kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『モンスターズ/地球外生命体』を観て

2011-08-01 22:56:39 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

11-51.モンスターズ/地球外生命体
■原題:Monsters
■製作年・国:2010年
、イギリス
■上映時間:94分

■鑑賞日:8月1
日、シアターN渋谷
■料金:1,000円

 
□監督・脚本・撮影:ギャレス・エドワーズ
□製作:アラン・ニブロ
□編集:コリン・グーディ
□音楽:ジョン・ホプキンス
◆スクート・マクナリー(アンドリュー・コールダー)
◆ホイットニー・エイブル(サマンサ・ワインデン)
【この映画について】
カンヌ国際映画祭で上映された途端世界中で話題となり、クエンティン・タランティーノ、ピーター・ジャクソン、リドリー・スコットらが絶賛したという本作は、地球外生命体の増殖による被害が甚大なメキシコを舞台に、“モンスター”と人間の死闘を描くパニック・ムービー。監督は主にTVドキュメンタリーのVFXスタッフとして活躍していた新星ギャレス・エドワーズ。本作のほとんどの視覚効果は、自宅の地下室をスタジオ代わりにして完成させたのだという。
総製作費は約130万円という超低予算で迫力の怪獣映画を作り上げたことは驚きだ。エドワーズ監督は新しいハリウッド版『ゴジラ』の監督に大抜擢され、一躍時の人として注目されている。
第31回ロンドン批評家協会賞ブレイクスルー英国フィルムメイカー賞、エジンバラ国際映画祭2010新人監督賞受賞。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
2009年に宇宙探査機が大気圏突入時にメキシコ上空で爆発し、その残骸がメキシコに降り注いだ。以後、メキシコに未知の生命体が繁殖し、国土の半分が危険地帯“INFECTED ZONE”として隔離される。
その6年後、カメラマンのコールダーは、モンスターたちの襲撃で大きな被害を受けているメキシコでスクープを狙っていた。そこで、怪我をした自分が所属する会社の社長令嬢サマンサを、アメリカの国境まで送り届けるように上司から命令されるが、本人は取材第一で気乗りしなかった。
2日後にはアメリカ軍が国境を閉鎖してしまうというなか、コールダーとサマンサは、モンスターたちから襲撃を避けながら海岸に向かう。しかし、コールダーのミスでパスポートとチケットを盗まれ、2人は港に取り残されてしまう。2人は最後の手段で、危険区域を通る陸路を進むことにする。TVでの報道や一般市民の反応を通じて、地球外生命体が存在する社会的不安や緊張感が日常茶飯事となっていることが分かる。

最初は反発し合っていた2人が危険な旅を続ける内に、互いが相手の人間性を少しずつ理解して好意を抱くようになる……そして2人の前に、タコとクモを融合させたようなユニークな巨大怪獣2匹が登場してくる。とにかく巨大なヤツである。

この作品、こうしてストーリーを追っているとハラハラドキドキするのかと思うが、進行のテンポは決して速くない。むしろこの地球外生命体の正体が分からず、一体どういう生命体なのか謎に満ちたまま進み、遂にアメリカへ入国を果たしたが、そこは既に生命体が到達したかのようで人もまばら。そして、二人を乗せた車はガソリンスタンドに立ち寄り、そこで生命体と遭遇し、ここで始めてタコとクモを足して2で割ったような怪物の全容が明らかになる。
まあ、この生命体がラストで始めて姿を現したので、今まで何やっていたのか?ってことになるけど、そこはTV報道や目撃者の証言で賄っているが、この怪物の特徴や攻撃パターンは証言だけではチンプンカンプン。でも、低予算映画としては、最初からバーンって怪物を見せるだけの余裕は無いから、やはり、ラストまで引っ張れって感じでしょうかね?
結局、この話、怪物が暴れるってストーリーでは無く、また、未知のウィルスが蔓延する訳でもなく、社長命令で娘をアメリカへと送り届けるロードムービーであり、恋愛映画でもありながら、撮影スタイルはドキュメンタリー風という作りで、エドワーズ監督のアイデアが随所に活かされている。

そんで肝心のラストシーン、私は二人が米軍にスタンドで救助され彼女は婚約者の元に帰らず...カメラマンと結ばれるのかな?ってシンプルに考えてしまったのだけど。どうやら違うようで、実はラストと冒頭のシーンが一体になっていて彼女は父上の願いも虚しく...落命した。って言うのがオチですかね?でカメラマン氏は?記憶が定かでないので、どなたかこれを読んだら教えていただけます?DVD買う予定は無いので。
 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島主将がバースデー逆転タ... | トップ | 映画『スーパー!』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
モンスターズ/地球外生命体 (佐藤秀の徒然幻視録)
楽園の黙示録 公式サイト。イギリス映画。原題:MONSTERS。ギャレス・エドワーズ監督、ホイットニー・エイブル、スクート・マクネイリー。製作費は日本円換算(1ドル=80円想定)で120 ...
モンスターズ/地球外生命体 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
超低予算のパニック映画だが、ロードムービーというスタイルのおかげか、不思議な抒情性がある。映像のクオリティも予想外に高く、拾い物の1本だ。地球外生命体の侵略により、国 ...
モンスターズ/地球外生命体 (LOVE Cinemas 調布)
本作で手腕を認められ、ハリウッド版新『ゴジラ』の監督に抜擢されたギャレス・エドワーズが約120万円という自主制作映画並みの低予算で作り上げたパニックムービーだ。謎の地球外生命体の繁殖地域となってしまったメキシコ中部を、とある理由で陸路脱出しようとするカ...
「モンスターズ/地球外生命体」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・イギリス/配給:クロックワークス原題:Monsters監督・脚本・撮影:ギャレス・エドワーズ製作:アラン・ニブロ、ジェームズ・リチャードソン製作総指揮:ナイジェル・ウィリアムズ、ニック・ラ
モンスターズ 地球外生命体  監督/ギャレス・エドワーズ (西京極 紫の館)
【出演】  ホイットニー・エイブル  スクート・マクネイリー 【ストーリー】 太陽系に地球外生命体の存在を確認したNASAは、探査機を使いサンプルを採取する。しかし、大気圏突入時にメキシコ上空で大破。その直後から、地球外生命体は増殖をし始め、メキシコの半...
モンスターズ/地球外生命体 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) 戦場カメラマンと新聞社社長令嬢のサバイバル逃避行、、、だけど
モンスターズ/地球外生命体 (だらだら無気力ブログ)
謎の地球外生命体の増殖によって壊滅的な打撃を受けるメキシコを舞台に、 未曾有の危機を乗り越えようとする人々の奮闘を描くパニック・ムービー。 ハリウッド版の新『ゴジラ』の監督に抜てきされた新生ギャレス・エドワー ズが、総製作費130万円という超低予算で大迫力...
モンスターズ/地球外生命体 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 人間のエゴとロマンチシズム 今度はいつ自分が襲われるかわからない状況にありつつも、ここでの生活があるから仕事があるからと街を離れられず、ガスマスクを常備してモンスター出現予報を...
モンスターズ/地球外生命体 (5125年映画の旅)
地球外で未知の生命体を発見したとNASAが発表。サンプルを積んだ衛星が地球に帰還するが、衛星はメキシコ上空で爆発。その直後から、メキシコに謎の巨大生物が多数出現し、一 ...
モンスターズ/地球外生命体 (銀幕大帝α)
MONSTERS/10年/英/94分/SFモンスター・サスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ギャレス・エドワーズ 脚本:ギャレス・エドワーズ 撮影:ギャレス・エドワーズ 出演:スクート・マクネイリー、ホイットニー・エイブル <ストーリー> 地球外生命体のサンプルを...
モンスターズ/地球外生命体 (Monsters) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 スクート・マクネイリー 2010年 イギリス映画 94分 SF 採点★★★ ひょんな事から日本にやって来て、ばんばか繁殖した挙句にいつの間にやら主流面してる生き物って、ホント多いですよねぇ。こんな田舎に住んでいる私ですら、日...
モンスターズ / 地球外生命体 (いやいやえん)
【概略】 NASAは、太陽系に“地球外生命体”の存在を確認。探査機がサンプルを採取したが、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。その直後から突如出現し始めた地球外生命体の増殖によって、メキシコの半分は危険地帯として隔離された…。6年後、“モンスター”...