kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ローマ法王の休日』を観て

2012-08-04 22:49:35 | ヨーロッパ映画

12-64.ローマ法王の休日
■原題:Habemus Papam
■製作年・国:2011年、イタリア・フランス
■上映時間:105分
■字幕:岡本太郎
■観賞日:8月4日、TOHOシネマズシャンテ



□監督・脚本・精神科医:ナンニ・モレッティ
□脚本:フランシェスコ・ピッコロ、フェデリカ・ポントレモレーリ
◆ミシェル・ピッコリ(ローマ法王、メルヴィル)
◆イエルジー・スチュエル(ヴァティカン報道官)
◆レナート・スカルパ(グレゴーリ枢機卿)
◆フランコ・グラツィオーシ(ボラーティ枢機卿)
◆カミーロ・ミッリ(ペスカルドーナ枢機卿)
◆ロベルト・ノービレ(チェヴァスコ枢機卿)
◆ウルリッヒ・フォン・ドーブシュッツ(ブルンマー枢機卿)
◆ジャンルカ・ゴビ(スイス衛兵)
◆マルゲリータ・ブイ(精神科女医)
【この映画について】
カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた『息子の部屋』で知られるイタリア人監督ナンニ・モレッティ。彼が、新ローマ法王に選ばれてしまった男の逃亡劇を描くコメディ。新法王がローマの街で出会う人々とのふれあいを通し、人間の信仰心や法王のあり方などを見出していく姿をユーモラスにつづる。(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
現ローマ法王の訃報に接し、新しい法王を選出するために各国からヴァチカンへ枢機卿たちが招集される。システィーナ礼拝堂で投票が行われるが、枢機卿たちは心の内では重責を担う法王に選ばれたくないと一様に思っていた。
投票の結果、メルヴィルが選出される。すでに聖ペドロ広場には新しい法王の就任を祝いにきた人々で溢れかえっていた。就任の演説が控えていたが、メルヴィルは重圧から逃げ出してしまう。新法王が行方不明になったのを知った事務局広報は、そのことが公にならないよう画策し、街中を捜索する。一方ローマの街に逃げ込んだメルヴィルは、市井の人々と触れ合ううちに、人生における大切なものや信仰心、なぜ法王が必要なのかなどを見つめ直していく。

まずこの邦題をみて(原題は「新法王が選ばれた!」という意味らしい)明らかに「ローマの休日」を連想させるタイトルになっているのは何故か?まあ、そんなシンプルな疑問を感じるのだが、中身は冒頭にヨハネ・パウロ2世法王の葬儀の実写映像から始まって、枢機卿lらが何か呪文の様な言葉を唱えながら礼拝堂へと向かう様子は荘厳さを感じさせられた。
ローマ法王選出は資格を持つ枢機卿が外部との連絡を絶って広い礼拝堂の中の一室に閉じ籠って決め根比べ「コンクラーベ」と呼ばれる。投票の結果は礼拝堂の煙突から登る煙の色(黒は未決定、白は決定)で外部に知らされ、TVのニュース映像(現法王はベネディクト16世)で見た方も多いのでないか。
この選挙の様子では本命とされていた枢機卿が選出されず、その結果を待っている間に「自分が選ばれませんように」と祈っている様子は滑稽だった。中々結果が出ずにその間にお互い選出者の選考でヒソヒソ話が続く中で、下馬評に上がっていなかったメルヴィルの名前が急浮上して彼が選ばれた。枢機卿から祝福の言葉をかけられ法王の証である赤いマントを被せられ始めて我に返ったメルヴィルは事態が呑み込めず、新法王のスピーチを待ち構える民衆に背を向けて逃げ出してしまう。

