kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ダーク・シャドウ』を観て

2012-06-11 22:11:19 | アメリカ映画 2012

12-48.ダーク・シャドウ
■原題:Dark Shadows
■製作年・国:2012年、アメリカ
■上映時間:113分
■字幕:石田泰子
■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ

 

□監督:ティム・バートン
◆ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)
◆ミシェル・ファイファー(エリザベス・コリンズ・ストッダード)
◆ヘレナ・ボナム=カーター(ジュリア・ホフマン博士)
◆エヴァ・グリーン(アンジェリーク・ブシャール)
◆クロエ・グレース・モレッツ(キャロリン・ストッダード)
◆ジョニー・リー・ミラー(ロジャー・コリンズ)
【この映画について】
1960年代後半から70年代初めにかけてカルト的人気を誇ったTVシリーズ「Dark Shadows」の映画版。シリーズの大ファンだったというジョニー・デップが主演だけでなく製作も務め、これが8度目のデップとのコラボレーションとなるティム・バートンがメガホンをとる。
『シザーハンズ』以来、奇想天外なキャラクターとダークなファンタジーの数々を放ってきた黄金コンビが、比類なきヴァンパイア像を作り上げた。さらに『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーンが最高に美しく恐ろしい魔女を怪演するのも見逃せない。凝りに凝ったマジカルな映像とブラックな笑い満載の血塗られたエンタテインメント大作が誕生した。
共演は、「ニューイヤーズ・イブ」のミシェル・ファイファー、「英国王のスピーチ」のヘレナ・ボナム=カーター、「ヒューゴの不思議な発明」のクロエ・モレッツ。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】
1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。
20年後、バーナバスは、コリンズポートの町で、コリンウッド荘園の所有者となっていた。裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ブシャールを失恋させるが、実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。

それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果て、さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。
コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダードは一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマンを呼び入れる。ここには他に、エリザベスの弟ロジャー、エリザベスの娘キャロリン、そしてロジャーの息子デイビッドがいた。家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリー・ルーミスや、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンターにも降りかかる。そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すのだが……。

ジョニデとバートン監督のコンビによる作品ながら、ここでは200年後の世界に復活した?ヴァンパイアと魔女アンジェリークの絡みが一番面白かったのは言うまでもない。魔女役のエヴァ・グリーンの見事な肢体を見せつけられれば、たとえヴァンパイアでなくとも健全な男ならイチコロでしょうね。しかも200年も寝かされていたのだから尚更でしょう(笑)。
配役面では小生意気な娘役のクロエはダコタ・ファニングが大人への移行期に達しているので、これからは彼女をスクリーンでみる機会が増えそうな感じ。「ヒューゴの不思議な発見」で広く名前が知れただろうし、そんな中でのジョニデとの共演はダコタちゃんがデンゼル・ワシントンらの大物との共演で実力を発揮してきたように、彼女も出る度に新たな経験を積んで様々な役に挑戦してもらいたい。

ストーリー的には1972年が舞台でありカーペンターズやアリス・クーパー自らのステージがあったり、バリー・ホワイトなんかも懐かしかった。
ラストではジョニデが魔女の誘惑を振り切って崖へと向かい意中の女性との恋を成就?させたのでシリーズ化は難しいと思うが、一話完結でのシリーズ化は有り得るかな?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神宮の雨空を切り裂く中村の豪快... | トップ | オウム高橋容疑者を蒲田の漫画喫... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございます。 (トミー。(猫とマンガとゴルフの〜管理人))
2012-11-07 21:40:11
トラバありがとうございます。
少し気づくのが遅くなってすみません。
この映画50代の私にはほんとに懐かしくて、また面白くて楽しみました。

他の映画評も見て見ますね。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
>トラバありがとうございます。 (kintyre)
2012-11-07 23:20:00
こんばんは。
私は元になったTVシリーズは知りませんが、ジョニデがファンだったこともあって映画化が実現したようですね。
私も50代(前半)ですがカーペンターズやアリス・クーパー本人がカメオ出演していたのには驚きました。

こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ダーク・シャドウ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
ティム・バートンとジョニー・デップ、8本目のコラボ作品だそうです。意識してなかったですが、その内の6本を見てますねー。ということは完全制覇も夢じゃない?(今のところその予定はありませんが) さてこの作品、元は60年代から70年代にかけて放送されていたTV...
ダーク・シャドウ (538ねん。)
公開2週目、もうほとぼりは覚めたかな と劇場に足を運びました日曜の昼下り 4割強くらいの入りでしょうか、何せ劇場のキャパがでかいので・・・ ティム・バートン、ジョニー・デップのコンビ映画ってのは 「スウィニー・トッド」しか見ていないのに 奇しくも同じ新宿ミ...
ダーク・シャドウ  監督/ティム・バートン (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  エヴァ・グリーン  ミシェル・ファイファー  ヘレナ・ボナム=カーター  クロエ・グレース・モレッツ 【ストーリー】 18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教えを胸に若き当主とな...
ダーク・シャドウ (銀幕大帝α)
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) −監督− ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 −製作− ジョニー・デップ −出演− *ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉...
「ダーク・シャドウ」 ティム・バートンなのに前向き感あり (はらやんの映画徒然草)
ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの作品は本作で8作目! ほんとに相性が良
ダーク・シャドウ 【映画】 (as soon as)
箇条書きにて候 ・予告の方がおもしろい ・コメディホラーラブロマンスがミックスしてぼんやり ・笑った箇所:マクドナルドとビッチ仕方ない、以上2点 ・ヘレナ・ボナム=カーターを推しすぎて違和感わ...
ダーク・シャドウ (メルブロ)
ダーク・シャドウ(原題: DARK SHADOWS) 405本目 2012-17 上映時間 1時間53分 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ) 、 ミシェル・ファイファー ...
ダーク・シャドウ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】吸血鬼が、現代に蘇り、一族のためにが
ダーク・シャドウ (あーうぃ だにぇっと)
ダーク・シャドウ@中野サンプラザ
ダーク・シャドウ / Dark Shadows (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血....
『ダーク・シャドウ』 2012年5月14日 中野サンプラザ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダーク・シャドウ』 を試写会で観てきました。 土曜日にジョニー・デップとティム・バートン監督が来日して盛り上がった後の 一般試写会です(笑) 【ストーリー】  イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は...
『ダーク・シャドウ』 ('12・初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 5月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:20の回を鑑賞。
ダーク・シャドウ (とりあえず、コメントです)
ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演のヴァンパイアが登場するファンタジーです。 予告編を観た時から、ジョニー・デップが面白そうなヴァンパイアになっている!と楽しみにしていました。 ダークなのに軽い感じの展開とお茶目なキャラクターに、すっかり魅了され...
ダーク・シャドウ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)クチコミを見るバートン&デップのテッパンコンビによるダーク・ファンタジー「ダーク・シャドウ」。“浦島太郎”状態のヴァン ...
劇場鑑賞「ダーク・シャドウ」 (日々“是”精進! ver.F)
ヴァンパイアと魔女の、恋愛バトル… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205190002/ ScoreDark Shadows Watertower Music 2012-05-08売り上げランキング :...
ダーク・シャドウ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DARK SHADOWS】 2012/05/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベ....
ダーク・シャドウ/DARK SHADOWS (いい加減社長の映画日記)
やっぱり、ジョニーデップは、はずせない・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見えたが、それはアンジェリーク・ボーチャードを失恋させるという致....
ダーク・シャドウ (花ごよみ)
裕福なコリンズ家で育ったバーバナス。 魔女アンジェリークの恨みを買い 魔女によってバンパイアにされ、 生き埋めに… 200年後の1972年、バーバナスは、 堀り出されて復活。 復活したバーバナスが見たコリンズ家は、 没落していて、 そこに住む子孫達も秘密や、 問題...
「ダークシャドウ」白塗りジョニーとジャパンプレミア (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
やっぱりステキ!!ジョニーのお洒落センスはぴか一だよね☆ 「ダークシャドウ」ジャパンプレミアの今回は、胸元も大きく開いてとってもセクシーなジョニー様☆ 相変わらずお洒落度ハンパないwa。ドン小西が5つ☆をつけていたけど、当然でしょう? それにしても冷たい...
ダーク・シャドウ (迷宮映画館)
ミシェル・ファイファーの使い方が、もったいなかったなあ。
ダーク・シャドウ (Akira's VOICE)
悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  
ダーク・シャドウ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ミシェル・ファイファー/エヴァ・グリーン/ヘレナ・ボナム=カーター/ジョニー・リー・ミラー/クロエ・グレース・モレッツ/ガリバー・マクグラス/ジ...
ダーク・シャドウ (Diarydiary! )
《ダーク・シャドウ》 2012年 アメリカ映画 − 原題 − DARK SHAD
