kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て

2011-08-27 14:54:59 | アメリカ映画 2011

11-56.ツリー・オブ・ライフ
■原題:The Tree Of Life
■製作年・国:2011年
、アメリカ
■上映時間:138分

■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)

■料金:1,800円
 
□監督・脚本:テレンス・マリック
□撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
□美術:ジャック・フィスク
□衣装デザイン:ジャクリーン・ウェスト
□音楽:アレクサンドル・デスプラ
◆ブラッド・ピット(オブライエン)
◆ショーン・ペン(ジャック)
◆ジェシカ・チャステイン(オブライエン夫人)
◆フィオナ・ショウ(祖母)
◆ハンター・マクラッケン(若き日のジャック)
◆ララミー・エップラー(二男、R・L)
◆タイ・シェリダン(三男、スティーヴ)
【この映画について】
2011年カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールに輝いた感動作。寡作で知られる孤高の天才テレンス・マリック監督が6年ぶりにメガホンを握り、荘重で幻想的な映像をふんだんに織り込みながら、数十年にわたる父と息子の葛藤を描く。自ら出演を熱望し製作も兼任したブラッド・ピットとショーン・ペンの豪華共演に注目。
(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
ある日、オブライエン夫妻のもとに二男R.L.が僅か19歳で亡くなったことを知らせる訃報が届いた。

あおれから数十年後の現代、ジャック・オブライエンは実業家として成功都会のモダンな豪邸で生活していたが、夫婦関係は冷え切っていて、人生の岐路に立つ。そして深い喪失感のなか、少年時代を回想する。

1950年代半ばの中央テキサスの小さな田舎町で、幸せな結婚生活を送るオブライエン夫妻とジャック、R.L.とスティーヴの2人の弟たち。一見平穏に見える家庭だったが、ジャックにとって心安らぐ場ではなかった。社会的な成功と富を求める父は、音楽家への夢を捨てた自分のようになりたくなかったら、男が人生で成功するためには「力こそがすべて」だと考える厳格な男で、隣の庭に絶対行っては行けないと厳しく言い渡され、母は自然を愛で、慈愛に満ちた心で子供たちを包み込む優しい女だった。
11歳のジャックはそんな両親の狭間で2つに引き裂かれ、葛藤していた。ジャックは父に対し次第に反抗心が芽生えて行き、その一方で、父に似た成功への渇望や力への衝動を感じ、暗黒の淵に囚われそうになるジャック。そんな彼を光のさす場所にとどめたのはなんだったのか、数十年の時間を経て思いを巡らすとき、すべてを乗り越えつながり続ける家族の姿に、過去から未来へと受け継がれる生命の連鎖を見出す。

マスコミに一切姿を現さないテレンス・マリック監督だが、私に取っては今回の作品が初観賞。従って、マリック作品がどういう傾向なのかは知らない白紙状態で観たのだった。どちらかと言えば「ショーン・ペンとブラピ共演」という配役に魅せられて観た訳なのだが、この二人クラスの演技力が無ければこういう展開の作品には他の役者には難しかったかもしれない。
ただし、私的にはマリック作品と相性が良いとは残念ながら言えなかったようだ。この作品も、一見するとストーリーがあるようだが、冒頭に旧約聖書の「ヨブ(Job)記」が掲げられている。ヨブは、ありとあらゆる限りの苦難を与えられながら、それらを克服して神への信仰貫いた義人である。この宗教的背景が作品を貫いており、自分も含めてキリスト教的宗教観が根付いていない日本人には難しいテーマであるような気がする。
更に、前半途中で10分以上に渡って一切の台詞を排し、そこには宇宙や天地創造を思わせる大自然の映像が描き出されていて、この映像そのものが宗教的でもあり、まさに始めてマリック作品と遭遇した自分には衝撃的でさえあった。
回想シーンが長く、俳優の個性や演技に頼らずに、逆に幻想的な映像で表現するシーンが多いので私のように俳優の演技と「
ストーリーに沿ったロケ映像の美しさ」を求めるタイプには向かないのかな?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代打・上本が決めた今季初の西武... | トップ | 西口、6年ぶり完封!10Kで6... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私にも理解できなかった (KGR)
2011-10-22 17:39:22
キリスト教的内容であることはわかりますが、設定にどういう意味があって、それぞれのエピソードがどういう意味なのかさっぱりでした。
子供時代の話もよくあるごく普通の話に思えたし、砂浜のシーンは全く持って意味不明でした。
>私にも理解できなかった (kintyre)
2011-10-22 17:47:42
>KGRさん、こんばんは
私も同感です。多くの皆さんのブログを拝読いたしましたが、やはり日本人には理解し難い宗教観で同じような感想をもった人の方が多数派のようです。
宗教観を理解出来ないと、素晴らしい映像も何だか「ナショナル・ジオグラフィック」みたいにしか感じませんね。
Unknown (リバー)
2011-11-04 20:02:38
TB ありがとうございます。

たしかに かなり好みが分かれる作品ですよね
難解でした・・・

ただ 映像、音楽の素晴らしさは圧巻でした
Unknown (kintyre)
2011-11-05 10:10:14
>リバーさん、こんにちは
私も大勢の方のブログを拝読しましたが、この作品ほど評価が見事に真っ二つに分かれたのは珍しいです。
どちら方言えば否定的な見方が多数派でしたが、私は「理解出来なかった」派です。
映像と音楽は確かにすばらしかったのですが、ストーリーとして一貫した流れと俳優の魅力ががあっての映像美であり音楽だと言うのが私観です。
映像美は間違いないのですが、映画というよりが何だか教育番組を延々と観ているような錯覚に陥りました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ツリー・オブ・ライフ (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙の一生と人間の一生 公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...
ツリー・オブ・ライフ (as soon as)
美しき河よモルダウの 青き水面は今もなお 流れに優しく陽はそそぎ さざなみはいつも歌うたい 岩にあたりしぶきあげて渦を巻く この旋律はなじみの深いもので 合唱曲として歌ったことがある しかし歌...
ツリー・オブ・ライフ (Akira's VOICE)
天地創造。生々流転。  
試写会「ツリー・オブ・ライフ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/28、よみうりホール。     ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン * 頑固、亭主関白な親父(ブラッド・ピット)、 優しくて寛容な母親(ジェシカ・チャステイン)には、 3人の息子がいました。 二男は若くして(19歳で)死ん...
劇場鑑賞「ツリー・オブ・ライフ」 (日々“是”精進! ver.A)
人生を、見つめ直しませんか・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120004/ The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack) posted with amazlet at 11.08.09 Tree of Life Lakesh...
映画レビュー「ツリー・オブ・ライフ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack)◆プチレビュー◆伝説の監督テレンス・マリックの世界観が炸裂する映像詩。家族とその存在意義を地球の起源まで遡って問いかける。 【70点 ...
いのちを巡る物語〜『ツリー・オブ・ライフ』 (真紅のthinkingdays)
 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...
[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、きつかったなぁ。  最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。  「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。  でも、恐竜時代のトコでは、妙にCGに金をかけた恐竜描写がある^^  退屈だが、...
ツリー・オブ・ライフ (あーうぃ だにぇっと)
7月25日(月)@よみうりホール。 いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。
ツリー・オブ・ライフ (LOVE Cinemas 調布)
本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスターたち。ピットが厳格な父を、ショーンが成人した長男を...
『ツリー・オブ・ライフ』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
   「The Tree of Life」 ブラッド・ピット×ショーン・ペン×テレンス・マリック。 それ聞いただけでもワクワクするのに、 さらにカンヌ映画祭でパルムドール ときたらもう絶対観たーい! ありがたいことに 東京独女スタイル から試写会のご招待をい...
映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引....
『ツリー・オブ・ライフ』 (・*・ etoile ・*・)
'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑) *...
ツリー・オブ・ライフ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ツリー・オブ・ライフ/THE TREE OF LIFE 2011年/アメリカ/138分 監督: テレンス・マリック 出演: ブラッド・ピット/ショーン・ペン/ジェシカ・チャステイン/...
『ツリー・オブ・ライフ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ツリー・オブ・ライフ 』 (2011)  監  督 :テレンス・マリックキャスト :ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショー、ハンター・マクラケン、ララミー・エ...
ツリー・オブ・ライフ (心のままに映画の風景)
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...
ツリー・オブ・ライフ (迷宮映画館)
テレンス・マリック節、全開!
ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… (労組書記長社労士のブログ)
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック....
ツリー・オブ・ライフ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を....
ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン (カノンな日々)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ...
ツリー・オブ・ライフ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
109シネマズ名古屋のエグゼクティブシートで初日に鑑賞してきました。予告で観た時から、寝る系統の作品であることはあらかじめ予想していたんですが・・・でも果敢に挑む自分を褒めてあげたい(どこが?) 寝そうな要因としてはBBCのネイチャードキュメンタリーぽい映像...
映画「ツリー・オブ・ライフ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。一応公...
ツリー・オブ・ライフ (風に吹かれて)
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ
ツリー・オブ・ライフ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年8月17日(水) 20:45〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 冒頭、物語の設定紹介的な話が終了すると、...
ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...
『ツリー・オブ・ライフ』 ('11初鑑賞109・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 12:50の回を鑑賞。
『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか? (映画のブログ)
 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...
ツリー・オブ・ライフ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン 父さん、あの頃の僕はあなたが嫌い....
「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね〜 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・
ツリー・オブ・ライフ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(10) 眠い!とにかく眠くなった(爆)
生命の不思議。『ツリー・オブ・ライフ』 (水曜日のシネマ日記)
第64回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した作品です。
ツリー・オブ・ライフ (映画の話でコーヒーブレイク)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。 カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。 本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。 隣に座った母娘がうるさくって・・・劇場マナー映像からエンディングが流れるまで、 ....
『ツリー・オブ・ライフ』 (beatitude)
若い頃に弟に死なれたジャック(ショーン・ペン)は、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。夢のように美しい風景に包まれていながら、彼の生活は、強権的な父親(...
唯一無二の (笑う学生の生活)
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...
『ツリー・オブ・ライフ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...
初日は金曜日 (まぜごはん)
先週は日曜日(7日)に働いたのでその代休を金曜日(12日)にもらいました。 朝イチに歯医者さんへ行きクリーニングしてもらい、その後映画に行くことに。 金曜日と言えば「上映最終日」初日は土曜日というイメージがあるのですが、最近は金曜日から上映の映画もある....
映画『ツリー・オブ・ライフ』の不思議 (今日の素敵さがし)
 テレンス・マリック監督は、これで本年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝いたが、『天国の日々』や『シン・レッド・ライン』ほか、本作品を含めこれまで5作品しか発表していない。マスコミが嫌いなようで、メジャーな場にはほとんど顔を出さず、“伝説の監督”と呼...
初日は金曜日 (まぜごはん)
先週は日曜日(7日)に働いたのでその代休を金曜日(12日)にもらいました。 朝イチに歯医者さんへ行きクリーニングしてもらい、その後映画に行くことに。 金曜日と言えば「上映最終日」初日は土曜日というイメージがあるのですが、最近は金曜日から上映の映画もある....
『ツリー・オブ・ライフ』 (こねたみっくす)
この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...
テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』Nature : Grace、FATHER : MOTHER、Micro : Macro… (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『地獄の逃避行』『天国の日々』『シン・レッド・ライン』『ニュー・ワールド』と全作品が挙げられるぐらい寡作テレンス・マリック監督の最新作『ツリー・オブ・ライフ』。出演はブラッド・
ツリー・オブ・ライフ (Diarydiary! )
《ツリー・オブ・ライフ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − THE TRE
ツリー・オブ・ライフ(The TREE of LIFE) (シネマクマヤコン)
ブラッド・ピットが厳格な父親役をやっているドラマです。ショーン・ペンがブラピの長
「ツリー・オブ・ライフ」 (てんびんthe LIFE)
「ツリー・オブ・ライフ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2011-059 騙されたとか騙されないとかそんなレベルではなく、好きか嫌いか? 又は受け入れられるかできないか。 そういった受け入れ方を左右される作品でした。 キリスト教という宗教色も強いですが、幸...
【ツリー・オブ・ライフ】 (日々のつぶやき)
監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン  父さん、あの頃の僕は、あなたが嫌いだった 「仕事で成功しているジャック、中年と言われる年代になり、過去の自分を振り返る。 のどかな田舎で弟二人と両親と暮らしていたジャック、一見平和
ツリー・オブ・ライフ (銀幕大帝α)
THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開 −監督− テレンス・マリック −製作− ブラッド・ピット −脚本− テレンス・マリック −出演− ◆ブラッド・ピット…オブライエン 過去出演作:『イングロリアス・バスターズ』 ◆ショーン・ペン…ジャック ...
【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約 本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね 本日、2012年9月30日(日曜日)は、ホテルアルモニ...