kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て

2011-07-17 23:10:35 | ヨーロッパ映画

11-46.BIUTIFUL ビューティフル
■原題:Biutiful
■製作年・国:2010
年、スペイン・メキシコ
■上映時間:148分
■鑑賞日:7月10
日、TOHOシネマズ・シャンテ
■料金:1,600円

 
□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
□脚本:アルマンド・ボー、ニコラス・ヒアコボーネ
□撮影監督:ロドリゴ・プリエト
□編集:スティーヴン・ミリオン
□美術:ブリジット・ブロシュ
□音楽:グスターボ・サンタオラヤ
◆ハビエル・バルデム(ウスバル)
◆マリセル・アルヴァレス(マランブラ)
◆エドゥアルド・フェルナンデス(ティト)
◆ディアリャトゥ・ダフ(イヘ)
◆チェイク・ナディアイエ(エクウェメ)
◆チェン・ツアイシェン(ハイ)
◆ルオ・チン(リウェイ)
◆ハナ・ボウチャイブ(アナ)
◆ギレルモ・エストレーリャ(マテオ)
【この映画について】
『バベル』『21グラム』で生と死をテーマにした群像劇を描いてきたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、本作では死に向かう一人の男の姿を描き出した。子どもたちのために非合法な仕事にも手を染める父親を演じたのは、ハビエル・バルデム。良かれと思ってしたことが裏目にでたり、妻や兄との間にもわだかまりを抱えた彼の人生は、はたから見ると悲惨なもの。しかし、そんな人生を子どもたちのために懸命に生きる父親の姿は鮮烈な印象を与え、バルデムはカンヌ映画祭で主演男優賞を獲得している。アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネート。
タイトルの「Biutiful」は、彼が娘に教えた「beautiful」の綴り。間違ってはいるものの、それは彼が娘に残した生きた証のひとつなのだ。
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
スペイン・バルセロナ。その華やかな大都市の片隅で、厳しい現実と日々対峙して生きているウスバルは、離婚した情緒不安定で薬物中毒の妻マランブラを支えながら、2人の幼い子供アナとマテオたちと暮らしている。
そのウスバルには幼い頃に父はフランコ政権の圧政に嫌気がさして海外に逃亡したので、父の記憶が無く母ともその後死に別れたので、兄のティトと大都市の中で生きて行く為に当り前のように非合法の世界へと墜ちて行った。

決して裕福とはいえず、生活のためにあらゆる仕事を請け負っていたウスバルは、ときには麻薬取引、中国人移民への不法労働の手配など非合法な闇の仕事も厭わない。
しかし、争いごとの絶えない日々のなか、ウスバルはしばしば罪の意識を覚えていた。ある日、ウスバルは末期の前立腺がんであることがわかり、余命2ヶ月を宣告される。「二人の幼い子供を残して死ねない!」、彼は、自分が幼少期に両親の愛情を受けられなかったことから、死の恐怖と闘いながらも、残された時間を家族の愛を取り戻すために生きることを決意する。

だが、薬物依存症から抜け出せずに施設に住む(元)妻マランブラと家族として楽しかった日々を取り戻そうと努力するが、そんな彼の気持ちは薬物依存と精神を病んでいる妻に通じることは無かった。気分の起伏の激しい妻は結局夫と二人の子供たちとの生活を取り戻せなかった。
そこで彼は、仕事仲間で逮捕されたセネガル人の男の妻イヘと子供を不憫に思い狭い家の一角に部屋を与えて、奇妙な共同生活が始まる。当初は打ち解けていなかったが、徐々に、ウスバルの子等とも打ち解けて学校の送迎に同行するまでになった。

