kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『幸せへのキセキ』を観て

2012-07-08 10:18:55 | アメリカ映画 2012

12-54.幸せへのキセキ
■原題:We Bought A Zoo
■製作年、国:2011年、アメリカ
■上映時間:124分
■字幕:石田泰子
■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)



□監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ
□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
□原作:ベンジャミン・ミー
◆マット・デイモン(ベンジャミン・ミー)
◆スカーレット・ヨハンソン(ケリー・フォスター)
◆トーマス・ヘイデン・チャーチ(ダンカン・ミー)
◆コリン・フォード(ディラン・ミー)
◆マギー・エリザベス・ジョーンズ(ロージー・ミー)
◆エル・ファニング(リリー・ミシュカ)
◆アンガス・マクファーデン(ピーター・マクレディ)
◆パトリック・フュジット(ロビン・ジョーンズ)
◆ジョン・マイケル・ヒギンズ(ウォルター・フェリス)
【この映画について】
閉鎖した動物園付きの家を買った主人公と2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、感動の奇跡を起こすまでを紡ぐヒューマン・ドラマ。
イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーの実体験を基に『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウがメガホンを取り、『インビクタス/負けざる者たち』のマット・デイモンが主人公を演じる。ほかに、スカーレット・ヨハンソンやトーマス・ヘイデン・チャーチ、エル・ファニングらが共演。繊細で希望にあふれるストーリーや、シガー・ロスのメンバーであるヨンシーが手掛けた音楽にも癒やされる。
(この項、シネマトゥデイより転載しました)

【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーは、半年前に妻を亡くし、14歳の息子と7歳になる娘とともにその悲しみから立ち直れないでいた。悲しみからベンジャミンは仕事を辞め、息子は学校で問題を起こし退学処分になってしまう。
ベンジャミンは心機一転、新天地での再スタートを望み、郊外に家を購入。その家は、閉鎖中の動物園付きだった。動物園を再建すべく取り組むベンジャミンだが、素人ゆえわからないことだらけでトラブルが続き、かさんでいく修理費や薬代に頭を抱える。しかし飼育員たちや動物園を心待ちにしている地域住民、思いもよらぬ亡き妻からのプレゼントに支えられ、妻とのある約束を果たそうとする――。

実話ベースの映画化らしいが、ここでも原題と邦題がかけ離れていて原題は単に「(自分達は)動物園を買った」で、確かにこれではいくらマット・デイモン主演であっても興行に影響すると思ったのか「幸せへのキセキ」と変わり「奇跡」ではなく「キセキ」とすることで目を引くようにしたのだろうか?
内容的にはマット・デイモンの「良い人」ぶりが遺憾なく発揮されていて「ジェイソン・ボーン」シリーズでのアクション全開の演技とは対極に位置する作品だが、これはこれで良かったと思う。スカーレット・ヨハンソンのお色気シーンが無かったのには残念でしたが...。

妻に先立たれて育ち盛りの2人の子供との生活は大変なのは男なら当然なのだが、彼は、反抗期の息子に手を焼きながらも、天使のように無邪気なロージーの存在にも助けられながら一家の主として妻の死のショックを乗り越え紆余曲折を経て開園へとこぎ着ける。
中でも一番大変だったのは飼育スタッフとの人間関係もさることながら、資金枯渇と開園直前に悪天候に見舞われたこと。資金枯渇は彼の情熱だけでは如何ともし難く、開園延期も頭を過ったが、偶然にも妻が残していた口座のお金を彼女のメッセージをもらって使う事で切り抜けた。

