kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ツーリスト』を観て

2011-03-20 10:12:22 | アメリカ映画 2011

11-22.ツーリスト
■原題:The Tourist
■製作年・国:2010年、アメリカ
■上映時間:103分
■字幕:戸田奈津子
■鑑賞日:3月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)
■料金:1,000円
 

 スタッフ・キャスト(役名)
□監督・脚色:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
□脚色:クリストファー・マッカリー、ジュリアン・フェロウズ
□音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
◆アンジェリーナ・ジョリー(エリーズ・クリフトン・ワード)
◆ジョニー・デップ(フランク・トゥーペロ)
◆ポール・ベタニー(ジョン・アチソン警部)
◆ティモシー・ダルトン(ジョーンズ主任警部)
◆スティーヴン・バーコフ(レジナルド・ショー)
◆ルーファス・シーウェル(英国人男性)

【この映画について】
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーという二大スターの共演で話題の本作は、水の都・ヴェネチアを舞台にした大人の犯罪劇。
『善き人のためのソナタ』で2006年度のアカデミーで外国語作品賞を受賞したドイツ人監督、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが手掛けただけあって、ヨーロッパの優美さが際立つ作品となっている。ヴェネチアのシーンは全面ロケにて撮影されているそうで、建築物、運河、ゴンドラなどが独特の雰囲気を醸し出している。このヨーロッパの優美な雰囲気の中で、ごくごく普通のアメリカ人旅行者という設定のジョニー・デップだけが、違和感を感じさせる。しかし、その違和感こそが監督の狙いと言えるかも…。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランクは、ベネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズに声をかけられる。
イギリス人女性エリーズは、パリのカフェで朝食を取るためにアパートメントを出て食事をしていたが、彼女に対してはパリ警察が見張りを立て、一方ではロンドン警視庁(スコットランドヤード)が追う国際指名手配の金融犯罪者アレクサンダー・ピアースの恋人でもある。そんな背景もあってロンドン警視庁からパリ警察に対して見張りの要請が来ていた。
ところが、肝心のロンドン警視庁も忽然と消えたピアースの最近の顔は分からず、エリーズを見張ることでピアースは必ず現れると踏んでいた。
朝食中のエリーズに、一台のバイクが近付き何かを渡し、それを読んだエリーズは手紙を燃やし立ち去る。見張り中の警官たちは燃えた手紙を回収し、直ちに文面を再生し行き先を突き止め、パリの「リヨン駅」から乗車することを確認し、ロンドン警視庁のアチソン警部は、上司のジョーンズの捜査打ち切り通告を無視して追跡を開始する。
 
その列車車内で、手紙に書かれていたピアースからの内容通り、エリーズは一人の男性の隣に座り、それが旅行中のアメリカ人数学教師フランクだった。
二人はそのままヴェニスへと到着し、豪華ホテルに「夫婦」として投宿するが、フランクはソファで寝る羽目になる。が、何時の間にか隣室で寝ている筈のエリーズは目覚めると不在、そしてエリーズが頼んだ朝食が運ばれるのだが、ここで彼をピアースだと思って来襲した追手に追われる。
ここから先は、フランクと再び現れたエリーズの二人での逃避行?が始まり、フランクは何度も危ない目にあい一度は地元警察に身柄を拘束され、買収されていた警察官によって情報機関へ引き渡されそうになり、ここでも間一髪隙を付いて逃れる。こうなるとフランクは数学教師?ながらスパイのような身のこなしで追跡を交わし、何と、エリーズを舞踏会に訪ねダンスに興じる。エリーズはフランクを帰国させる為に一度は空港へと送り届けていただけに再会に驚く。
フランクはエリーズの身分を知らないが、途中で彼女は英国警視庁の潜入捜査官であることが分かる。エリーズはピアースを追跡していたが、何時の間にか男女の関係になっていたのだった。そのエリーズのもとにピアースは現れる筈だと言う根拠で、ヴェニスにまで来ていた。
結局、2年間行方不明だったピアースは、脱税とマフィア組織の会計担当者だった時に資金横領で追われていたのだが、フランクこそが整形手術を施していたピアースそのものであり、彼だけが知る金庫の暗証番号を見事に開けて見せたことで証明された。
