kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ファミリー・ツリー』 を観て

2012-05-28 18:39:44 | アメリカ映画 2012

12-44.ファミリー・ツリー
■原題:The Dedcendants
■製作年・国:2011年、アメリカ
■上映時間:115分
■字幕:林完治
■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)

 

□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン
□脚本:ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ
◆ジョージ・クルーニー(マット・キング)
◆シャイリーン・ウッドリー(アレクサンドラ・キング)
◆アマラ・ミラー(スコッティ・キング)
◆ニック・クラウス(シド)
◆ロバート・フォスター(いとこのヒュー)
◆ジュディ・グリア(ジュリー・スピアー)
◆マシュー・リラード(ブライアン・スピアー)
【この映画について】
『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督と、『オーシャンズ』シリーズのジョージ・クルーニーがタッグを組んだ感動作。ハワイを舞台に、家族崩壊の危機に直面したある一家の再生のドラマをユーモアを交えて映し出す。クルーニーが父親役で新境地を開拓し、シャイリーン・ウッドリーとアマラ・ミラーという期待の若手女優たちが彼の娘を好演。独特のハワイ文化を背景に、さまざまな要素が入り混じったドラマが共感を呼ぶ。(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレ有り)
ハワイ・オアフ島。弁護士のマット・キングは、美しい妻と二人の娘たちを持ち、仕事に粉骨砕身してきて、一見順風満帆な人生を送ってきた。ある日、妻エリザベスがボート事故に遭い、意識不明の重体となる。
10歳の次女スコッティはショックから情緒不安定になり、様々な問題を引き起こす。次女の反抗に、これまで家庭を顧みなかったマットはなすすべもなく手を焼いていた。さらに、マットはカウアイ島にある先祖代々受け継がれてきた広大な土地を売却するかどうかという問題を抱えていた。売却すれば自然は失われるものの一族に巨額の資金が入り、妻に楽をさせてあげられる。

しかしエリザベスは一向に回復せず先行きが見えない。そんな中、全寮制の学校へ通う長女アレックスの迎えに行ったマットがエリザベスの病状を伝えると、母に対して許せぬ思いのあるアレックスは動揺と相まって、エリザベスが浮気をしていたことを告げてしまう。
動転したマットは、親友夫妻を詰問。すると、エリザベスは真剣に離婚を考えていたことを知る。マットは怒り震えながらも、エリザベスのために浮気相手のスピアーに事故のことや現状について直接伝えようと思い立つ。

娘二人とアレックスの男友達とともに、スピアーのいるカウアイ島へ向かうマット。売却を前に、これで見納めになるかもしれないと、キプ・ランチへ彼女らを連れていく。そこは、雄大で神秘的な光景が広がる原野だった。厳かにあたたかく包み込むような美しい自然を目にし、親子はしばし見とれる。翌日、スピアーに妻の事故を伝えに行くマット。そして、カウアイ島の自然に触れ家族への愛やつながりを感じた彼は、土地の売却を巡る一族の会議を前に、とある決心をする……。

正義感の強い作品を好むようなイメージが強いジョージ・クルーニーだが、今回はハワイ在住の弁護士で王家の血筋を引くことから広大な土地の所有者でもあると言う設定。だが、その一方で秘密裡に浮気していた妻が瀕死の重傷を負って意識が戻らない夫という家庭での一面も持ち、年頃の娘の扱いに手を焼く男を演じている。
洋の東西を問わず、仕事に忙しいことを理由に妻に子育てを任せっきりな男は妻に不測の事態が生じるとアタフタするのだろうが、クルーニー自身にはそういうイメージは無いのだが、作品の中ではそういう男の戸惑いを見事に表現している。二人の娘だが妹のスコッティの愛らしさは深刻な状況の中でもその天真爛漫さで家族をホッとさせているが、逆に、姉の方は反抗期なのか父に対してもどこか引いた感じで接していて、BFの存在が更に父の感情を逆撫でしている。スコッティ役の子役は映画初出演らしいがそんな感じは全くしないのは大物の証拠かな?
ストーリーとしてはクルーニーの浮気相手探しと、一族の長として、土地売却問題について一族間の纏め役をこなさなければならない悩みも抱えていて、ここでも妻エリザベスの状況が影を落としている。土地の方は売却まで7年を残しているのだが、マットは当面は売らずにすることを決意。植物状態のエリザベスと見つけ出した浮気相手を面会させた上で、安楽死させる重い決断を下したマット。
ラストでTVを自宅のソファーでスナックを頬張りながら二人の娘と見ているマット、そこには家族の絆と3人で新たな世界へ踏み出す決意を固めたマットの表情が清々しかった。

妻の浮気と土地の売却問題という二つの深刻な話題が中心であるが、舞台がハワイである点がみそだ。ともすれば暗くなりそうだが、ハワイの青い空とハワイアン音楽がバックに流れることで、家族間のギスギスとした関係さえほのぼのと感じるから不思議だ。因みに、サントラ盤を観賞後、直ちに購入しました。 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『テルマエ・ロマエ』を観て | トップ | 映画『MIB3(メン・イン・ブラッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ファミリー・ツリー』 2012年5月8日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ファミリー・ツリー』 を試写会で鑑賞しました。 かなり我が家と近いんだけど、なんだろう共感することがないな 何が違うんだろうか 会場が悪いのかも(笑) 椅子は座り心地悪いし、スクリーン遠くて小さいし・・・ (試写会なんで贅沢は言えない) 【ストーリー】 ...
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞 アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本 (公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」) 主演はジョージ・クル...
ファミリー・ツリー (あーうぃ だにぇっと)
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
ファミリー・ツリー (Memoirs_of_dai)
キスでの仕返し 【Story】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボート事故に遭い、そのまま昏睡状態に。それを機に、妻が彼と離婚するつ...
「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。 こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。 「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。 確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。 「人生そういうもんだよね」と自分を納得させつつ、物語が進んでいく。 ...
『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: THE DESCENDANTS 監督: アレクサンダー・ペイン 出演: ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー 試写会場: 有楽町朝日ホール 公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開]   ハワイで弁護士業を営むマット・キング一家に....
「ファミリー・ツリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Descendants」 2011 USA マット・キングに「ラスト・ターゲット/2010」のジョージ・クルーニー。 長女アレクサンドラにシャイリーン・ウッドリー。 次女スコッテイにアマラ・ミラー。 アレクサンドラのボーイ・フレンド、シドにニック・クラウス。 妻エリザ...
『ファミリー・ツリー』。 『裏切りのサーカス』の緊張感とは違ううまさがある (エミー・ファン!ブログ)
ファミリー・ツリー / The Descendants 2012/05/18公開 公式HP:http://movies.foxjapan.com/familytree/ Blu-ray:2012/10/05発売 『マネーボール』公開時に思ったことですが、アカデミー賞ノミネート...
『ファミリー・ツリー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、    ...
ファミリー・ツリー (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】ハワイでバラバラだった家族の絆を取り
ファミリー・ツリー (ルナのシネマ缶)
ハワイを舞台に、家族の再生を 描いたアカデミー作品です。 ハワイの風景は本当に美しかったです。 仕事中心に生きて来た男に 突然降り掛かる家族や一族の問題のあれこれ、 なんとなく、日本人男性にも おこりえる内容な気もしますね。 弁護士のマット(ジョー...
「ファミリー・ツリー」お父さんだって頑張れる (風貴(カサキ)の映画大好き!)
今年の鑑賞履歴は順調だけど、投稿の方は手抜き加減で、ここのところ放置状態だというのに 何故か来場者は一生懸命投稿していた時より多い。 こまめにアップ回数を増やすという定石とはかけ離れ 不思議なものだ。 ジョージ・クルーニー主演の映画も定石とは違い、 ...
映画観てるけど感想書いてないからまとめて… (beatitude)
感想書いてないと、観たのに記憶が薄れていく〜なので、ざっと記録だけ。やっぱり1週間以内に書かないと、次々上書きされてしまう( ̄_ ̄;) 『アーティスト』ほとんど記憶が…これが今年のアカデミーかぁと思ったぐらいかな。古き良きモノクロ映画なんだな。...
ファミリー・ツリー (みるき〜うぇい)
原題:THE DESCENDANTS 2011年度作品/アメリカ 第84回アカデミー賞 脚本賞受賞(ジム・ラッシュ、ナット・ファクソン、アレクサンダー・ペイン) 第69回ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)受賞                     男優賞(ド...
ファミリー・ツリー (メルブロ)
ファミリー・ツリー(原題: THE DESCENDANTS) 406本目 2012-18 上映時間 1時間55分 監督 アレクサンダー・ペイン 出演 ジョージ・クルーニー(マット・キング) 、 シャイリーン・ ...
「ファミリーツリー」 (Con Gas, Sin Hielo)
それでもそばにいる。 何事もないように重ねられていく日常は、良くも悪くも家族としての実績を形作る。 家族が大事だという思いは持っていながら、日々の仕事にかまけてついおろそかになってしまっていた主人公マット。 妻が突然いなくなって(正確に言えば姿はある....
ファミリー・ツリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思...
ファミリー・ツリー/ジョージ・クルーニー (カノンな日々)
『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督がハリウッドの名優ジョージ・クルーニーとタッグを組んだ7年ぶりとなる作品です。第84回アカデミー賞ではジョージ・クルーニーがオ ...
映画 「ファミリー・ツリー」 (ようこそMr.G)
映画 「ファミリー・ツリー」
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 弁護士の仕事に明け暮れ...
ファミリー・ツリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。
