kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『源氏物語 千年の謎』を観て

2011-12-21 16:50:59 | 映画・邦画

11-89.源氏物語 千年の謎
■配給:東宝
■製作年・国:2011年、日本
■上映時間:136分
■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)
■入場料:0円(招待券)

 


□監督:鶴橋康夫
□原作・脚本:高山由紀子
□脚本:川崎いづみ
□撮影:藤石修
□照明:磯野雅宏
□美術:今村力
□衣装:宮本まさ江
□音楽:住友紀人
◆生田斗真(光源氏)

◆中谷美紀(紫式部)
◆東山紀之(藤原道長)
◆安倍晴明(窪塚洋介)
◆伊本雅裕(藤原行成)
◆東儀秀樹(一条天皇)
◆蓮佛美沙子(彰子)
◆榎木孝明(桐壺帝)
◆真木よう子(桐壺更衣、藤壺)
◆多部未華子(葵の上)
◆芦名星(夕顔)
◆田中麗奈(六条御息所)
◆室井茂(弘徽殿女御)

【この映画について】
日本文学史に輝く、日本一のベストセラーでロングセラーである恋愛絵巻「源氏物語」。これまでにも何作も映画化されてきたが、本作は「源氏物語」をベースに、その誕生秘話を描いたフィクション。光源氏と恋人たちのめくるめく情事と、現実の世界での紫式部の秘めた恋を同時進行させている。多くの女性を愛さずにはいられない光源氏と、そうと分かっていながらも源氏の魅力に抗えない愛人たち。物語の主人公たちと同様に、式部自身も秘めた想いを止める事は出来ないのだった。
平安王朝時代を再現した宮廷の内装や衣装の絢爛豪華さは、「源氏物語」ファン必見。出演は、生田斗真、中谷美紀、東山紀之ほか。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
絢爛豪華な平安王朝の時代。一条帝の心を娘の彰子(しょうし)に向けさせ、あわよくば彰子が帝の子供を身籠り天皇の外戚として権力を確固たるものにしようと企む時の権力者・藤原道長は、紫式部に帝の気を引く様な物語を書くよう命じる。その物語の題名は『源氏物語』。
主人公は今上帝と桐壺更衣の間に生まれた光源氏。だが、帝の寵愛を受ける桐壺更衣は、嫉妬心に燃える帝の正妻・弘徽殿女御(こきでんのにょご)によって殺害される。光源氏は宮中の女性たちの憧れの的だったが、桐壺に瓜二つの義理の母・藤壺への狂おしい思いを断ち切ることができずにいた。その苦しさから逃れるため、正妻・葵の上(あおいのうえ)、艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)、はかなげでつつましやかな夕顔と、奔放に愛を求めて彷徨うのだった。

やがて、女の心の奥に潜む“嫉妬”という魔物に追いつめられてゆく光源氏……。紫式部が綴る『源氏物語』は、たちまち帝の心を掴み、道長の思惑通り、帝と彰子の間に男の子が生まれた。これによって道長の栄華は確固たるものとなり、紫式部の役目は終わるはずだった。しかし何故か紫式部は『源氏物語』を書き続ける。
そんな中、道長の友人で陰陽師の安倍晴明は、物語に没頭する紫式部に不穏な気配を感じ始める……。光源氏に心奪われる女性たちに深く嫉妬した御息所の修羅の心が、道長への思いを心に秘めた式部自身の心と重なり、生き霊となって現実と物語の空間を越え始めていたのだ。愛と嫉妬と憎悪にゆがむ時空を超えた紫式部、道長、光源氏の運命。そして、陰陽師・安倍晴明がその生き霊を追う……。

源氏物語に精通していない管理人が、学校で習った程度の予備知識で(招待券で)観に行きました。紫式部が道長に依頼されて、帝の彰子への気を引く為に書いたという設定は面白かった、というか実際はどうだったか知りませんが。現実の世界と、紫式部が読み聞かせる創造上の世界がシンクロして、注意深く観ていないと「あれ?今、どっちの世界?」ってな感じになってしまいがち。
ドラマの主人公も光源氏と紫式部の双方とも言える扱いで、後半は紫式部が主役のような部分も多かった。キャスト的には光源氏を演じた生田斗真は色白の美青年の趣があってイメージ的にもピッタリ、紫式部役の中谷美紀もこれで良かったと思う。他のキャストで目立っていたのが田中麗奈、六条御息所役で、自分より若い源氏への愛にのめりこんで行き、遂には生霊になる難しい役なのだが、エキセントリックに演じていて静かな役所が多い中で光っていた。
この映画で目立っていたのはストーリーや豪華な出演陣よりむしろセット、映像の美しさだった。壮大なスケール感を象徴するのは、琵琶湖畔に総工費約2億円を投じて建造された道長の邸宅「土御門邸」のオープンセットで、平安時代にタイムスリップしたような感覚に陥った。また、出演者が身に付けていた衣装も華やかさに満ち溢れていて眼を奪われた。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『灼熱の魂』を観て~2011年... | トップ | 映画『ブリューゲルの動く絵』を... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
総工費約2億円 (まっつぁんこ)
2012-02-11 20:00:09
ハリウッドだったら10倍かけそうだけど邦画にしてはがんばりましたね。(笑)
衣裳や造作物他がきわめて日本的でなかなか良かったと思いました。
>総工費約2億円 (kintyre)
2012-02-12 22:35:37
こんばんは、ハリウッド同様の予算を投じるのは困難ですが、この映画ではストーリーとか演技より、衣装や美術に目が奪われました。平安朝のイメージ通りの映像で、とても良かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
源氏物語 千年の謎  【映画】 (as soon as)
いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、 いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり 源氏物語の冒頭はここから始まる 映画もここから始まる すぐれてときめ...
源氏物語 千年の謎☆千年の時を越え、 (☆お気楽♪電影生活☆)
今、 「源氏物語」誕生の秘密が明かされる――
【源氏物語 千年の謎】(「源氏物語」簡単講座つき感想) 田中麗奈ブラボー! (映画@見取り八段)
源氏物語 千年の謎 監督: 鶴橋康夫    出演: 生田斗真、中谷美紀、東山紀之、真木よう子、田中麗奈、窪塚洋介、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、榎木孝明、甲本雅裕、東儀秀樹 公開: 2011年...
源氏物語 千年の謎(映画)見てきました。 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
色々と感想も読んでいたので期待値は下げていったため 「そんなに悪くないけどなぁ」というのがあります。 生田斗真くんがミスキャストという意見もあるようですが 今、光り輝く若い公達(きんだち)をやらせて様になるという 人はなかなかいない気がしますよ。品のよさ....
源氏物語 千年の謎 (佐藤秀の徒然幻視録)
書くことは呪うことだ 公式サイト。高山由紀子原作、鶴橋康夫監督、生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、 ...
源氏物語 千年の謎 (あーうぃ だにぇっと)
源氏物語 千年の謎
源氏物語 千年の謎 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
源氏物語 オリジナル・サウンドトラック古典文学をフレッシュなキャストで映像化した「源氏物語 千年の謎」。現実世界と物語世界を交錯させた構成は新機軸で面白い。平安時代。絶 ...
「源氏物語 千年の謎」 (みんなシネマいいのに!)
 「源氏物語」は日本映画の定番ネタで時々、思いついたように作られる。 もともと話
2011年11月30日 『源氏物語 ~千年の謎~』 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『源氏物語 ~千年の謎~』 を試写会で鑑賞です。 豪華な女優陣なんですが・・・ ここまで魅力的に撮られていないとグーの根も出ません。 【ストーリー】  平安時代、娘が帝の子を産むことを望む関白・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)にある命を下す。そ...
『源氏物語 千年の謎』 ('11初鑑賞178・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 12月29日(木) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:20の回を鑑賞。
「源氏物語 千年の謎」 物語世界に投射される女の情念 (はらやんの映画徒然草)
世界最古の恋愛小説と言われる「源氏物語」。 それを書いたのは紫式部であるというの
源氏物語 千年の謎/生田斗真、中谷美紀 (カノンな日々)
日本人なら誰もが何らかの形で一度は触れたことがありそうな世界最古の長編恋愛小説『源氏物語』。その誕生秘話を新解釈で描くスペクタクルな歴史絵巻物語りです。『源氏物語』の ...
『源氏物語 千年の謎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「源氏物語 千年の謎」 □監督 鶴橋康夫 □脚本 川崎いずみ、高山由紀子□原作 高山由紀子 □キャスト 生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名 星、       蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、榎木...
源氏物語 千年の謎 (花ごよみ)
光源氏が主人公の物語と、 その物語の作者である、 紫式部の秘められた恋。 物語の世界と現世の交差、 二つの愛の世界が交じり合った「源氏物語」。 監督は鶴橋康夫。 制作総指揮は角川歴彦。 主人公・光源氏は生田斗真。 紫式部は中谷美紀、 式部が思いを寄せる藤原道...
源氏物語 千年の謎  監督/鶴橋 康夫 (西京極 紫の館)
【出演】  生田 斗真  中谷 美紀  東山 紀之  真木よう子  田中 麗奈 【ストーリー】 平安王朝の時代。才女との誉れ高い紫式部は、時の権力者、藤原道長の娘・彰子の女房として宮中に仕えていた。娘を中宮にし、権力を振るいたい道長は、帝の心が娘に向くよう、紫式...
源氏物語 千年の謎 観に行った (miaou de chat)
「源氏物語 千年の謎」生田斗真が光源氏、東山紀之が藤原道長。現実世界と物語世界が融合。陰陽師・安倍晴明もでてくるとあって思わず観に行った。
映画「源氏物語 千年の謎」@有楽町朝日ホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは7割くらい。女性客9:男性客1くらいの割合で、和服姿の女性客が多数来場していた。   源氏物語 千年の謎(生田斗真 主演) [DVD]Amazonアソシエイト by
源氏物語 千年の謎 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/10公開 日本 136分監督:鶴橋康夫出演:生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、榎木孝明、甲本雅裕、尾上松也、東儀秀樹、佐久間良子 千年の時を越え、今、「源氏物語」誕生の秘密が明かさ....
源氏物語 千年の謎 (ルナのシネマ缶)
実は歴史の中で 平安時代は、なんか雅だし 妖怪や陰陽師が活躍するので 1番好きだったりします。 なので、評判はさておき 観てきました。 (だから、来年の大河もちょっと 楽しみだったりして・・・笑) 平安時代、権勢を誇っていた藤原道長(東山紀之)は、 ...
源氏物語 千年の謎 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://genji-nazo.jp/ 原作の高山由紀子が書いた『源氏物語 悲しみの皇子』は未読。 源氏物語は、主役が光源氏という名のプレイボーイということしか知らないんだけど、物語と現実を交錯させた映画ということに興味が湧いての鑑賞。 平安時代、娘が....
『源氏物語 千年の謎』…眠っちゃったよ~( ̄ω ̄;) (beatitude)
絢爛豪華な平安王朝の時代。一条帝の心を娘の彰子(蓮佛美沙子)に向けさせようと企む時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。その物語の題名は『源氏物語』。主人公は今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田...
源氏物語 千年の謎(2011-112) (単館系)
源氏物語 千年の謎 源氏物語は紫式部が書いた書物とされ それの新解釈(?)の映画化。 藤原道長(東山紀之は、娘が天皇の寵愛を得るために 娘の女房役である紫式部(中谷美紀)に誰もが夢中になるよ...
*『源氏物語 千年の謎』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、鶴橋康夫監督、生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子出演。
源氏物語 千年の謎 (LOVE Cinemas 調布)
日本最古の恋愛小説「源氏物語」をモチーフに作者の紫式部の生きる現実世界と光源氏の生きる物語の世界が交錯する。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。主演は『ハナミズキ』の生田斗真と『阪急電車 片道15分の奇跡』の中谷美紀。共演に東山紀之、窪塚洋介、真木よう子、多...
源氏物語―千年の謎― (映画的・絵画的・音楽的)
 『源氏物語―千年の謎―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作では、原作小説(注1)に従って、光源氏を中心とする純然たるフィクションの物語と、紫式部を中心とするいわば“映画的”な「現実」の物語とが交錯して描かれていて、その狙い自体は随分と興味をひかれ...
映画「源氏物語 千年の謎」 (FREE TIME)
映画「源氏物語 千年の謎」を鑑賞。
【映画鑑賞】源氏物語 千年の謎 (愛知女子気侭日記)
予告編を観て興味を抱きました。 ただ源氏物語の一部をそのまま映画にするのではなく、紫式部がなぜ源氏物語を書いたのか。 書きながら何を思っていたのか知りたかったです。知りたいはおかしいか…(-ω-;)ヽ ...
「源氏物語 千年の謎」多くの女を愛した先にみた嫉妬心に駆られた悪霊と想い人への意思表示 (オールマイティにコメンテート)
「源氏物語 千年の謎」は平安時代に活躍した作家、歌人紫式部の「源氏物語」を映画化した作品で、紫式部が藤原道長に依頼されて書き始めた源氏物語を執筆していくうちに紫式部に込 ...
源氏物語 千年の謎 (とりあえず、コメントです)
源氏物語の誕生の謎をベースに平安の貴族の恋愛模様を描いた作品です。 どのような華麗なる世界がスクリーンに広がるのだろうかと楽しみにしていました。 期待通りの美しい絵巻のような世界と、現実と幻想が混ざり合ったような展開に魅せられました。
映画:「源氏物語 千年の謎」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年12月14日(水)。 映画:「源氏物語 千年の謎」。 【監 督】鶴橋康夫 【監 修】朧谷寿 【脚 本】川崎いづみ 【原 作】 高山由紀子 【キャスト】生田斗真 (光源氏)・中谷美紀 (紫式部)・窪塚洋介 (安倍晴明)       東山紀之 ...
源氏物語 千年の謎 (かこぶろ。)
こちらも注目です。 7日(水)22:00~NHK 「歴史秘話ヒストリア」 「わたしが愛した光源氏~“源氏物語”女たちのドラマ~」  1000年前、突如、現れた奇跡の恋愛小説「源氏物語」。  “イケメン光源氏の相手は、絶世の美女ばかり”と思いきや、実は意外とそうでもない...
源氏物語 千年の謎 現実と物語と自分の夢の中を行ったり来たり・・・(^-ω-^)Zzz.. (労組書記長社労士のブログ)
【=66 -12-】 「世界最古の長編小説」または「世界最古の恋愛小説」、昔からなんども何度も読もうと思って結局挫折しまくった源氏物語、、徹底的に映画やドラマや舞台に使われてきたであろう、今回の映画「源氏物語 千年の謎」の原作はコミックだそうだ。  平安王朝の...
映画「源氏物語 千年の謎」 (しづのをだまき)
2011 日本
源氏物語 千年の謎 (Diarydiary! )
《源氏物語 千年の謎》 2011年 日本映画 藤原道長に頼まれ彰子が一条天皇の寵
源氏物語 千年の謎 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画  おこちゃまには、官能的過ぎたのでしょうか  映画を見ながらもそもそとしているお嬢様がたが   見受けられました。内容的には15禁でしょうか。   紫式部は、源氏物語をとおして藤原道長への ...
源氏物語 千年の謎☆独り言 (黒猫のうたた寝)
優雅な平安絵巻の世界は時間がゆったりしているのは当たり前。今までにも源氏物語テーマにした作品って結構作られていますけど、今回はアプローチの仕方としては成功してると思います。導入で藤原道長と紫式部との関係と、源氏物語が生まれるきっかけは、これなのよ!って...
源氏物語 千年の謎 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
源氏物語 千年の謎'11:日本◆監督:鶴橋康夫「愛の流刑地」◆出演:生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子◆STORY◆平安王朝の時代。才女との誉れ高い紫式部は、時の権力 ...
『源氏物語千年の謎』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪)
まあまあの出来というところでしょうか。 生田斗真の『青海波』が観たくていったのですが、まあまあというところでしょうか。 でも、全体にすごく雅できれいでした。 六条の御息所役が田中麗奈で、どうよとおもったのですが、彼女の特別に印象的な目が、生霊の役の...
源氏物語-千年の謎- (愛猫レオンとシネマな毎日)
「源氏物語」が誕生してから千年。 今では、翻訳され、世界的な恋愛小説としても有名です。 ストーリーは、作者の紫式部が物語を書いている現実世界と 光源氏の物語の世界が平行して描かれます。 想像していた以上に面白い作品でした! 正直、もっとチャラくて...
源氏物語 千年の謎 (いやいやえん)
文字というのは不思議なもので、後に残り後を引く。書いた物語は彼女の願望であろうか、そう考えると愛欲に狂い嫉妬に走るいわば「女」というものに現実味がでてくる。六条御息所の女の情念は、式部の修羅そのものな