kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『インポッシブル』を観て

2013-06-30 18:50:27 | ヨーロッパ映画

13-54.インポッシブル
■原題:Lo Imposible(英題:The Impossible)
■製作年、国:2012年、スペイン
■上映時間:113分
■料金:1,800円
■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)



□監督:J・A・バヨナ
◆ナオミ・ワッツ
◆ユアン・マグレガー
◆トム・ホランド
◆ジェラルディン・チャップリン
◆サミュエル・ジョスリン
◆オークリー・ペンダーガスト
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
2004年末、マリアとヘンリーは、3人の息子と共に日本からタイにヴァカンスでやって来る。トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったが、クリスマスの次の日、彼らは未曾有の天災に巻き込まれる。一瞬にして津波にのみ込まれ、散り散りになった家族はそれぞれの無事を祈りつつ再会への第一歩を踏み出す。

この映画の舞台は2004年末にスマトラ島沖で発生した未曽有の大地震と津波で、津波はインド洋全体に広がり東はマレーシア西はアフリカ大陸のソマリアにまで辿り着いた。日本からヴァカンスで行ったタイでこの地震に遭遇して津波に呑みこまれたのだが、観ていると何だかいきなり津波が到達したように描かれているけど、日本人なら分かっていると思うが、地震が発生して知らぬ間に津波が一気に到達した訳ではないので、その辺の描き方には違和感あり。大地震が発生したのだからTVニュースなどで確認出来る筈だけど、まあ、そういう細かい点は抜きにして、不運にも押し寄せた津波に呑まれ家族がバラバラになってしまい、お互いの生死が判明するまでの話。
息子が何かの役に立とうと収容された病院内で尋ね人を聞いたり捜したり、自分に出来る事をやろうとする姿勢には好感が持てた。

