kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て

2011-05-25 10:05:29 | アメリカ映画 2011

11-38.ブラック・スワン
■原題:Black Swan
■製作年・国:2010
年、アメリカ
■上映時間:110分
■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)
■料金:1,800円
 
□監督:ダーレン・アロノフスキー
□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジョン・マクローリン
□撮影監督:マシュー・リバティーク
□衣装デザイン:エイミー・ウェストコット
□振付:ベンジャミン・ミルピエ
◆ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)
◆ヴァンサン・カッセル
(トマ・ルロワ)
◆ミラ・クニス(リリー)
◆バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ)

◆ウィノナ・ライダー(ベス・マッキンタイア)
【この映画について】
ナタリー・ポートマンが第83回アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いた話題作。監督は、『レスラー』でミッキー・ロークを見事に復活させた鬼才ダーレン・アロノフスキー。
本作では独創的な映像演出で、極限の高みに上り詰めようとするアーティストの孤独と苦悩を描き出している。子供時代にバレエを習っていたナタリーは、10ヶ月の猛特訓の末、本格的な舞踏シーンに挑戦。しかしそれ以上に、激しい内面の葛藤に耐えながら、孤独な闘いを続けるバレリーナになりきった、鬼気迫る演技は必見だ。またライバルのリリー役を演じたミラ・クニス、娘に異常な愛情を注ぐ母親役のバーバラ・ハーシー、ニナに主役の座を追われ、精神が崩壊していく元プリマ役のウィノナ・ライダーと、共演陣のチカラのこもった演技も見事。ヘタなホラー映画よりもよほど背筋にゾクっとくる、衝撃のサイコスリラーだ。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親・エリカの寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーの出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。

ニナの重圧から来る幻覚が度々映像として現れるが、果たしてどこまでが現実なのか、それとも幻覚なのかは観ている観客にも不思議な感覚をアロノフスキー監督は投げ掛けてくる。そして再三、鏡がキーポイントとなってくるのも特徴。この鏡を通した映像や出来事がクライマックスへと繋がっている。
第一幕は順調に滑り出したかに見えたが、やがてニナは幻覚を見始め、しまいには王子役のバレエダンサーがニナを受け損なって、彼女を落としてしまう。その直前のシーンでリリーが王子役のダンサーを誘惑しているかのようなシーンがあり、それ自体が幻覚なのか現実なのかさえ微妙に感じた。
すっかり憔悴して楽屋に戻ると、そこにはブラック・スワンの化粧をしているリリーの姿があった。そして眼前でリリーがニナ自身の姿へと変容する幻覚を見ながら、彼女ともみあいになり、割れたガラス一片でリリーを刺殺してしまう。ニナはリリーの死体をトイレに隠し、第三幕を踊るため、ブラック・スワンとして舞台に登場した。

ニナはまるで身も心もブラック・スワンとなったかのように、情熱的にそして官能的に踊り、観客は総立ちで拍手をしてニナをほめたたえた。舞台を下りると、ニナはトマと抱き合いキスを交わす。しかし、ニナが楽屋で待っていると、そこにニナの踊りに感動したリリーが激励の言葉をかけに現れた。この時、ニナはリリーと争ったことは現実ではなく幻覚だったこと、鏡の破片で刺したのもリリーではなく、自分自身だったということに気付く。

第四幕(最後幕)舞台が始まり、ニナはフィナーレを完璧に踊りこなした。最後のホワイト・スワンが崖から跳び下りて自らの命を断つ場面(当然、舞台には衝撃を和らげるマットが敷いてある)を演じながら、ニナは観客の中に母がいて感動してすすり泣いていることに気付いた。観客はまた総立ちになり劇場全体に割れんばかりの拍手が響き渡った。
観客席が感動に包まれ、トマもニナを褒めたたえて抱きあげるが、ニナの腹部からは大量の血が滲み出していた。ニナが楽屋でリリーと揉み合って刺したと思っていたのだが、実は、自身を刺していたのだった。完璧なバレエを舞いきったニナは、恍惚とした表情で宙を見上げるが、その視界は徐々に白んでいくのだった。

この作品はやはりナタリー・ポートマンの迫真の演技が最大のみどころであり、企画段階から実際に映画完成まで10年近い年月を要しているが、その間にナタリー・ポートマンは様々なスタイルの演技に挑戦し演技の幅を広げていた。バレーのシーンは100%彼女の演技では無い(85%位だそうだ)そうだが、それでもスクリーンを通して彼女の頑張りは伝わってくる。
ストーリー的には「白鳥の湖」をベースにしたサスペンス・スリラー仕立てなのだが、ニナと母エリカとの関係も微妙だ。エリカ自身もバレー・ダンサーだったが、ニナの出産に伴い現役を諦めたことでニナに自分の夢を託すようになる。しかし、いつしかニナの成功を祈りつつも、娘に対する嫉妬心を抱えるようになるなどエリカの複雑な心境も描かれている。そのニナの父が誰なのかは語られないのだが、この辺も妙な想像を駆り立てられる。

