kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ブルーバレンタイン』を観て

2011-04-29 20:21:34 | アメリカ映画 2011

11-31.ブルー・バレンタイン
■原題:Blue Valentine
■製作年・国:2010年、アメリカ
■上映時間:112分
■字幕:岸田恵子
■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)
■料金:1,600円
 
□監督・脚本:デレク・シアンフランス
□脚本:ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン
□撮影:アンドリュー・パレーク
□衣装デザイン:エリン・ベナッチ
□編集:ジム・ヘルトン、ロン・ペイテーン
◆ライアン・ゴスリング(ディーン)
◆ミシェル・ウィリアムズ(シンディ)
◆フェイス・ウラディカ(フランキー)
◆マイク・ヴォーゲル(ボビー)
【この映画について】
あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。壊れかけた夫婦には、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリング、『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズがふんし、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技を披露。10年以上も脚本を練り上げたデレク・シアンフランス監督による、愛が終わる痛みを巧みな演出で紡いだ切ないストーリーが胸に迫る。(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーンとシンディ夫妻。努力の末に資格を取って看護師として忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンのペンキ塗りの仕事は順調ではない。お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を何とか守ろうとする2人だったが、かつては夢中で愛し合った時期があった……。
そんなある日、愛犬が交通事故死してしまい、そのことを可愛がっていた娘のフランキーに気付かれないように庭に埋葬する。悲しみに耐えきれないディーンは、気分転換に郊外のラヴホテルに行こうと、嫌がるシンディを半ば強引に誘うが、途中立ち寄ったスーパーでシンディは学生時代の恋人だったボビーと偶然再会する。その場は挨拶程度で済ませた二人だったが、車内でディーンにそのことを話すと途端に彼は不機嫌に。

ホテルについても不機嫌なディーン、シンディは夫に対してもっと自分を高める仕事について欲しいと願いながらも、家族との時間を大切にしたいからと主張しいつものように平行線で終わる。結局、酒に酔って目覚めた時、ディーンはシンディが自分を残して仕事に出かけたことに激怒し、職場に押しかけ夫婦ケンカが始まりシンディは挙句にその場で騒動の責任を取らされ解雇される。
切れてしまったシンディは、フランキーを実家に連れて帰りディーンに対して離婚を突き付ける。何とか、妻をなだめて元の鞘に戻るように説得するが、妻の気持ちは揺るがず、最後はフランキーにも去られディーンはトボトボと妻の実家を後にするしかなかった。

ストーリー的には、この間の出来事はある一日の間に全て起きた設定になっているが、夫婦の出会いと現在をシンクロさせる形で展開する。お互いに不満を持ちながらも子供の為に我慢してストレスを溜めているのだが、その出会いの時から現在の状況は予測されていたような映像展開に終始する。
シンディは自分の両親の関係をみて反面教師として男性と親密な関係を築けずに悩みながらも、自らは勉強の甲斐があって看護師の資格を取得するが、対するディーンはそんなシンディの目からは頼りない夫としか映らなかった。それでもお互いの愛情が深まっていた時期にはそんな不満も表面化しないが、徐々にすれ違いが大きくなると、気ままな生活に終始する夫への不満が爆発する。
しかし、そのきっかけを直接作ったのはむしろシンディの方であり、偶然にも数年ぶりに再会した元カレの存在がディーンを不安に陥れたにも関わらず、しかもフランキーは元カレボビーとの子供の可能性までありながら、結局は最後は感情的に夫を受け入れ難くなり離婚を申し出る。と言うより日本風に言えば「三行半」を突き付けたのはシンディの方だった。

ラストシーンで、娘フランキーと抱き合いながらも娘は母と留まることになり、ディーンは寂しそうに立ち去るのだが、この時の彼の背中には陳腐な表現だが「男の哀愁」が漂っていた。男の視点からすれば、確かに優秀で稼ぎの良い妻を持っていて肩身の狭い思いがあるのだろうが、ディーンはあくまでも娘と一緒にいたいからという理由でペンキ屋の仕事をするのだが、妻からすれば男ならもっと良い仕事についてもらいたいという願望もあるのは理解できる。
夫婦関係がたった一日で崩壊してしまうのだが、これを演じたライアン・ゴスリングの情けない男の風情漂う演技に対してミシェル・ウィリアムズのどこか夫を上から目線でみる演技、この映画の登場シーンの大部分はこの夫婦関係なのだが二人は上手く演じ分けていた。
奔放な性格でありながら上昇志向も強い妻と、生活が成り立って娘と一緒にいたいからとペンキ屋の仕事をしながらも、最後はその娘とも離れ離れになってしまうディーン。管理人は男なので、ディーンのあのラストの寂しそうな背中...グッときますね。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涌井、岩隈とのエース対決に... | トップ | 映画『キラー・インサイド・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-06-02 09:55:32
TB ありがとうございます。

非常にリアルな恋愛劇で
イタくなるほどの2人の関係の変化

主演2人の熱演は素晴らしい
Unknown (kintyre)
2011-06-04 21:43:45
>リバーさん、こんばんは
二人が出会った頃の様子と現在がシンクロしながらの進行、そして彼女の元BFとの偶然の再会など、たった一日の出来事と思えないほど中身が詰っていました。

