kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ウォーム・ボディーズ』を観て

2013-09-22 18:46:36 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

13-75.ウォーム・ボディーズ
■原題:Warm Bodies
■製作年、国:2013年、アメリカ
■上映時間:97分
■料金:1,800円
■観賞日:9月21日、新宿武蔵野館(新宿)



□監督・脚本:ジョナサン・レヴィン
◆ニコラス・ホルト
◆テリース・パーマー
◆ジョン・マルコヴィッチ
◆ロブ・コードリー
◆デイヴ・フランコ
◆アナリー・ティプトン
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、異色のゾンビ作。ゾンビと人類が対峙する近未来を舞台に、人間の女性に心惹かれてしまったゾンビ青年の恋の行方を追い掛けていく。
ゾンビと人類が戦いを繰り広げる近未来。ゾンビのRは、仲間と一緒に食糧である生きた人間を探しに街へと繰り出す。人間の一団と激闘する中、彼は自分にショットガンを向けた美少女ジュリーに心を奪われてしまう。ほかのゾンビに襲われる彼女を救い出し、自分たちの居住区へと連れ帰るR。彼の好意をかたくなにはねつけていたジュリーだったが、徐々にその純粋さと優しさに気付き出す。ついに思いを寄せ合うようになった二人は、ゾンビと人類の壁を打ち壊そうとするが……。

この映画のタイトルには「ゾンビ」と謳われていないが、日本版ポスターには「ゾンビ・ミーツ・ガール」とのキャッチコピーがあるからゾンビ映画と勘違いして敬遠したり、又は、それを期待して観た人もいるでしょう。
そもそも正当なゾンビ映画は「...オブ・ザ・デッド」となりますが、これはゾンビに成りきれない?ゾンビ青年が一人の女性に心を奪われるラヴ・ストーリーである。ジュリーの恋人がキッチンみたいな場所でゾンビ集団に襲われ、Rに喰われて落命。だが、ゾンビは人間を食べると相手の脳の記憶が移されるという設定はユニーク。と言う事は食べる度に記憶が上書きされるのかな?って。
そして危機一髪だったジュリーをRがゾンビ集団(自分もゾンビだが)から救い廃滑走路に停まる飛行機(ここが住処)の中に連れて行き、何故か徐々にRに対して心を開き始めるジュリーだが、やがて、Rがジュリーの恋人を食べたことが判る。

ジュリーはRに対して自分が住んでいる居住地区へ招待するが、ジュリーの父はゾンビ・ハンターとして知られているが演じているのがジョン・マルコヴィッチというのは笑えたが、よく彼が出演したね。最後はRの体に徐々に変化が現れ、ゾンビから人間へと戻って行った。だがここで重要なのはここに現れるゾンビは骸骨型のと人間タイプのゾンビに分かれRは後者であるという点。

