kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品

2012-05-12 12:43:43 | ヨーロッパ映画

12-36.アーティスト
■原題:The Artist
■製作国・年:フランス、2011年
■上映時間:101分
■字幕:寺尾次郎
■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ



□監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス
◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)
◆ベレニス・ベジョ(ペピー・ミラー)
◆ジョン・グッドマン(アル・ジマー)
◆ジェームズ・クロムウェル(クリプトン)
◆ペネロープ・アン・ミラー(ドリス)
◆ミッシー・パイル(コンスタンス)
◆アギー(ジョージの愛犬)
【この映画について】
第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞、衣装デザイン賞、作曲賞の5部門を受賞。フランス人監督とフランス人による主演、しかもモノクロでサイレント(無声映画)。そんなハンディをものともしない受賞結果は、セリフや音響効果に頼らなくても、素晴らしい映画ができるという“証(あかし)”でもある。
サイレント映画が作品賞を受賞するのは、第1回アカデミー賞以来83年ぶり。ストーリーはごくシンプルながら、感情を表情や動きで表現するサイレント映画の手法が、現代では逆に新鮮に見えるから不思議だ。主演の2人が実に魅力的で、戦前のハリウッドスターを演じながらも、現代アメリカ人俳優には出せない味をよく出している。(この項、gooより一部転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
1927年、サイレント映画全盛のハリウッド。大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、共演した愛犬とともに新作の舞台挨拶で拍手喝采を浴びていた。熱狂する観客たちで映画館前は大混乱となり、若い女性ファンがジョージを突き飛ばしてしまう。それでも優しく微笑むジョージに感激した彼女は、大胆にも憧れの大スターの頬にキス。その瞬間を捉えた写真は、翌日の新聞の一面を飾る。写真の彼女の名前はペピー・ミラー、未来のスターを目指す新人女優だった。

映画会社キノグラフでオーディションを受けた彼女は、愛らしい笑顔とキュートなダンスで、ジョージ主演作のエキストラ役を獲得。撮影後、楽屋を訪ねてきたペピーに、ジョージは“女優を目指すのなら、目立つ特徴がないと”と、アイライナーで唇の上にほくろを描く。その日を境に、ペピーの快進撃が始まる。踊り子、メイド、名前のある役、そして遂にヒロインに。
1929年、セリフのあるトーキー映画が登場すると、過去の栄光に固執し、“サイレント映画こそ芸術”と主張するジョージは、キノグラフ社の社長と決別する。しかし数か月後、自ら初監督と主演を務めたサイレント映画は大コケ。心を閉ざしたジョージは、心配して訪ねてきたペピーすら追い返してしまう。それから1年。今やペピーはトーキー映画の新進スターとして人気を獲得していた。一方、妻に追い出されたジョージは、運転手クリフトンすら雇えなくなり、オークションで想い出の品々を売り払う。執事にその全てを買い取らせたペピーは、ジョージの孤独な背中に涙を流す。

酒に溺れるジョージは自分に絶望し、唯一の財産であるフィルムに放火。愛犬の活躍で救出されたジョージの元へ駆けつけたのは、変わらぬ愛を抱くペピーだった。“銀幕のスター”ジョージを復活させる名案を携えて……。

フランス映画がハリウッドのサイレント時代を舞台にした作品でアカデミー賞を5部門も受賞したのは快挙だ。大作やリメイク物が幅を利かせているハリウッド映画界に取って、フランス映画界が放ったサイレント映画は盲点だった。今の映画ファンはサイレント映画と言われても観た経験は皆無に近く、そうした意味でも新鮮さを感じた作品。そういう自分もチャップリン映画を数本観た程度のレベルで、劇場でサイレント映画を観たのは初めて。
サイレント映画なので当然ながらセリフが無く、所々でスクリーンに字幕が出るが会話全てをフォローしている訳では無いので、そこはストーリーの流れを読んでセリフを自分で「感じる」という作業を頭の中で繰り返す、こういう作業が必要なので眠くなっている暇は無い。

ストーリー的にはトーキーへの変換期についていけなかった無声映画のスターと、その転換期の流れに上手く乗ってスターダムを駈けあがった女優との対比を描いている。こういう時代の境目、例えばラジオからTVへ、LPからCDへ、ビデオからDVDへと時代の変化は必ず訪れる。そこで旧時代にしがみついて流れに乗れなかったジョージは言わば旧時代の象徴、逆にそのジョージに見出されたぺピーは新時代の申し子である。ただこのぺピーはジョージに見出された「恩」をスターになっても忘れることは無かった。
これがストーリー上のポイントであり、ぺピーはスクリーンから消えて忘れられた存在になっているジョージを、再び引っ張り出そうと画策。かつての思い出の品々を次々と売り飛ばして辛うじて生活費の糧にしていたジョージだが、ぺピーは密かにそれらを買い戻していた。ぺピーのジョージへの思いは通じ、ラストは二人で活き活きとスタジオでダンスを披露するのだが、この時のジョージを観ているとジーン・ケリーのようだった。

このサイレント映画が作った流れがこのままハリウッドへ逆輸出されるとは思えないが、フランス映画界にしてやられたとの思いはあるだろう。フランスがここまで見事にサイレント映画へのオマージュを捧げるとはお見事の一言に尽きる。

余談ですが、ジョージの愛犬「アギー」の名演技にも拍手

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリーンアップがチャンスに... | トップ | 好調ヘルマンの一打で西口今... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お手数をおかけします。 (BC)
2012-09-11 00:22:37
kintyreさん、こんばんは。

間違えて、『最強のふたり』のトラックバックを打ってしまったので、その分は消しておいてください。
お手数をおかけしてしまい、すいません。m(_ _)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...
『アーティスト』 (ラムの大通り)
(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...
「アーティスト」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
口元の付けほくろ。 サイレントからトーキーへ。 アーティスト。
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
アーティスト THE ARTIST (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞受賞作は、サイレント&モノクロで話題をさらったこの映画でした。 サイレント映画のスター、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、ちょっとしたアクシデントで彼の大ファンで女優志望のペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。ペピーはエキストラか....
アーティスト (こんな映画見ました~)
『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミ....
「アーティスト」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Artist)世評は高いが、私は良い映画だとは思わない。有り体に言えば、これは“奇を衒った珍作”でしかないのだ。3D映像が大手を振って罷り通る現在において、あえてサイレントの手法を採用し、描かれる時代は古き良き1920年代のハリウッド。画面は...
『アーティスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
アーティスト(2011年フランス) (待ちわび通り)
1927年、ハリウッド・トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージは落ちぶれ、エキストラだったペピーが人気女優に。ジョージに恋するペピーは、何とか彼を復活させようとするのだが・・・...
アーティスト(The Artist) (KATHURA WEST・・・クロノスの微笑み)
《アカデミー俳優犬賞》?に輝く作品。 このワンちゃんがいなかったら、いったいどんな事になっていたのでしょうか? と思い、これは何処かで、何とか賞を頂いているにちがいないと調べてみると、 『第1回ゴールデン・カラー賞(金の首輪賞)』において、《最優秀...
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2~3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
『アーティスト』栄枯盛衰が人生さ。 (Healing )
アーティスト ★★★★ 人は老い、時はすぎゆく それが世の常、生きることだから仕方ない 言わずと知れた本年度アカデミー賞作品賞・監督賞・主演男優賞ほか最多5部門受賞作 今年の映画の中で目玉中の目玉、 満を持しての公開ですね。 どうやら、 モノクロサイレント映画...
アーティスト  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 全編モノクロ映像のサイレント映画であり、フランスの監督がメガホンを取りったにも拘らず、米国のアカデミー賞に輝いてしまった。一体どういう映画なのか、背景が1927年のハリウッドで、あることから、ある仮説を立てる映画評論家がいた。アカデミー賞の...
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
アーティスト (そーれりぽーと)
本年度、噂だけで大本命。 『アーティスト』を観てきました。 ★★★★★ こんなに直接心に響いてくるなんて、魔法にかかったような時間でした。 言葉と周囲の音という余計な情報をシャットアウトし、役者の表情と演技に集中して観られるサイレント映画ならではの効果な...
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
「アーティスト」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・フランス/配給:ギャガ 原題:The Artist 監督:ミシェル・アザナビシウス 脚本:ミシェル・アザナビシウス 撮影:ギョーム・シフマン 音楽:ルドビック・ブールス 製作:トマ・ラング
アーティスト (迷宮映画館)
文句なし!こういう映画が見たかった。
アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST (銅版画制作の日々)
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思う...
『アーティスト』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選....
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
アーティスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳....
「アーティスト」無声の声 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
アーティスト / The Artist (勝手に映画評)
2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没落するサイレント時代のスター俳優と、トーキーの隆盛とともに...
□『アーティスト』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:フランス映画、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン出演。
アーティスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
アーティスト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 1927年のハリウッドで、サイレント...
アーティスト (キノ2)
★ネタバレ注意★  ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン主演のフランス映画ですが、先日のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞にノミネートされ、うち、作品賞...
アーティスト (我が頭に巣くう映画達)
86点 2011年のフランス映画で、 監督はミシェル・アザナヴィシウス、 主演はジャン・デュジャルダンです。 2011年度のアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣裳デザイン賞を受賞して...
「アーティスト」 (みんなシネマいいのに!)
 21世紀になってサイレント映画がアカデミー賞作品賞をもらうとは!! いや21世
映画『アーティスト』 (健康への長い道)
 本年度アカデミー賞で作品賞他、最多5部門受賞。話題のフランスのモノクロ・サイレント映画です。でも、TOHOシネマズ梅田のシアター9は、空席の方が多いですね。 Story 1927年、サイレント映画全盛のハリウッド。大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジ...
アーティスト  監督/ミシェル・アザナヴィシウス (西京極 紫の館)
【出演】  ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで女優志願のペピー・ミラーと出会う。やがてジョージは、オーディションを...
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
「アーティスト」 (てんびんthe LIFE)
「アーティスト」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2012-038 春だから?というわけではありませんが、あまりにも心地よく眠くなりました。 つまらないわけではないんです。 無声映画なので話は単純。 無声映画の人気俳優と恋をした女優は無声映画の衰退とともに名声...