kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ゴーストライター』を観て

2011-09-21 10:20:06 | ヨーロッパ映画

11-61.ゴーストライター
■原題:The Ghost Writer
■製作年・国:2011年
、イギリス・ドイツ・フランス
■上映時間:128分

■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)

■料金:1,800円
 
□監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー
□原作・脚本:ロバート・ハリス
□撮影監督:パヴェル・エデルマン
□編集:エルヴェ・ド・ルーズ
□美術:アルブレヒト・コンラート
□音楽:アレクサンドル・デスプラ
◆ユアン・マクレガー(ゴースト)
◆ピアース・ブロスナン(アダム・ラング)
◆キム・キャトラル(アメリア・ブライ)
◆オリヴィア・ウィリアムズ(ルース・ラング)
◆トム・ウィルキンソン(ポール・エメット)
◆ティモシー・ハットン(シドニー・クロール)
◆ジョン・バーンサル(リック)
◆ティム・プリーズ(ロイ)
◆ロバート・パフ(リチャード・ライカート)
◆イーライ・ウォラック(老人)
【この映画について】
「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」の名匠ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの同名ベストセラーを「トレインスポッティング」「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス・ミステリー。自叙伝を発表する元英国首相にゴーストライターとして雇われた主人公が、国家を揺るがす危険な秘密に迫ったばかりに、恐るべき陰謀に巻き込まれていくさまを、円熟のサスペンス演出でスリリングに描き出す。共演はピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ。
(この項、allcinemaより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼されたゴーストライターに出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。だがそのハードな仕事と引換に得られるものは25万ドルという破格の報酬だった。しかし、政治に興味がなく、前任者がフェリーから転落死、その後任ということもあり、彼は気乗りがしなかった。

代理人に説得されてラングの自叙伝を出版するラインハルト社に面接に行くと、そこにはラインハルト社ニューヨーク支部のマドックス、ラングの弁護士クロールも顔を揃えていた。言いたいことを率直に話すと、かえって気に入られてしまい、いつの間にか仕事を引き受ける羽目になる。
ヒースロー空港の待合室では、ラングがイスラム過激派のテロ容疑者に対する不当な拷問に加担した疑いがあるというニュース速報が流れていた。飛行機を降り、ラングが滞在する東海岸の島へ向かうフェリーに乗り継ぐ。そのフェリーはラングの首相時代の補佐官である前任者マカラが、その内容の不出来を責められて書き直しを命じられ、挙句の果てに大酒を飲んで泥酔して落ちたフェリーそのものだった。

ラングの邸宅は厳重な警備が敷かれ、中へ入るや否や、女性の怒号が耳に飛び込んでくる。ラングの妻ルースは機嫌が悪いのだ、と専属秘書のアメリアが説明する。彼女は守秘契約書にサインするように求め、自叙伝の草稿の屋外への持出しは厳禁だと言う。
原稿に目を通した彼はその内容の酷さは想像以上だった。溜息と共に顔を上げるとラングの妻ルースが立っていて、彼を後任者に推薦したのは自分だと言われた。

ラングの疑惑が表面化すると、孤島に大勢のマスコミが来襲しラングの自宅前では抗議デモをする市民や取材陣でごった返すようになった。そして、遂に、ラングの側近でもあった元外相のライカートがICC(国際刑事裁判所)にラングの調査を依頼するとのニュースが飛び込み、ラングはこの窮地を脱するためにワシントンへと向かう。
前任者の不審な死を追ううちに、今度は自身がラングの側近らに尾行されるなど、徐々に自身の身の危険を感じてフェリー乗り場から脱出してライカートと連絡を取った。
ラングは若い頃、ラングの妻がCIAと関係があったことから長年秘密の関係が続いていたことが判明、ラング自身は一旦母国に戻るも、執拗に息子が戦場で死んだことを抗議していた男性に暗殺されてしまい、彼(ゴースト)自身も出版記念パーティ出席中に外に出た途端に暴走してきた車にはねられ呆気なく死んでしまう。

このラスト・シーン、彼が事故死すると原稿用紙が舞ってエンドロールへと繋がるのだが、この辺のスタイルってポランスキー監督の演出、中々でした。
最後に、この映画の原作は元々「ゴースト(Ghost)」だったそうですが、何故だかゴースト・ライターに替わってしまったらしい。ゴースト・ライターだとラングの伝記を執筆するライターの話だが、ゴーストとなるとそれは果たして何を指すのか?という事になる。ポランスキー監督のその辺の意図は分からないが、ラングはブレア元英首相がモデルとも言われているが監督自身は否定しているそうだが、ジェームズ・ボンド役者のピアース・ブロスナンがラング役で、ボンドとしてはいつも暗殺する側だったのに、今回は暗殺されてしまう役とは皮肉だ。