ニナとライバルであるリリーとの関係もスリリングだった。リリーはべスの次は自分が後継者に選ばれると信じていたのにニナに奪われたことで、トマにも嫉妬して何とかニナから役を奪い返したい一心の行動に走る。ニナもリリーの嫉妬心を感じており、最後は、リリーに役を奪われたくない一心で楽屋でもみ合いになりながら、実は自分を刺してしまうと言う衝撃のラストへと繋がって行く。
ニナを巡る母エリカとリリーとの関係、また、役を奪った形になった前任のべスとの関係をアロノフスキー監督は上手くまとめたのだが、これはやはり脚本が良かったからだろう。ニナが入院中のベスを見舞いに行くシーンも怖かったです。

ナタリー・ポートマンは、この映画で念願のアカデミー賞主演女優賞を受賞した上に、振付師のベンジャミン・ミルピエとも恋仲になりメデタク結婚し、一児を最近出産した。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西武、2件のトレードを成立で鬼... | トップ | 栗山、延長戦を制する殊勲打で広... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (アイマック)
2012-01-10 23:22:23
kintyreさん、コメントありがとうございました。

ほんと下手なホラーより、恐かったですね。
何が現実なのか、みてるほうもわからなくなって
いつのまにかニナの視線でみてました。
ナタリーの演技はほんとに凄かった。心に残る映画でした。
>こんばんは♪ (kintyre)
2012-01-10 23:41:03
>アイマックさん、こんばんは
御指摘の通り、どこまでが現実なのか否か、その境界線が知らない間に越えていて、集中して観ていても分からなくなりました私も。
N・ポートマンのここまでの代表作であると間違い無く断言出来ます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

