kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『テルマエ・ロマエ』を観て

2012-05-27 14:42:44 | 映画・邦画

12-43.テルマエ・ロマエ
■配給:東宝
■製作国・年:2012年、日本
■上映時間:108分
■観賞日:5月27日、シネクイント(渋谷)

 

□監督:武内英樹
□原作:ヤマザキマリ
◆阿部寛(ルシウス)
◆北村一輝(ケイオニウス)
◆上戸彩(山越真実)
◆宍戸開(アントニヌス)
◆市村正親(ハドリアヌス)
◆勝矢(マルクス)
◆竹内力(館野)
◆笹野高史(山越修造)
◆キムラ緑子(山越由美)
【この映画について】
マンガ大賞&手塚治虫文化賞のW受賞を果たした、ヤマザキマリの大ベストセラーコミックを実写映画化。古代ローマで浴場の設計をするルシウスと現代日本の風呂好きたちが、ローマのために闘う。理由は分からないが、とにかく古代ローマから日本にタイムスリップしたルシウス。漫画家志望の真実の恋心に気づいてか気づかないでか、新しい風呂とローマの未来に思い悩む。現代人の真実は、歴史の知識を活かして、ルシウスの力になろうとするが…。
出演は、阿部寛、上戸彩、北村一輝、市村正親、宍戸開、笹野高史。日本を代表する顔の濃い役者を集め、原作のイメージを全く崩していないことに拍手。監督を務めるのは、「のだめ」シリーズの武内英樹。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実たち“平たい顔族”、つまり日本人だった。日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻ると、そのアイデアを利用して大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、ローマで浴場技師としての名声を得ていくのだが……。風呂を愛する2つの民族が時空を超えて出会った時、世界の歴史が大きく動き出す。

