kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ドライヴ』を観て

2012-04-30 23:24:40 | アメリカ映画 2012

12-35.ドライヴ
■原題:Drive
■製作国・年:アメリカ、2011年
■上映時間:100分
■字幕:岡田壮平
■観賞日:4月30日、ヒューマントラスト・シネマ渋谷(渋谷)



□監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
◆ライアン・ゴスリング(ドライヴァー)
◆キャリー・マリガン(アイリーン)
◆アルバート・ブルックス(バーニー・ローズ)
◆ブライアン・クランストン(シャノン)
◆クリスティナ・ヘンドリックス(ブランチ)
◆ロン・パールマン(ニーノ)
◆オスカー・アイザック(スタンダード)
【この映画について】
デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督がメガホンをとった本作は、『きみに読む物語』のライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンの若き演技派二人を主演に迎え、スタントマンと強盗の逃がし屋の二つの顔を持つ男の姿をクールに描き、批評家たちの称賛を浴びた注目のクライム・サスペンスだ。
フィルム・ノワールのような静謐さと緊張感溢れるバイオレンスが融合、ジェットコースターのような展開と、二人の主人公が織りなす激しい愛の物語に、激しく心を揺さぶられる事必至。魅力が何層にも詰まった会心作だ。第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞している。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー”は、昼は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手というふたつの顔を持っていた。家族も友人もいない孤独なドライバーは、ある晩、同じアパートに暮らすアイリーンと偶然エレベーターで乗り合わせ、一目で恋に落ちる。
不器用ながらも次第に距離を縮めていくふたりだったが、ある日、アイリーンの夫スタンダードが服役を終え戻ってくる。その後、本心から更生を誓う夫を見たアイリーンは、ドライバーに心を残しながらも家族を守る選択をするのだった。しかし、服役中の用心棒代として多額の借金を負ったスタンダードは、妻子の命を盾に強盗を強要されていた。そんな中、絶体絶命のスタンダードに助けを求められたドライバーは、無償で彼のアシストを引き受ける。

計画当日、質屋から首尾よく金を奪還したスタンダードだったが、逃走寸前で撃ち殺され、ドライバーも九死に一生を得る。何者かによって自分たちが嵌められたことを知ったドライバーは、手元に残された100万ドルを手に黒幕解明に動き出す。だが、ドライバーを消し去ろうとする魔の手は、すでに彼の周囲の人間にも伸びていた……。やがて、恩人の無残な死体を発見したドライバーは、報復、そして愛する者を守るため、逃走から攻撃に一気にシフトチェンジするのだった……。

この映画は確かにアメリカ製作なのだがデンマーク出身のレフン監督は、アメリカらしいストーリーと欧州的な映像展開を見事に融合させていたように思う。
ただ全体的に観てライアン・ゴスリングの懐の深い演技には感心させられた。彼が演じるスタント・ドライヴァーには不思議なのだが「名前」が無い。また、オープニングで彼が強盗犯と組んでロス市内でパトカーに追われながらも見事なテクニックと勘を駆使して警察をまくのは痛快であり「彼が只ならぬ人物であることを想像せよ」と観客に呼び掛けているかのようだ。そのドライヴァーの「本職」であるスタント・シーンは勿論用意されているのだが、彼の生い立ちや過去については彼がスタント・マンと掛け持ちしている町中の自動車修理工場での確かな腕前からある程度予想出来る。だが、そこまで。
ドライヴァー演じるライアン・ゴスリングが終始クールな姿勢を崩さず、一目で恋に落ちたアイリーンとの関係も収監中の夫スタンダードが刑期を終えることで終わりを迎えることになる。スタンダードは妻とドライヴァーとの関係を疑いの眼差しで見つめるのだが、スタンダードは刑期中の借金返済の為に強盗をする羽目になり何故かドライヴァーもそんな彼を助けることに。この背景に、ドライヴァーが勤める修理工場主と怪しげなユダヤ人が経営するイタリア料理店主が絡んでくる。

結局、スタンダードは騙され命を落とすことになりドライヴァーも危機一髪相手を殺して脱出した。そして彼はこの事件を背後で操っていた黒幕と中華料理店で対峙して壮絶なバトルへと展開し彼も負傷するのだが...。最後まで感情を露わにすること無くクールに去って行く姿はカッコ良かったし、ライアン・ゴスリングの演技が光った作品だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『マリリン 7日間の恋』を観て | トップ | 絶好調、「5番・秋山」!4安打... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (かめ)
2012-09-04 01:23:29
TBありがとうございました。
ライアン・ゴスリングの演技光ってました。
これからも楽しみな役者です。
>ありがとうございました (kintyre)
2012-09-08 08:55:01
こんにちは。
ライアン・ゴスリングはかなりの売れっ子になって
いますので、これからも出演作には注目したいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「ドライヴ」  (ようこそMr.G)
映画 「ドライヴ」
ドライヴ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その愛は、危険に加速する。 昼はハリウッドのスタントマン、夜は犯罪者の“逃がし屋”として、都市の日陰で生きる孤独な男が、ふとした切っ掛けで知り合った隣家の母子を救うために、裏社会の大物相手に命懸...
「ドライヴ」 (或る日の出来事)
最初の闇仕事(盗っ人を乗せ、クルマで逃走)のあたりだけは興味を引いて、面白かったけど。
ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演『ドライヴ』(Drive) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストシーンに触れています。ジェイムズ・サリスの小説を原作にニコラス・ウィンディング・レフン監督が映画化『ドライヴ』。出演はライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、オスカー・アイザッ
リアル・ヒーロー〜『ドライヴ』 (真紅のthinkingdays)
 DRIVE  A real human being and a real hero  「10万の通りを持つ街」、ロサンゼルス。自動車修理工場で働く謎めいた男 (ライアン・ゴズリング)は、抜群のドライビング・テクニッ...
ドライヴ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  昼は映画のスタントマンで、夜は強盗の逃がし屋。二つの顔を持つドライバーのお話である。オープニングの映像と音楽は実にシブイ。主演のライアン・ゴズリングのクールな演技もカッコいい。  このカッコいい男が、刑務所暮らしの旦那を待っている子持ちの女に...
『ドライヴ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドライヴ」□監督 ニコラス・ウィンディング・レフン □脚本 ホセイン・アミニ □原作 ジェームズ・サリス■鑑賞日 3月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> これはちょっぴり...
愛ゆえに・・・ (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ドライヴ」を鑑賞しました。 昼はカースタントマン、夜は強盗などの運転手として逃がし屋として働く男 ある女性に恋をし 助けるために事件 抗争に巻き込まれていく・・・ とにかく クールでカッコいい 主人公のドライバーに惚れてまうように ....
ドライヴ(2011)☆★DRIVE (銅版画制作の日々)
 疾走する純愛―― 好き度:+8点=68点 不思議な味わいのクライムアクションサスペンス さそり座の男は飄々としながら、最初は狂気を闇に隠していた、、、、。前半はたるくて寝むそうになった。しかし一転して後半はドライヴ状態が加速!そして男はまるで人が変わ...
ドライヴ (to Heart)
原題 DRIVE 製作年度 2011年 上映時間 100分 映倫 R15+ 原作 ジェイムズ・サリス 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 出演 ライアン・ゴズリング/キャリー・マリガン/ブライアン・クランストン/クリスティナ・ヘンドリックス/ロン・パールマン/オスカー・アイザッ...
ドライヴ (迷宮映画館)
とにかく音楽が秀逸♪
ドライヴ (Diarydiary! )
《ドライヴ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − DRIVE ドライビングテ
映画「ドライヴ」@シネマート六本木 (新・辛口映画館)
 映画レビューサイトCOCOさんの独占試写会だ。客入りは若干空席があるものの、会場となったシアター3はほぼ満席である。映画レビュアーさんたちの出席率の高さに感心する。      映画の話  天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃...
ドライヴ (あーうぃ だにぇっと)
ドライヴ@シネマート六本木
映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...
ドライヴ (Memoirs_of_dai)
緩急が効いたエレベーター 【Story】 天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キ...
ドライヴ / DRIVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月は、春のジュード祭りとライアン・ゴズリング祭り開催中 二人の出演作が2本も公開。ってことで 31日に公開になる本作、一足早く Twitter映画鑑賞記録サイトcocoさんのご招待試写にて鑑賞。 昼は車の...
『ドライヴ』 2012年3月23日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ドライヴ』 を試写会で鑑賞してきました。 ドライブじゃないですよ! ドライヴね。間違わないように(笑) 【ストーリー】  天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドラ...
ドライヴ (心のままに映画の風景)
自動車修理工場で働く卓越したドライビング・テクニックのドライバー(ライアン・ゴズリング)は、映画のスタントマンとして活躍する一方、夜は強盗の逃走を手助けする闇の仕事を請け負っていた。 ある日、...
「ドライヴ(Drive)」甘くてクール (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
最近活躍の目立つライアン・ゴズリング。 彼の運転する車で音楽をかけながら気まずい空間を体験したという監督が、彼のためにあて書きしたというだけあって、ライアン・ゴズリングの寡黙さあっての甘くてクールな作品だ。
『ドライヴ』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: DRIVE 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ライアン・ゴズリング 、キャリー・マリガン 、ブライアン・クランストン 、クリスティーナ・ヘンドリックス 、ロン・パールマン 試写会場: なかのZEROホール [2012年3月31日公開] 公式サイ....
『ドライヴ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.03.24 『ドライヴ』(試写会)@なかのZEROホール KLYさんのおこぼれにあずかって、総勢4名で見てきたー☆ 見たくて試写会応募しまくってたのでうれしい♪ *ネタバレありです! 「ハリウッドのカースタントマンでもあるドライバーは、犯罪者を現場から逃走させる闇...
「ドライブ」 ライアン・ゴズリング主演 (カサキケイの映画大好き!)
渋谷のヒューマントラストは最近良く利用する映画館です。 シアターが3つ、 シアターらしい大きさの1と、 ホームシアターぐらいの3と、 その中間ぐらいの2。 「ドライブ」は一番大きい1で上映中でした。 この作品を作ったデンマーク出身の監督ニコラス・ウィ...
ドライヴ (がらくた新館)
独特の雰囲気の映画です。 わりと地味な映画ですが、結構好みです。ギャング相手に職
「静」がより感情を強く訴えかけてきます 映画“ドライヴ” (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★「静」がより感情を強く訴えかけてきます。銃撃や逃走が次々に起こるアクション重視のサスペンスとは対照的に、見た目の派手さを抑えに抑えた演出と演技が、主人公をヴァイオレンスに駆り立てる様子を強く伝えてきます。主人公の常にクールで控えめな表情が、好...
「ドライヴ」 あっしには関わりねえことでござんす (はらやんの映画徒然草)
主人公ドライバー(劇中で名前が出ない)は昼間は映画のカースタント、及び修理工をし
『ドライヴ』 これぞリアルな変身ヒーロー (映画のブログ)
 影響を受けたのは『ハロウィン』と『トランスポーター』。  オマージュを捧げているのは『タクシードライバー』とアレハンドロ・ホドロフスキーの諸作。  そうニコラス・ウィンディング・レフン監督は語...
ドライヴ (だらだら無気力ブログ!)
冒頭の逃走シーンが素晴らしい。
試写会『ドライヴ』 (2012.3.31公開) (理性と感情の狭間で)
twitterでお世話になっているcocoさんの試写会で3月31日(土)公開の『ドライヴ』を観てきました。 あらすじ 昼は自動車整備工や映画のカースタント、夜は強盗の逃走を助ける寡黙なドライバー(ライアン・ゴズリング)は、同じアパートに住む子持ちの人妻アイリーン(キ...
『ドライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Drive) 「たまに使う言葉を使わせてもらうけど、 これはほんとうの“拾いもの”。 いまのアメリカ映画にこんなアクションが作れるとは…!? 途中で、もしかしてこれオリジナルは韓国映画?なんて考えが 頭をよぎったほど…」 ----それはまた過激な言い方だニ...
ドライヴ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DRIVE】 2012/03/31公開 アメリカ R15+ 100分監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス ...
[映画『ドライヴ』を観た(傑作! だが、スマン、短信だ)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく見て、「キレのいいアクション作品かなぁ」と思いきや…、「ヴァイオレンスと純愛の狭間で…」てな、全編緊張感の持続する作品であった。  主人公は、昼は修理工として働き、依頼があればカースタントもこなす、車全般の若きプロフェッショナル。 ...
「ドライヴ」 (てんびんthe LIFE)
「ドライヴ」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 2012-033 ひそかにライアン・ゴスリング祭りやってるようです。 私は特に好きというわけではないですが、この後「スーパー・チュースデー」も公開になるので、こちらも見ておくべきかと。 ライアン・ゴスリングの出演作、...
ドライヴ (rambling rose)
昼間はカースタントマンとして働きながらも、夜は強盗の逃走手助けをするドライバー。そんなある日、彼は幼い息子を連れたアイリーンと出会う。
ドライヴ (風に吹かれて)
あるドライバーの純愛公式サイト http://drive-movie.jp原作: ドライヴ (ジェイムズ・サリス著/ハヤカワミステリー文庫)天才的なドライブテクニックを武器に、昼は自動車整備工場に勤め
「ドライヴ」 (Con Gas, Sin Hielo)
プロフェッショナルはいつも寡黙。 ドライバーのキッドは多くを語らない。ときどき後ろに流れるのは、夢うつつのような音楽。 下手すると眠気に襲われそうだが、この作品は逆に静寂が観る側を引きつける。 特に冒頭の警察とのチェイスは実に新鮮だ。 追いかけ合うの....
「ドライヴ」 (prisoner's BLOG)
キッド、と西部劇ばりに抽象化した名で呼ばれる主人公は寒色系、ヒロインは暖色系の色彩でヴァリエーションをつけながら巧みに統一した色彩設計。 ただしキッドが入ってくるのにあわせて写るヒロインの部屋の壁紙が寒色系だったり、ヒロインのことを想っているキッドの部....
ドライヴ (銀幕大帝α)
DRIVE/11年/米/100分/犯罪サスペンス・アクション/R15+/劇場公開(2012/03/31) −監督− ニコラス・ウィンディング・レフン −出演− *ライアン・ゴズリング『ラブ・アゲイン』・・・ドライバー *キャリー・マリガン『ウォール・ストリート』・・・アイリ...
ドライヴ (いやいやえん)
ライアン・ゴズリングさんの演技も良いのですが、演出も良かった。監督は「ヴァルハラ・ライジング」の方。同じように少ない台詞からは推し量れない何かが心を抉っていく。台詞のない状態での感情の動きってのが凄く沁み込んで来る作品になっていると思う。静寂が時に...
ドライヴ (Drive) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 主演 ライアン・ゴズリング 2011年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★★★ 人見知りモード発動中か嫌いな人が一緒じゃない限りは、基本的におしゃべりな私。数はとことん少ないですが、気の合う人と語り合ってる時間...