kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『her/世界でひとつの彼女』を観て〜アカデミー賞受賞作品

2014-07-06 15:16:57 | 映画・恋愛、ファンタジー、コメディー

14-57.her/世界でひとつの彼女
■原題:Her
■製作年、国:2013年、アメリカ
■上映時間:120分
■料金:1,800円
■鑑賞日:7月5日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町)

 

□監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
◆ホアキン・フェニックス
◆エイミー・アダムス
◆ルーニー・マーラ
◆オリヴィア・ワイルド
◆スカーレット・ヨハンソン(サマンサの声)
◆ポーシャ・ダブルデイ
◆サム・ジェーガー
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
鬼才スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー。人工知能型OSの声に惹かれる主人公と、生身の女性よりも魅力的なシステムとの恋のてん末を描く。『ザ・マスター』などのホアキン・フェニックスが主演を務め、彼が恋心を抱く声の主を『マッチポイント』などの女優スカーレット・ヨハンソンが好演。アカデミー賞脚本賞を受賞した。
近未来のアメリカ・ロサンゼルス。顧客の想いを代筆することを仕事にしているセオドアは、妻キャサリンに去られ失意の日々を過ごしていた。見かねた友人のエイミーが彼に女性を紹介しようとしても、断る始末だった。そんな中、人工知能型OS“サマンサ”に興味を持つセオドア。サマンサは実態を持たないものの、話してみると驚くほど個性的で人間味に溢れていた。以来サマンサに魅了され、相談事や寝る前のささやかなやりとりをし、携帯電話に移して外出するなど、彼女と会話するひとときがかけがえのないものになる。サマンサにとってもセオドアを通して見る外の世界は驚きに満ちていた。やがて二人の間に恋が芽生えるが……。

ストーリーとしては特段ひねりが無かったけど、大体予想範囲内のエンディングでしたね。サマンサの声を演じているスカーレット・ヨハンソン、その見事なのは肢体だけではなく声でも魅了された。映画では彼女が演じているのだから、観ている側(特に男性)は声とヨハンソンの姿をオーバーラップさせながら私もそうだけど見てしまいますね。でも実際はOSの声だからホアキン・フェニックスが演じているセオドアが本当に魅せられたのかな?って思った。声だけでも十分にセクシーなヨハンソン、セオドアも声とは分かっていても恋人の様にのめりこんでいくのは分かるような気がする。IT化が進んでいくと今回の様な設定がいずれ当たり前の様な社会に変貌し、笑って見ていれれなくなるかもねこういう映画の世界が。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『パークランド−ケネディ暗... | トップ | 映画『トランセンデンス』を観て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (りお)
2014-10-06 20:51:54
スカヨハの声、色っぽかったですね〜♪

>でも実際はOSの声だからホアキン・フェニックスが演じているセオドアが本当に魅せられたのかな?って思った。

OSとわかっていても、あまりに人間臭くてOS自身に意思があると思えるくらいリアルなら、人間と変わらなく思えるんじゃないのかなあ。
セオドアがサマンサに魅かれていくのは、とても自然に思えました。
>こんばんは (kintyre)
2014-10-06 21:30:40
りおさん、こんばんは。

ご指摘通りですね、ATMから流れるような電子音声
とは違って、まるで音声が意思を持っているように
リアルなのでセオドアも自分が置かれている妻との
関係もあって益々入れ込んでいったのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『her/世界でひとつの彼女』 FOMO症候群の私たちへ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  東京ディズニーリゾートを訪れたときのことだ。  例によってアトラクションは長蛇の列で、数十分にわたり見知らぬ人の後ろをのろのろ歩かねばならなかった。  私の前には高校生らしい女の子の二人連れがいた。図らずも私は彼女たちの言動を何...
『her -世界でひとつの彼女-』 2014年6月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『her -世界でひとつの彼女-』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画だったし、SEXYな映画だったし、切ない内容だったけど良かった 【ストーリー】  近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代...
トランセンデンス/her/世界でひとつの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
her/世界でひとつの彼女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) AI(人工知能)を題材にしたSF映画であるけど、庶民的内容に
『her/世界でひとつの彼女』 (2013) (相木悟の映画評)
異端の形で真っ当な恋愛成長を説く上質作! “AI(人工知能)と人間との恋愛モノ”と聞くと一発ネタに思われるが、さにあらず。誠実に心をうつラブ・ストーリーであった。 本作は、『マルコヴィッチの穴』(99)、『アダプテーション』(02)、『アイム・ヒア』(...
her 世界でひとつの彼女 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アカデミー賞脚本賞を受賞し、数々の賞に受賞 やノミネートをされた話題のラブストーリー、 『her 世界でひとつの彼女』が公開されました ので観に行ってきました、同時期には同じくAIを 題材にした映画『トランセンデンス』も公開 されており、そちらとの比較も興味深い...
劇場鑑賞「her 世界でひとつの彼女」 (日々“是”精進! ver.F)
OSと純愛… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409270000/ ★枚数限定ポスター★【ホアキン・フェニックス】her 世界でひとつの彼女 映画ポスター [DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつで...
her/世界でひとつの彼女 (♪HAVE A NICE DAY♪)
この作品、じみ〜〜〜に楽しみにしてました。 映像は赤・オレンジ系で綺麗でしたが んん〜〜切ない寂しい感が出てましたね〜 ストーリーはよく出来てると思いました。 コンピューターやら色々な物が進化し続けるこの時代 この作品観ても、わあ〜凄い!と思いながら、....
「her/世界でひとつの彼女」 (或る日の出来事)
かなり、きました。ナケマシタ。
her  世界でひとつの彼女 (映画の話でコーヒーブレイク)
前回、満席で見れなかった本作。 新橋に出たついでに、有楽町のヒューマントラストで見てきました。 神奈川では公開なしと思っていたのですが桜木町の109シネマズMM横浜でも公開中でした アカデミー脚本賞受賞作品です なんとも不思議なストーリーでした。 ごくごく近い....
her 世界でひとつの彼女/HER (我想一個人映画美的女人blog)
「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」「I'm here」の スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けた近未来ラブストーリー 今年いちばんくらいに楽しみにしてた、久々のスパイク・ジョーンズ監督&脚本作。 アカデミー賞作品賞ほか5部....
『her 世界でひとつの彼女』 (beatitude)
近未来のアメリカ・ロサンゼルス。顧客の想いを代筆することを仕事にしているセオドア(ホアキン・フェニックス)は、妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に去られ失意の日々を過ごしていた。見かねた友人のエイミー(エイミー・アダムス)が彼に女性を紹介しようとしても、...
her/世界でひとつの彼女 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月21日(月) 16:45〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1300円(TCG会員料金) パンフレット:未確認 ラブドールを彼女にしていた男はいたが 『her/世界でひとつの彼女』公式サイト オペレーティング・システムが人格を持つ。 性別を選択できるが...
恋するOS〜『her/世界でひとつの彼女』 (真紅のthinkingdays)
 her  "Hello,I'm Samantha."  手紙の代筆を生業とするセオドア(ホアキン・フェニックス)は、別居中の妻 (ルーニー・マーラ)との離婚に踏み切れずにいた。街で見かけた新しいソフ トウェア 「OS1」 をインストールしたセオドアは、「サマ...
『her 世界でひとつの彼女』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「her 世界でひとつの彼女」□監督・脚本: スパイク・ジョーンズ □キャスト ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド        スカーレット・ヨハンソン(声)■鑑賞日 6月29日...