ファミリー・ツリー  (♪HAVE A NICE DAY♪)
いや〜良かったわぁ〜 重い内容だけど・・・ 前半・・・・。ゆったりとした音楽と疲れのせいか・・・ 久々、睡魔との戦い!をして少し負けた! ネタバレしてます マット(ジョージ・クルーニー)はボートの事故で妻が昏睡状態になってしまう・・・。 妻の希望も...
ファミリー・ツリー (心のままに映画の風景)
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...
ファミリー・ツリー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人生の楽園は、どこにある? 常夏の島、ハワイを舞台に「サイドウェイズ」のアレクサンダー・ペイン監督が、ジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く悲喜交々の人生劇場。 突然の妻の事故を切っ掛けに自ら...
『ファミリー・ツリー』 ここほど過酷な世界はない・・・ (コナのシネマ・ホリデー)
“末裔たち”という名の原題通り、カメハメハ大王の末裔を演じたG・クルーニー。人生最大の過酷な事態にダサ男ぶりを発揮。笑って泣ける感動の物語。A・ペイン監督は、今年のカンヌ国際映画祭の審査員。
ファミリー・ツリー (風に吹かれて)
アロハダメオヤジのクルーニー公式サイト http://www.foxmovies.jp/familytree原作: ファミリー・ツリー (カウイ・ハート・ヘミングス著/ヴイレッジブックス)監督: アレ
「ファミリー・ツリー」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE DESCENDANTS )舞台設定というものが映画にとっていかに大事か、改めて思い知らされた作品である。本作の物語が展開する場所はハワイだ。風光明媚で気候は温暖。老いも若きもアロハシャツとショートパンツに身を包み、ゆっくりと流れる時間をマイペースに....
ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS (いい加減社長の映画日記)
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。 カメハメハ大王の血を引く彼は、祖先か...
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる (はらやんの映画徒然草)
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
ファミリー・ツリー / The Descendants (勝手に映画評)
第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。 何か、物凄くドラマがあって、急転直下と言う物語では無いですが、バラバラになっていた一...
守るべきもの〜『ファミリー・ツリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE DESCENDANTS  ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメ ハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否か の決断を...
ファミリー・ツリー (とりあえず、コメントです)
ハワイを舞台に家族の再生を描いたジョージ・クルーニー主演のヒューマンドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、公開を楽しみにしていました。 家族に振り回されるジョージ・クルーニーに共感しながら、行く末を見つめていました。
『ファミリー・ツリー』 ('12・初鑑賞57・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:35の回を鑑賞。
映画レビュー「ファミリー・ツリー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ファミリー・ツリー ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆ジョージ・クルーニーが絶妙の演技をみせる「ファミリー・ツリー」。 ...
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた面白い。  私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?    ◇  仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくてはならなくなる。  目の前には、反抗期の長女、...
ファミリー・ツリ―(2011)*THE DESCENDANTS (銅版画制作の日々)
 ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない! 好き度:+8点=68点 久しぶりに東宝シネマズ二条へ、、、。 ジョージ・クル―ニ―、2度目のオスカーノミネートでしたが、残念ながら今回も叶わず。 ジョージ、51歳。そうかそれでいくと現実的に父親であっても...
劇場鑑賞「ファミリー・ツリー」 (日々“是”精進! ver.F)
家族の大切さを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205180003/ ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラックケオラ・ビーマー サントラ ギ...
ファミリー・ツリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、メアリ....
ファミリー・ツリー (Diarydiary! )
《ファミリー・ツリー》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − THE DESC
「ファミリー・ツリー」を観てきました。 (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
「ファミリー・ツリー」 (← 公式HP)を、観てきました。悪くない映画だった。原題が"The Descendants"(子孫)ってことなので、ご先祖さまが、たまたま残してくれた財産のおかげで、楽な暮らしをenjoyできる者たちが、「欲に走らず、本当に受け継いでいくべき...
ファミリー・ツリー (いやいやえん)
現実1:妻がこん睡状態、浮気をしていて離婚を考えてもいたらしい 現実2:先祖から受け継いだ広大な土地の売却問題 現実3:娘たちの取り扱い 家族ドラマでありながらも、先祖代々受け継いだ(カメハメハ大王の子孫らしい)土地の売却問題から、そのルーツさえ辿...
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』 (水曜日のシネマ日記)
ハワイを舞台に家族崩壊の危機に直面したある一家の再生を描いた作品です。
ファミリー・ツリー (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が彼と離婚するつもりだったことや、そのことを長女(シャイリーン・ウッドリー...