kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

映画『ランナウェイズ』を観て

2011-03-25 10:28:06 | アメリカ映画 2011

11-24.ランナウェイズ
■原題:The Runaways
■製作年・国:2010年、アメリカ
■上映時間:107分
■字幕:小寺陽子
■鑑賞日:3月19日、シネクイント(渋谷)
■料金:1,000円
 
スタッフ・キャスト(役名)
□監督・脚本:フローリア・シジスモンディ
□原作:シェリー・カーリー
□製作総指揮:ジョーン・ジェット、ケニー・ラグナ、ブライアン・ヤング
□撮影監督:ブノワ・デビー
□衣装デザイン:キャロル・ビードル
◆ダコタ・ファニング(シェリー・カーリー)
◆クリステン・スチュワート(ジョーン・ジェット)
◆マイケル・シャノン(キム・フォウリー)
◆ステラ・メイヴ(サンディ・ウェスト)
◆スカウト・テイラー=コンプトン(リタ・フォード)
◆アリア・ショウカット(ロビン)
◆ライリー・キーオ(マリー・カーリー)
◆ジョニー・ルイス(スコット)
◆テイタム・オニール(シェリーの母)
◆ブレット・カレン(シェリーの父)

【この映画について】
『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートと、同シリーズ最後の2章に出演しているダコタ・ファニング共演の青春音楽映画。
1970年代の音楽シーンにすい星のように登場した実在のガールズバンド、ランナウェイズの内幕に迫る。当時のバンドのギタリストで、今も現役で音楽活動を続けるジョーン・ジェットが本作の製作総指揮を担当。ギタリスト役とボーカル役で圧巻のパフォーマンスを見せる2人の若手女優の熱演も見どころだ。
(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
1975年、ロサンゼルスで暮らす15歳のジョーンの夢はロックスターになること。ロックは男のものと相場が決まっていた時代、彼女は周りから変人扱いされていた。ギター教室に通い弾き方を習いに行くが、教師からは「女にエレキは教えない」と言われ教えられたのは退屈なカントリーソング(「On Top Of Old Smokey」)だった。
一方のシェリーはデヴィッド・ボウイに憧れ学校のコンテストに出場しボウイを演じたのだが、変人扱いされる。
双子の姉妹マリーと父と暮らすが母は愛人を作り家出してしまった。
ジョーンは地元のクラブで偶然、音楽プロデューサーのキムと出会い自らを売り込む。キムはその時、クラブにたむろしているサンディ・ウェストを紹介しガールズ・バンドを組むように勧める。

バンド結成を考えていたジョーンは、早速、サンディと共におんぼろトレーラーの中でリハーサルを繰り返す。キムはジョーンのヴォーカルに物足りなさを感じ、バンドの顔となれる存在が無いと切り捨てる。その時、偶然手にした雑誌に女優ブリジット・バルドーの姿を見て「まさにこれだ」と言わんばかりに運命の相手を探すのだった。
キムが出入りしているクラブのカウンターの隅っこで一人佇む少女を目にし、ピンと来たキムは少女にバンドをやらないかと誘う。
キムが名前は?と尋ねると「シェリー・カーリー」と少女は答え、キムは「本名か?」と再度尋ね、うなずいた瞬間にバンドの顔が誕生した。

キムはオーディションを受けるにあたり、シェリーをリード・ヴォーカルに据えて受ける覚悟を決めたが、ミュージシャンで無いシェリーが歌える曲を急遽作ることになった。トレーラーの中でキムとジョーンが歌詞の無いリフを繰り返しているうちに、シェリーの名前から「チチチチチチチチ、チェリー〜ボム!」というフレーズを思いつき、後は、ジョーンが一気にメロディを完成させた。
この「チェリー・ボム」を引っ提げ、キムの勧めで前座としてライヴで各地を回るうちにマーキュリー・レコードとの契約が決まった。バンドは一気に上り詰めて行くが、シェリーには母が去ったあとで
父が病に倒れマリー一人に看病させていることが気になっていた。
 
 最後は、リハビリ施設にジョーンが訪ねて来ておしまい。原作はシェリー自身の著書だが、ジョーンが監修として参加しているだけに、映画としてはジョーンとシェリーの関係が主体で、ベースのロビンは何故か架空の人物だ。
ランナウェイズはベーシストが目まぐるしく短期間で交替していたが、日本公演時はジャッキー・フォックスだった。どのベーシストに許可を取るのか難しかったのか、それともシェリーの人気に嫉妬して脱退したジャッキーのOKが出なかったのかは定かではない。

ジョーンを演じたクリステン・スチュワートは映画出演に際してギター特訓をしたそうだ。しかも服装の着こなしや雰囲気まで本人にそっくりで、特に、ラストのラジオ局に出演した時の姿は本人と見間違えるほど似ていた。ジョーンというよりミュージシャンになりきっていたのが良かった。
シェリーを演じたのは天才子役少女の名前を欲しいままにしたダコタ・ファニングちゃん。「ランナウェイズのシェリー・カーリー」を「演じた」だけでは、当時を知るファンは納得しないだろう。金髪に染め、ドギツイ化粧を施し、ローディーと舞台裏のトイレでH行為に耽ったり、股を広げて歌っても、撮影時は16歳だったダコタちゃんはまだまだ少女体型で「胸も小さく、雰囲気も少女のまま」では、ジョーンになりきっていたクリステン・スチュワートの方がインパクトが強かった。
天才子役少女としてはハリウッド映画史上に残るダコタちゃんだが、少女から大人の女への変遷期にあたる15〜18歳位の時期って難しいですね(アンナソフィア・ロブはどうかな?)。
登場シーンは数カットしかなかったけど、シェリーとマリーの双子の母役はテイタム・オニールだった。エンドロールで始めて気が付いたけど、ダコタちゃんの遥か前に「天才子役」として「ペーパー・ムーン」に出ていた女優ですが、今では単なる脇役なんですね。

ストーリー的にはジョーンとシェリーの関係がメインだが、やはり、ランナウェイズは日本での活躍は外せない。だが、日本へ行く飛行機内での薬物使用シーンは本当かな?それと、日本に着いてからのシーンも、明らかに撮影スタジオにセットを組んでの撮影が見え見えで、バンドが接待で日本食を食べるシーンや変なインタビューに違和感を覚えた。
更に、細かい点を言えば、日本公演前にシェリーを撮影する日本人カメラマンだがあれは篠山紀信氏だろうがヘアスタイルが違った。日本での熱狂的なライヴの様子も再現されていたが、観客の顔が何度かアップになるが、
明らかに中国系のエキストラが居てロス辺りのスタジオで撮影したのがバレバレですね。