エリーズは、ジョーンズによって潜入捜査の任を解かれ、同時に(希望通り)解雇され退職し、ピアースと共に去って行った。

最初から、フランクがピアースだろうと言うのは配役を見ただけで分かってしまうので、監督の意図としては、観客に対してそう思わせながらも実は違うんだ、というオチに持っていきたかったのだろうが、ラストシーンでは「やはりフランクはピアースと同一人物でした」となる。
ロードムーヴィー風な作りで、パリのカフェからヴェニスへと舞台が移り、ヴェニスではゴンドラや華やかな舞踏会の演出もあり、ヨーロッパを舞台とした追跡劇は007シリーズを思わせるが、ヴェニスでの追跡劇は流石に007シリーズ(ジョーンズ役のティモシー・ダルトンは元ジェームズ・ボンドですが)の様な派手なアクションは控え目。ゴンドラやボートでの追跡は予想通り彼女に傷を与えないし、ジョニー・デップが追われる役に終始し、アンジェリーナ・ジョリーはひたすら大物女優面をした演技というか役所で、監督もエージェントに対して気を遣ったでしょうね。
この作品は、やはり2大スターの共演が売り物であり、決して練られたストーリーとは言えませんが、ヨーロッパ風な画像作りは監督の好みでしょうが、アンジェリーナ・ジョリーを英国人女性として強調しているのですが、風貌から観ても無理がありますが、まあこれは愛嬌?という事でね。
そのストーリーでは、ピアースの謎の部分と彼が組織を裏切った経緯などをもう少し踏み込めばよかったと思いました。
 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セは3・29開幕に延期 | トップ | 映画『あしたのジョー』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ツーリスト (あーうぃ だにぇっと)
英題: THE TOURIST 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年3月5日 (日劇3 ほか)
ツーリスト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ツーリスト』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)今を時めく『ソルト』のアンジェリーナ・ジョリーが、これまた人気では引けをとらない『パブリック・エネミーズ』のジョニー・デップと共演する映画で、あまつさえ舞台がヴェニスとくれば、もうそれ....
ツーリスト (LOVE Cinemas 調布)
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーというハリウッドを代表するトップスターの初共演作品だ。イタリアはベニスを訪れたアメリカ人旅行者が、謎の美女とであいとんでもない事件に巻き込まれてゆく姿を描いている。監督は、『善き人のためのソナタ』のフロリアン・...
ツーリスト (心のままに映画の風景)
傷心を癒やすため、イタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる。 魅力あふれるエリーズに誘...
ツーリスト (むんみーの落書き)
久しぶりに劇場鑑賞してきました。 楽しみにしていた「ツーリスト」です。 内容的にはあまり誉められていないようですが、 ジョニーとアンジーを大画面で観られるならやっぱり観たい やっぱりそのまんまの結末ね、って訳ですが とにかく景色が綺麗でアンジーがゴージャ....
『ツーリスト』 (こねたみっくす)
映画が始まって10分でオチが読めました。 あの予告編とアレクサンダー・ペインという謎の男の存在とくれば、もうこのオチしかないでしょ。 というか、浅野あつ子版『犬神家の人々 ...
映画『ツーリスト』  (よくばりアンテナ)
観てきましたよ~~~(^_^) 大好きなジョニー・デップですが、イロモノ的な役以外の普通の男の役を観るのは 久しぶりです。 ま、どっちかっていうとイロモノの方が好きですが(^_^;) ちょっと前の...
■映画『ツーリスト』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップという、今世界で最も人気があると言っても過言ではない二人の俳優が共演した大人のミステリー『ツーリスト』。 イタリアのヴェネチアを舞台に、謎の美貌の女性エリーズと彼女の連れとなった旅行者フランクの逃亡劇が始まり...
映画 ■■ツーリスト■■ (Playing the Piano is ME.)
