kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観て

2014-02-14 10:57:51 | 映画・ドラマ、アクション

14-16.ウルフ・オブ・ウォール・ストリート
■原題:The Wolf Of Wall Street
■製作年、国:2013年、アメリカ
■上映時間:179分
■料金:1,800円
■観賞日:2月13日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)



□監督・製作:マーティン・スコセッシ
◆レオナルド・ディカプリオ
◆ジョナ・ヒル
◆ジャン・デュジャルダン
◆ロブ・ライナー
◆マシュー・マコノヒー
◆ジョン・ファヴロー
◆カイル・チャンドラー
◆マーゴット・ロビー
【ストーリー&感想】
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ、その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰を見つめていく。レオナルド・ディカプリオが第71回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞し、本年度アカデミー賞主要5部門にノミネートされた。
22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォートは学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつかない斬新なアイディアと巧みな話術で、瞬く間になり上がっていく。貯金ゼロから26歳で証券会社を設立したジョーダンは、年収4900万ドルを稼ぐようになるが、常識はずれな金遣いの粗さで世間を驚かせる。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになった彼の行く末には、成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた……。

スコセッシとディカプリオのコンビによる本作は、貯金ゼロから瞬く間に頂点を極めながらも転落していった実在の株式ブローカーのお話。
上昇志向の強かったジョーダン、何も知らずにこの業界に飛び込み当初は電話番からキャリアをスタート。だが、入社した会社のハンナに取引のイロハなどを教わったものの、ブラックマンディで会社は倒産し失業の羽目に。
それでもめげずにローカルな投資会社で職を得る。ここでジョーダンはキャリアの違いを見せつけて一気に駆け上がるチャンスを掴み、その後、パートナーとなるド二ーらの仲間と共に会社をガレージを改装した事務所の中に開く。ここからは物語が一気に進み、何時の間にか事務所もマンハッタンに構え、ウォール・ストリートの寵児となっていく。

ジョーダンとド二ーは麻薬、パーティー三昧の日々を過ごし、それこそ湯水の如く金を使い、当然ながらFBI当局の知るところとなる。父の助言も耳に入らず、遂に、会社はFBI捜査官デナムに逮捕される。だが、司法取引を行い、共謀加担者の氏名を全て白状したことで20年の罪も3年間に短縮された。刑期を終えたジョーダンは販売テクニックを教えるセミナーで講演をしていた。

ローラーコースターのように目まぐるしく展開したジョーダンの人生。上昇志向の強さが招いたとも言えるが、一度成功を掴んでからは麻薬にどっぷりと浸かる。それこそそこまで強調しなくても、と言った感じでコカイン中毒者そのものだ。また、レオのセリフにも再三再四「FucX」の四文字言葉が連発される。まあ、この辺は如何にもハリウッド映画だな~って思ってしまう。
俳優陣ではジョーダンの右腕役ド二ーを演じたジョナ・ヒル、登場シーンは少なかったがインパクトの強いマシュー・マコノヒー、息子ジョーダンのブレーキ役になろうとしたが成り切れなかった父親役を演じたロブ・ライナーなど個性的で良かった。

「J・エドガー」や「華麗なるギャツビー」も悪くは無かったがレオの個性が遺憾なく発揮されていたとは断言出来なかったが、むしろ今作の方がイキイキと演じていたのは、やはりスコセッシが監督だったからだろうか?約3時間の上映時間の長さは最後まで感じませんでした。

アカデミー賞はどれだけ受賞出来るでしょうか?楽しみです!

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ザ・イースト』を観て | トップ | 羽生結弦が男子フィギュア悲願の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年1月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 を鑑賞しました。 上映前に、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル・マーティン・スコセッシ監督の挨拶がありました。 舞台挨拶後はスクリーン7にはバルコニーみたいなところがあって そこにも現れて客席をレオ様が撮ってまし...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』: 一体なぜ我々がこのような人物を称賛する必要があるだろう? (マスコミに載らない海外記事)
David Walsh 2013年12月30日 マーティン・スコセッシ監督。テレンス・ウィンター脚本。ジョーダン・ベルフォートの著書『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ハヤカワ文庫に基づく。 マーティン・スコセッシの新作映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、アメリカに...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、ウォールストリートでのしあがる一匹狼の知的なゲーム、と思いきや、「やっぱお金がほしいよね。女も酒も麻薬も何でもありだひゃっはー」という作品でした。でも、ここまで振り切れると気持ちがいいし、投資詐欺にひっかからない教訓にもなりますね。 ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (セレンディピティ ダイアリー)
レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督の5度目のタッグとなる映画、
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ ディカプリオが再び組んだ実録ものの映画 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が公開 されましたので観に行ってきました。 ウルフ・オブ・ウォールストリート 原題:THE WOLF OF WALL STREET 製作:2013アメリカ 作品紹介...
ウルフ・オブ・ウォールストリート/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の5度目のコンビとなる今作は実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した経済ヒューマンドラマで ...
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (こねたみっくす)
誰にも共感出来ない乱痴気騒ぎと自業自得の先にある、誰もが共感出来る皮肉。 ジョーダン・ベルフォードが堀江貴文にしか見えない!虚業で大儲けして、どんちゃん騒ぎを日々繰り ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組み、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのセンセーショナルな半生を描いた。22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダンは、学歴もコネも経験もなかったが、誰も思いつ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (♪HAVE A NICE DAY♪)
驚きでしたね~この方の人生に。全てに! これは全て本当のお話?でもなく、ちょっとはフィクションも入ってますよね。 いや、映画なんだから 楽しめば?いいのでしょうか~ それにしても乱れすぎ・・・ 暴力シーンはないけれどR18だけあって 全部子供には見せられま...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」:道徳レス狂騒社会 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、予想以上に面白く突っ走る2時間59分
ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克....
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目は、これもアカデミー賞ノミネート作品。 果たして、レオナルド・ディカプリオは・・・ これも実話を映画化。 レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートは ウォールストリートで若くして株屋として大金を稼ぎ、その後、 証券詐欺とし...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (心のままに映画の風景)
80年代後半のウォール街。 学歴や人脈もない証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)らと会社を設立すると、富裕層をカモに巧みなセールストークで瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の...
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を鑑賞しました。
ウォール街の狼~『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (真紅のthinkingdays)
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (to Heart)
貯金ゼロから 年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。 原題 THE WOLF OF WALL STREET 製作年度 2013年 上映時間 179分 原作 ジョーダン・ベルフォート『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ウォール街狂乱日記』(早川書房刊) 脚本 テレンス・ウィンター 監督 マー....
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: The Wolf of Wall Street 監督: マーティン・スコセッシ 出演: レオナルド・ディカプリオ 、ジョナ・ヒル 、マーゴット・ロビー 、マシュー・マコノヒー 、ジョン・ファブロー 、カイル・チャンドラー 、ロブ・ライナー 、ジャン・デュジャルダン 公...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (迷宮映画館)
なんつか、人間こうなっちゃダメっしょ・・・と、見てるこっちが金持ちに対して、優越感に浸れる。
ウルフ・オブ・ウォールストリート (チケット持って、おさんぽ行こう)
THE WOLF OF WALL STREET (2013) メディア: 映画 上映時間: 179分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(パラマウント) 初公開年月: 2014/01/31 ジャンル: ドラマ/伝記/コメディ 映倫: R18+ 貯金ゼロから 年収49億円 ヤバすぎる人生へ、....