人気コミックの映画化だが、私自身は原作は全く知らずに観た。ストーリー的には偶然ローマ帝国時代からタイムスリップして、現代の日本の銭湯や家庭の浴槽に浴場設計技師がいきなり現れる辺りは映画的には面白い。だが、後半に上戸彩扮する漫画家と仲良くなって歴史を書き換える行為に出るのはどうだろうか?
そう言ったストーリーは別にして、銭湯での高齢者とのやり取りや古代ローマ帝国でのルシウスの立場など深く考えずにみていて楽しめる要素は多かったのは評価したいので、ファミリー向け映画と言ったところか?
主人公が阿部寛で皇帝が篠原涼子の夫こと市村正親、この二人の濃い顔が目立っていましたね。古代ローマ人の風呂好きと日本の温泉・銭湯文化に共通点を見出す設定はユニークだった。残念ながら上戸彩のお色気シーンは無く噂の巨乳を拝見することは出来なかったが、ラストの銭湯でのシーンはその噂が本物?であると確信するには充分だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久し振りに観たホームでの楽... | トップ | 映画『ファミリー・ツリー』 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
テルマエ・ロマエ (あーうぃ だにぇっと)
テルマエ・ロマエ@なかのZERO
映画「テルマエ・ロマエ」を観ました!!(2012-05) (馬球1964)
映画「テルマエ・ロマエ」を観ました!!
『テルマエ・ロマエ』 時空を超える秘密 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ』で私たちを大いに楽しませてくれた武内英樹監督が、そこでつちかったノウハウを活かして作り上げたのが『テルマエ・ロマエ』である。  誰もが認める本作の最大の特徴は、そのキャス...
映画『テルマエ・ロマエ』 観てきたよん(*^。^*) (よくばりアンテナ)
原作大好きなんですよね~ 何度も大笑いしてしまうし、何度も読み返したくなる秀作。 過去記事はこちら 果たして、このローマ帝国時代がちゃんとえがかれるのか疑問でしたが、 いやぁ、あのイタ...
テルマエ・ロマエ (だらだら無気力ブログ!)
上戸彩の鎖骨が色っぽい。
「テルマエ・ロマエ」浴場スペクタクル! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  人気コミック原作の実写映画化。“お風呂”をテーマにした“歴史スペクタクルロマン大作(?)”「テルマエ・ロマエ」(東宝)。阿部寛が、古代ローマ人を熱演!いやあ~、濃いわ~(^^;。  古代ローマ帝国では、“テルマ...
『テルマエ・ロマエ』 ('12・初鑑賞50・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 4月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 14:10の回を鑑賞。
[映画『テルマエ・ロマエ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ちょい待ち!  寝る前に書きますから^^;    ◇  ・・・一時間半後。  では書きます^^  ・・・寝ルマエ・オ前    ◇  かなり面白くて、原作を読んでいた私は、マンガ原作を咀嚼し、更に、多くの面白いアレンジを加えた作り手たちに敬意を表...
テルマエ・ロマエ (まてぃの徒然映画+雑記)
ロングラン大ヒット中!公開してから9週目だというのに、午後の回だったけど7割くらい入ってました。 古代ローマのテルマエ(お風呂)技師、ルシウス(阿部寛)は、現代日本へのタイムスリップを繰り返しながら、日本の銭湯や家庭風呂、ウォシュレット、湯治などの古代....
『テルマエ・ロマエ』を109シネマズ木場8で観て、まずまずくすくすふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
   五つ星評価で【★★★決して面白すぎないように目配せしてるようにすら見えるが、つまらない訳ではない】 大上段に悩む阿部寛の姿がまるで絵のようだ。 あのビルドアップ ...
テルマエ・ロマエ (Akira's VOICE)
阿部寛のリアクション集。  
テルマエ・ロマエ (pure's movie review)
2012年 日本作品 108分 東宝配給STAFF監督:武内英樹脚本:武藤将吾 原作:ヤマザキマリCAST阿部寛 上戸彩 北村一輝 竹内力 宍戸開 笹野高史 市村正親今公開中のジョニー・デップ最新作「ダーク・シャドウ」を観た時も思ったけど、予告CMってアテになりませんね&am...
テルマエ・ロマエ/阿部寛、上戸彩 (カノンな日々)
初めて予告編を目にしたときは阿部ちゃんのローマ人役というのがどういうことなのかよくわからなかったんですけど、その後『鷹の爪団』でお馴染みの蛙男商会さんが手がけたTVアニ ...
『テルマエ・ロマエ』 (beatitude)
古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実...
テルマエ・ロマエ(2012-058) (単館系)
テルマエ・ロマエ MOVIXさいたま ヤマザキマリさんの同名コミックの実写映画化 調べてみると212-1/12~フジテレビ系列でアニメも放送され 4/13にはBlu-rayとDVDの発売もされたそうです。 ヤマザキマリ...
「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り (はらやんの映画徒然草)
日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭
テルマエ・ロマエ (勝手に映画評)
マンガ「テルマエ・ロマエ」を原作とする映画。ローマが舞台の物語なので、濃い顔の役者を揃えています(笑)。原作は読んだことがありませんが、映画は見に行って見ました。 先にも記しましたが、出てくる日本人俳優陣が濃い。主演の阿部寛を始め、市村正親、北村一輝、宍...
『テルマエ・ロマエ』 (みゆみゆの徒然日記)
 原作コミックは一巻しか読んでいませんが、古代ローマ人が現代日本の風呂にタイムスリップして、ローマで人気のテルマエ(浴場)建築家になるという斬新なお話はとても面白いです。かなり話題になりましたが・・・まさかの映画化しかも実写。「無謀だ!」と思ったのです...
『テルマエ・ロマエ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、       キムラ緑子、神戸 浩、内田春菊、松尾 諭、森下能幸、蛭子能...
『テルマエ・ロマエ』 (こねたみっくす)
阿部寛がすっぽんぽんであればあるほど面白い。 ひとっ風呂タイムスリップしてきたローマ人浴場技師が平たい顔族の風呂文化・トイレ文化に感銘を受けてはローマに持ちかえる様子 ...
テルマエ・ロマエ (心のままに映画の風景)
古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場で、日本の銭湯へとタイムスリップしてしまう。 「平たい顔族=日本人」の風呂の文化に感銘を受け...
テルマエ・ロマエ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 108分 原作 ヤマザキマリ 脚本 武藤将吾 監督 武内英樹 音楽 住友紀人 テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 出演 阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内力/宍戸開/勝矢/笹野高史/市村正親 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭....
テルマエ・ロマエ  監督/武内 英樹 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 寛  上戸 彩  北村 一輝  市村 正親 【ストーリー】 古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、ローマ人の風呂好きに疑問を感じていた。絢爛豪華で巨大な浴場は、人で混み合い、のんびりと湯船に浸かる事も出来ない。あまりの騒々しさに湯に潜り、水中で....