なかなか見られない、かなり豪華なキャスティング。 更にベネツィアが舞台! これは見どころ満載に違いない!と思って見に行きました。
★「ツーリスト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの劇場鑑賞。 あの大地震以来、 シネコンの上映スケジュールも計画停電の影響でだいぶ狂ってるみたいだし。
ツーリスト (ケントのたそがれ劇場)
★★★  アンジーとジョニデという超人気ものが初共演した、ちょっとコミカルなサスべンスアクション作品である。アンジーは相変わらず惚々するほど美しく、男達を虜にするセクシーな肢体も健在だった。またジョニデのほうは、真面目だがちょいととぼけた数学教師といっ...
ツーリスト (みるき~うぇい)
原題:THE TOURIST 2010年度作品/アメリカ・フランス <監督> フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク <脚本> フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク クリストファー・マッカリー ジュリアン・フェロウズ <出演> アンジェリーナ・ジョリー...
『ツーリスト』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ツーリスト 』 (2010)  監  督 :フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーヴ...
[映画『ツーリスト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆金がないのだが、今までは、溜まっていたポイントなどで頑張って観ていた、のだが、そろそろポイントも無くなってきた^^;  ・・・それはさておき、アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップの二大スター競演の『ツーリスト』を観て来ました^^  昨日公開の作...
ツーリスト (だらだら無気力ブログ)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現した ロマンティック・ミステリー。 05年のフランス映画「アントニー・ジマー」をリメイク。 イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄 されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込...
ツーリスト (5125年映画の旅)
観光でベニスにやって来た旅行者=ツーリストの数学教師フランクは、旅の途中で美しい女性エリーズに出会う。しかしその直後から、フランクは警察やマフィアに付け狙われることに ...
『ツーリスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツーリスト」□監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク □脚本 ジュリアン・フェロウズ □キャスト ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー■鑑賞日 3月21日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの...
ツーリスト / THE TOURIST (我想一個人映画美的女人blog)
アンジー×ジョニー共演、2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイクとなるミステリー。 4年前に公開したアカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ映画、「善き人のためのソナタ」 のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監督作。 キ....
ツーリスト (Akira's VOICE)
この映画自体が詐欺みたいなもん。   
映画:「ツーリスト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年3月18日(金)。 映画:「ツーリスト」。 「善き人のためのソナタ」で、2006年度:アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ人、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク氏の監督作品。 【監  督】 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー...
豪華なのに安っぽい。『ツーリスト』 (水曜日のシネマ日記)
指名手配犯の恋人と指名手配犯に間違えられた男の逃亡劇を描いた作品です。
ツーリスト 春だから眠いのかな~?(=_ヾ) ネムネムゥ (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -3-】 ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーという2大スターの共演で話題だし、昨日は封切り後最初のレディースディだしで、TOHOシネマズは梅田は女性でほぼ満員(年齢層は幅広い)。 この2人の映画になると決まるまで、二転三転したらしいが、ジャパンプ....
ツーリスト (voy's room)
  傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ヴェネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるがままにアバンチュールに酔いしれるフランク...
「ツーリスト」と「ナイト&デイ」 (映画の話でコーヒーブレイク)
映画を見に出かけて見る前に地震に遭遇。以来映画から遠のいておりました。 通路の狭い暗闇の中で、先日のような地震にあったら・・・と思うと怖いというのが正直な気持ちです。 何となく気持ちが落ち着かず、計画停電にも翻弄され、被災地域の報道を見ると、映画なんか見...
ツーリスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ラスト10分の見せ方がグダグダだったのが痛い!
『ツーリスト』。。。 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+フランス合作映画、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、 ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、ルーファス・シーウェル出演。
『ツーリスト』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日やっとのことで、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー共演の話題作『ツーリスト』を鑑賞してきました。 上映回数を短縮しての上映だけあって、平日の昼間なのにかなりお客さんが入っていた印象。 そんなに大きなシアターではなかったので、それも原因ではあ...
ツーリスト / The Tourist (勝手に映画評)
国際列車の中で声を、見知らぬ美女に声を掛けられたことから、平凡な男が陰謀に巻き込まれていく・・・。有りがちなストーリーではあります。ネタバレ有りです。 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが夢の共演・・・と言う事が売りですが、それって、そんなに囃...
