kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『RED/レッド』を観て

2011-02-15 22:38:01 | アメリカ映画 2011

11-14.レッド
■原題:Red
■製作年・国:2010年、アメリカ
■上映時間:111分
■字幕:菊地浩司
■鑑賞日:2月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)
■料金:1,000円


スタッフ・キャスト(役名)

□監督:ロベルト・シュヴェンケ
□脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
□編集:トム・ノーブル
□音楽:クリストフ・ベック
◆ブルース・ウィリス(フランク・モーゼス)
◆モーガン・フリーマン(ジョー・マシスン)
◆ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボッグス)
◆ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)
◆カール・アーバン(ウィリアム・クーパー)
◆メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)
◆ブライアン・コックス(イヴァン・シモノフ)
◆レベッカ・ピジョン(シンシア・ウィルクス)
◆ジュリアン・マクマホン(ロバート・スタントン米副大統領)
◆アーネスト・ボーグナイン(ヘンリー)
◆ジェームズ・レマー(ガブリエル・シンガー)
◆リチャード・ドレイファス(アレクサンダー・ダニング)

【この映画について】
ブルース・ウィリスにモーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチら大物俳優たちが集結したスパイ・アクション・ムービー。
今や規則正しい引退生活を送る元CIAのエージェントが、ある襲撃事件をきっかけにかつての仲間たちと伝説のチームを再結成する様子を生き生きと描く。メガホンを取るのは、『フライトプラン』のロベルト・シュヴェンケ。リタイアしたものの、かつてはすご腕のスパイだった彼らの華麗な技に見ほれる。
(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【この映画について】(ネタバレあり)
フランクは、かつて腕利きのCIAエージェントだったが、今は引退、田舎町で一人穏やかに暮らしている。そんな彼の唯一の楽しみは、役所に勤めるOLサラと電話でおしゃべりをすることだった。

ある夜更け、フランクは家の中に3人の侵入者を察知。最新銃火器で武装したコマンドを一人ずつ倒した彼は、さらに家の外から容赦ない銃弾を浴びせかけてきた敵もあっさり葬り去り、サラの家へと車を走らせた。
フランクは、自分はついさっき暗殺されかけ、政府監視下にあって電話も盗聴されていたので救いに来た、とサラに話すが彼女は信じない。だが二人が言い争う中、アパート前に新たな暗殺者たちが現れる。フランクはその目を逃れ、裏口から抜け出て嫌がるサラを車に押し込んだ。

モーテルのベッドにサラを縛りつけて、フランクはかつての上司、ジョーが住む老人介護施設を訪れる。ジョーは80歳を過ぎ、末期の肝臓がんを患っていた。CIAの知人に裏から手を廻したジョーは、フランクの襲撃者たちの指紋から身元を調べさせ、同じグループがつい最近NYタイムズ紙の女性記者を密殺した疑いがあることを知る。
一方、モーテルでは、若きCIAエージェントのクーパーが、上司ウィルクスの密命を受け、サラを連れ去ろうとしていた。ちょうど戻ってきたフランクは、サラを奪い返し、銃撃戦とカーチェイスを繰り広げた末、その場から脱出する。
殺されたNYタイムズ記者の実家を訪ねた二人は、彼女が母親に宛てた一枚の絵はがきを見せられる。フランクはそこに記された暗号を解き、コロンビア大学の膨大な蔵書の中の一冊から一枚のメモを発見。それはフランク他9人の名が記された暗殺リストだった。二人はリストに名前があったフランクのかつての同僚かつ宿敵、マーヴィンを訪ね,リストの名前の謎を解くが……。

そもそもリタイアした連中が何故暗殺リストに載っているのか?この辺からはCIAらしさを前面に出した陰謀を思わせる展開に。そこには現政権の副大統領が就任前にかつてCIAと関わった事件があり、それは闇に葬られていた筈なのに何故かNYタイムズに察知されたことが事の発端。
フランクらかつての仲間達は、今ではリタイアして普通の市民生活?を送っているが、常に武器は携帯しておりフランクのように精鋭部隊に不意打ちを食らっても生き延びるだけのしぶとさは相変わらず。
この映画の良さはかつての仲間と再開するという設定でロードムービー風の展開を終始見せている点。全米各地に散らばった仲間が一つにまとまる過程なので無理のない設定。更に、フランクがCIA本部に旧ソ連のスパイを通じて暗号を入手して潜入するシーンはユニークだ。
そのCIA本部でクーパーとまるでプロレスのような格闘シーンは迫力満点だったのだが、振付士はプロレスラー出身なのかな?バックドロップや腕ひしぎ十字固めとか試合そのものでした。

最初から最後まで、オールスター級の俳優陣の見事なアンサンブル演技が光っていた。登場シーンは僅かだったが、CIAの記録保管室に勤務するヘンリー役のアーネスト・ボーグナインは失礼ながらもう亡くなっていたと思ったら93歳で健在なのには恐れ入った。
政界と癒着し懐を肥やす政商ダニング役のリチャード・ドレイファスなど、かつての主役級や現在でも主役を張れる俳優陣をこれだけ揃えたらギャラ大変だったでしょうね。

この映画、シリーズ化しても面白いと思いますが、元々はコミックスだそうで。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第53回グラミー賞、レディ・アン... | トップ | 鳩山前首相「米軍抑止力は方便」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
RED/レッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、アメリカが最も恐れた危険なオヤジたち…』  こちらの「RED/レッド」は、CIAの”元”凄腕エージェント達の活躍を描いた1/29公開のアクション・コメディです。しまった ...
RED/レッド (Red) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロベルト・シュヴェンケ 主演 ブルース・ウィリス 2010年 アメリカ映画 111分 アクション 採点★★★★ 若い頃は、年配の上司や先輩に説教を食らうと「経験しか誇れるものねぇくせに」と陰で毒づく一方で、「自分も歳取ったらそう思われるんだろうなぁ」と案...
映画「RED/レッド」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「RED/レッド」観に行ってきました。ブルース・ウィリス主演のアクション物。「Retired Extremely Dangerous(引退した超危険人物)」を略して「RED」と呼ばれる、老齢となったか...
RED/レッド (だらだら無気力ブログ)
DCコミックスの人気グラフィック・ノベルを基に、「ダイ・ハード」 シリーズのブルース・ウィリスをはじめ豪華キャストで実写映画化した アクション・エンタテインメント。 突然古巣のCIAに命を狙われ始めた元エージェントが、真相を探るべく昔の 仲間たちと反撃チー...
『RED』をユナイテッドシネマス豊洲3で観て、ゲラゲラ大喜びふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆ヘレン・ミレンかっこいーの】    単に気持いい。 そういう映画って簡単に作れそうに見えて大変なことは分かってる。 ああ、しかし、ヘレン・ミレン ...
RED☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ブルース・ウィリスにマルコヴィッチ、モーガン・フリーマンなんて豪華なおっさん達・・・んで、彼らが元CIA諜報員で超危険な年金生活者って(笑)うんうん、こんなおいしい設定うれしいよね。『スペース・カウボーイ』なんかでもおっさん達の活躍にワクワクしちゃってる...
RED レッド /RED (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click RED R・・・Retired(引退した) E・・・Extremery(超) D・・・Dangerous(危険人物) 予告篇観る限りではもうちょっとバカで、脚本も面白いかと思ってたんだけど。 キャストで楽しむタイプの作品かな 大好....
RED/レッド (銀幕大帝α)
RED/10年/米/111分/アクション・コメディ/劇場公開 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、ブライアン・コックス、アーネスト・ボーグナイン <ストーリー> 静かな引退生活...
■映画『RED/レッド』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「ハゲてようがメタボだろうが、若いヤツよりオレの方がイケてるぜ!」とばかりに、ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンの御老体たちが楽しそうに大活躍しているアクション映画『RED/レッド』。 みんなが遠慮なく銃や重...
超危険な年金生活者たち~『RED/レッド』 (真紅のthinkingdays)
 RED  元CIAエージェントのフランク(ブルース・ウィリス)は、年金相談担当のサラ (メアリー=ルイーズ・パーカー)と電話で話すことだけが楽しみな、孤独な男。 そんな彼が、ある日突然何者...
老兵・ウィル・ネヴァー・ダイ (宇宙のめいぐると)
「RED レッド」
RED (映画の話でコーヒーブレイク)
タイトルの「RED」、「赤」?じゃなくて・・・ 「Retired Extremely Dangerous  引退したとんでもなく危険な人物」だって 確かに、この人たち・・・かなり危ない! 年をとってもまだまだ若いもんには負けません。 入場者はほぼ8割。ど真ん中の後ろよりの席だった...
RED/レッド (映画鑑賞★日記・・・)
【RED】 2011/01/29公開 アメリカ 111分監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、カール・アーバン、メ ...
【RED/レッド】 (日々のつぶやき)
監督:ロベルト・シュベンケ 出演:ブルース・ウィルス、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、ジョン・マルコヴィッチ CIA暗殺リストに記された元一流スパイたち。彼らの反撃が始まった! 「元CIAのエージェントだったフランク・モーゼスは、現在引退して
RED/レッド (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「RED/レッド」監督:ロベルト・シュヴェンケ(『きみがぼくを見つけた日』)出演:ブルース・ウィリス(『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』『サロゲート』)モーガン・フリーマ ...
RED (食はすべての源なり。)
RED ★★★★☆(★4つ) 試写会に当たりました 面白かった!アクション・コメディです。 (え?コメディだよね?!;苦笑) 最初からド派手!住宅街でぶっ放します 何発撃つんや!!?!と。 コメディだから細かいことはいいんです。 配給がディズニーなので、グロ...
RED/レッド (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  とうの昔に引退した元CIAの爺さまたちを、次々と殺害する謎の集団。なんとその正体はCIAそのものであった。なぜCIAがいまさら引退した元隊員を狙うのか?これがこの映画のメインテーマである。  次々と爺さまたちが殺される中、生き残ったのは、超腕...
RED/レッド (こんな映画見ました~)
『RED/レッド』---RED---2010年(アメリカ)監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:ブルース・ウィリス 、モーガン・フリーマン 、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、カール・アーバン、メアリー=ルイーズ・パーカー、ブライアン・コックス、リチャ...
『RED/レッド』 (Cinema + Sweets = ∞)
鑑賞してから少し時間が経ってしまったんですけど、2/1の映画の日にブルース・ウィリスの最新主演作『RED/レッド』を観てきました。 豪華キャストの出演が嬉しい、楽しめる作品でした。 ******************** DCコミックスの人気グラフィック・ノベルを基に、『ダ...