「テルマエ・ロマエ」古代ローマと現代の日本をタイムスリップ先にみたテルマエに国境はない平たい顔族たちの教え (オールマイティにコメンテート)
「テルマエ・ロマエ」は古代ローマの浴場設計技師が現代の日本にタイムスリップして日本の風呂を見てローマの浴場設計に活かしていくが次第に国の争いに巻き込まれ現代の日本人と ...
映画:「テルマエ・ロマエ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年5月2日(水)。 映画:「テルマエ・ロマエ」。 監  督: 武内英樹 原  作: ヤマザキマリ 脚  本: 武藤将吾 音  楽: 住友紀人 キャスト:阿部寛 (ルシウス)・ 上戸彩 (山越真実)      北村一輝(ケイオニウス) ・ 市村正親 (ハド...
テルマエ・ロマエ (いい加減社長の映画日記)
上戸彩ちゃんが、かわいくて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、ローマ人の風呂好きに疑問を感じていた。 絢爛豪華で巨大な浴場は、人で混み合い、のんびりと湯船に浸かることも出来ない。 あまりの騒々しさに湯に潜り....
テルマエ・ロマエみてきました!! (★ Shaberiba )
ローマの風呂は日本に通ず--?いや~笑いました(わはは♪)
テルマエ・ロマエ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/04/28公開 日本 108分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親 ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 古代ローマ、アイデアに煮詰まり失業した浴場設計技師のルシウスは、友人に誘われた公衆浴....
「テルマエ・ロマエ」(2012 東宝=フジ) (事務職員へのこの1冊)
原作はもちろん4巻とも買いましたし、ゴールデンウィークのまっ最中に(混んでいる劇
テルマエ・ロマエ (迷宮映画館)
あの細切れの話をよくもつなげた見事な脚本!
「テルマエ・ロマエ」濃い顔族 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
漫画「テルマエ・ロマエ」が原作のこの映画。 漫画の主人公といえば、目が大きく日本人なのに金髪でお目めパッチリだったりするけど、なんと!この原作の主人公より遥かに目が大きい俳優陣は、1000人ものイタリア人エキストラの中にいて全く違和感なし!って、もうそ...
テルマエ・ロマエ 【映画】 (as soon as)
もうローマ人でいいじゃないですか まごうことなく古代ローマ人です 期待して懸念もあってでも期待してみたテルマエ・ロマエ 関連記事→「テルマエにきたらこんなものが」「テルマエ・ロマエ誕生秘...
テルマエ・ロマエ (映画の話でコーヒーブレイク)
いい意味でも、悪い意味でも、待ってました「テルマエ・ロマエ」。 公開が始まったらすぐにと思っていたのですが、やっと見てきました。 個人的に、阿部寛が日本人俳優で一番カッコイイ~!と思っている私です  友人にそう言ったら・・・ぷっ!っと笑われてしまいました...
映画「テルマエ・ロマエ」 (またり、すばるくん。)
見に行こう、見に行こうと思って、ようやくの、 「テルマエ・ロマエ」見に行きました~。
映画テルマエ=ロマエ (華待月)
古代ローマなのに 主人公が日本人の阿部寛 他に北村一輝 市村正親、宍戸開など 濃い顔の俳優を使ったと 一寸変なのでやめて置いたのですが 人気があるし見た人は皆楽しかったと・・・ 主人と映画館まで行って 私はドリンクを注文していたら 何と買ってきたチケット...
「テルマエロマエ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
私は元々漫画のファンでしたが、珍しく映像化に成功した作品ではないでしょうか!3つ★~3つ★半
「テルマエ・ロマエ」阿部寛は役者だ (風貴(カサキ)の映画大好き!)
阿部寛主演、上戸彩共演 どんな映画になっているんだろう、日本人が古代ローマ人を演じるなんて、などと半分は諦めに似た思いで観に行ったら、 不安は一掃、けっこう面白い映画に仕上がっていました。 裸のシーンが多いのでポルノ映画になっちゃわないか?(半分は期...
映画「テルマエロマエ」、漫画の映画化なのだが (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 古代ローマ、ローマ人は風呂好きだった。で、風呂設計士なる職業が。新しい風呂を考えようと、騒々しい風呂場で湯船にひたると、排水溝から吸い込まれ、東京の銭湯へタイムスリップするという奇想天外な物語。 原作は、ヤマザキマリさん。彼女、イタ...
テルマエ・ロマエ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年5月4日(金) 21:40~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『テルマエ・ロマエ』公式サイト 漫画原作。原作は読んでいない。 昨年の同時期だったか、原作もので面白そうな雰囲気だった「プリンセス トヨトミ」が、大...
映画『テルマエ・ロマエ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、武内英樹。脚本、武藤将吾。原作、ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』。2012
テルマエロマエ (シェイクで乾杯!)
ローマ人が日本語を話しても違和感全くなし。その手法はさすがだ。 この作品が成功したのは、のだめ同様配役の良さに他ならないと思う。
テルマエ・ロマエ (いやいやえん)
古代ローマの大浴場と日本の銭湯を繋げるというアイデアが秀逸。漫画原作ですが、原作は読んでいません。 ローマ人役として日本の中でも濃い顔の役者を集めた発想も笑えます。阿部寛、市村正親、北村一輝、宍戸開、見事に濃い。濃ゆい!またアホらしい設定を、大まじ...
テルマエ・ロマエ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      日本人を平たい顔族と呼ぶルシウス。    銭湯やショールーム、温泉で起こす行動には   大いに笑えました。まあ、親友に女房を寝取れれるなんて悲惨な一面もありま...
テルマエ・ロマエ (銀幕大帝α)
12年/日本/108分/ファンタジー・コメディ/劇場公開(2012/04/28) -監督- 武内英樹 -製作- 亀山千広 -原作- ヤマザキマリ -テーマ曲- ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 -出演- *阿部寛『ステキな金縛り』・・・ルシウス *上戸彩『あずみ2 ...
テルマエ・ロマエ (とりあえず、コメントです)
ヤマザキマリ著のコミックを阿部寛主演で映画化したコミカルな歴史ドラマです。 予告編を何度観ても笑ってしまって、もう絶対に観に行こうと決めていました。 古代ローマと現代の日本を繋ぎながら、歴史&お風呂への愛を感じさせてくれるような作品でした(^^)
テルマエ・ロマエ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目 すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。 落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで 突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会っ たのは...
映画 テルマエ・ロマエ (VAIOちゃんのよもやまブログ)
公開当時随分と話題になった映画「テルマエ・ロマエ」。地上波で放送されたものをAT950Wで録画して鑑賞しました。‘み’はヤマザキマリの原作漫画を読んだことはないんですが、随分 ...