ジャンル:
映画
キーワード
ランナウェイズ シェリー・カーリー クリステン・スチュワート ファニング ジョーン・ジェット 製作総指揮 ジャッキー 架空の人物 リード・ヴォーカル マーキュリー・レコード
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« セも4・12開幕!緊急理事会で... | トップ | ザ・ランナウェイズ「Cherry Bom... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ランナウェイズ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ランナウェイズ オリジナル・サウンドトラック1970年代に実在したガールズバンドの盛衰を描く青春音楽映画。彼女たちの存在ははかないものだったが、ロック界の女性進出の扉を開け ...
ランナウェイズ/クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング (カノンな日々)
この主演二人の組合わせはまさかの『トワイライト・サーガ』のスピンオフ?それはそれで面白そうなんですけどもちろん違います。1970年代に人気を博した実在のガールズバンド「ラン ...
ランナウェイズ (LOVE Cinemas 調布)
「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートとダコタ・ファニングが共演した音楽ドラマ。1970年代に一世を風靡した実在のガールズ・ロックバンド“ザ・ランナウェイズ”の結成から成功、解散までを描いている。製作総指揮には実際にメンバーだったジョーン・...
ランナウェイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(13) このバンドに欠けているのは華のあるボーカルだ!ボーカルを探せ!!!
『ランナウェイズ』 | ダコタ・ファニングの恐るべき"成りきり"力。 (23:30の雑記帳)
シェリー・カーリー役のダコタ・ファニング、ジョーン・ジェット役のクリステン・スチュワート。この二人が抜群にいいです。二人とも、歌唱力からステージアクションに至るまで、 ...
ランナウェイズ (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserved. 英題: THE RUNAWAYS 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年3月12日 上映時間: 1時間47分 配給: クロックワークス
【ランナウェイズ】 (日々のつぶやき)
監督:フローリア・シジスモンディ 出演:クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン  普通の女の子でいたくなかった 「1975年、ロスに住みロックスターを夢見ているジョーン・ジェットは音楽プロデューサーのキムと出会い自分をアピール
ランナウェイズ (シネマDVD・映画情報館)
ランナウェイズ 1975 年のロサンゼルス。ロックスターを夢見る15歳のジョーン・ジェットは、クラブで出会った音楽プロデューサーのキムに自分を売り込む。キムはジョーンに十代の女の子だけのバンドを組ませるが、何かが足りない。そこに“普通の可愛い女の子&rdquo...
ランナウェイズ / The Runaways (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 70年代後半に一大ブームを巻き起こした、ティーンエイジャーの元祖ガールズロック・バンド、 ランナウェイズの伝記Rock movie ←本物。 全米では去年の4月公開で、主演のダコタちゃんと「トワイラ....
◆『ランナウェイズ』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、フローリア・シジスモンディ監督、クリステン・スチュワート、 ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン、 ステラ・メイヴ、スカウト・テイラー・コンプトン、テイタム・オニール出演。
『ランナウェイズ』 (ラムの大通り)
(英題:The Runaways) ----アカデミー賞の発表まで一週間。 そのノミネート作のどれかを話してくれるかと思ったら、 まさか、この作品とは…? 「まあ。“お楽しみはこれからだ”ということにして、 これがなかなかオモシロいんだ。 なにせ、物語の重要な転機は日本で...
『ランナウェイズ』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: THE RUNAWAYS 監督: フローリア・シジスモンディ 出演: クリステン・スチュワート 、ダコタ・ファニング 、マイケル・シャノン 、 ステラ・メイヴ 、スカウト・テイラー・コンプトン 鑑賞劇場: 横浜ブルク13 公式サイトはこちら。 震災後、映画...
ランナウェイズ (キノ2)
★ネタバレ注意★  1970年代に打ち上げ花火のように現れて一瞬で消えてしまったガールズ・ロックバンド“ランナウェイズ”、その主要メンバーだったシェリー・カーリーの自伝をもとに、バンドリーダーだったジョーン・ジェットの製作総指揮で描く、少女たちの青春の...
ランナウェイズ (Diarydiary! )
《ランナウェイズ》 2010年 アメリカ映画 − 原題 −THE RUNAWAY
ランナウェイズ (とりあえず、コメントです)
1970年代を舞台に実在したガールズロックバンドの軌跡を描いた作品です。 洋楽はほとんど知らないのですけど、クリステン・スチュワート&ダコタ・ファニング主演なので気になっていました。 彗星のごとく現れて消えていった彼女たちの青春は、ちょっとほろ苦い物語になっ...
「ランナウェイズ」 (或る日の出来事)
ガールズ・バンドの「ランナウェイズ」を、クリステン・スチュワートとダコタ・ファニングが演じると聞いたら、観なきゃならんでしょ。
ランナウェイズ (銀幕大帝α)
THE RUNAWAYS/10年/米/107分/青春・音楽ドラマ/R15+/劇場公開 監督:フローリア・シジスモンディ 製作総指揮:ジョーン・ジェット 原作:シェリー・カーリー 脚本:フローリア・シジスモンディ 出演:クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル...
ランナウェイズ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ランナウェイズ'10:米◆原題:THE RUNAWAYS◆監督:フローリア・シジスモンディ◆出演:クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン、ステラ・メイヴ、スカウト・ ...
Back to 70’s〜「ランナウェイズ」〜 (ペパーミントの魔術師)
これがもともとオリジナルの「Cherry Bomb」 ワタシが中2か中3のころリアルタイムで見たコレは 相当衝撃的だったから、覚えていたんだと思う。 好きとか嫌いとかいうんじゃなくてただただポカーンだったのではないやろか? 劇場公開はみれなくってDVDで鑑賞。10日...
ランナウェイズ (RISING STEEL)
ランナウェイズ / THE RUNAWAYS 2010年 アメリカ映画 監督・脚本:フローリア・シジスモンディ 製作:ジョン・リンソン  アート・リンソン  ビル・ポーラッド 製作総指揮:ジョーン・ジェ...
ランナウェイズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1970年代に人気を博したガールズバンド“ランナウェイズ”の軌跡を追った音楽映画。原作はヴォーカルのシェリー・カーリーの自伝で、リーダーだったジョーン・ジェットがエグゼクテ ...
The Runaways (虎の意地っぱり〜何が何でもタイガース)
やっと見たよ! 長かった・・・ いったい米封切りから何箇月経ってんねん。。。 ダコタは頑張っていた。 キバって歌っていたし、頑張って尖っていた。 が、どうも根がアレなんで(いい意味で)どうも下品さが足らない。 アバズレ度が物足りない。 開脚の角度もマ...