マリア役のナオミ・ワッツはアカデミー賞助演女優賞候補にこの作品でなった、非常に熱演で共演のユアン・マクレガーより目立っていた。
日本人としてはどうしても3.11の事があるので複雑な心境でみた作品でした。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『イノセント・ガーデン... | トップ | 映画『さよなら渓谷』を観て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiyotayoki)
2014-01-04 16:29:23
TBありがとうございます。
そして、明けましておめでとうございます。
クリスマスイブにTBしていただいたのはなぜだろうと思ったら、このお話はクリスマスの時期に起こった出来事だったんですね。
忘れていたことを思い出させていただき感謝です。
Unknown (kintyre)
2014-01-05 14:08:09
>kiyotayokiさん
明けましておめでとうございます。
特にそういう理由でTBした訳ではないですが、
まあ、そういう事にして置いて下さい。スマトラ島
沖の大地震は年末の出来事でしたし、3.11より
も規模が大きく、インド洋全体に被害が及びました
から凄い規模でした。ただ、津波の描き方に多少
違和感を覚えました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー『インポッシブル (Lo Imposible)』J・A・バヨナ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に映画化『インポッシブル』監督は『永遠のこどもたち』のフアン・アントニオ・バヨナ(J・A・バヨナ)。主演はナオミ・
この状況下で人は・・・ (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「インポッシブル」を鑑賞しました。 マリアとヘンリーは3人の息子と共にタイにやって来た。 しかし 彼らは未曾有の天災に巻き込まれ 一瞬にして津波にのみ込まれ散り散りになってしまい・・・ スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の...
インポッシブル (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞インポッシブル/THE IMPOSSIBLE 2012年/スペイン、アメリカ/115分 監督: J・A・バヨナ 出演: ユアン・マクレガー/ナオミ・ワッツ/トム・ホランド/ジェラルディン・チャップリン 公開: 2013年06月14日 公式サイト 2004年12月24日、ヘンリ...
インポッシブル /The Impossible (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 2008年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた 怖いだけじゃない、お気に入りのホラー「永遠のこどもたち」のJ.A.バヨナ監督作 ということで楽しみにしていた作品。 実は1ヶ月も前に試写で...
「インポッシブル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lo imposible」…aka「The Impossible」2012 スペイン 2004年、12月。英国人夫婦のヘンリーとマリアはクリスマス休暇のため3人の息子を連れタイのリゾート地を訪れる。楽しいクリスマス・イヴもクリスマス・ディも終わり、引き続き家族はヴァカンスを楽しんでいた。...
『インポッシブル』('13初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月16日(日) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:40の回を鑑賞。
インポッシブル/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
2004年のスマトラ島沖地震による大津波で被災したあるヨーロッパ人家族を巡る奇跡の実話を『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ監督が映画化したヒューマン・ドラマです。 出演はそ ...
『インポッシブル』 2013年4月25日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『インポッシブル』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、プレスがあたったよ 【ストーリー】  2004年末、マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子と共にタイにやって来る。トロピカルムードあふれる南国で休暇を過ごすはずだったが、ク...
映画「インポッシブル」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回私は映画サイト「Gacchi」の試写会に招かれた。客入りは6~7割くらい。本編上映前に配給元プレシディオの宣伝担当さんから、東日本大震災を経験した日本で本作が上映がされるまでの経緯が語られた。
インポッシブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 映画の構成は『ワールド・トレード・センター』か。
インポッシブル (試写会) (風に吹かれて)
津波で散り散りに公式サイト http://gacchi.jp/movies/impossible6月14日公開実話を基にした映画監督: J・A・バヨナ  「永遠のこどもたち」2004年12月。マリア(
「インポッシブル」☆実体験の恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ロンドンのときのお友達に、このスマトラ島沖の津波を実際に体験したというご家族が居た。 まさにこの映画に登場する家族と同じ。 彼女の体験談を聞いて私が想像したものは、まるでその10分の1ほどでもなかったのだと痛感。 勿論、この映画はドキュメンタリーではない...
インポッシブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演するという情報だけを持って映画館に行ってきました(注1)。  本作は実話(true story)を基にしており、2004年12月にスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われ...
「インポッシブル」 (或る日の出来事)
家族って、すごいなあと感動する。
インポッシブル (はるみのひとり言)
IMPホールでの試写会で見せていただきました。この日は大阪城で「G.I.ジョー2」のイベントがあって、そちらの方のお誘いをしてもらってたんで行くつもりだったんだけど、ギリギリに試写会のメールが届いたので、気になってた映画だからやっぱり見たいとこちらに行...
『インポッシブル』 (こねたみっくす)
ルーカス、よく頑張った!長子としてよく頑張った! 2004年末に発生したスマトラ島沖地震による津波で離散するも再会するまで諦めることなく希望を抱き続けたとある家族の絆を描い ...
インポッシブル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE IMPOSSIBLE/LO IMPOSIBLE】 2013/06/14公開 スペイン/アメリカ 114分監督:J・A・バヨナ出演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランド、ジェラルディン・チャップリン、サミュエル・ジョスリン、オークリー・ペンダーガスト 生きる希望は、奪えな....
インポッシブル (映画と本の『たんぽぽ館』)
一番恐ろしかったのは、たった一人になってしまったとき。 * * * * * * * * * 2004年、スマトラ島沖地震による津波に襲われた家族の物語です。 実話を元にしていますが、 言うまでもなく日本はもっと間近でそういう体験をしているわけで、 また改め...
インポッシブル(’12) (Something Impressive(KYOKO?))
30日(火)、虎の門のニッショーホールで「インポッシブル」試写会、招待メールが来ていて、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。 '04年のスマトラ島沖地震題材の、実話ベースのスペイン・アメリ...
インポッシブル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが主演を務め、スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。突如襲った災害により一時は離散してしまうも、諦めることなく生き抜いた家族の絆を描き出す。監督を務めるのはデビュー作『永遠のこ...
【TIFF_2012】『インポッシブル』 (2012) / スペイン・アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: The Impossible 監督: J・A・バヨナ 出演: ユアン・マクレガー 、ナオミ・ワッツ 、トム・ホランド 、サミュエル・ジョスリン 、オークリー・ぺンダーガスト 映画『インポッシブル』公式サイトはこちら。 (2013年6月14日公開) 第25回東京国際映画....
インポッシブル ~東京国際映画祭より~ (とりあえず、コメントです)
2004年の年末に発生したスマトラ沖地震の津波に巻き込まれた家族の物語です。 もの凄く怖そうですけど実話を基にしていて、主演がナオミ・ワッツ&ユアン・マクレガーなので やっぱり観てみたい!とチャレンジしてみました。 黒いスクリーンに“Based on a true story”と...
ショートレビュー「インポッシブル・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きることを、諦めない。 実に23万人もの犠牲者を出した、2004年のスマトラ島沖地震による大津波。 本作は旅先のタイでこの津波に遭遇し、一家離散しながらも壮絶なサバイバルを生き延びて再会を果たした、あるスペイン人家族の体験を映画化した物語だ。 人によって...
インポッシブル (心のままに映画の風景)
2004年12月。 マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子とバカンスを楽しむため、タイのリゾート地を訪れた。 クリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を津波の濁流が襲う。 長男ルーカス(トム・ホランド)と辛うじ...
『インポッシブル』(2012 西・米) (映画の心理プロファイル)
出だしから黒いスクリーンには“Based on a true story”という文字が浮かび上がる。 そして聞こえ始める地響きのような音。 これは、2004年に起きたスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれたスペイン人一家の実話 を基にした映画。 あの3.11から2年半近く経った...
インポッシブル (試写会) THE IMPOSSIBLE (まてぃの徒然映画+雑記)
2004年、スマトラ沖大地震の大津波で実際にあった出来事を元にしたストーリー。主人公の1人マリアを演じたナオミ・ワッツがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。昨年の東京国際映画祭では、チケットが発売後すぐに売り切れて、鑑賞した人から「ぜひ今の日本で公...
【インポッシブル】ある家族の物語 (映画@見取り八段)
インポッシブル~ LO IMPOSIBLE ~    監督: J・A・バヨナ    出演: ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー、トム・ホランド、ジェラルディン・チャップリン、サミュエル・ジョスリン、オークリー・ペンダーガスト 公開: 2013年6月14日 2013年6月14日。劇場観...