このイヘとの関係が、薬物依存の妻に替わってウスバルが信頼を寄せるようになり、ウスバルも自分の体の事をイヘに告白するまでになった。そして子供達も自分の父の肉体が衰えが進行して行くことに気が付き、一方で、父は余命わずかな中でも必死に「現金」を稼ぎ子供たちに残そうと必死になる。
バルデムのこの辺の必死さは画面を通じて痛いほど伝わってくるのだが、やはり世の中は甘くなかった。裏ビジネスで中国人と関わったことがきっかけで、密航中国人労働者らが密室で窒息死してその死体が市内の港に大量に流れ込んで大騒動に。この頃から、彼の裏ビジネスも歯車が狂い始め、信頼を寄せていたイヘに子供たちの将来を託すが、イヘはあくまでも渡航費が工面出来たら帰国したいと強く訴える。それでも蝕まれゆく肉体から最後の気力を振り絞って、イヘに自分が裏ビジネスで稼いだ「現金」を渡して子供たちの面倒を妻では無く彼女に託した...。

やがて、意識は薄れ彼は亡くなるのだが、イヘに託した子供たちの面倒は...その彼の思いは裏切られイヘはもらったお金を元手に帰国することに。彼は、別世界に旅立った後、この事実を知ったらどう思うだろうか?(注:この解釈については「コメント」欄も参照して下さい。)

バルセロナという五輪開催都市でもある大都会の片隅に生きるバルデム演じるウスバルと、その家族を描いた重い作品だが、バルデム無くしてこの映画は成立しなかっただろう。バルデム以外の俳優は知名度も無く従って彼の輝きと演技力とイニャリトゥ監督の脚本と演出力が光った作品だ。
この作品では都会の底辺で生きる人間の生活、そこに渦巻く不法移民たちとの裏ビジネスの様子、横行する麻薬依存症などが描かれている。残された子供たちもやがて父と同じ道を辿りそうな気がするし、イヘに裏切られ情緒不安定の母とイヘに裏切られて残された子どもたちの将来も観ていて不安になる。

冒頭とラストの雪の中の意味深なシーンが出て来るが、この映像は彼の意識が混濁したなかでの回想シーンなのか?それともフクロウの死骸が一瞬アップになるのだが何かを示唆しているようにも思える。相手の男性は意識混濁の中での設定なら海外逃亡した記憶の無い父かな?私にはその辺の映像が意味するところが判らなかった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西武低迷の原因を探る~打者編 | トップ | 大関・魁皇、最多勝を花道に... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イへのこと (KUMA0504)
2011-09-20 04:39:28
楽天から転向組なんですね。一緒だ(^_^;)
イへの名誉のために言うと、娘のところに行く前に、ドア越しにイへの「ただいま」という声が聞こえました。彼女はやっぱり思い返して異スバルの元に帰ったのです。
>イヘのこと (kintyre)
2011-09-21 11:22:15
ハイ、私も4月に楽天の暴挙発表と同時に移籍してきました。
そうでしたか...彼女は思い直して引き返したのでしたか?私は、空港からそのまま帰国したのかと思っていましたが、搭乗したシーンは無かったので、どちらにも解釈出来るのかも知れないし、その辺はイニャリトゥ監督の描き方で観客に判断をゆだねているのかも知れませんね。

そのまま帰国したなら、彼はその事実をあの世で知れば悲しみ、移民を信じたことを悔むかも知れません。
イヘの、「良心が咎めて戻った」としたら、ウスバルと子供達も心強いでしょうし、それがウスバルへの恩返しと解釈出来ますね。
Unknown (リバー)
2011-09-27 10:13:00
TB ありがとうございました。