コメントを投稿

アメリカ映画 2011」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

ブルーバレンタイン (佐藤秀の徒然幻視録)
夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたらオシ ...
ブルーバレンタイン (ここにあるもの)
男はいつまでもロマンチストで、女は日常に目を覚ます。 これほどデートムービーに向いていない映画もないんじゃないか? どちらに感情移入するかは、観る人の恋愛体質によるとこ ...
ブルーバレンタイン (LOVE Cinemas 調布)
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・...
『ブルーバレンタイン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLUE VALENTINE 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング 、ミシェル・ウィリアムズ 、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 試写で観たコの感想を読んでて、かなり....
ブルーバレンタイン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。  実際にも、話の中身自体はよ...
ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい....
ブルーバレンタイン (風に吹かれて)
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ
ブルーバレンタイン (菫色映画)
Blue Valentine [DVD]2010年 アメリカ 監督:デレク・シアンフランス 出演:ライアン・ゴズリング    ミシェル・ウィリアムズ    フェイス・ワディッカ    マイク・ヴォーゲル ...
いつかは消えてしまう感情について~『ブルーバレンタイン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE VALENTINE  シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、 幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの 不満を募らせ...
ブルーバレンタイン (シネマDVD・映画情報館)
ブルーバレンタイン 監督:デレク・シアンフランス 出演:ライアン・ゴズリング/ミシェル・ウィリアムズ 内容:病院で看護師として忙しく働く妻と、朝からビール片手にペンキ塗りをして一応の収入を得ている夫――そんな若い夫婦の間で、2人の感情が変化していくどう...
ブルーバレンタイン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ...
ブルーバレンタイン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Blue Valentine壊れかけた夫婦の、やるせない現在と幸福な過去の対比がリリカルで美しい。痛ましいストーリーなのに、不思議とみずみずしさが記憶に残る。努力して看護師の資格を取り ...
∴『ブルーバレンタイン』∵ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、デレク・シアンフランス監督&脚本、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン脚本、ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ出演。
ブルーバレンタイン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
シンディとディーンは、結婚7年目の夫婦。ディーンは仕事には熱心でないものの、シンディの看護師としての収入もあり、娘と3人で平穏な生活をしていました。けれど、夫婦は、互いにパートナーに対し不満を抱えていて...。 出会った頃の楽しげな様子と現在の殺伐とし...
ブルーバレンタイン (心のままに映画の風景)
結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。 あるカッ...
ブルーバレンタイン/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ (カノンな日々)
全くノーマークで予告編も一度も目にしていなかったのですが、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズの二人が ...
ブルーバレンタイン (とりあえず、コメントです)
若い夫婦の壊れ行く絆を描いた哀しいラブストーリーです。 ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの共演で どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 深く愛し合っていた二人の心のすれ違いが丁寧に描かれている切ない作品でした。
ブルーバレンタイン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。
ブルーバレンタイン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが主演と製作も兼ねた作品。  一組のカップルの出会いから破局までを、ヒリヒリとリアルな描写で描くビターなラブストーリーです。  主演のふたりは、役作りのためにそれぞれ6?と7?増量した...
ブルーバレンタイン (映画尻エリカ)
『ブルーバレンタイン』 "BLUE VALENTINE” (2010・アメリカ) 1h52 監督・脚本 : デレク・シアンフランス  製作総指揮・出演 : ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ 出演 : フェイス・ワディッカ ディーンとシンディ。永遠の愛で結...
★ 『ブルーバレンタイン』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"BLUE VALENTINE".   デレク・シアンフランス監督・脚本。  ブルーという形容詞は映画のタイトルにはよく使われているが、この映画でのブルーは、ポスターを見て一瞬連想した『マイ・ブルーベ...
出会い、結ばれ、別れる (笑う学生の生活)
25日のことですが、映画「ブルー・バレンタイン」を鑑賞しました。 あるカップルの出会いから結婚の日々 そして別れるまでの 1日を描いてます ストーリーとしては 本当にそれだけ じっくりと見せていきます 壊れかけた現在を見せながら 出会い 幸せな時を交互に見せて...
『ブルーバレンタイン』は「本当にあった怖い話」だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は各所でやたら話題、町山智浩さんなど今年度ベストとまでおっしゃっている『ブルーバレンタイン』の感想です。  観に行った映画館はTOHOシネマズシャンテ。話題作ということでけっこう混んでい...
ブルーバレンタイン (Memoirs_of_dai)
永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...
「キッズ・オールライト」&「ブルー・バレンタイン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
4月にTOHOシネマズシャンテで観た。意外なことにどちらも今だ上映している。 どちらも味わい深く、素敵な映画だった。 「The Kids Are All Right」2010 USA ニックに「愛する人/2009」のアネット・ベニング。 ジュールスに「シングルマン/2009」のジュリアン・...
「ブルーバレンタイン」:辛くシビアな恋愛映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ブルーバレンタイン』、これほどまでにシビアな恋愛映画(と言えるのでしょうか
映画:ブルーバレンタイン (さもありなん―備忘録、おもに読書メモ―)
ストーリー:結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。 努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。 お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭...
ブルーバレンタイン (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ブルーバレンタイン/BLUE VALENTINE 2010年/アメリカ/112分 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング/ミシェル・ウィリアムズ/フェイス・ワディ...
「ブルーバレンタイン」 (みんなシネマいいのに!)
  結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーンとシンディ。 資格を取り、病院
『ブルーバレンタイン』 (こねたみっくす)
永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ...
ブルーバレンタイン (いやいやえん)
これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。 若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなっ