kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『エリジウム』を観て

2013-09-25 18:19:19 | 映画・SF

13-77.エリジウム
■原題:Elysium
■製作年、国:2013年、アメリカ
■上映時間:109分
■料金:1,300円
■観賞日:9月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)



□監督・脚本・製作:ニール・ブロムカンプ
◆マット・デイモン
◆ジョディ・フォスター
◆アリシー・ブラガ
◆シャールト・コプリー
◆ディエゴ・ルナ
◆ウィリアム・フィクトナー
◆ワグネル・モウラ
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
『第9地区』が第82回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション。22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く。
2154年。限られた富裕層の者たちは汚れを排除したスペースコロニー“エリジウム”に、その他の者たちは地球に住んでいた。
人口過密となった地球は荒廃しきり、犯罪と貧困がはびこっていた。マックスも犯罪に手を染めては留置所送りになっていたが、この繰り返しを断ち切るべくアーマダイン社の工場で働き始め、組立ラインに従事する。更生したかに見えたある日、事故が彼を変える。なんとしてでもエリジウムに行かなければならない理由のできたマックスは潜入を試みるが、彼の前に、不法入国者からエリジウムを守るデラコート高官が立ちはだかる……。

「第9地区」でスラム化した宇宙人難民の話であっと言わせたブロムカンプ監督、今度もやはり貧困層と富裕層の二つの世界を地球と宇宙空間に浮かぶ世界に分けて描いている。
余命5日間と宣告されたマックス、旧友看護師の娘で白血病を患っているマチルダを助けたい一心で動く。その原動力は富裕層が住む宇宙空間エリジウムにはどんな病気も治癒出来る医療ポッドがあり、そこで治療を受けたいからだった。
エリジウムへの密航斡旋業者スパイダーの力を借りて渡航するのだが、エリジウムではデラコートがアーマダイン社長カーライルをそそのかしてエリジウムのシステム変更プログラム作成を命じ、自らが総裁に収まろうとの野望を抱く。

このデラコートの企みとマックスの助かりたいとの気持ちを利用したスパイダーの側の野望などが交錯する。エリジウムでの激しい戦闘でデラコートは死亡(医療ポッド使う余地無かった)、マックスは自分の余命と引き換えにマチルダを助けただけでなく、地球住民に「エリジウム市民」の権利を与えたことで病人達が次々と渡航してくることになった。

「第9地区」を観た後でこの作品に接しただけに、既に、ブロムカンプ監督の特徴を把握していただけあって、驚きは少なかった。ただ、今回はマット・デイモンという国際的スターが主役だけに、彼がSF作品でどのように演じるのかに注目だった。
ストーリー的には腑に落ちない点(不老不死のエリジウムにあの医療ポッドがあったら人口調整は?食料は?等など)は多数あるが、アイデア的にはユニークなので、もう少しストーリーに磨きをかければとの思いを感じた。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西武、終盤に打線が意地!ヘルマ... | トップ | 西武、痛恨の逆転負けで5連勝逃す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エリジウム (いやいやえん)
「第9地区」は独創性に溢れた面白い作品だったけれど、これはごくふつーのSFだった。 気になるところをあげていく。 なんで大リーグ養成ギブスがでてくんの。箱庭感満載で、地球規模のSFに感じられない。富裕層のコロニーと、地球のスラム、それしかでてこない。...
『エリジウム』 本当はどちらの味方? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。 --- プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。 ---  映画『エリジウム』の主演をオファーされ...
エリジウム (心のままに映画の風景)
2154年。 人口増加と環境破壊が進み、富裕層が400キロ上空に浮かぶスペースコロニー“エリジウム”で生活する一方、貧困層は、荒廃した地球での暮らしに苦しんでいた。 ロボットの組み立て工場で過酷な労働に従事していたマックス(マット・デイモン)は、工場で事...
エリジウム (2013) ELYSIUM 109分 (極私的映画論+α)
 クールビューティです
エリジウム (銀幕大帝α)
ELYSIUM 2013年 アメリカ 109分 SF/ドラマ/アクション PG12 劇場公開(2013/09/20) 監督: ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 製作: ニール・ブロムカンプ 脚本: ニール・ブロムカンプ 出演: マット・デイモン:マックス・ダ・コスタ ジョディ・フォス...
エリジウム (映画的・絵画的・音楽的)
 『エリジウム』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)マット・デイモンとジョディ・フォスターが出演する作品だというので、映画館に行ってみました。  映画の時点は2154年。  その頃地球は荒廃してしまっていて(汚染と貧困)、一部の超富裕層は、地上400kmの....
『エリジウム』を109シネマズ木場4で観てハゲとヒゲが宇宙で大ゲンカだわはははははは大笑いふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★わはははははは、ハゲの強さに説得力がないけどそんな事はどうでもいいぞ】 『いじりM』というから、どんないやらしい話かと思ったら。 すまん、そん ...
エリジウム (Akira's VOICE)
シャルト・コプリーかっけーw  
エリジウム (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ニール・ブロムカンプ 出演:マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリシー・ブラガ、ディエゴ・ルナ、ワグネル・モウラ、ウィリアム・フィクトナー、ファラン・タヒール 【あらすじ】 2154年。スペースコロニー“エリジウム”で生...
エリジウム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(F)(F) この作品の世界感はワタシが想い描いていた近未来そのもの。
劇場鑑賞「エリジウム」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたは、特別な存在… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309200003/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック エリジウム [ ライアン・アモン ]価格:2,520円(税込、送料込) メール便限定配送料無料!メール...
約束の地~『エリジウム』 (真紅のthinkingdays)
 ELYSIUM  2154年。地球は人口増加と環境破壊によって荒廃し、一部の超富裕層は 「エ リジウム」 と呼ばれるスペース・コロニー、不老不死の楽園に移住していた。 幼い頃からエリジウムへ行くことを夢見ていたマックス(マット・デイモン)は、あ...
エリジウム (とりあえず、コメントです)
「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督がマット・デイモン主演で描いたSFアクションです。 剃った頭で銃を構えているマット・デイモンの姿に、一体どんな作品なのだろうと気になっていました。 近未来を舞台に必死に戦う主人公を映しだしながらも、命の大切さをしみじみ...
『エリジウム』 (ラムの大通り)
(原題:Elysium) ----これって、確かツイッターで 『エリンジウム』って間違えて呟いてしまった映画だよね。 「いやいや、お恥ずかしい。 エリンジウムは花の名前(笑)。 この『エリジウム』は 22世紀を舞台にしたデストピアSF。 『第9地区』のニール・ブロムカンプ....
『エリジウム』 (こねたみっくす)
こんな脆弱な世界観ではいい映画が生まれるはずもない。 『第9地区』で評価されたニール・ブロムカンプ監督はもうネタ切れになったのかと思わざるを得ない、この動機付けなどの ...
エリジウム (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第323回「彼は才能の片鱗を見せたに過ぎないのだろう。」 すっかり食傷気味のSF映画。挑戦的な作品も多々あれど、傑作と呼ぶべき作品は少ない。第82回アカデミー賞にノミネートされた「第9地区」はそんな中にあって傑作とまではいかないが、今後に期待させる作品....
「エリジウム」☆根底にあるもの (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
低予算なのに突如表れて話題をかっさらっていった「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督の第2弾作品。 この監督だからとか、この俳優だからという映画の見方は余り好きじゃないし、たいてい予算がいっぱいつくと、どういうわけか作品が陳腐になってしまったりするもの...
エリジウム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ELYSIUM】 2013/09/20公開 アメリカ PG12 109分監督:ニール・ブロムカンプ出演:マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリシー・ブラガ、ディエゴ・ルナ、ワグネル・モウラ、ウィリアム・フィクトナー、ファラン・タヒール 彼の余命は、あ...
エリジウム ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『第9地区』が第82回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション。22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く。...
ショートレビュー「エリジウム・・・・・評価額1500円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
英雄の墓標。 南アフリカ発の異色の社会派SF、「第9地区」で大ブレイクしたニール・ブロムカンプ監督の待望の第二作。 舞台はアフリカ大陸から遥か北米へ、しかしそのSFマインドと社会性は健在だ。 時は22世紀、人類の富裕層は環境の悪化した地球を捨て、巨大なスペ...
エリジウム (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月23日(月) 18:20~ チネ8 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 「第9地区」で世界を驚かせた男の新作は、ありがちな革命映画だった。 『エリジウム』公式サイト スペース・コロニーだとか、変な強化スーツだとか、宇宙艇だとか、細か...
『エリジウム』 (時間の無駄と言わないで)
『第9地区』の監督の2作目。 前作はあんなに面白かったのになぁ。 マグレだったのか? 画的には驚くほど前作と変わり映えしないし、まさかストーリーも似たような流れだとは ...
『エリジウム』 (時間の無駄と言わないで)
『第9地区』の監督の2作目。 前作はあんなに面白かったのになぁ。 マグレだったのか? 画的には驚くほど前作と変わり映えしないし、まさかストーリーも似たような流れだとは ...
エリジウム (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニール・ブロムカンプ 【出演】マット・デイモン/ジョディ・フォスター/シャルト・コプリー/ディエゴ・ルナ/アリス・ブラガ 【公開日】2013年 9月20日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2154年。限られた富裕層の者たちは汚れを排除したスペー...
『エリジウム』をIMAXで観てきた!? (映画観たよ(^^))
『エリジウム』をIMAXで観てきました。エリジウム - 映画.com いやはや、ちょうどエエ時間がなくって、久しぶりに3Dでない素のIMAXで観てきたz #ちょっと割高感を感じてしまったけど・・・。 宇宙SFもの!最近はリメイクが多いですが、今回はオリジナルも...
[映画『エリジウム』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆内容は、どう考えてもB級にしかなり得ないのに、なんか大作ノリで予告編されていて、  それから、予告編で分かる内容からは、どうにも、アクションに必要な痛快さと言うものが、幾つかの点で阻害されているように思えた。  それは、荒廃した地球上で貧しく暮らす主...
エリジウム (IMAX)/マット・デイモン (カノンな日々)
『第9地区』のニール・ブロンカンプ監督がマット・デイモンを主演に描いたSFアクション・ムービー。予告編の印象だと今作はB級テイストではなく、かなりの大作っぽい感じですね。あ ...
「エリジウム」Elysium (2013 トライスター) (事務職員へのこの1冊)
アパルトヘイトを「宇宙人と地球人」という強引な設定にシンボライズした「第9地区」
エリジウム (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     パワードスーツのようなものは、アイアンマンを思わせるような   兵装だったけど、こちらの方が人間味があり戦闘シーンも   生身の人が戦っている感があり、迫力がありまし...
「エリジウム」 持つ者と持たざる者 (はらやんの映画徒然草)
「第9地区」で長編映画デビューを飾り、高い評価を受けたニール・ブロムカンプ監督の
エリジウム / Elysium (勝手に映画評)
『第9地区(District 9)』のニール・ブロムカンプの作品。 『第9地区(District 9)』でも、安全で快適な生活をしている地球人と、不衛生で危険な生活をしている難民の異星人という格差が描かれていましたが、この作品でも、安全で快適なエリジウムに暮らす超富裕層と不衛生...