[映画『ダーク・シャドウ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コリンズポート)ながらも栄華を誇っている、敵(かたき)の魔女と対決する話だと思っていた...
「ダーク・シャドウ」 (或る日の出来事)
ほとんど想定内? 意外な部分での面白さはなかった。
ダーク・シャドウ (だらだら無気力ブログ!)
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
ダーク・シャドウ(2012)★★DARK SHADOWS (銅版画制作の日々)
好き度:+5点=45点 MOVIX京都にて鑑賞。 ティム・バートン監督とジョニー・デップが8度目のタッグを組み、1960年代に放映された人気TVシリーズを映画化。 皆さんの感想を読む限りはあまり評判良くないのですが、やはりこの目で確かめたいと思い、鑑賞して来まし....
ダーク・シャドウ (Fine, Peace!)
ジョニー・デップ×ティム・バートンです。 アメリカのTVシリーズだったようです>エンドロールにて 襲われた人たちは死んでいるのに、博士と彼女はヴァンパイアになっちゃったでしょ? 腑に落ちないよねー。 とにかく女の執念ってコワイなーと思いました。 笑えると...
「ダーク・シャドウ」 (prisoner's BLOG)
デップのメイクの具合などからもっとコメディ調かと思ったらかなり血なまぐさいゴチック調のタッチが入ってました。 あれだけ人を殺しておいて、恋人だけは救って一緒になってめでたしというのはひっかからないでもない。 元のテレビシリーズはまったく知らないし、その....
ダーク・シャドウ (心のままに映画の風景)
裕福なコリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上、生き埋めにされてしまう。 200年後の1972年。 ふとし...
ダーク・シャドウ (そーれりぽーと)
一番好きな映画監督、ティム・バートン最新作、『ダーク・シャドウ』をIMAXで観てきました。 ★★★★ 前作で初めてやらかしちゃった感が有ったのと、オリジナルとされている1960年代のTVシリーズを知らないのも有ってちょっと心配していたけど、観たかったティム・バー...
映画「ダーク・シャドウ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/5/22、ユナイテッドシネマ豊洲。 109シネマズ木場を選択する手もあったが、あちらはIMAXの特別料金。 豊洲はオーシャン・スクリーンで普通料金なので、豊洲を選択。 普通のシネスコ(2.35:1)よりもずっと縦が長い。 IMDBによれば、アスペクト比...
ダーク・シャドウ (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/ 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血の唇」(70)として映画化もされたゴシック・ソープオペラをティム・バートン監督が映画化。 ティム・バートン監督とは相性が悪くて『アリス・イン・ワンダー...
ダーク・シャドウ (映画と本の『たんぽぽ館』)
コミカルホラー。悪くはないんだけど・・・。                * * * * * * * * *  さてさて、ティム・バートン×ジョニー・デップ。 嫌いではないですが・・・、ヴァンパイアねえ・・・。 どちらかと言うと、義務感で見てしまいまし...
映画 「ダーク・シャドー」 (猫とマンガとゴルフの日々)
久しぶりに映画を見て、声を出して笑ったような気がしましたよ。(笑) 前見た「アーティスト」も笑えるような所は有ったけど、この映画では並んで座っている観客がいっせいに 「ぷっ」 と笑える箇所がいっぱいありました。 主人公のジョニー・デップ扮する ヴァン....
ようこそ日陰の世界へ〜『ダーク・シャドウ』 (真紅のthinkingdays)
 DARK SHADOWS  1972年、アメリカ東海岸・メイン州の港町。魔女の呪いによってヴァンパ イアにされてしまったバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)が、200年の 眠りから目覚める。す...
ダーク・シャドウ (Memoirs_of_dai)
クロエ・グレース・モレッツの狼少女は蛇足 【Story】 コリンズ家に生まれたバーナバス(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、...
DARK SHADOWS (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらー 評価が悪いんですね〜〜〜 そうか〜そんなに悪かったですか〜〜〜 酷いわ〜〜そんな言い方しなくてもー そうか〜私はジョニーもティム・バートンも 好きだから楽しめたのか〜〜〜 そうなのか〜〜 まっ、いいや〜〜 映像は、スリーピーホロウを思い出しました....
ダーク・シャドウ (ルナのシネマ缶)
ジョニー・デップと ティム・バートン監督コンビの 8作目は(もう、8作なのね〜^^;) 1960年代に放映されたテレビドラマを 元に作られたヴァンパイアものです。 ティム・バートン作品では ジョニーは必ずコスプレなのね〜。 イギリスからアメリカに永住した...
ダーク・シャドウ (風に吹かれて)
200年後に こんばんは公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows監督: ティム・バートンリバプールからアメリカへ移住して、水産業で財を成したコリンズ
ダークシャドウ (みすずりんりん放送局)
 『ダークシャドウ』を観た。  【あらすじ】  イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められ....
「ダーク・シャドウ」 (のほほん映画鑑賞)
ティム・バートン+ジョニー・デップ=(童心+切なさ+男の本音)×ファンタジー 魔女だった召使に呪いでバンパイアにされたバーナバス・コリンズ。 200年の眠りから覚めたら、1970年代の落ちぶれたコリンズ家が待っていた 70年代のアメリカカルチャー満載 もっと...
ダーク・シャドウ (RISING STEEL)
ダーク・シャドウ / DARK SHADOWS 2012年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ティム・バートン 製作:リチャード・D・ザナック  グレアム・キング  ジョニー・デップ 原...
【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと言う事もあり、寝たりゴロゴロしたりで過ごしました。 夕方にチ...
映画「ダーク・シャドウ」レビュー(クロエちゃんは猫のように鳴く) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ダーク・シャドウ」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ネタ
映画 ダーク・シャドウ (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     魔女の嫉妬は恐ろしい。自分の思い通りに行かないから   バーナバスの恋人を殺し、バーナバス・コリンズをバンパイヤーし   約200年も棺桶に入れるなんて。    魔...