kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『陰謀のスプレマシー』を観て

2013-02-01 10:36:01 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

13-8.陰謀のスプレマシー
■原題:Expatriate
■製作年、国:2012年、アメリカ・カナダ・ベルギー
■上映時間:101分
■観賞日:2月1日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)
■料金:1,000円



□監督:フィリップ・シュテルツル
◆アーロン・エッカート(ローガン)
◆オルガ・キュリレンコ(アンナ)
◆リアナ・リベラト(エイミー)
◆ニール・ネイピア(デレク・ケーラー)
【この映画について】
愛娘を誘拐され、自らも暗殺の標的となった元CIA捜査官が巨大組織に挑む姿を描くサスペンス・アクション。監督は、「ゲーテの恋 君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』」のフィリップ・シュテルツェル。出演は、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のアーロン・エッカート、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
元CIA捜査官ローガンは、今は民間防犯装置会社の責任者で、愛する娘エイミーと2人で過ごしている。しかし、ある日突然、勤めていた会社が忽然と消える。ローガンはグループ会社のハルゲートに原因を追究しに行くが、元々その子会社は存在しないと言われ、証明データもすべて抹消されていた。
帰りがけに元同僚のフロイドに抹殺のターゲットとして襲われ、辛うじて逃げたローガンは、フロイドが持っていた鍵で開けたコインロッカーで書類を見つける。それは、自分の名前も入った元同僚の暗殺予定者リストだった。
ローガンは不法滞在者となり捜査を続け、ある機密書類を入手する。巨大組織ハルゲートとCIAは関係があり、ローガンのCIAの元同僚アンナが関わっていたのだ。そんな折、ローガンの愛娘エイミーが組織に誘拐されてしまう。ローガンは機密書類を引き渡す代わりに、娘を釈放するよう取引をするが……。

この映画アーロン・エッカートとオルガ・キュリレンコが出ている割には公開は単館系でひっそりと?上映されていて拡大公開では無いのは配給先の問題かそれとも...。
邦題は「ボーン」シリーズを想起させ、キャラ的にはリーアム・ニーソンの「96時間」シリーズ主人公(元CIAで家族愛が強い点)とも共通項があるのだが、アーロン・エッカートとリーアム・ニーソンの違いが出ているのも事実。もっともそういう設定の作品は他にも多いので、たまたまそう感じただけかも知れませんが。

一夜にして勤めていたハルゲート社(以下、H社とします)が跡形も無く消滅して戸惑うローガン、その背景にH社とCIAが絡んでいて、CIAの絡みではローガンと元同僚のアンナとが今度は敵対することになる。そのアンナとローガンのCIA時代の関係も盛り込まれるのだが、H社の疑惑発覚に至るまでのプロセスが殆ど描かれていないので、ローガンの戸惑いと共に観ている方にも戸惑いを感じた。
最後は、誘拐されたエイミーを救うべく奮闘し重要書類引き渡しの現場でアタッシュケース諸ともH社側の連中を吹き飛ばすのだが、アンナは呆気無い最期だった。そして、ローガン・アンナ父娘も無事でメデタシメデタシ!!

ストーリー面でもアクション面でももう一つインパクトに欠けていたのは残念。折角主役級二人を揃えながらも脇役に個性的な俳優がいなかったのもあるが、CIAとH社の企みにおいても確かに政府を揺るがしかねない陰謀なのだが、そういう緊張感がスクリーンを通じて伝わって来なかった。先述の「ボーン」や「96時間」シリーズも最初はヒット・シリーズになる予感は無かったと思うけど、ストーリー展開やアクションや主役の魅力などが相まってヒットを生み出した。
だが、残念なことにアーロン・エッカートの熱演?はあっても、その2シリーズには及ばなかった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子柔道暴力問題、園田監督 ... | トップ | 映画『ライフ・オブ・パイ/ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ホラー,サスペンス,スリラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

「陰謀のスプレマシー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Expatriate」2012 USA/カナダ/ベルギー/UK ベン・ローガンは元CIAエージェントで現在は“国外追放者”。一人娘と共にベルギーに暮らしている。ある日彼が働く会社がこつ然と消えてしまう。なにがなんだかわからないまま会社があった場所を去るが、追いかけ...
ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん主演。アーロンさんアクションも出来るんだと驚き。まあキレはそんなにないですが。 多少地味ではありますが、そこそこ面白かったです。「96時間」や「ボーン・シリーズ」などをイメージした作品類かな。 舞台はベルギー、ブリュッセル。...
ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE EXPATRIATE/ERASED 】 2013/01/20公開 アメリカ 105分監督:フィリップ・シュテルツェル出演:アーロン・エッカート、オルガ・キュリレンコ、リアナ・リベラト、アレクサンダー・フェーリング、ニール・ネイピア [Story]元CIAエージェントのベン・ローガンは、ある...
ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー (銀幕大帝α)
THE EXPATRIATE/ERASED 2012年 アメリカ/カナダ/ベルギー 105分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/01/20) 監督:フィリップ・シュテルツェル 出演: アーロン・エッカート『世界侵略:ロサンゼルス決戦』:ローガン オルガ・キュリレンコ『センチュリ...
陰謀のスプレマシー (こんな映画見ました~)
『 ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー』---THE EXPATRIATE ERASED [米]---2012年(アメリカ/カナダ/ベルギー)監督:フィリップ・シュテルツェル出演:アーロン・エッカート 、オルガ・キュリレンコ 、リアナ・リベラト 監督は「アイガー北壁」「ゲーテの....