ここからはローマ法王の職責に耐え切れないメルヴィルが周囲の説得に一切耳を貸さずに極秘裏に市内の精神科医と面談を受けた後に、取り巻きをまいてローマ市内へと消えてしまいてんてこ舞いに。
聖職者となる前に舞台俳優だったメルヴィルにはローマ法王の職責は重すぎた。久し振りに市内に出てかつての自分の姿を思い出して小劇場で舞台を観賞したりしているところを側近に見つかり、ヴァティカンに戻ることを懇願されるが断り続ける。

この間にも新法王の姿を待ちわびる民衆に対して、ヴァティカンは如何にも新法王が居るかのようにスイス衛兵に窓際に立たせるなど苦肉の策を施していたが、法王失踪の噂は徐々に広まってしまい法王庁は困惑するばかり。
そして遂にメルヴィルは新法王としてその姿をバルコニーにあらわしたが、そこで発せられたのは意外な一言だった。

法王を演じたミシェル・ピッコリはコメディ・タッチの演技でローマ法王の苦悩を上手く表現していた。ストーリー的には形式ばった法王選出の様子や、周囲がアタフタする描き方はユニークで面白かった。だが、メルヴィルがヴァティカンを脱走してローマ市内を彷徨うあたりは多少眠たかったシーンだ。ラストはかつての自分の姿を思い出し吹っ切れて法王選出を受諾すると思ったのですが...。
むしろ法王庁内部の戸惑いとか、それを報道するマスコミの様子をもっと盛り込めば個人的には楽しめたのだが、それでもローマ市内に実在する建築物を使用してのロケ映像は観光気分で楽しめた。システィーナ礼拝堂やサン・ピエトロ大聖堂のバルコニーはローマの撮影所チネチッタ内にセットを作って撮影したそうだ。

それにしてもローマ法王を題材にしてこのような映画を製作してヴァティカンからクレームが付けられなかったのだろうかと日本人の私は思ってしまう。ローマ法王と日本の天皇では選出方法が異なるが、日本ではこの様な映画が製作される可能性はゼロに近いでしょうね。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ピラニア・リターンズ... | トップ | 映画『アメイジング・スパイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ローマ法王の休日 (あーうぃ だにぇっと)
ローマ法王の休日@シネマート六本木
『ローマ法王の休日』 映画が楽しめない、という人に (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ローマ法王は、かつてローマ帝国の首都だったローマの司教である。  数あるキリスト教の教会の中でも、ローマ・カトリック教会はもっとも信徒が多く、その数は11億人以上と云われる...
ローマ法王の休日 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ローマ法王の休日 Habemus Papam 映画パンフレット 監督 ナンニ・モレッティ キャスト ミシェル・ピッコリ、ナンニ・モレッティ、レナート・スカルパクチコミを見るバチカンの興 ...
ローマ法王の休日 / Habemus Papam (勝手に映画評)
ローマ法王死去を受けて行われたコンクラーベで新しいローマ法王が選出された。しかし新法王は、就任の演説をすっぽかして、ローマの街へ逃げてしまう・・・。 原題の『Habemus Papam』とはラテン語のようで、「法王が決まった」見たいな意味らしいです。で、邦題の『ロ....
ローマ法王の休日 (そーれりぽーと)
軽くてほのぼのとしたタッチのコメディーのように思える劇場予告編で楽しみにしていた『ローマ法王の休日』を観てきました。 ★ 予告編作った人が恨めしい程に、予告編から受けた印象とは違う、新法王の苦悩と翻弄される周囲を描いた重苦しい映画でした。 正確に書くと...
「ローマ法王の休日 」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Habemus Papam」…aka「We Have a Pope」2011 イタリア/フランス ローマ法王/メルヴィルに「昼顔/1967」「美しい諍い女/1991」「ランジェ公爵夫人/2007」のミシェル・ピッコリ。 ヴァティカン報道官に「「カイマーノ/2006」のイエルジー・スチュエル。 グレ...
ローマ法王の休日 (こんな映画見ました~)
『ローマ法王の休日』---HABEMUS PAPAM---2011年(イタリア)監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、ナンニ・モレッティマルゲリータ・ブイ ある日、ローマ法王が逝去した。 システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結....
ローマ法王の休日 (ルナのシネマ缶)
新しい法王を選出する コンクラーべは「天使と悪魔」で すっかり有名になった気がしますが 実は、ほとんどの枢機卿は 法王には選ばれたくないのね~。 (現実はどうかわかりませんが・・・) 最も有名なカウンセラー?として 監督本人も登場してます。 ローマ...
「ローマ法王の休日」みた。 (たいむのひとりごと)
ハートフルコメディとうたった愉しげな予告編と、『ローマ法王の休日』というパロディめいた邦題にすっかり騙されて鑑賞。しかし、実際は爽快感はないわ、心は温まらないわ、どちらかというとブラックユーモアの類に
ローマ法王の休日 (映画の話でコーヒーブレイク)
チラシを見て面白そうなので、早速映画館に行ってきました こんな映画作っちゃっていいんですかね? バチカンからクレームはこないんでしょうか?  次期法王や枢機卿(カーディナル)たち。ローマカトリック教会の頂点に立つ方々なのに・・・。 何だかカワイイおじいちゃ...
ローマ法王の休日 (だらだら無気力ブログ!)
ちょっと邦題に騙されたかな。
『ローマ法王の休日』 (・*・ etoile ・*・)
'12.07.24 『ローマ法王の休日』@TOHOシネマズシャンテ 実は『ダークナイト ライジング』ジャパン・プレミアの前日に見に行ってた(笑) 仕事があまりに順調に終わって、定時上がりできそうな勢いだったので、ポイントもあるし映画でも見に行こうと思い立つ。シャンテな...
『ローマ法王の休日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ローマ法王の休日」□監督・脚本 ナンニ・モレッティ□キャスト ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ■鑑賞日 8月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満...
ローマ法王の休日 (迷宮映画館)
うーーーーーん。。。
ローマ法王の休日 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ローマ法王の休日/HABEMUS PAPAM 2011年/イタリア/105分 監督: ナンニ・モレッティ 出演: ミシェル・ピッコリ/イエルジー・スチュエル/レナート・スカルパ/ナン...
ローマ法王の休日 (佐藤秀の徒然幻視録)
ローマ法王のスピーチ 公式サイト。イタリア映画、原題のHabemus Papamは新法王が決まった時に発表されるラテン語の決まり文句らしい。英題:We Have a Pope。ナンニ・モレッティ監督・出演 ...
『ローマ法王の休日』 (ラムの大通り)
(原題:Habemus Papam) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画のタイトルって、 奇をてらいすぎてニャい。 あの有名な映画をパクってる。 「一見、そう見える...
【ローマ法王の休日】法皇だって人間だ (映画@見取り八段)
ローマ法王の休日~ HABEMUS PAPAM ~    監督: ナンニ・モレッティ    出演: ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、マルゲリータ・ブイ 公開: 2012年7月21日 2013年2月26日。DVD観賞。 え~…フィクション...
ローマ法王の休日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HABEMUS PAPAM】 2012/07/21公開 イタリア 105分監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブイ 神さま、なせ、私なんですか? [Story]ある日、ローマ法王が逝去した。シ....
『ローマ法王の休日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
法王逝去に伴い行われたコンクラーヴェでは、何人かの有力候補者に票は集まるものの、なかなか一人に絞り込まれない。だが何度目かの投票の際にようやく新法王が決まるのだが、それは下馬評にも上らないような人物だった。そして当の本人はあまりのプレッシャーに押しつぶ...
ローマ法王の休日 (いやいやえん)
「神様、一生のお願いです。どうか私が選ばれませんように―。」コンクラーヴェ(ヴァチカンで開催される法王選挙)において、システィーナ礼拝堂に集められた各国の枢機卿たちは、全員が必死にそう祈っていた…!(笑) 聖職に身を置いて目指す最終地位といえば法王...