旅行者と、謎の女~『ツーリスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE TOURIST  謎の女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、恋人アレキサンダー・ピアー ス(AP)からの手紙をパリで受け取る。「リヨン駅からヴェネチア行きの列車に 乗って、自分と似た...
ツーリスト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Tourist良くも悪くも古典的なラブ・サスペンス。このメンツで、これでいいのか?!との不満がくすぶる困った作品だ。傷心を癒やすためにヨーロッパを旅行しているアメリカ人フランク ...
ツーリスト (映画鑑賞★日記・・・)
【THE TOURIST】 2011/03/05公開 アメリカ/フランス 103分監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、テ ...
ツーリスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アンジーの貴婦人ぶり、ジョニデのアメリカ人旅行者、ロシアンマフィア演じた男優の対比がすばらしいので充分に楽しい映画だった。芸達者が揃うと、こんなにおもしろい映画になる。
ツーリスト (シネマDVD・映画情報館)
ツーリスト 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョニー・デップ/ポール・ベタニー/ティモシー・ダルトン/スティーヴン・バーコフ/ルーファス・シーウェル 内容:逃亡中の国際指名手配犯、アレキサンダー・ピア...
ツーリスト (Memoirs_of_dai)
疑惑のG・G 【Story】 傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で謎の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる…。 評...
映画「ツーリスト」 (SEA side)
 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップのロマンチック・ミステリー。この二人の顔合わせでアクション度は5%以下、「ロマンチック」に比重がある。  ロシアン・マフィアも諜報員も出てくるが、ジョニー・デップは寝起きを襲われ、パジャマ姿で屋根の上をオロ....
『ツーリスト』 (ラムの大通り)
(原題:The Tourist) これってジョニー・デップと アンジェリーナ・ジョリーの初共演の映画。 それだけでも、ヒット間違いなしって感じだよね。 「うん。ただ、それよりも驚くのが、 エンターテイメント以外の何ものでもないって感じのこの映画が、 『善き人のため....
「ツーリスト」豪華キャストに豪華ロケ (ノルウェー暮らし・イン・London)
我が家の大人気商品は、日本でも手に入りにくい「桃屋の辛そうで辛くない 少し辛いラー油」 パパンの大好きな「和田ラヂヲ」さんのツイッターでは、このシリーズが大人気らしく、「吸いそうで吸わない でもちょとだけ吸うダイソンの掃除機」とか登場して、意味も無くお...
『ツーリスト』 楽しく見るための条件を考えてみました (コナのシネマ・ホリデー)
手元にあるチラシを見ていたら、『ツーリスト』の公開日が変っていることに今更ながら気づいた。「え?もう、公開中だったの?」慌てて近くのシネコンに観に行った結果は
『ツーリスト』・・・夢の共演に期待し過ぎは禁物 (SOARのパストラーレ♪)
パリ警察から監視される謎の美女エリーズ。彼女に利用されるアメリカ人旅行客の数学教師フランク。スコットランドヤードとギャング一味に追われる男アレクサンダー・ピアース。互いが騙し騙される中で3人の正体がじわじわと明かされていき、最後にはドンデン返しも待って...
ツーリスト (うろうろ日記)
映画館で見ました。コレ、試写会がなかったので、自腹です。あったとしても、この組み
ツーリスト (悠雅的生活)
ヴェネツィア。謎の女。煙草の煙。
ツーリスト (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
華麗な旅人には、危険な謎がある。 謎を解く鍵を握るのは、 彼女か? それとも彼か? イタリアは水の都・ヴェネチアを舞台に、アメリカ人旅行者が謎...
「ツーリスト」 (のんびり。)
〔2010年/フランス・アメリカ〕 アンジェリーナ・ジョリーは、 常に見張られている。 パリの朝、ホテルを出て、 優雅にカフェでお茶する時も、 車がピッタリ張り付いてくる。 彼女もそれを承知しているようで、 特に嫌がる風でもなく、 どこまでも優雅なんである。 ...