kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『リアル 完全なる首長竜の日』を観て

2013-06-08 22:50:16 | 映画・邦画

13-47.リアル 完全なる首長竜の日
■配給:東宝
■製作年、国:2013年、日本
■上映時間:127分
■料金:0円(ポイント使用)
■観賞日:6月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)

 

◇綾瀬はるか
◇佐藤健
◇中谷美紀
◇オダギリジョー
◇染谷将太
◇小泉今日子
◇堀部圭亮
◇松重豊
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
淳美が自殺を図り、一命を取り留めたものの昏睡状態となる。彼女と幼い頃から一緒に過ごしいつしか恋人となった浩市でも淳美が自殺を図った理由がわからない。
彼女を救うために、浩市は<センシング>と呼ばれる眠り続ける患者と意思疎通ができる手法を用い、淳美の意識内へ潜り込む。<センシング>を繰り返すうちに、浩市の脳と淳美の意識が混線するようになり、二人は現実と仮想が入り乱れる意識の迷宮を彷徨う。そして二人がかつて過ごした飛古根島へ向かった浩市は、記憶を封印していた15年前の事件に触れる……。

この作品、「センシング」という相手の意識の中に入り込むという治療を受ける話だが、その意識が混線してしまうのと過去と現在が交錯するので、これも一種のタイムトラベルの要素を持っていると言える。
幼馴染の浩市と淳美が育った場所にリゾート開発計画が持ち上がるという時代設定は、恐らくバブル時代の話だ。その頃に子供だった二人、その時の事件が伏線となって現在と結び付いている。
最初はてっきり淳美がこん睡状態に陥り、浩市がセンシングで淳美の意識の中に潜入しているのだとばかり思っていた。だが真相は浩市がちょっとした不注意で足を滑らして滑落して頭部を打撲。前半部で淳美に盛んに浩市が呼びかけて意識を取り戻そうと試みるが、実際は混線していたのか、中盤以降で辻褄が合わなくなり始めてから、実は逆だったという事実を少しずつ観る側に突き付けて来る。
タイトルの「首長竜」は実は幼馴染で水難事故で亡くなった「モリオ」の化身で、CGで描かれた首長竜に追い詰められるシーンは前時代のSF映画観たいで、言いたい事は分かるのだが興醒めだった。ラスト、真相が明かされ、病院のベッドで1年近く(以上だっけ?)眠ったままだった浩市が目を覚ましてジ・エンドとなるのだった。

綾瀬はるかと佐藤健の絡みが大部分で、中谷美紀や染谷将太が一歩下がった状態で主役の二人と密な関係をアピールする役目と言ったら良いだろうか?その他の脇役達も中々のメンツだが、前半と後半では別々の映画を二本観ているような感じで、その辺の脚本上の工夫が求められる。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗山主将が相馬さんに捧げる攻守... | トップ | 映画『オブリビオン』を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
黒沢清監督『リアル~完全なる首長竜の日~』佐藤健、綾瀬はるか : 主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。2011年に発表の乾緑郎の原作を、黒沢清監督が映画化した。『リアル~完全なる首長竜の日~』主演は佐藤健と綾瀬はるか。共演は中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、小泉今日子、堀部圭
リアル ~完全なる首長竜の日~ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】意識不明の相手の脳内に入り意識を覚醒させ
リアル~完全なる首長竜の日~/佐藤健、綾瀬はるか (カノンな日々)
第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎さんの小説を黒沢清監督が映画化したミステリー・ラブロマンスです。予告編を目にする回数が多いので昏睡状態となった恋人 ...
「リアル~完全なる首長竜の日~」☆『このミステリーがすごい!』がすごい! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
選考委員満場一致で決まった『このミステリーがすごい!』大賞に選出された作品「完全なる首長竜の日」が原作。 面白い「このミス」作品とかが映画化されると、たいてい「小説で読むときっと面白いんだろうねぇ」となる事が多いのだけど、これは違う。 『このミステリー...
「リアル~完全なる首長竜の日~」 (或る日の出来事)
小泉今日子さんが出ているから観る。
リアル 完全なる首長竜の日 (だらだら無気力ブログ!)
綾瀬はるかが可愛かった!
リアル~完全なる首長竜の日~ (映画的・絵画的・音楽的)
 『リアル~完全なる首長竜の日~』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)黒沢清監督の作品と聞いて(注1)、映画館に出かけてみました。  本作の冒頭では、マンションの部屋で、浩市(佐藤健)と淳美(綾瀬はるか)とが食事をしながら、「どうしてかな、生まれたときか...
劇場鑑賞「リアル ~完全なる首長竜の日~」 (日々“是”精進! ver.F)
意識の中に、ダイブ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306060001/ 映画 リアル~完全なる首長竜の日~オリジナル・サウンドトラックサントラ SMD itaku (music) 2013-05-29売り上げランキング : 106728Amazonで詳し...
リアル~完全なる首長竜の日~ (2013) 127分 (極私的映画論+α)
 文庫・・・読み終える前に映画見ちゃいました(笑)
リアル~完全なる首長竜の日~ (花ごよみ)
原作は乾緑郎の小説 「完全なる首長竜の日」 監督は黒沢清。 佐藤健、綾瀬はるかが主演、 共演は中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太等 意識の中へ入り込みことができる 「センシング」という、 最新医療技術がキーポイント。 幼なじみで恋人同士の浩市と淳美を 佐....
「リアル~完全なる首長竜の日~」 償いと赦しと救い (はらやんの映画徒然草)
原作である「完全なる首長竜の日」は「このミス」大賞を受賞したということで出版され
【リアル~完全なる首長竜の日~】完全なる前半ホラーの日 (映画@見取り八段)
リアル~完全なる首長竜の日~     監督: 黒沢清    出演: 佐藤健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、堀部圭亮、松重豊、小泉今日子、青木綾平、川島鈴遥 公開: 2013年6月1日 2013年6月5日。劇場観賞。 原作は第9回このミステリーがすごい!...
映画「リアル 完全なる首長竜の日」を観ました!!(2013-09) (馬球1964)
映画「リアル 完全なる首長竜の日」を観ました!!
『リアル』を109シネマズ木場8で観て、恐怖映画としてニコニコふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★黒沢清をでっかい劇場で観れるならいいんじゃない。というか監督の黒沢清が映画を観に来るのに監督もノーチェックかよと鉄槌を下した映画と言ってもいいかもし ...
『リアル』をネタバレありで、もう一発 (ふじき78の死屍累々映画日記)
絶賛ネタバレ中です 「モリオ、これあげるからどこか行って」 モリオはどこかへ行った。 しかし、空の彼方から翼手竜のオリモがやって来て、佐藤健を攻撃する。 (綾瀬はるか ...
『リアル~完全なる首長竜の日~』 (ラムの大通り)
----これって、カリスマ的な人気を誇る黒沢清監督の作品だよね。 『叫(さけび)』『LOFT ロフト』などのホラー映画でよく知られているけど…? 「原作はホラーというよりもミステリー。 なにせ、あの 『チーム・バチスタの栄光』以来の 選考委員満場一致で『このミス...
リアル~完全なる首長竜の日~ (いやいやえん)
前半のホラー映画っぽい仕上がりは何のため? ミステリー・ファンタジー・SF・ロマンと色々ごった煮の本作、ただ単に綾瀬はるかと佐藤健のために観た人は「むむ?」となるんじゃないのかなー。ちなみに原作では姉弟のようですが、本作では恋人同士。でも主演二人が恋...
リアル 完全なる首長竜の日 (のほほん便り)
原作は、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」だけど、 佐藤健&綾瀬はるかを筆頭に、キャスティングの豪華さがハンパなかったです。 なにげに、オダギリジョー、中谷美紀、染谷将太、小泉今日子、ですもん。 黒...