RED/レッド (そーれりぽーと)
ベテラン役者達がアクションコメディーで共演。 『RED/レッド』を観てきました。 ★★★★ どんだけお洒落な銃撃戦! ブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンが引退して隠居生活をおくる元CIA諜報部員に扮するのですが、ひょ...
高齢化社会のアクション映画―「RED/レッド」 (新・豆酢館)
以前、赤瀬川源平氏の「老人力」という本を読んだことがありましてね。当時随分流行りましたから、今も覚えてらっしゃる方も多いと思います。その後、流行語にまでなった“老人力”という言葉は、創作者(笑)の赤瀬川氏の手を離れ、勝手に独り歩きをはじめました。
『RED/レッド』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
≪RED≫とは”Retired Extremely Dangerous”――引退した超危険人物のこと。 引退し年金生活を送っていた元CIAエージェントのフランクは、ある晩特殊部隊の襲撃を受ける。そしてその矛先は、彼が心を寄せる女性サラの身にも及んでいた...
「RED/レッド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/サミット・エンタティンメント原題:RED監督:ロベルト・シュベンケ原作:ウォーレン・エリス、カリー・ハマー脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー ウォーレン・エリス&カリー・ハマー
RED/レッド (5125年映画の旅)
年金生活を贈るフランク・モーゼズの楽しみは、年金担当のサラとの電話だけ。家族もいない孤独な生活。そんな彼に迫るCIAの怪しい影。実はフランクは、引退したCIAの凄腕工 ...
RED レッド (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞RED レッド/RED 2010年/アメリカ/111分 監督: ロベルト・シュヴェンケ 出演: ブルース・ウィリス/モーガン・フリーマン/ジョン・マルコヴィッチ/ヘレン...
RED/レッド/ブルース・ウィリス、ヘレン・ミレン (カノンな日々)
個人的にジョン・マルコヴィッチの名前には強く食指が動いてしまうのですが、こちらもなかなかの豪華メンバーを揃えたアクション娯楽映画のようです。引退して余生を過ごす元CIAの ...
『RED/レッド』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 RED/レッド 』 (2010)  監  督 :ロベルト・シュヴェンケキャスト :ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカー、カー...
『REB レッド』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『RED レッド』に行ってきました。 豪華な顔ぶれで、 それぞ
RED/レッド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
RED/レッド [DVD]オヤジパワー炸裂の過激なアクション娯楽作は、その非常識さが笑いを誘う。荒唐無稽な話に濃すぎる豪華キャストで気合十分だ。元CIAの腕利きスパイのフランクは ...
RED (りらの感想日記♪)
【RED】 ★★★☆  映画(8)ストーリー かつてCIAの腕利きエージェントとして活躍したフランク(ブルース・ウィリス)。引退した今ではオ
映画:RED/レッド (伊八のいろいろ)
映画:RED/レッド 2011-1-30(キャナルシティ13) ストーリー:元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブルース・ウィリス)は、心静かに引退後の日々を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて苦楽を共...
『RED/レッド』 (kuemama's_webryblog)
【RED】 2010年/ディズニー/111分 【オフィシャルサイト】 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン
RED/レッド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
静かな引退生活を送る元CIAの男が昔の仲間たちと共に巨大な陰謀に立ち向かう姿を描くアクション。DCコミックのグラフィック・ノベルを原作に、「きみがぼくを見つけた日」、『フラ ...
RED/レッド (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋東急> 監督:ロベルト・シュヴェンケ 原作:ウォーレン・エリス、カリー・ハムナー 脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー それは、アメリカが最も恐れた危険なオヤジたち… 観た人の評判がどれも良かったので、期待が高すぎたかな。 序...
RED/レッド レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 年金生活を送るフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)の楽しみ
RED/レッド (ルナのシネマ缶)
最近は、元気なお年寄りが 多いけど、映画の中でも 元気なお年寄りが活躍する 作品も多いですよね~。 REDとは国家当局が (RETIRED EXTREMELY DANGEROUS)という コードネームをつけている “引退した超危険人物”です。 元CIAの腕利きスパイ、フランク(ブル...
RED (うちらのひとりごと。)
※当ブログは基本的にネタバレありで書いてるので注意してください。 年金もらってのんびり暮らすというのは、将来憧れてることのひとつでありまする。 まぁ、うちらが引退する頃は年金もらえるかどうか分かりませんけどねぇ…。 「なんとかならんかね~」 「民○党で...
RED/レッド (538ねん。)
2010年製作のハリウッドアクション映画 というかちょっぴりコミカルな作品でもある ブルース・ウィリスさんはもともとコメディアンだし 最近の「コップ・アウト」なんて映画も 完全にコメディだったし そのほか、サミエル・L・ジャクソン、ジョン・マルコヴィッチ ヘ...
RED/レッド (B-scale fan's log)
公開中 ロベルト・シュヴェンケ監督     出演 ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、     ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、     カール・アーバン、メアリー=ルイーズ・パーカー、     ブライアン・コックス 他 新評価 4.0 (5...
[Review] RED (Diary of Cyber)
ブルース・ウィリス氏はともかくとして、アクション映画に登場する50台以上のキャラクターといったら、組織のトップとか司令官とか、主人公が狙う組織の黒幕とか、そんなイメージ。特に大きなアクションをするわけでもなく、存在するだけで威圧感を漂わせる役割。大抵、実...
義兄弟RED (Akira's VOICE)
「RED/レッド」 「義兄弟」