配役としては主役のゴーストライターを演じるユアン・マクレガーは中々良かったのではないでしょうか、どこかウィットに富んだユーモアがあって、でもスリリングなシーンでも個性を発揮するなど良い配役でしたね。また、前任のゴースト・ライターの死因を巡って登場する老人を演じたイーライ・ウォラックって95歳だけど、最近でも「ウォール・ストリート」に出演していたけど矍鑠(かくしゃく)としていて元気だよね驚いた。

最後に、ラングの邸宅があるアメリカ東海岸の孤島のロケは実際にはドイツで行われた。ポランスキー監督はご存知のように、2009年にスイスで1977年にアメリカでの少女淫行事件で保釈中の身で逃亡したことで逮捕されその後釈放されている。従って、アメリカが舞台の作品ながらドイツでのロケとなったと容易に推測できますね。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代打・阿部が決勝打!勢い止... | トップ | 中日ドラゴンズ落合監督が退... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-11-09 14:50:32
TB ありがとうございます。

久々に上質のサスペンス、ミステリー作品でした。

ポランスキー監督の演出も流石で
おっしゃるように、ラストシーンも唸りましたね
Unknown (kintyre)
2011-11-12 09:45:11
>リバーさん、こんにちは
こういうミステリー作品、久し振りに観ました。ヒッチコック風の展開で、最後にああいうラストが待っているとは思いませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
映画レビュー「ゴーストライター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Ghost Writer◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を、破格 ...
ゴーストライター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
『ゴーストライター』 (ラムの大通り)
(原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほとんどが鬼籍入りしちゃったけど、 彼は『水の中のナイフ』デビューしたのが20代。 というこ...
ゴーストライター (心のままに映画の風景)
元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政...
『ゴーストライター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Ghost Writer [DVD] [Import]クリエーター情報なしSummit Entertainment 『ゴースト・ライター』2010年(英・仏・独)監督ロマン・ポランスキー ●ポランスキー流、迷宮的ミステリー  元英国首相ラングの自叙伝を無名で執筆するように依頼されたゴースト・ライター...
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
映画:ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー) スキ....
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
ゴーストライター (映画の話でコーヒーブレイク)
ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    **********************           ゴ ー ス ト ...
ゴーストライター (Peaceナ、ワタシ!)
知りすぎた、男(ゴースト)ー。 ユアン・マクレガー主演の『ゴーストライター』を観てきました! (…本当は『ライフ』のつもりでいたのだけれど、時間の関係等の諸事情により…ちなみに先週の話!) この映画、宣伝すら観た事がなかったので、タイトルから何となく想像できる...
サスペンスのお手本のような (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出の...
「ゴーストライター」 (みんなシネマいいのに!)
 病気の父を救うため、悪魔メフィストに魂を売ってしまった ジョニーは十数年後、派
冷たい雨が降っている…『ゴーストライター』ロマン・ポランスキー監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。ロバート・ハリスの同名小説『ゴーストライター』を「チャイナタウン」「フランティック」「赤い航路」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われ
ゴーストライター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕....
「ゴーストライター」 (prisoner's BLOG)
満席で前から二番目という結構すごい席で見る羽目になる。 冒頭ざあざあ降っている雨がその場の暗鬱な効果を出しているだけでなく、その後も雨が降り出すと不吉な予感をもたらしたり、前任者のゴーストライターの携帯やカーナビといったアイテムをたどっていくうちにその...
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
ゴーストライター (こんな映画見ました~)
『ゴーストライター』---THE GHOST WRITER---2010年(フランス/ドイツ/イギリス )監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー 、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル 、オリヴィア・ウィリアムズ 、トム・ウィルキンソン、ティモシー・ハットン...
ゴーストライター・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による...
ゴーストライター 俳優陣がイメージぴったり! (愛知女子気侭日記)
すみません今回記事長いです(-ω-;)ヽ 《感想》 劇中流れる音楽が不穏な雰囲気を醸し出しています。音楽はアレクサンドル・デスプラ「クイーン」「ベンジャミン・バトン」「ファンタスティックMr.FOX」「英...
ゴーストライター (キノ2)
★ネタバレ注意★  ロバート・ハリスの小説『ゴーストライター』を、ロマン・ポランスキー監督が映画化。    英国の元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)は、回顧録の出版を目前に控えていたが、実際に執筆にあたっていたライターである長年側近を務め...
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
『神様のカルテ』 (こねたみっくす)
医者が向き合うのは病気か、それとも患者か。そのどちらかを選ぶかで、その医者が人生で何を残すのかが決まる。 長野県在住の現役医師が書いた小説にして、本屋大賞にもノミネー ...
ゴーストライター(2010)◆◇THE GHOST WRITER (銅版画制作の日々)