76 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ブラック・スワン」 (或る日の出来事)
これは、すごいものを観た。
『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜) (ラムの大通り)
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
ブラック・スワン (LOVE Cinemas 調布)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...
「ブラック・スワン」 (のほほん映画鑑賞)
表現者として、自己の限界を越えろ。 完璧を目指して、内なる闇も自分のものにしろ・・・ 母親に守られ、バレエ命!の日々を送るニナ。 白鳥役はものにしたけど、黒鳥役はそう簡単にいかない。 監督にはエロアプローチされるし、 ママは、いい子のままでいてほしい...
ブラック・スワン (Memoirs_of_dai)
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
「ブラック・スワン」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ原題:Black Swan監督:ダーレン・アロノフスキー原案:アンドレス・ハインツ脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マク
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラックスワン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ミステリー仕立てのバレエ映画である。ニナは新趣向で上演されることになった『白鳥の湖』の主役に大抜擢され、有頂天になってしまった。だがそのお陰で引退勧告を受けたべスや、主役を横取りされたミラたちの恨みをかってしまう。  だがニナの最大の敵は自分...
映画「ブラックスワン」 (<花>の本と映画の感想)
ブラックスワン  映画館にて鑑賞 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス 2010年
ブラック・スワン (うろうろ日記)
試写会で見ました。すっごく期待してました。バレエの新プリマとして初舞台を踏むナタ
映画『ブラック・スワン』  (よくばりアンテナ)
心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...
ブラック・スワン (菫色映画)
ブラック・スワン[DVD] 2010年 アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン    ヴァンサン・カッセル    ミラ・クニス    バーバラ・ハーシ ...
ブラック・スワン  監督/ダーレン・アロノフスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  ウィノナ・ライダー 【ストーリー】 ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに...
◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
★ 『ブラック・スワン』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"BLACK SWAN".   ダーレン・アロノフスキー監督。  これまで、さまざまなジャンルの映画に出演しては、清純派女優のイメー...
ブラック・スワン (シャーロットの涙)
チャイコフ好き〜♪
【ブラック・スワン】 (日々のつぶやき)
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー   純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ 「ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナのニナは母エリカと二人暮し。体調管理か
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・London)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
「ブラック・スワン」みた。 (たいむのひとりごと)
ナタリー・ポートマンに拍手喝さい!バレエの事は良く分からないので、ナタリーがダンサーとしてどれほどのものかは分からないけれど、本番での”ブラック・スワン”は鳥肌モノだった。もちろん、映画なので映像とし
ブラック ・スワン (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
[Review] ブラック・スワン (Diary of Cyber)
白鳥の湖。チャイコフスキー作曲によるバレエ作品。 1877年のボリショイ・バレエ団による公演以降、多数の演出家・振付師によって様々な版が出され、今やクラシック・バレエの代表作ともいえるに至りました。 僕はバレエにはとんと疎い人間ですので、『白鳥の湖』と言わ...
ブラック・スワン;レビュー? (ゆるっとヴァカンスな日々)
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
狂気に狂喜。【映画】ブラックスワン (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ブラックスワン(BLACK SWAN) ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞受賞。 【あらすじ】 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァ...
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
『ブラック・スワン』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
これは、、 何から書けばいいんだろう。 去年9月にヴェネチア映画祭で上映されたって聞いてから、 大好きな ダーレン・アロノフスキー 監督作品ということでずっと楽しみにしてた。 できるだけ前情報なく観たかったので、 劇場での予告編はもちろん、公開直...
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
「ブラック・スワン」 ホラー映画です (ももたろうサブライ)
監督 ダーレン・アロノフスキー
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
『ブラック・スワン』 (beatitude)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
ブラック・スワン (シネマDVD・映画情報館)
ブラック・スワン 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 内容:ニナはニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活の全ては踊ることに捧げられてい...
ブラック・スワン (rambling rose)
バレエに生活の全てを捧げ厳しいレッスンに励むニナは、所属するバレエ団の人気プリマの引退を受け新作のプリマに抜擢される。
ブラック・スワン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・....
『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
飛びます,舞います!  
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)は...
映画「ブラック・スワン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/5/13、109シネマズ木場。 ナチリー・ポートマンが、この映画で第83回アカデミー、主演女優賞を獲得。 *   ナタリー・ポートマン、ミラ・クーニス、バンサン・カッスル、バーバラ・ハーシー。 ** ニューヨークのバレエ団のバレリーナ、ニナ・セイ....
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
映画レビュー「ブラック・スワン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
「ブラック・スワン」 (★ Shaberiba )
孤高の美を演じきったナタリーに拍手!!
ブラック・スワン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー(『ザ・ファイター』)出演:ナタリー・ポートマン(『ニューヨーク、アイラブユー』『マイ・ブラザー』)ヴァンサン・カッ ...
ブラック・スワン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック・スワン 制作:2010年・アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ あらすじ:ニューヨーク・シティ...
ブラック・スワン (Diarydiary! )
《ブラック・スワン》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − BLACK SWA
ブラック・スワン (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… バレエの世界を舞台にした心理サスペンス。 ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、バレエに人生を捧げていた。そん...
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
どうしようかなぁ〜? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
「ブラック・スワン」5つ★です (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリーポートマン、美しい! かなり面白かったけれど、痛いシーンも結構あります。
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
■映画『ブラック・スワン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...
ブラック・スワン (Blue Blue Blue)
最初タイトルだけ見たときには、 数年前に流行った経済学の本を映画化したのかと思いましたが、 予告編を見て、そうじゃないんだなというのは分かってました。 しかしここまで怖いとは。 ナタリー・ポートマンがすごい! パイカリ始まってるから空いてることを期待して....
ブラック・スワン (pure\'s movie review)
2010年 アメリカ作品 108分 20世紀FOX配給原題:BLACK SWANSTAFF監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:マーク・ヘイマン アンドレス・ハインツ ジョン・マクラフリンCASTナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラー・ハーシー ウィノナ・ラ...
ファントム・オブ・バレエ (宇宙のめいぐると)
「ブラック・スワン」
背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』 (水曜日のシネマ日記)
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
ブラック・スワン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がす...
『ブラック・スワン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
ブラック・スワン (メルブロ)
ブラック・スワン(原題: BLACK SWAN) 361本目 2011-21 上映時間 1時間48分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ) 、 ヴァンサン・カ ...
ブラック・スワン (シネマDVD・映画情報館)
ブラック・スワン 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 内容:ニナはニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活の全ては踊ることに捧げられてい...
カ・ン・ペ・キ〜『ブラック・スワン』 (真紅のthinkingdays)
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
ブラック・スワン (映画三昧、活字中毒)
■ 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞ブラック・スワン/BLACK SWAN 2010年/アメリカ/108分 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハ...
ブラック・スワン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
チャップリンのバレエの次は古典バレエの白鳥の湖ナタリー・ポートマンが悩めるプリマのニナを演じます。典型的なよいこの優等生ニナ・・・純粋で、魔王におびえひっそりと生きる白鳥は、今のニナそのものなので見事に演じることができるけどセクシーで小悪魔的な黒鳥を表...
ブラック・スワン (とりあえず、コメントです)
ナタリー・ポートマンが昨年の映画祭の主演女優賞を総なめしたスリラーです。 彼女のどんな演技が見られるのか、とても楽しみにしていました。 バレリーナそのもののような見事なダンスを披露しながら、 役に苦悩し狂気に落ちていく主人公を迫真の演技で体現していました...
映画 ブラックスワン (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ...
ブラック・スワン (こんな映画見ました〜)
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリ...
ブラック・スワン (C note)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督。 予告篇から想像するに、バレエの世界
ブラック・スワン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
「ブラック・スワン」 (てんびんthe LIFE)
「ブラック・スワン」TOHOシネマズ日劇で鑑賞 2011−043 ナタリーの女優魂をまざまざと見せつけられた1本。 吹き替えなしで踊りとおした彼女は女優よりもダンサーです。 何でもバレエを本格的にレッスンしたのはこの作品に出演が決まってからで撮影に入る8か月ほど...
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...
映画「ブラック・スワン」を見ました(サイコホラーと聞いていたが官能映画?) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ブラック・スワン」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思いま
ブラック・スワン (小部屋日記)
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...
『ブラック・スワン』 (千の天使がバスケットボールする)
5月16日に発表された14、15日の映画観客動員ランキングによると、11日に公開されたナタリー・ポートマン主演の映画『ブラック・スワン』が、2日間で約21万人を動員し、興行収入約2億7000万円で初登場首位を獲得したそうだ。かくいう私も先日鑑賞したのだが、確かに大ヒッ...