従来のゾンビ映画は、人間がゾンビの群れに成す術なく襲われるという流れ。だが今回はこの殻を破って、ゾンビにも骸骨化した凶暴な者と人間の心が残っている?という点では画期的な作品。まあ、これをゾンビ映画の一本と見るか、それともあくまでもラヴ・ストーリーと見るかによって違うでしょうがね。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『マン・オブ・スティール3... | トップ | 映画『ビザンチウム』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウォーム・ボディーズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ゾンビが恋をしたら人間に戻った。みたいな
ウォーム・ボディーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ゾンビの視点から描いた純愛映画?(笑)
ウォーム・ボディーズ (銀幕大帝α)
WARM BODIES 2013年 アメリカ 98分 ホラー/ロマンス/青春 劇場公開(2013/09/21) 監督: ジョナサン・レヴィン 『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』 原作: アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』 脚本: ジョナサン・レヴィ...
ウォーム・ボディーズ (あーうぃ だにぇっと)
ウォーム・ボディーズ@浅草公会堂
『ウォーム・ボディーズ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'13.09.03 『ウォーム・ボディーズ』試写会 久々の試写会! 会場のなかのZEROは駅から遠くて不便だけど、試写会なら贅沢は言ってられない!w すごく見たかったのでよろこんで行ってきた♪ ネタバレありです! 「ゾンビのRは空港で仲間とそれなりに楽しく暮していた。...
ウォーム・ボディーズ (Sato's Collection)
見ました。 ゾンビの青年R(ニコラス・ホルト)は、ある日、襲撃するはずの人間のジュリー(テリーサ・パーマー)にひと目ぼれ、助けてしまう。最初は怖がり、拒絶していたジュリーも、Rの不器用な純粋さや優しさに次第に心を開きはじめる。 やがてゾンビのRの体にも変化...
ウォーム・ボディーズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、異色のゾンビ作。ゾンビと人類が対峙(たいじ)する近未来を舞台に、人間の女性に心惹(ひ)かれてしまったゾンビ青年の恋の行方を追い掛けていく。主人公の恋するゾンビを、『シングルマ...
ウォーム・ボディーズ/ニコラス・ホルト (カノンな日々)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が映画化した異色のゾンビ映画。なんとゾンビ化 ...
ウォーム・ボディーズ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。ゾンビ男子(のちにR)は、お腹を満たすためゾンビ仲間と一緒に人間を襲撃に行った先で、人間女子ジュリーに出会い一目惚れ。ゾンビから彼女を守ります。最初は怖がるジュリーでしたが、優しく純粋なRに心を開いていきます。二人の恋が始まった時...
「ウォーム・ボディーズ」☆ゾンビラブコメ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
なかなかに心温まるものがあったわ。ウォーム・ボディーズだけに。 とんだB級ラブコメと覚悟して見たのが良かったのか、なんとなくウルウルするシーンもあり、概ね良かったかな。 この手の映画はツッコミどころなんて、あって当然だから、気にならないし~
ウォーム・ボディーズ/ WARM BODIES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 全米初登場第1位に輝いた、ゾンビのラブコメ 「50/50 フィフティ・フィフティ」(記事消えちゃった) のジョナサン・レヴィン監督がアイザック・マリオンの同名小説を映画化。 ゾンビ好きとして、楽しみ...
ウォーム・ボディーズ (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていた。 ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、食糧を探しに街へと繰り出すと、ショットガンを向けた美少女ジュリー(テリーサ・パーマー)に心を奪われてしまう。 ゾンビの襲...
『ウォーム・ボディーズ』 (こねたみっくす)
ゾンビが人間の女の子に恋をした純愛ラブストーリー。愛は本当に世界を変えちゃったよ! まさかゾンビが出てくる映画で感涙するとは思いもしませんでした。 どんな理由でそんな奇 ...
ウォーム・ボディーズ (だらだら無気力ブログ!)
個人的にはヒロインよりもヒロインの友達の方がタイプ。
ウォーム・ボディーズ (to Heart)
世界の終わりに、恋が襲ってきた。 原題 WARM BODIES 製作年度 2013年 上映時間 98分 原作 アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』(小学館刊) 脚本 監督ジョナサン・レヴィン 出演 ニコラス・ホルト/テリーサ・パーマー/ロブ・コードリー/デイ....
『ウォーム・ボディーズ』 (時間の無駄と言わないで)
ヤック、デカルチャー!! そんなある意味で「マクロス」みたいな映画。 ゾンビが人間に一目惚れするまさかの設定のゾンビラブコメ(?)。 設定の斬新さ勝負の出オチ映画かと思いき ...
「ウォームボディーズ」 (Con Gas, Sin Hielo)
ゾンビとお花畑。 最近はゾンビ映画を観る度に、ゾンビものの受けの広さ、可能性の大きさを言っている気がするが、今回もまた今までと違った切り口の作品となっている。 「ゾンビミーツガール」と恋愛モノであることが話題となっている本作。確かにそれもあるのだが、....
ウォーム・ボディーズ (いやいやえん)
【概略】 ある日、襲撃するはずの人間の女の子・ジュリーにひと目惚れしてしまったゾンビ男子・R。次第にジュリーも心を開き始めるが…。 ラブコメディ ゾンビ男子×人間女子のラブストーリーと言う異色のホラー・ラブロマンス。 ニコラス・ホルト君が主人公の...