kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「フェルメールからのラブレター展」を観賞

2012-01-28 18:45:36 | 博物館・美術館・芸術鑑賞

bunkamuraザ・ミュージアムにて2011/12/23から開催されている「フェルメールからのラブレター展」(Communication:Visualizing The Human Connection In The Age Of Vermeer)を昨日、休暇を申請して観に行きました。

この展示会の目玉は何と言ってもタイトルにあるようにヨハネス・フェルメールの作品が3点も出展されていることです。フェルメールの現存する30数点の作品の中でも、日常生活に密やかなドラマをもたらす手紙のテーマは、彼の作品の中でも2割近くを占めている。

今回出展されたフェルメール3作品は:

①手紙を読む青衣の女(制作:1663-64年頃)アムステルダム国立美術館所蔵

②手紙を書く女(制作:1665年頃)ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵

③手紙を書く女と召使い(制作:1670年頃)ダブリン、アイルランド国立絵画館所蔵

Ⅰ.人々のやりとり-しぐさ、視線、表情(Personal Relationships:Gestures,Glances and Facial Expressions)
ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらを中心に11作品を展示。仕事や余暇を楽しむ民衆の姿を描いているが、その多くが、オランダの諺や格言、道徳的なメッセージを示唆している。画家らが描いた場面はアトリエで考案されたものであるとされている。

Ⅱ.家族の絆、家族の空間(Familian Ties,Family Members)
ここでも前述のデ・ホーホやステーンらを中心に11作品を展示。描かれている家族の肖像画の中には女性達の家事の様子を描いたものが目立つ。一部には召使いと女主人のやり取りを描いたものもあるが、当時の家庭で召使いがいたのは1~2割程度とされている。

Ⅲ.手紙を通したコミュニケーション(Personal Communications Through Letters)
ここでフェルメールの3作品を含めて8作品が展示されている。今でこそe-mailがコミュニケーションの主要手段であるが、やはりこの時代におけるオランダはヨーロッパでも識字率が高く手紙のやり取りが急速に発達した時代であり、そんな中で手紙は個人の気持ちや強い感情を伝える手段としては最適だった。
フェルメール作品では手紙を読んだり、書いたりする若い女性の物思いに沈む美しい姿を描いている。「手紙を書く女と召使い」では手紙を感情に任せて書く女主人を急かすように背後に立っている召使いの表情がユニークだ。どの作品もフェルメールらしい背景、色遣い、構図、表情が見事に描かれている。
「手紙を読む青衣の女」は作品の修復が2年ほどかけて終了したばかりで、世界に先駆けて修復されて見事に蘇った作品が今回日本で公開されています。会場ではその修復の過程がパネルで詳しく紹介されていました。

Ⅳ.職業上の、あるいは学術的コミュニケーション(Professional/Scholary Communication)
オランダでは当時高い識字率を誇っていたが、それらを支えていたのは弁護士や公証人、著述業などが、商売に関わるコミュニケーションや経営の手助けをした。
ここではヤン・リーフェンス、ヘリット・ダウらの11作品が展示されているが、中でもリーフェンスの「机に向かう簿記係」のモデルとなっている老人の表情やひげの描写は秀逸で、今まで観た作品の中で一番印象に残ったひげです(笑)。

ジャンル:
芸術
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北楽天のマー君、里田まい... | トップ | 映画『グッド・ドクター 禁... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フェルメール (とら)
2012-02-01 00:04:56
TBありがとうございました。こちらからもTBしました。
先ほどブラブラ美術館でこの展覧会をやってましたね。
そちらからのTBを、誤って消してしまったので、お手数ですが再送してください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フェルメールからのラブレター展 ザ・ミュージアム (すぴか逍遥)
フェルメールからのラブレター展 Bunkamuraザ・ミュージアムへ行ってきました。           2011年12月23日〈金・祝〉~2012年3月14日〈水) ザ・ミュージアム   開館時間=10:00~19:00 毎週金・土曜日は21:00まで...
フェルメールからのラブレター展(Bunkamuraザ・ミュージアム) (あお!ひー)
Bunkamuraザ・ミュージアムで23日からスタートした、フェルメールからのラブレター展に行ってきました。 ↑の3種類のチラシ、これでもう行く前からワクワクしてました。 あと、渋谷駅もこれでもかとこのビジュアルが溢れてましたね。 (関連記事:渋谷駅はフェルメール...
「フェルメールからのラブレター展」 (弐代目・青い日記帳 )
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「フェルメールからのラブレター展 コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ」に行って来ました。 Bunkamura展覧会特集ページ 約半年間のリニューアル作業を終え12月23日よりオープンしたBunk...
フェルメールからのラブレター展 @Bumkamura (Art & Bell by Tora)
 今回の展覧会にはフェルメールは3点。↓左から、 ・《手紙を書く女と召使い》 1670年頃 @アイルランド・ナショナル・ギャラリー、ダブリン  ・《手紙を読む青衣の女》 1663-64年頃 @アムステルダム国立美術館 ・《手紙を書く女》 1665年頃 @ワシントン・ナ...