・オルロフ)
◆アンドレ・ブラウアー(国防長官)
【この映画について】
アンジェリーナ・ジョリー主演の、本格スパイアクション。数年前、アンジェリーナが製作準備中だった『007 カジノ・ロワイヤル』の話を聞き、「私がボンドをやりたいわ!」と漏らしたことから、本作の主演話が浮上。
当初の脚本では男性だった主人公を、急きょ女性に書き換えたという。それだけに、これまでのヒロインものに比べ、アクションもストーリーも格段にハードボイルド!タフでミステリアスなアンジーの魅力が、ソルト役に最大限に反映されている。
また冷戦時代のソ連で、優秀な子どもたちを集めて徹底したスパイ教育を施し、訓練に耐えた者だけをアメリカに潜伏させ、一斉に戦争をしかける「Xデー」を何十年も待ち続けさせるという実在の“KAプログラム”を下敷きにするなど、内容もかなりリアル。
男性の憧れをファンタジックに描いてきたスパイ映画とは一線を画す、骨太で硬質な作品となっている。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】
北朝鮮で、過酷な拷問を受けながら「自分はスパイじゃない、石油会社に勤務している」と訴え続けるイヴリン・ソルト。やがて捕虜交換で解放された。
アメリカCIA本部。
優秀な分析官イヴリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告する。
そして、そのスパイの名は「イヴリン・ソルト」だと告げる。一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず、最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走。だが自宅に夫の姿はなく、何者かに連れ去られた形跡が残っていた…。ここからイヴリンは一転して追われる身に。CIAはイヴリンを必死になって追いかけるも、必死の追跡劇を交わし姿をくらます。そしてNYではアメリカ副大統領の葬儀にロシア大統領が出席することから会場となる教会は厳戒態勢が敷かれている。

そんなこんなで彼女の追跡劇の合間に、彼女の知られざる過去が暴かれ、何とCIAのロシア課が実はロシアスパイの巣窟だったことが分かったり、大統領の身が危機に曝されたりと、ストーリーはドンドン意外な方向へと進み話が大きくなる。
ストーリーそのものは実話に基づいているそうで、冷戦時代にこのような壮大な計画が実際にあったそうで、平和ボケしている日本人には信じられない計画があったんですね。ロシア時代の仲間を巡って、最後は同士討ちみたいになって展開はますますテンポが早まって行く。

何度も、これで終わりかな?」って思いながらも、ラストシーンを見ていると「パート2」に繋がりそうで、アンジェリーナ・ジョリーのアクション女優としての可能性を大きく感じさせられた。
いずれこれがシリーズ化され、女性版ジェイソン・ボーン見たいになるのだろうか?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西武、今季初の5連勝で60... | トップ | 14安打8得点の猛攻で今季... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
続編 (KGR)
2011-04-25 10:11:36
>「パート2」に繋がりそう
>いずれこれがシリーズ化され

確かに続編を期待させるエンディングでしたが、どうでしょうね。
いろいろ話題にはなっているようですが。
>続編 (kintyre)
2011-04-25 23:32:44
>KGRさん、こんばんは
あのようなエンディングですから、続編を作るには都合が良いですよね?でも、続編を作らないまでも、あのエンディングは「ニヤリ」とさせられました。
アンジーは多忙だから、果たして続編を作るとしても先の話でしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ソルト (Akira's VOICE)
アンジー姐さんカッコよすぎます!  
ソルト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フィリップ・ノイス監督、アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグ ...
ソルト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アンジェリーナ・ジョリー主演のハードボイルドアクション映画だ。多少サービスシーンがあると思ったけど、とことんストイックな物語だった。ほとんどのスタントを自分でやった女優魂に敬服する。すばらしいチャレンジ精神だ。
ジャパン・プレミア試写会 「ソルト」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/7/27、東京国際フォーラム、ホールA。 映画以外の様子は別記事に。 ** 割り当てられた指定席は、2階席の11列目、右手の端っこの方だった。 **   アンジェリーナ・ジョリー、リーブ・シュライバー、キウェテル・イジョホー、 ダニエル・オルブリフスキー....
『ソルト』 (こねたみっくす)
ソルトなのに、甘い! 二重スパイの映画で二転三転するはずのストーリーなのに、穴だらけの脚本のため容易に先読みできてしまう情けなさ。正直この映画はアンジェリーナ・ジョリ ...
ソルト/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
ここ最近上映される作品の中ではだんとつの宣伝量を誇る『ソルト』もう街のいたるところ広告を見かけ目にしない日はありません。街中を走るたくさんのタクシーにも広告がいっぱい ...
ソルト (そーれりぽーと)
随分前から挑戦的な予告編で期待させていた『ソルト』を観てきました。 ★★★ アンジーのアクションがこれまでで最高にかっこえー! でも、どんなにカ全編通してラダを張ったアクションをしまくっていても、こないだ『アイアンマン2』でスカーレット・ヨハンソンが魅...
『ソルト』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソルト 』 (2010)  監  督 :フィリップ・ノイスキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、ダニエル・オルブリフスキ、 キウェテル・イジョフォー、ダニエル・ピアース、アウ...
ソルト (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ぶっちゃけ、この手のスーパーヒロイン大活躍なアクションってほっとんど面白かったためしがないので、かなりの不安を抱えつつ観させて頂きました。 が、まぁ、杞憂だったかなぁ~と。 序盤はちと淡白す....
「ソルト」 (のほほん映画鑑賞)
アンジェリーナ・ジョリー、久々のアクション、頑張りました。 北朝鮮にとっ摑まって、ボコボコにされながら、愛する彼のお陰でなんとかアメリカに戻って来れましたイヴリン。 命を救われた弱気からか?彼に自分がCIAであることを告白。 全てを分かって....
【映画】ソルト…結局2010年の残務整理になっちゃいました(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
元日中に映画記事を一つアップしようと思っていたのですが、ゲーム(タクティクスオウガ 運命の輪)で遊んでいるうちに日付が変わってしまいました え~っと、まずは年末年始の近況報告から… 「プレデターズ」の記事で書いたように、2010年12月28日(火曜日)は私の仕事...
ソルト (Salt) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フィリップ・ノイス 主演 アンジェリーナ・ジョリー 2010年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★ 秘密を持ち続けるのも内緒話を聞くのも、イマイチ苦手な私。普段はお喋りな割に口は堅いんで言いふらすことはないんですが、秘密を持っちゃった事自体がプ...