her/世界でひとつの彼女 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『かいじゅうたちのいるところ』などの鬼才スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー。人工知能型OSの声に惹(ひ)かれる主人公と、生身の女性よりも魅力的なシステムとの恋のてん末を描く。『ザ・マスター』などのホアキン・フェニックスが主演を務め...
her 世界でひとつの彼女 (映画的・絵画的・音楽的)
 『her 世界でひとつの彼女』をシネマライズで見てきました。 (1)アカデミー賞脚本賞を獲得した作品ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作(注2)の舞台は、近未来のロスアンジェルス(注3)。  主人公セオドア(ホアキン・フェニックス)は、本人に代...
her 世界でひとつの彼女 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞her 世界でひとつの彼女/HER 2013年/アメリカ/126分 監督: スパイク・ジョーンズ 出演: ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド 声の出演: スカーレット・ヨハンソン 公式サイト 公開: 201...
Her 世界でひとつの彼女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
好きにならないワケがない * * * * * * * * * * 近未来のロサンゼルス。 代筆ライターのセオドア(ホアキン・フェニックス)は、 妻と別れ、傷心の日々を過ごしています。 そんな寂しさから、人工知能のOSをダウンロード。 「サマンサ」と名乗る彼...
her 世界でひとつの彼女 (to Heart)
原題 HER 製作年度 2013年 上映時間 126分 脚本:監督 スパイク・ジョーンズ 出演 ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド/クリス・プラット/スカーレット・ヨハンソン 人工知能型OSの声に惹かれる主人公と、生身の女性よりも...
her / 世界にひとつの彼女 (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  本作と「トライセンデンス」が偶然にも同時期に公開されているというのは非常に興味深い点。  両作品とも人間と人工知能の恋愛をテーマにしている作品なんですが、コンビニ弁当と奥さんの手料理くらいの差があります。  本作は離婚して寂し....
her/世界でひとつの彼女 (心のままに映画の風景)
そう遠くない近未来のロサンゼルス。 “代筆ライター”のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、離婚調停中の妻キャサリン(ルーニー・マーラ)への思いを断ち切れず、悲嘆な日々を送っていた。 ある日、最新式のAI型OSの広告を目にしたセオドアは、さっそく購入...
her 世界でひとつの彼女 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。題名の印象から感動物なのかなと思っていました。"AIとの恋”に人間じゃなくてロボットなの・・・と思ってたら OSだったんだ。遠くない未来のロサンゼルスが舞台で、妻と離婚し寂しく暮らしてたセオドアは人工知能型OSサマンサに出会いま...
『her/世界でひとつの彼女』 (こねたみっくす)
ラブレターのようなステキな恋の映画。スパイク・ジョーンズ監督のロマンチストぶりに酔いしれてしまいます。 子供心をベースに大人の様々な感情をトッピングする名手が人口知能 ...
her 世界でひとつの彼女 (映画好きパパの鑑賞日記)
 二次元に恋をするというのは日本だけの現象かと思いきや、アメリカでも一緒なのですねえ。もう少しITが進化したら、本当にこういう世界が来そうで、なんとなく怖い気もします。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:ホアキン・フェ...
her/世界でひとつの彼女・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ミステリアスな、心のありか。 面白いとか感動するとか言うよりも、非常に興味深い映画だ。 斜に構えた独特のスタイルを持つ、スパイク・ジョーンズ監督によるユニークなラブストーリー。 コンピュータが感情を持った近未来、結婚に失敗して孤独を募らせた主人公は、...
「her/世界でひとつの彼女」 人生にときめくAIは愛の夢を見るの♪  (天邪鬼みーすけの映画な日々)
「her/世界でひとつの彼女」 (2013)アメリカ 原題/ 監督/スパイク・ジョーンズ 出演/ホアキン・フェニックス  スカーレット・ヨハンソン(声) エイミー・アダムス ルーニー・マーラー 他 そう遠くない未来のロサンゼルス。 手紙の代筆業屋で働...
her/世界でひとつの彼女(2013)**HER (銅版画制作の日々)
  MOVIX京都にて鑑賞。1日の映画の日に行って来ました。ということで1100円。映画料金もアップされてしまい結構ひびきますね。今さらながらきついなあと・・・・。 この作品も事前チェックあまりせず臨みました。なんと時代設定が近未来だとは観るまでまったく知....
her/世界でひとつの彼女 (いやいやえん)
【概略】 そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり...
OSと恋をして、 (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「her/世界でひとつの彼女」を鑑賞しました。 近未来のロサンゼルス、他人の代わりに思いを伝える手紙を書く代筆ライターのセオドアは長年連れ添った妻と別れ、傷心の日々を送っていた。 そんな時、人工知能OS「サマンサ」の個性的で魅力的な声に....