kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を観て

2014-01-05 23:49:16 | 映画・邦画

14-3.カノジョは嘘を愛しすぎている
■配給:東宝
■製作年、国:2013年、日本
■上映時間:117分
■料金:0円(1カ月FP10本目)
■観賞日:1月4日、TOHOシネマズ錦糸町(錦糸町)

 

□監督:小泉徳宏
◆佐藤健
◆大原櫻子
◆窪田正孝
◆三浦翔平
◆反町隆史
◆谷村美月
◆水田航生
◆浅香航大
◆相武紗季
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。
若者を中心に絶大な人気を誇るバンド“CRUDE PLAY”(クリュード・プレイ)通称、クリプレ。ヴォーカル&ギターの坂口瞬、ベース=篠原心也、ギター=大野薫、ドラム=矢崎哲平の4人は、デビュー以来、音楽シーンのトップを走り続けている。その全楽曲を手がけるのが、サウンドクリエーター・小笠原秋(通称アキ)だ。
彼はクリプレの元ベースだがデビュー直前、音楽プロデューサー・高樹総一郎の手により、自分達の演奏を一流スタジオミュージシャンの演奏に差し替えられたことにショックを受け、クリプレを脱退。ベースの座を心也に譲り、自らは楽曲を提供することによってクリプレを支えていくのだった。
それから5年。秋はクリプレはもちろん、美貌と確かな歌唱力で人気の歌姫・茉莉の曲も、高樹のゴーストライターとして手掛けるなど順風満帆な活躍を続けていた。だがその心は常に満たされない。秋の恋人の茉莉が、高樹とも密かに関係を持っていること。ビジネスとしての音楽業界の中で安易に音楽が消費されていくこと。すべてが秋を苛立たせるに十分だった。

そんな秋の前に、突然彼女は現れた。マッシュルームのような髪型をした実家が八百屋の小柄な女子高生・小枝理子。何かにすがりたかった秋は気まぐれで彼女に声をかける。「一目惚れって信じますか?」冗談のつもりだったが、理子は秋に“一目惚れした”と言う。秋が歌っていた鼻歌に、鳥肌がたったのだ…と。秋は思わず嘘の名前を告げ、自分がクリプレのサウンドクリエーターの『AKI』だということを隠してしまう。しかも茉莉との一件から、歌う女が嫌いだと、さらなる嘘をつく秋。この嘘が、実は同級生とバンドを組み、歌うことが大好きな理子を思い悩ませることになるのも知らずに…。

そんな折、偶然理子の歌声を聞いた高樹が、理子と理子の同級生・君嶋祐一、山崎蒼太の3人をスカウトし、“MUSH&Co.”(マッシュ&コー)としてデビューさせることに。
音楽の住人だということをお互いに打ち明けられない秋と理子は、ある日クリプレの歌番組の収録ではちあわせに。自分の正体が“クリプレの秋”だと明かした秋と、歌を歌うことを告げた理子。お互いを受け入れた2人は付き合いを続けていくことに。その日の夜、初めて理子の歌声を聞いた秋は、その特別な歌声に一瞬で魅了され、プロデュースを辞退したことを激しく後悔する。だが時はすでに遅く、高樹はマッシュのプロデュースを心也に依頼していた…。

音楽業界の闇の部分に嫌気がさしてグループを脱退して楽曲提供に専念する秋と、売れない曲は音楽では無いと嘘ぶる高樹の関係がミソ。消費するだけの音楽が嫌になり、何も知らずに声をかけてきた理子にも「歌う女は嫌い」と放言し何も知らない理子を惑わせる。
まだ音楽業界に染まらない理子、クリプレのメンバーはベースの心也以外の音はスタジオ・ミュージシャンの音に差し替えられるなど、音楽業界を巡る明暗が強調されている。高樹にしても秋に自分の替わりに曲を書かせるなど、それをさも当然のように言い放ったことが結局はグループを脱退する原因だった。
ストーリー的には高樹の策略で別れることになった秋と理子だったが、音楽に対する真摯な気持ちを持っている二人が別れられないのはラストを観れば分かる展開に。ロンドンへ音楽修業に出かけることで理子との交際に終止符を打つ積りだったのだが、それを引きとめたのは理子だった。

この作品、原作のコミックは全く存在する知らなかった。と言うか1カ月フリーパスを所持していたので観たというのが本音だけど、観終わった後は1000円の日なら観ても良かったかな?。そんな印象です、思ったより良かったですよ。
ストーリーはありがちなものだけど、俳優陣に目を移せば5千人を超すオーディションで選ばれたヒロイン・大原櫻子の演技は兎も角、歌声は素晴らしかった。恐らくこの歌声が決め手になったのだろうが、彼女の存在がこの映画の評価を上げていると思えた。
その他の若手俳優はまあまあとして、高樹を演じた反町隆史はこの配役の中で最も浮いていた。相変わらず演技力には疑問符が幾つも付く、何で起用されたのだろう?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『オンリー・ラヴァーズ・レ... | トップ | 映画『ソウル・ガールズ』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 2013年12月5日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 を試写会で鑑賞しました。 歌はかなり良い感じでした 【ストーリー】  人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (あーうぃ だにぇっと)
カノジョは嘘を愛しすぎてる@有楽町朝日ホール
カノジョは嘘を愛しすぎてる (伊東良徳の映画な週末)
 天才音楽クリエーターと美声の高校生ヴォーカルの恋愛映画「カノジョは嘘を愛しすぎ
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をトーホーシネマズ六本木5で観て、弩少女マンガ展開にキュンふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★少女マンガのセオリー】 原作は映画館配布お試しマンガだけ試し読み。 かーいらしーのー。 ナイーブ男を演じさせたら今、誰よりもブイブイな佐藤健に、 ...
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」嘘を愛し過ぎた先にみた夢の現実を続ける苦悩と続ける為に見つけた正直な彼女の天性の歌声 (オールマイティにコメンテート)
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画は青木琴美原作の漫画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を映画化した作品で、サウンドクリエーターが音楽制作に行き詰っているところに突然現 ...
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 大原櫻子さんを知ったきっかけ (映画のブログ)
 映画を知ったのは洋菓子店でのことだった。  店頭でケーキを選んでいたとき、三人の男女の写真が気になった。  「当店がテレビで紹介されました」と書き添えて、テレビの画像を貼り出す店はしばしばみかける。  だが、これはそういうことではないらしい。芸能人ら...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (映画的・絵画的・音楽的)
 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)友人の紹介で見に行ったのですが、映画館が女子高生であふれていたのには驚きました。でも、原作がベストセラー漫画(青木琴美作)で、映画の主人公を人気の佐藤健が演じ、ヒロイン役が....
カノジョは嘘を愛しすぎてる (はるみのひとり言)
試写会で観ました。予告は何度か観てたんですが、またおばちゃん置いてけぼり~な若い子向け恋愛物と思って期待してなかったんですが、入り込みましたよ。すごく良かったです。今年観たコミック映画化の中で一番好きかも。若干コミック的な描写もあるんだけど・・・気にし...
「カノジョは嘘を愛しすぎている」 理子役がオーディションで選ばれた意味 (はらやんの映画徒然草)
人気少女漫画の映画化作品ですが、予告を観るまでまったくその存在を知らず。 最近、
カノジョは嘘を愛しすぎてる (とりあえず、コメントです)
青木琴美著の同名コミックを小泉徳宏監督が佐藤健主演で映画化した青春ドラマです。 予告編を観てうわーっと思ったのですけど、ついピュアな気持ちに触れたくてチャレンジしてみました。 予想以上にストレートで真剣な心のやり取りと歌の魔力に、もうやられましたと思うよ...
カノジョは嘘を愛しすぎてる (単館系)
カノジョは嘘を愛しすぎてる MOVIXさいたま 2013/12/14公開 人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。 サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優先な音楽業界に うんざりしていた。 そん...
甘くてビター。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』 (水曜日のシネマ日記)
ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー映画です。
カノジョは嘘を愛しすぎてる (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kanouso-movie.com/ 恋愛映画だから観るのを躊躇していたんだけど、ヤフー映画の評価が122件で4.26と高評価だったので観てきた。 青木琴美の原作コミックは未読。 人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前...
カノジョは嘘を愛しすぎてる ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」の青木琴美による同名人気コミックを、佐藤健主演で実写映画化。音楽業界を舞台に孤高のサウンドクリエイター・小笠原秋と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子の恋模様を描く。 23歳の若さでサウンドク....
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』('13初鑑賞110・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月29日(日) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:30の回を鑑賞。
カノジョは嘘を愛しすぎてる (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:117分 監督:小泉徳宏  原作は青木琴美の漫画しいうことで、館内は女子高校生たちの群れで超満員。まだお昼の12時だというのに、彼女たちは真面目に高校へ行っているのだろうかと余計な心配をしてしまう。いずれにせよ