 知りすぎた、男(ゴースト)――。 評価:+5点=65点 MOVX京都にて鑑賞。 どんよりした灰色の空に、荒れる海・・・・。まさにサスペンスの臭いがプンプンしています。浜辺の波打ち際に倒れている男性の姿が見える。そうこの人はラングの大統領時代の補佐官であり...
ゴーストライター/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ...
■『ゴーストライター』■ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:フランス+ドイツ+イギリス合作映画、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウイリアムズ出演。
『ゴーストライター』 (beatitude)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)に出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。だがそのハードな仕事と引換に....
ゴーストライター (がらくた新館)
川崎駅の反対側に移動して、チネチッタにて平日の映画の日、2本目の観賞。政治絡みの
ゴーストライター (風に吹かれて)
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ
ゴーストライター (とりあえず、コメントです)
ロバート・ハリスの同名小説をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 昨年の東京国際映画祭でタイトルを観た時から、どんなサスペンスになるのだろうと楽しみにしていました。 展開というよりは題材がすごくて、ラストまでうわーと思いながら観ていました。
ゴーストライター (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン...
映画『ゴーストライター』 (健康への長い道)
『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の新作は、なかなか面白いという噂のミステリー&サスペンス。 Story 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。出版社が用意した条件は、米...
ゴーストライター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・ハリスの同名小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた男が、国家を揺るがすある秘密に触れて ...
<ロマン・ポランスキーの新作、公開> (テアトル十瑠)
ツイッターに書きましたが、どちらかというとブログ向きの話題のような気がしたので、コチラにも載っけます。予告編動画付きです。
「ゴーストライター」~格調高いポリティカルサスペンス (酔生夢死浪人日記)
 原発先進国を自任するフランスの核廃棄物処理工場で爆発が起き、死傷者が出た。「現時点で外部への放射能漏れはない」という原子力報道官のコメントにデジャヴを覚えた。  枝野氏は官房長官時代、放射能汚染について「直ちに影響はない」と虚偽の情報を垂れ流した。遠...
ゴーストライター (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  原作はロバート・ハリスの小説。監督はあの『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー、主役のゴーストライターにユアン・マクレガーが扮している。格調高い大人向けのサスペンス映画である。  元英国首相アダム・ラングの自叙伝を、リライトするように頼ま...
「ゴーストライター」:影のない男、影しかない男 (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ユアン・マクレガー フランス・ドイツ・イギリス2010年 長らく公開を待たされたポランスキーの新作……じゃなくて、待っている間にもう次の作品が完成しちゃったのだから旧作になってしまった。 どうしてこれだけ日本公開が遅れたの...
ゴーストライター (こんな私でごめんあそばせ)
監督 ロマン・ポランスキー 出演 ユアン・マクレガー キム・キャトラル ピアーズ・ブロスナン ストーリー 元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、 ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう その矢先、ラ
「ゴーストライター」上質なサスペンス (気楽にMyway)
ヒッチコック風のドキドキさがいい!「ゴーストライター」
ゴーストライター (Diarydiary! )
《ゴーストライター》 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 元英国首相のゴ
ゴーストライター (sailor's tale)
English Man In New York
ゴーストライター (538ねん。)
「ゴーストライター」もようやっと、 有楽町から新宿まで落ちてきました 日曜日の昼下がりの新宿武蔵野館は 老中年カップルばっかのお客さん やっぱロマン・ポランスキーのミステリーということで 皆さんお集まりになられたのか 武蔵野館一番キャパのよいスクリーンでの公...
ゴーストライター (だらだら無気力ブログ!)
これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
ゴースト・ライター (迷宮映画館)
あの、アメリカっぽいところはどこかなあ~?などと思いながら、懐かしの俳優さんたちに萌えてた。
ゴーストライター (愛猫レオンとシネマな毎日)
巨匠ロマン・ポランスキー監督によるサスペンス映画です。 主人公は、イギリスの元首相の自叙伝の執筆を依頼されたゴーストライターの男。 彼は、元首相が滞在する真冬のアメリカの孤島へと向かいます。 ところが、取材を進めるうちに、元首相の秘密を知ってしまう...
「ゴーストライター」The Ghost Writer (事務職員へのこの1冊)
冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
ゴーストライター (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン ◆STORY◆...
ゴーストライター (銀幕大帝α)
THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス『ゴーストライター』 脚本: ◆ロバート・ハリス ◆ロマン...
ゴーストライター (いやいやえん)
元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話ですが、古典的なサスペンスの中に現代的な事件が絡む。テンポよ...
「ゴーストライター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Ghost Writer」 2010 フランス/ドイツ/UK ゴーストに「ブローン・アパート/2008」のユアン・マクレガー。 アダム・ラングに「あぁ、結婚生活/2007」のピアース・ブロスナン。 アメリア・ブライに「セックス・アンド・ザ・シティ/2008」のキム・キャトラル...
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆) 今まで説明して無かったけど。★の数が私の記事書く上でのイ...