今までの イニャリトゥ監督作とは また違った構成で
1人の男の話でしたね

重く 暗く、しかし 力強さ、生死について
非常にメッセージ性が強く 監督が作りたかった映画なんだなぁと

しかし 私的には今までの作品の方が好きではありました。
Unknown (kintyre)
2011-09-28 23:10:13
>リバーさん、こんばんは
そうですね、この映画はやはりバルデムの主演なくして成立しなかったと感じました。
大都会の裏側をあらゆる切り口で一本の作品として仕上げたイニャリトゥ監督の手腕は評価高いと思いますし、次作への期待感が益々膨らみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
BIUTIFUL ビューティフル/あぜ道のダンディ (あーうぃ だにぇっと)
おやじが主人公の映画2本まとめて。 まず、結論から
BIUTIFUL ビューティフル (rambling rose)
バルセロナの片隅。男手ひとつで2人の子供を懸命に育てているウスバル。だがある日、自分が末期ガンである事を知らされる。
BIUTIFUL ビューティフル (LOVE Cinemas 調布)
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。 マランブラにマリセル・アルバレス。 アナにハナ・ボウチャ...
BIUTIFUL ビューティフル / Beautiful (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click チラシのバビ様の顔アップ、目だけでも十分訴えられる説得力とその凄い存在感 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作「BIUTIFUL ビューティフル」は6/25~公開決定 アカデミー賞主演男優賞、英国....
BIUTIFUL ビューティフル (食はすべての源なり。)
BIUTIFUL ビューティフル ★★★☆☆(★3つ) 数々のブロガーさんの鑑賞レビューを見ると評価が高かったので、楽しみにしていました! が、途中おちちゃった。。。2時間半もある長い作品。寝てて友達に起こされた でも上映後に立たないお客さんも多数で、やっぱり...
『BIUTIFUL ビューティフル』 (2010) / スペイン・メキシコ (Nice One!! @goo)
原題: BIUTIFUL 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス 、ディアリァトゥ・ダフ 、チェン・ツァイシェン 公式サイトはこちら。 こういう感じの作品って予告からす...
BIUTIFUL ビューティフル (試写会) (風に吹かれて)
父として生きた公式サイト http://biutiful.jp6月25日公開カンヌ映画祭主演男優賞受賞監督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ  「バベル」 「21グラム」スペインのバルセロナで
ビューティフル (映画的・絵画的・音楽的)
 『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)映画の主人公ウスバル(ハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくらい、たくさんの問題を次から次へと抱え込みながら、それらをなんとか解...
BIUTIFUL ビューティフル (メルブロ)
BIUTIFUL ビューティフル(原題:BIUTIFUL)  367本目 2011-27 上映時間 2時間28分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ハビエル・バルデム(ウスバル) 、 マリ ...
映画レビュー「BIUTIFUL ビューティフル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Biutiful◆プチレビュー◆このビターな“余命もの”は、安易な救いとは無縁。ハビエル・バルデムが渾身の演技を見せる。 【70点】 大都会バルセロナ。ウスバルは、不法移民への仕 ...
「BIUTIFUL ビューティフル」バルセロナの朝焼け (くまさんの再出発日記)
人は、人生最後の日々に何をするのだろう という謳い文句の映画である。末期がんの宣告をされて余命二ヶ月。こういう男の物語は「生きる」を出すまでもなく幾つも作られた。しかし、予想に反して男は何かを...
BIUTIFUL ビューティフル (佐藤秀の徒然幻視録)
この世に居場所のない男の帰る場所 公式サイト。原題:BIUTIFUL。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナ ...
BIUTIFUL ビューティフル/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がハビエル・バルデムを主演に迎え、闇社会に生きる男が自身の余命を知ったことから愛する子どもたちのために懸命に生き ...
BIUTIFUL ビューティフル (映画と本の『たんぽぽ館』)
雪山で聞く波の音・風の音             * * * * * * * * 「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品。 「バベル」のように複数のエピソードを巧妙に交差させる手法を多く用いる監督ですが、 今作はストレートに、末期が...
ハビエル・バルデムの「ビューティフル」を観た! (とんとん・にっき)
コーエン兄弟が監督を務める「ノーカントリー」を観たのはもう3年以上も前のこと、コーエン兄弟のことも知らなければ、ノーカントリーの意味も知らずに、知人からその評判を聞いて見に行った映画でした。原題は「NO COUNTRY FOR OLD MEN」で、直訳すれば「老いた者のため...
BIUTIFUL ビューティフル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月30日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『BIUTIFUL ビューティフル』公式サイト 「21グラム」、「バベル」の監督の人の新作。赤の他人が、どこかで関わりあっていく話が得意な...
BIUTIFUL ビューティフル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きる事は痛みを伴う。 しかし、それでも人は生きなければならない。 「BIUTIFUL ビューティフル」は、メキシコの鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、スペインの名優ハビエル・バルデムを...
■『BIUTIFUL ビューティフル』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:スペイン+メキシコ合作映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン出演。
父還る (宇宙のめいぐると)
「BIUTIFUL ビューティフル」
BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。 (労組書記長社労士のブログ)
 我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。 そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。 扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢できないかも知れないけど、妻は別にへっちゃらだそうだ、....
BIUTIFUL ビューティフル (こんな映画見ました~)
『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ 「21グラム」「バベル」....
BIUTIFUL ビューティフル(2010) (銅版画制作の日々)
      “絶望”の中にも必ず“光”は存在する。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作です。今回は群像映画ではなく、一人の男の生きざまに焦点を当てた...
生きる男 (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に...
『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...
死にゆく者への祈り~『BIUTIFUL/ビューティフル』 (真紅のthinkingdays)
 BIUTIFUL  サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人 の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期 癌に侵され、余命2ヶ月...
BIUTIFUL ビューティフル (キノ2)
★ネタバレ注意★  久々に、「凄い映画を観た」と思いました。  今年にはいってからも、よくできた映画、感動的な映画、わくわくする映画、すばらしい映画、などはいくつも観てきたと思いますが、「凄い映画を観た」と思ったのは、この映画が今年初めてです。 ...
『BIUTIFUL ビューティフル』、記憶の迸り (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
冒頭、ウスバル(ハビエル・バルデム)と娘のアナ(ハナ・ボウチャイブ)の手が、中空で指輪について語り合っている。 そこからウスバルの話は風へと移り、画面はウスバルと若い男が林の中で風について語るシーンへとつながっていくんですね。 このふたつのシーンからな...
ビューティフル BIUTIFUL (映画の話でコーヒーブレイク)
第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたので見ることに。 の数・・・いくつだったか、忘れました   ...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Biutiful)暗い映画だが、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作の中では一番気に入った。人生の終わりが近いことを知らされたら、いったい何を残せるのか。そして、残せないものは何なのか。アプローチはまるっきり異なるが、黒澤明監督の傑作「生き....
「BIUTIFUL ビューティフル」 (prisoner's BLOG)
死者が生者と同じ次元に棲んでいるあたり、ラテンアメリカ文学風でもあり、死んだら消えてなくなるというニヒリズムはあらかじめ封印されている。 また黒澤明の「生きる」にインスパイアされたとはいえ、生きている間に何かしら有意義なことのために生きるのを目指す(と....
映画「BIUTIFUL ビューティフル」、死にゆく男のあがき、それは生への憧れか? (ひろの映画日誌)
題名のBIUTIFULはスペル間違いではない。主人公が子供にスペルを教えたその言葉だ。 あの「ノーカントリー」のハミエル・バルデムが主人公を演じるスペイン映画。 あの大聖堂がバックに映し出される、バルセロナが舞台。 ここも移民の街だ、セネガル人や中国人...
BUITIFUL ビューティフル (secret boots)
評価点:65点/2010年/スペイン 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ スペインのバルセロナ。 貧困の街に住むウスバル(ハビエル・バルデム)は、移民に仕事を斡旋することで生計をたてていた。 血尿が止まらなかったため、病院にいくと病名は「癌」だ...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (のんびり。)
〔2010年/スペイン・メキシコ〕 スペイン、バルセロナ。 ハビエル・バルデムは情緒不安定な妻と離婚し、 二人の幼い子供を育てている。 生活は苦しく、金の為には 中国やアフリカからの不法入国者への仕事の斡旋など、 非合法な事も厭わない。 彼は数ヶ月前から体...
BIUTIFUL ビューティフル (映画尻エリカ)
『BIUTIFUL ビューティフル』 “BIUTIFUL” (2010・スペイン=メキシコ) 2h28 製作・監督・原案・脚本 : アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演 : ハビエル・バルデム、アナー・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレヤ、マリセル・アルバレス ...
『BIUTIFUL ビューティフル』 (向島のつむじ風)
とてつもなく優しい「父」であり「漢(おとこ)」の物語。 そして、とてつもなく重い映画ですが、主人公と同年代の自分にとって、心の琴線に触れる、深く深く染み渡る名作となった。
BIUTIFUL ビューティフル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア ...