kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『それでも夜は明ける』を観て~アカデミー賞受賞作品

2014-03-15 23:10:43 | 映画・ドラマ、アクション

14-25.それでも夜は明ける
■原題:12 Years A Slave
■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス
■上映時間:134分
■料金:0円(ポイント利用)
■観賞日:3月15日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷)



□監督:スティーヴ・マックイーン
□脚本:ジョン・リドリー
◆キウェテル・イジョフォー
◆ベネディクト・カンバーバッチ
◆マイケル・ファスベンダー
◆ポール・ダノ
◆ポール・ジアマッティ
◆ルピタ・ニョンゴ
◆ブラッド・ピット
◆サラ・ポールソン
【ストーリー&感想】
奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。アカデミー賞では作品賞、助演女優賞(ルピタ・ニョンゴ)、脚色賞(ジョン・リドリー)の3部門で受賞した。

奴隷制度が広がっていた1841年、アメリカ。ニューヨーク州サラトガで家族とともに暮らす自由黒人で音楽家(ヴァイオリン奏者)のソロモン・ノーサップは妻と2人の子供に恵まれ何の不自由も無い生活を送っていた。
だが、ある日、二人の白人興行師からワシントンのサーカスで演奏して欲しいと高給で話を持ちかけられ2週間の約束で行くことに。
到着後、レストランで二人からワインを言われるがままに勧められ呑み過ぎて嘔吐していたソロモンだが、目が醒めると地下室で手足を鎖で縛られていた。彼は、訳も判らず突如誘拐され、船に乗せられ奴隷としてアメリカ南部のニューオーリンズへ売り飛ばされジョージア州から脱走した奴隷のプラットとして、牧師で大農園主のフォードに買われ農園内の製材所で他の奴隷たちと一緒に働くことに。
早くも有能さを発揮したソロモンだったが、白人の大工ティビッツからは黒人というだけで何かと因縁を付けられ遂には格闘になりねじ伏せるが、後に、復讐され木に吊るされる羽目に。

ソロモンはティビッツに命を狙われる前に彼を、狂信的な選民主義者エップスに売る。エップスはフォードとは違い、奴隷を所有物と言い放ち、毎日、綿花の収穫ノルマを厳しく化し平均以下の場合は鞭打ちが待っていた。
白人たちからはむごい差別と虐待を受けながらも、ソロモンは決して人としての尊厳を失うまいと心に決める。いつかまた家族と再会できる日が来ることを信じ続けて耐え忍ぶソロモン。そして12年もの歳月が流れたある日、奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人大工バスと出会い、これを機に彼の運命は大きく変わっていく……。

カナダ人大工バスの登場は突然だったが、彼の前にも白人の労働者に窮状を訴え手紙を投函するように依頼したものの裏切られ、今度こその思いを込めてバスに依頼し、彼は見事に応えてくれた。彼は奴隷解放主義者でもあったことから、彼の通報が元でサラトガの小売店主パーカーが保安官らと共に農場に現れ故郷へと帰ることが出来た。
そして遂に自宅に戻り妻、娘マーガレットには夫と子供(ソロモンの孫)らが待っていた。

奴隷や奴隷解放がテーマの作品は数多く制作され、最近ではリンカーン大統領関係の作品も当然ながら奴隷解放問題は避けて通れないテーマだった。今作はイギリス人監督スティーヴ・マックイーンによる製作で、ハリウッドでは当初からキャスティングやスポンサーで苦労したらしく、だが、ブラピがプロデューサーと出演に決まってから流れが少し変ったらしい。それでも主演のキウェテル・イジョフォー、ベネディクト・カンバーバッチはイギリス出身、マイケル・ファスベンダーはドイツ出身のアイルランド育ち、ルピタ・ニョンゴはケニア出身と主要キャストに米国人の俳優は無い。ブラピにしても登場シーンは後半の一部、その他はポール・ダノ、ポール・ジアマッティらでこちらは主役級俳優ではない。
自由人としてヴァイオリン奏者として何の不自由も無く白人並みの生活を送っていたソロモン、だが、彼のチョットした隙(白人に泥酔させられる)に人身売買の手に渡って12年も奴隷としての生活を余儀なくされながらも、家族の元へ帰ると言う気持ちだけは切れることなく持ち続けたことが、感動的なラストシーンへと繋がって行く。

アメリカの歴史でも暗部である奴隷問題、日本人の私はこうした映画を通して学ぶことしか出来ないが、未だに一部では白人優先主義を唱える白人がいるときく。バラク・オバマ氏が大統領に当選したときも、快く思わない白人が多くいて暗殺の可能性まで指摘されていたが、再選され2期を全うすることで初の黒人大統領として歴史に名を残すだろう(実績は別として)。
そのオバマ氏もこうした黒人の苦難の歴史を経て念願の米国大統領の座を掴んだ。ソロモンの12年間は地獄の様な期間だったろうが、彼の諦めなかった気持ち、これこそが帰還を果たせた最大の理由だった。だが、後日談として、誘拐に関わった白人には何のお咎めも無かったそうだ。それも当時の現実だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柏市通り魔事件容疑者、任意... | トップ | 映画『ダラス・バイヤーズク... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
■家へ帰ろう (えい)
2014-04-10 22:44:34
こんばんは。


「家へ帰ろう」…。
『アポロ13』のときもそうでしたが、
この言葉が、
アメリカ人たちにとっては「生きる」原動力となっている。
その個人主義が、さらには民主主義にも繋がっていく。
日本映画との決定的な違いかな、
なんて、本筋とは少し離れますが、
そんな気がします。
ラストの主人公の家族に対する言葉、
ぼくは、あのシーンが大好きです。

>家へ帰ろう (kintyre)
2014-04-13 10:24:44
>えいさん、こんにちは
アメリカって良く個人主義って日本で思われている
ようですが、それは「個性」を重んじる国柄と「和」を
重んじる我が国との違いかな?
邦画が描く日常には宗教的な要素は薄いですが、
やはりあちらの作品は日常の中に宗教的精神が
宿っていると感じさせられます。
私もご指摘にあるように、ラストの家族との再会シー
ンは感動的でした。あの終わり方が無ければここま
で印象に残る作品に成らなかったでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『それでも夜は明ける』 2014年3月7日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。 劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど 初日の夜の回にしては意外と空いていた。 アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい。 もっとお客さん来てくれてもいいと思うのだが・・・ 【...
それでも夜は明ける/キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督が実話を基に拉致され奴隷とされてしまった黒人音楽家の再び妻子に会うために生きた壮絶な人生を描いた伝記ドラマです。 出演は ...
スティーヴ・マックィーン監督『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『それでも夜は明ける(12 Years a Slave)』監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン。主演のソロモン役をキウェテル・イジョフォーが演じる。共演にはマイケル・ファスベン
「それでも夜は明ける」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「12 Years a Slave」2013 USA/UK ソロモン・ノーサップ/プラットに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「2012/20009」のキウェテル・イジョフォー。 エドウィン・エップスに「悪の法則/2013」のマイケル・...
『それでも夜は明ける』 (beatitude)
奴隷制度が広がっていた1841年、アメリカ。ニューヨークで家族とともに暮らす自由黒人で音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、突如誘拐され、奴隷としてアメリカ南部のニューオーリンズへ売り飛ばされた。農園での労働を強いられ、狂信的な選民主義者エップス...
『それでも夜は明ける』 (2013) (相木悟の映画評)
人間の尊厳を問いかける、重厚サバイバル・ムービー! 人心の暗部を容赦なくえぐる、重量級の逸品であった。 本作は、19世紀半ば、自由黒人として普通の暮らしをしていたバイオリニストが、突然誘拐されて南部に売られ、12年間の奴隷生活を強いられた経験を克明に....
それでも夜は明ける (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(招待券) TOHOシネマズ映画招待券を生まれて初めて頂きました(笑)
それでも夜は明ける (映画的・絵画的・音楽的)
 『それでも夜は明ける』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞で作品賞を獲得したというので映画館に行きました(注1)。  映画の時点は1841年で、1863年の奴隷解放宣言よりも前のことです。  場所は、ニューヨーク州のサラトガ。  バイオ...
映画:それでも夜は明ける 12 Years a Slave 圧倒的! アカデミー賞「本命」と判断。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで驚く。 基本プロットは予想がつく通り、主人公はNYに住む、自由証明書で認められた自由黒人。 地位、名誉、家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、南部に連れて行かれる。 そして奴隷にされてしまう、 のだ...
『それでも夜は明ける』 (ラムの大通り)
(原題:12 Years a Slave) (※ネタバレ注:見どころに触れています) 「さて、今夜は話題の『それでも夜は明ける』を…」 ----あっ、これだったら知っているよ。 タイトルが原題(『12 Years a Slave』)とあまりにも違うって、 あっちこっちで話題になっている映...
それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE (我想一個人映画美的女人blog)
12年、奴隷として。 史実に基づく実話を映画化。 本年度アカデミー賞作品賞で見事受賞 以前から書いてるけど近年だけで...
それでも夜は明ける  12 YEARS A SLAVE (映画の話でコーヒーブレイク)
先日発表されたアカデミー賞で作品賞を獲得 英国のスティーブ・マックィーン(往年の俳優さんと同姓同名です)監督は、アカデミー作品賞を獲得した 初の黒人監督になりました。 本作は、主人公ソロモン・ノーサップ氏ご本人の回顧録をもとにした真実の物語だそうです。 3月...
『それでも夜は明ける』 (こねたみっくす)
これは黒人監督による黒人奴隷を描いた映画。それゆえに他の作品とは全く違う世界に到達した映画。 辛い、苦しい、怖い、逃げ出したい。でもこの人類の負の歴史を見なければなら ...
それでも夜は明ける (心のままに映画の風景)
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク。 生まれながらの自由黒人である音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ幸せな日々を送っていた。 ある日、2週間の興行に参加したソロモンは、興行主に騙され...
『それでも夜は明ける』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ...
「それでも夜は明ける」正義の危うさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞作品賞を見事勝ち取った作品は、映像も素晴らしい、役者の演技も本当に素晴らしい、テーマも見事だ。 場面展開もよく、134分の長さも感じさせないストーリーは、観る者の心をつかんで離さない。
それでも夜は明ける (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【12 YEARS A SLAVE】 2014/03/07公開 アメリカ PG12分監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、サラ・ポールソン、ブラッド・....
『それでも夜は明ける』 不自由の中にあるものは? (映画のブログ)
 仮面ライダーは何のために戦うのか? 平和のため? 正義のため?  そのいずれでもない。  『仮面ライダー』のオープニングで、ナレーションの中江真司氏はこう述べている。  「仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘...
それでも夜は明ける (映画好きパパの鑑賞日記)
 今年のオスカー受賞したのも納得の、堂々たる作品。でも「大統領の執事の涙」の時も思ったけど、オバマ大統領が黒人だから、こういう映画が続出しているんですかね。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:スティーヴ・マックィーン 出演:キウェテル・イジョフ...
それでも夜は明ける  監督/スティーヴ・マックィーン (西京極 紫の館)
【出演】  キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ルピタ・ニョンゴ 【ストーリー】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモンは、ある日突然拉致され、奴隷として南....
それでも夜は明ける (こんな映画見ました~)
『それでも夜は明ける』---12 YEARS A SLAVE---2013年(アメリカ)監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ 、ポール・ダノ 、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ 、サラ・....
映画「それでも夜は明ける」 (FREE TIME)
映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。
劇場鑑賞「それでも夜は明ける」 (日々“是”精進! ver.F)
生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404120001/ 【送料無料】「それでも夜は明ける」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドト...価格:2,592円(税込、送料込) [Blu-ray] SHAME -シェ...
それでも夜は明ける (風に吹かれて)
家畜ではなく平等であるべき同じ人間 公式サイト http://yo-akeru.gaga.ne.jp 原作はソロモン・ノーサップが1853年に出版した回顧録。 監督: スティーヴ・マックィーン  「S
映画「それでも夜は明ける」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『それでも夜は明ける』 (公式)を3/7の劇場公開日からだいぶ経ちましたが、やっと先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 舞台は1841年、南北戦争によって奴隷制度...
映画・それでも夜は明ける (読書と映画とガーデニング)
原題 12YEARS A SLAVE2013年 アメリカ・イギリス合作 1841年、ニューヨーク州サラトガで愛する妻と可愛い子供たちに囲まれ、幸せな日々を送っていたバイオリニストのソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー) 彼は生まれた時から自由....
「それでも夜は明ける」 (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
自由黒人だった音楽家が拉致され奴隷として売られ 12年間労働に従事し、 その間は自由になれたかった、というお話。 邦題タイトルはアクティブ過ぎだよね。 耐えて我慢してたら救世主が来たけど、 それは主人公限定で、 他の奴隷の境遇は変わらないまま。 個人じゃ制度...
「それでも夜は明ける」:自己正当化と他者の否定 (大江戸時夫の東京温度)
映画『それでも夜は明ける』は、いかにも芸術科学アカデミーの皆さんが好みそうな作品
12年間 奴隷として~『それでも夜は明ける』 (真紅のthinkingdays)
  12 YEARS A SLAVE  19世紀、南北戦争以前のアメリカ。ヴァイオリニストのソロモン・ノーサッ プ(キウェテル・イジョフォー)は自由黒人として、愛する家族とともにニュー ヨークで暮らしていた。ある日ワシントンでの興行に誘われたソロモンは、...
「それでも夜は明ける」 (ここなつ映画レビュー)
「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)の悲しみ、怖...
それでも夜は明ける (そーれりぽーと)
混戦のアカデミー賞で漁夫の利で作品賞をかっさらった感の有った『それでも夜は明ける』を観てきました。 さて、漁夫の利だったのか、ずば抜けてよかったのか。 ★★★★ ずば抜けて良かった感は無かったけれど、フツーに面白かった。 最近「SLAVE」と言う言葉に敏感な...
それでも夜は明ける・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もう一度、家族に会いたい。 奴隷制度がはびこる時代のアメリカで拉致され、人生のすべてを奪われたうえに、南部の農場で奴隷として働かされた男の、苦難の12年間を描く実話ベースの人間ドラマ。 原作となったのは1853年に出版されて、当時ベストセラーとなったソロモ...
それでも夜は明ける (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE 2013年/アメリカ/134分 監督: スティーヴ・マックィーン 出演: キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー/ベネディクト・カンバーバッチ/ポール・ダノ/ポール・ジ...
それでも夜は明ける (シネマ・クレシェンド)
11月になりました。映画賞レースの第一陣トロント映画祭も終わり、前哨戦が本格的にスタート。10/24にはゴッサム賞のノミネートが発表されました。今月はオスカーに絡みそうな作品を ...
それでも夜は明ける (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
それでも夜は明ける '13:米・イギリス ◆原題:12 YEARS A SLAVE ◆監督:スティーブ・マックイーン「HUNGER ハンガー」「SHAME シェイム」 ◆主演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジア...
それでも夜は明ける (いやいやえん)
その考えこそが、また一つの差別になっていて、二重の差別になっているのが面白い。 首を吊られたまま放置のシーンはとても長く感じられて苦しかったし、怖かった恐ろしいシーンでした。理不尽な非人道的な仕打ちば