こうしてピンチを切り抜けたミー一家、スタッフ特にケリーのリーダーシップにも助けられ団結して無事に動物園開園の日を迎え。そして、当日、多くの来園者が来た。問題児の一歩手前まで行っていたディランもリリーと親密になったことと、自分のイラストが動物園のシンボルになったことで笑顔を取り戻していた。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末の本拠地で大敗!終盤に11... | トップ | 映画『ラム・ダイアリー』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
幸せへのキセキ (あーうぃ だにぇっと)
幸せへのキセキ@よみうりホール
『幸せへのキセキ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: WE BOUGHT A ZOO 監督: キャメロン・クロウ 出演: マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、エル・ファニング 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 [2012年6月8日公開]   予告などでもハートウ...
『幸せへのキセキ』 (ラムの大通り)
(原題:We Bought a Zoo) ※注:この映画の「キー」についても喋っています。 少し、見どころのネタバレになっていますので、 鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。 ----最近、この“幸せ”をタイトルに持ってくる映画って多いよね。 「うん...
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
「幸せへのキセキ」zooっと (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
幸せへのキセキ (Memoirs_of_dai)
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「....
幸せへのキセキ (とりあえず、コメントです)
ベンジャミン・ビー著の自伝小説“WE BOUGHT A ZOO”を映画化したヒューマン・ドラマです。 予告編を観た時から、動物園を立て直すのってすごいなあと楽しみにしていました。 動物園の物語と共に、母を失った家族の再生が優しい視線で丁寧に描かれている作品でした。
幸せへのキセキ (そーれりぽーと)
ちょっとオシャレで笑いも交えたヒューマンドラマが得意な印象の脚本家が手がけた『幸せへのキセキ』を観てきました。 ★★★★ 奥さんを亡くした一家が気分を変える為に引っ越した先は、併設する動物園を維持しなければいけない条件付きという有り得ない設定、それが実...
幸せへのキセキ (♪HAVE A NICE DAY♪)
とっても良かった! ホロホロと涙しました ファミリー・ツリーに続き家族の愛、前向きに生きていく 物語 あらすじ: 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中...
「幸せへのキセキ」 いいないいな、人間ていいな (明日へのヒント by シキシマ博士)
難を言えば、この邦題「幸せへのキセキ」はまったくセンスが無いですが、これはオリジナルには責任がないので目を瞑ってください。 邦題から受ける印象よりも、はるかに丁寧に細やかに、そして心優しく描かれた人間賛歌です。
幸せへのキセキ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  最近実話を映画化した作品が多い。そしてこの類の映画に「外れなし」なのも確かだ。本作はど素人の動物園経営、確執した息子と父親の愛情、などなど・・・いかにもアメリカンムード一杯のベタな映画であるが、主人公が誠実派のマット・デイモンであることと、...
映画『幸せへのキセキ』 (健康への長い道)
 マット・デイモンも、スカ・ヨハも別に好きな俳優ではないし、ベタな邦題だし・・・。ということで全く関心の無かった『幸せへのキセキ』。しかし、新聞の映画評で心が動き、新宿バルト9へ。  ちなみに、原題は『WE BOUGHT A ZOO』(私たちは動物園を買った)と身も蓋...
『幸せへのキセキ』 (こねたみっくす)
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 (水曜日のシネマ日記)
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
幸せへのキセキ (カプサイシンノココロモチ)
『幸せへのキセキ』 “WE BOUGHT A ZOO” (2011・アメリカ・2h04) 製作・監督・脚本 : キャメロン・クロウ 出演 : マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、コリン・フォード、マギー・エリザベス・ジョーンズ、エル・ファニング、トーマス・ヘイデン...
幸せへのキセキ (to Heart)
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ...
幸せへのキセキ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・....
幸せへのキセキ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO (いい加減社長の映画日記)
マット・デイモンといえば、ジェイソン・ボーンなんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 LAの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミンは、半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の長男ディランと7歳の娘ロージーの子育てに追われている。 反抗期で問題...
幸せへのキセキ (心のままに映画の風景)
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
幸せへのキセキ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]クチコミを見る家を買ったら動物園のおまけ付き!の驚きと感動の実話「幸せへのキセキ」。淡々とし ...
「幸せへのキセキ」 (或る日の出来事)
“Why not?” がキーワード!?
幸せへのキセキ (I am invincible !)
新聞社に勤務するベンジャミン(マット・デイモン)は、危険な取材に挑むコラムニストだった。 しかし、上司からウェブ版に執筆するようにと勧められると、同情で雇われるぐらいなら馘になった方がましだと、その場の勢いで辞職してしまった。
動物園を買ったなら〜『幸せへのキセキ』 (真紅のthinkingdays)
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考...
幸せへのキセキ (いやいやえん)
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話...
『幸せへのキセキ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.05.22 『幸せへのキセキ』試写会@一ツ橋ホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! 予告見てすごく気になってた。楽しみに行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「半年前に妻を亡くしてから、何もかも上手く行かないベンジャミン一家。心機一転新居探し。...
幸せへのキセキ (悠雅的生活)
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
『幸せへのキセキ』 2012年2月26日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『幸せへのキセキ』 を試写会で鑑賞です。 20世紀FOXの試写室に初めて行きましたが、分かりづらい場所ですね。 地図も不親切で大通り沿いと間違えてしまいます。 奥まったところにありますので、初めて行かれる方は少々余裕を持って 行ってください。 あまり段差が無く...
幸せへのキセキ (だらだら無気力ブログ!)
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 (日々“是”精進! ver.F)
“20秒の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで詳...
「幸せへのキセキ」 20秒の勇気 (はらやんの映画徒然草)
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
幸せへのキセキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...
幸せへのキセキ/マット・デイモン (カノンな日々)
短い劇場予告編を観ているだけでも若干ですが涙腺が緩みかけてしまい公開を待ち遠しく思っていました。イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーの実話を基に『あの頃ペニ ...
『幸せへのキセキ』('12・初鑑賞64・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo (勝手に映画評)
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。 主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいですね。そして、有能なチーフ飼育員はスカーレット・ヨ...
★幸せへのキセキ(2011)★ (Cinema Collection 2)
WE BOUGHT A ZOO 最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、 実話から生まれた<奇跡>の物語。 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/06/08 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 英国の人気コラムニスト、....
幸せへのキセキ (こんな映画見ました〜)
『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ 出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジョン・マイケル・ヒギンズ 、コリ....
幸せへのキセキ (メルブロ)
幸せへのキセキ(原題: WE BOUGHT A ZOO) 407本目 2012-19 上映時間 2時間4分 監督 キャメロン・クロウ 出演 マット・デイモン(ベンジャミン・ミー) 、 スカーレット・ヨハンソン( ...
幸せへのキセキ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
『幸せへのキセキ』試写会。 家族の話としては『ダーク・シャドウ』より手堅いつくり (エミー・ファン!ブログ)
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo 2012/06/08公開 公式HP:http://www.foxmovies.jp/sk/ Blu-ray:2012/11/02発売 『ファミリー・ツリー』のアレキサンダー・ペイン監督について書いたときと同じこと...
幸せへのキセキ (みすずりんりん放送局)
 『幸せへのキセキ』を観た。  【あらすじ】  半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン(マット・デイモン)、彼の14歳の息子ディラン・ミー(コリン・フォード)と7歳の娘ロージー・ミー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)は、いまだ悲しみと混乱の中にいた。  ...
幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ...
幸せへのキセキ       評価★★★ (パピとママ映画のblog)
妻を亡くした悲しみにくれていた一家が、引っ越し先である閉鎖中の動物園を周囲の人々や亡き妻からのプレゼントに支えられながら再生させていくとともに立ち直っていく過程と奇跡を描いた感動作。イギリス人コラムニストの実話を「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェ...