kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て

2009-02-19 15:02:00 | アメリカ映画 2009

9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで
■原題:Revolutionary Road
■製作年・国:2008年、アメリカ
■上映時間:119分
■字幕:戸田奈津子
■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編
スタッフ・キャスト(役名)
□監督・製作:サム・メンデス
□脚本:ジャスティン・ヘイス
□製作:ジョン・N・ハート、スコット・ルーディン、ボビー・コーエン
□音楽:トーマス・ニューマン
◆レオナルド・ディカプリオ(フランク・ウィーラー)
◆ケイト・ウィンスレット(エイプリル・ウィーラー)
◆キャシー・ベイツ(ヘレン・ギヴィングス)
◆マイケル・シャノン(ジョン・ギヴィングス)
◆キャスリーン・ハーン(ミリー・キャンベル)
◆デヴィッド・ハーバー(シェップ・キャンベル)
◆ゾエ・カザン(モーリーン・グルーブ)

【この映画について】
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが『タイタニック』以来11年ぶりの共演を果たした本作。不世出の天才作家、リチャード・イエーツが1961年に発表した処女小説を、『アメリカン・ビューティー』でオスカーに輝いたサム・メンデス監督の手により映画化。傍目には理想の夫婦に見えるカップルが、それぞれに理想と現実のギャップに悩み、葛藤し、立ちはだかる問題に阻まれながらも、愛と夢を守ろうと苦悩する姿が描かれる。メンデス監督は『アメリカン・ビューティー』同様に、眩いまでの陽の光のもとに、郊外に住む家族の抱える空虚さと絶望を描いているが、もがき苦しむ若夫婦の姿は、50年代のアメリカが進んだ道を暗示しているかのようでもある。(この項、gooより転載しました)【ストーリー&感想】
1950年代のコネチカット州。元陸軍兵のフランク・ウィーラーはニューヨークの事務機会社ノックスに勤め、女優志願だったエイプリルと結婚した。

夫妻は2人の子供に恵まれ、“レボリューショナリー・ロード”の閑静な住宅街で理想的な家庭を築いていた。ある日、エイプリルはアマチュア劇団の舞台に立つ。しかし最悪の出来に終わり、帰りの車中で夫に怒りをぶつける。フランクは30歳の誕生日に、タイピストのモーリーンと食事に出かけ、自分が父と同じような人生を歩んでいることの不満を漏らす。2人は店を出ると、モーリーンの部屋へ行く。フランクが帰宅すると、彼の誕生日を祝う準備が整っていた。そしてエイプリルはフランクに、家族一緒にパリで暮らしたいと告げる。軍人時代、フランクはパリに駐在し、その街に魅了されていた。その思いを聞いたエイプリルも、パリに憧れを抱いていた。また彼女は、パリでは自分が働くので、フランクは好きなことをしていいと言う。フランクは移住を決意し、出発を秋と決める。フランクの同僚や、ウィーラー家の隣人・シェップとミリーのキャンベル夫妻は、2人の計画に冷ややかな視線を送る。

ある日、フランクたちに家を紹介した不動産屋のヘレンと夫ハワードが、精神を病み入院していた息子のジョンを連れてくる。ジョンは、人生の空しさを乗り越えたいというフランクを冷めた目で見る。パリ行きの準備が進む中、ノックス社の取引先のバートがフランクを引き抜こうとする。フランクは新しいポストに心を動かされるが、移住の決意をバートに伝える。出発が近づいたある日、エイプリルが妊娠していることを告白する。それでもエイプリルは移住を強行しようとするが、フランクは決意が揺れ始める。

1950年代と言う時代設定において、女性の社会進出がまだまだだった時代に妻のエイプリルは女優志望で、夫のフランクは会社員だった。当然ながら女優への道は平たんでは無く、妊娠を機にエイプリルは夢をしまいこみ郊外の家を購入し夫と子供と共に傍から見れば幸せな生活を営んでいた。でも、日本でもそうでしょうが、こういう家族ってそれなりに廻りの目を気にして「仲良し家族」を演じている部分がある。この映画ではそこにキリスト教的思想が入り込むので、日本人には分かり辛い部分もありますね。最後は、エイプリルが3人目の子供を妊娠したことと、昇進の話が舞い込んだことでフランクの決意が揺るぎ始め、情緒不安定になったエイプリルは堕胎に失敗して亡くなるという衝撃のラストが用意されていた。

果たしてフランクはかつて憧れていたパリ移住を提案されたが、本当に行きたかったのかは疑問?むしろ、エイプリルの提案を拒否すれば築いてきた夫婦関係にひびが入りそうで、それで受けたのかなって思った。サム・メンデス監督はケイト・ウィンスレットの夫でもあり、彼女はこの企画に安心して取り組んだのだろうが、果たしてこの作品でレオと共演する意味があったのだろうか?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『地球が静止する日』を観て | トップ | 映画『ベンジャミン・バトン~数... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ミスト (MOVIEレビュー))
2011-04-20 15:51:55
gooに引っ越しされてたんですね!
知りませんでした。
楽天でもTBでお世話になっていましたが、
これからもよろしくお願いします。
>こんにちは。 (kintyre)
2011-04-20 21:19:40
詳しい経緯はブログ記事に記しましたが、楽天によるTB締め出しにより、gooへと移籍してまいりました。
こちらではコメントもTBも全て受付出来ますので、gooでも楽天同様に宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (LOVE Cinemas 調布)
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにか...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD (我想一個人映画美的女人blog)
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品 札幌駅にあるシネコンで観て来ました~ 初日の夜なのにガラガラ~ 皆 007の方に流れたのかな?  二人とも体型も...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (Cinema + Sweets = ∞)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。 『タイタニック』から10年以上のもう時間が流れてるんだねーと思うと、心にくるものがありますねー...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (ルナのシネマ缶)
賛否両論の評価がある この作品ですが、 私的には、結構良かったです。 ケイト・ウィンスレットも この間観た「愛を読むひと」より なんか迫力がありました。 まあ、たしかに夫婦けんかの シーンやラストは ちょっときついですが・・・ 高度成長期を迎えた50年...
レボリューショナリー・ロード (Peaceナ、ワタシ!)
- あなたの最愛の人は あなたを愛していますか-。 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・メンデス(ケイトの旦那様!)です。 結婚の理想と現実の狭間にゆれる、...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road (映画!That' s Entertainment)
●「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road」 2008 アメリカ Dream Works SKG,BBC Films,119min. 監督:サム・メンデス  原作:リチャード・イェーツ「家族の終わりに」 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (こねたみっくす)
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映 ...
「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
タイタニックから11年、主演の2人が今度は夫婦役を演じる・・・ ちょっとだけ「リトル・チルドレン」っぽさも感じる映画かなぁ~と思いました。個人的には、リトル~の方が好きかも・・・。この監督さんは「アメリカン・ビューティー(1999) 」を撮った人で、ケイトの...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画鑑賞★日記・・・)
原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キ ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最....
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (悠雅的生活)
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで☆独り言 (黒猫のうたた寝)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』コンビ再び~~~っと予告で煽ってた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』新興住宅地に住む一組の夫婦フランクとエイプリルは傍目には美男美女の理想的なカップル・・・2人の子供にも恵...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで←見てる方は燃えかすに・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨夜(土曜の夜)、友人(K太)が遊びに来た。 みんなにも声を掛けようかと思ったけど、来るのが22時頃と言うことで、微妙に遅いので断念。 で、きっと彼が喜ぶやろうと確信して最近のフェイバリットな「カレー鍋」で歓迎。 スープのレシピを書いておけって言われたの....
レボリューショナリー ロード/燃え尽きるまで (Men @ Work)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演が話題の映画、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」です。TOHOシネマズ六本木のレイトショーで鑑賞しました。 実は…この映画を観るつもりで六本木に行ったんではなく...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (まぁず、なにやってんだか)
昨日、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」を鑑賞してきました。 えっと~、これは何を言いたい映画なんでしょう??? 豪華キャストにつられて鑑賞しに行ったものの、想定外の内容でした。 どれだけ相手を傷つけられる言葉を怒鳴れるか選手権みたいで...
「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」 (或る日の出来事)
1950年代、アメリカ・コネチカット州。ニューヨーク州のとなり、東海岸に面した州だ。 新しい生活を求めて冒険しようとした夫婦(もしくは妻)がたどった道は、どうなっていったのか。
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
映画史上永遠のカップル、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが待望の再競演。運命のふたりがたどり着く愛の終着点。物語:1950年代のアメリカ、コネチカット州。 ...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイ...