kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て

2012-11-10 19:11:26 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

12-86.推理作家ポー最期の5日間
■原題:The Raven
■製作年、国:2012年、アメリカ
■上映時間:110分
■字幕:石田泰子
■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)
■料金:1,800円 

 

□監督:ジェームズ・マクティーグ
◆ジョン・キューザック(エドガー・アラン・ポー)
◆ルーク・エヴァンス(フィールズ刑事)
◆アリス・イヴ(エミリー・ハミルトン)
◆ブレンダン・グリーソン(ハミルトン大尉)
◆ケヴィン・マクナリー(マダックス編集長)
◆オリヴァー・ジャクソン=コーエン(ジョン・カントレル巡査)
◆ジミー・ユイル(エルダリッジ警部)
◆パム・フェリス(ブラッドリー夫人)
◆ブレンダン・コイル(酒場の店主リーガン)
◆サム・ヘイゼルダイン(植字工アイヴァン)
【この映画について】
憧れと嫉妬はファン心理の裏表だ。新作を発表しない作家を挑発する小説模倣犯は殺人に取り憑かれ、自らの優位性を誇示し、憧れの作家を屈服させようとする。推理小説の創始者であり、詩人、批評家としても活躍した天才作家エドガー・アラン・ポーが40歳で謎の死を遂げるまでの最期の日々を、史実とフィクションを織り交ぜて極上のサスペンスに仕立てたのが本作である。
脚本家チームの大胆な発想を見事に映像化したのは『Vフォー・ヴェンデッタ』の監督ジョン・マクティーグ。主人公ポーにはインディ系『さよなら、いつかわかること』から大作『2012』まで幅広くこなすジョン・キューザックが扮し、孤高の作家を魅力的に演じている。
(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
1849年のアメリカ、ボルティモア。闇夜の中で凄惨な殺人事件が発生する。現場に急行したエメット・フィールズ刑事が目にしたものは、血まみれの母娘の無残な死体だった。その事件は、トリックも殺害方法も、数年前に世間を震撼させたエドガー・アラン・ポーの推理小説『モルグ街の殺人』に酷似していた。

その頃、酒場で騒ぎを起こして放り出されたポーは、恋人エミリーと出会うが、彼女の父親のハミルトン大尉から、娘に近づかないようにと言われてしまう。新聞社のマダックス編集長と口論の後、帰宅した彼をエミリーが訪ねてくる。自分の誕生日に行われる仮面舞踏会でプロポーズして欲しいというのだ。招待客の前であれば、父親も結婚を許してくれるのではないか……それが彼女の思惑だった。

その頃、文芸評論家のグリズウォルドが、木の台座に磔にされ、巨大な刃の振り子によって胴体を真っ二つにされるという『落とし穴と振り子』のような殺人事件が起きる。
ポーに捜査への協力を要請するフィールズ。第2の殺人現場に“仮面舞踏会に死がやってくる”と書いたメモが残されていたのだ。それは、エミリーの誕生日の仮面舞踏会を指していた。舞踏会当日。フィールズと部下たちが警備する中、深夜12時を回ろうとした時、髑髏の仮面を付けた死装束の騎士が乱入。それは、まさにポーの『赤き死の仮面』を思わせる光景だった。
会場が騒然とする中、忽然と姿を消すエミリー。しかも、死装束の男は金で雇われただけで、殺人鬼ではなかった。その手には、ポーに対する挑戦状が記されていた。“ポーが新聞に連続殺人の偉業を書いて載せれば、今後の殺人で犠牲者が出るたびにエミリーの居所のヒントを与える”。恋人を救うために、殺人鬼に従うしかないポー。模倣殺人犯の目的は一体、何なのか……?

ポーの作品で実際に発生した事件の手口を真似た殺人事件で世間を騒がせる犯人像は?非常に興味をそそられるテーマで、しかも、この当時のポーは冒頭でのシーンにあるように、執筆活動が行き詰まり呑んだくれに成り下がっていた。
こうしたポーの現状を嘆いていたのがマダックス編集長だったので、当初、この事件は編集長が仕組んだというか犯人だと思いながら観ていた。次はどういう手口なのかを探るきっかけが必ず犯行現場に残されているのだが、それをポーに解決を依頼する警察の能の無さは酷いが、最後はフィールズ刑事の活躍もあって無事解決する。
途中での事件発生とポーと恋人エミリーと父であるハミルトン大尉の関係が描かれるのだが、少々中だるみ気味な展開が続いた。編集長が怪しいと思っていた(ポーもフィールズ刑事もそうだった)のだが、実際は、植字工アイヴァンだった。社に駆け付けた時に既に編集長は殺害され、そこにはアイヴァンがいた。アイヴァンはポーが新作を発表しないので、過去の作品での手口を模倣して作品を作り上げたと告白。
エミリー解放の条件として彼女の身代わりとして毒薬を服用させた。ポーの意識が薄れる中で、冒頭の薄暗い公園のベンチでポーが佇む姿と繋がって来るのだった。

その後、アイヴァンはパリに渡ってSF作家ジュール・ヴェルヌを同じ手口で殺害すると言う。アイヴァンのパリでの動向を掴んだフィールズ刑事が最後は彼を射殺し、エミリーも無事解放された。

まあ、簡単に言えばこんな内容なのだが、ポーを演じたジョン・キューザックは相変わらず上手い。だが、ストーリー展開が前述したように中だるみ気味が長かったのが残念だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『アルゴ』を観て | トップ | ハーブ・アルパート&ザ・ティフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。  21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。  ・・・創作意欲がなくなり、酒に溺れる生活のエドガー・...
推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック (カノンな日々)
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ...
推理作家ポー 最期の5日間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (いい加減社長の映画日記)
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク...
推理作家ポー 最期の5日間 (あーうぃ だにぇっと)
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
推理作家ポー 最期の5日間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
Nevermore (MESCALINE DRIVE)
有楽町はよみうりホールにて「推理作家ポー 最期の5日間」の試写会があり、これに足を運んだ。 本作の主人公はエドガー・アラン・ポー。怪奇幻想文学の歴史を繙くと、特にミステリ史においてその名は燦然と輝く。 謎解きそのものを物語の主題に据えた作品を物した革命家...
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (tom's garden)
監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン ワタシの読書遍歴はたぶん漫画から影響を受けている。 ポーなんかたぶん「モルグ街の怪人」と「黒猫」くらいしか読んでないけど、萩尾望都...
推理作家ポー 最期の5日間 (心のままに映画の風景)
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (FREE TIME)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
推理作家ポー 最期の5日間☆偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…? (☆お気楽♪電影生活☆)
THE ONLY ONE WHO CAN STOP A SERIAL KILLER       IS THE MAN WHO INSPIRED HIM.
推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...