kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『鑑定士と顔のない依頼人』を観て

2013-12-30 12:45:44 | ヨーロッパ映画

13-109.鑑定士と顔のない依頼人
■原題:La Migliore Offerta(英題:The Best Offer)
■製作年、国:2013年、イタリア
■上映時間:131分
■料金:0円(1カ月FP5本目)
■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)



□監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
□音楽:エンニオ・モリコーネ
◆ジェフリー・ラッシュ
◆ジム・ズタージェス
◆ドナルド・ザザーランド
◆シルヴィア・フークス
◆キルナ・スタメル
◆リヤ・ケベデ
◆ダーモット・クロウリー
◆フィリップ・ジャクソン
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。

ヴァージル・オールドマンは、世界中のオークションで活躍する一流オークショニア。早くに親を亡くし、結婚もせず、友人もいない人間嫌いの彼の楽しみは、自宅の隠し部屋の壁一面に飾った女性の肖像画鑑賞だった。
自分が仕切るオークションで、パートナーのビリーが名画を格安で落札するよう仕向け、自分のコレクションに加えていたのだ。そんな彼の元に、クレア・イベットソンと名乗る女性から電話が入る。1年前に亡くなった両親が遺した家具や絵画を鑑定してほしいという依頼だった。
指示された邸宅に向かったものの、彼女は姿を見せず、後日再び訪問したところ、使用人のフレッドが現れる。やむなく1人で家の中を見て回ったヴァージルは、地下室の床に転がった何かの部品に気付き、密かに持ち帰る。だが、鑑定が進んでもクレアは一向に姿を見せない。フレッドによると、歳は27だが、奇妙な病気を患っており、11年の勤務中に一度も会ったことがないとの事。
やがて、修理屋のロバートに調査を依頼していた謎の部品が、18世紀に作られた機械人形の一部である可能性が出てきた。数日後、“広場恐怖症”と呼ばれる病気により、“15歳から外へ出ていない”と告白したクレアに同情したヴァージルは、壁越しのやり取りに同意する。自由な出入りを許され、彼女が屋敷の隠し部屋で暮らしていることに気付くと、影に隠れて彼女の姿を目撃。美しいその素顔に、恋に落ちてしまう。

再度の覗き見を彼女に見つかった時、ヴァージルは全てを打ち明け、遂に対面を果たす。互いに心を許してゆく2人。ところが、外出に強い拒絶反応を示していたクレアが、ある日忽然と姿を消す。果たして、鑑定依頼の本当の目的は?そして、クレアの過去に隠された秘密とは?謎はまだ、入り口に過ぎなかった……。

この映画ってラストを知ってから、自分の頭の中でシーンを振り返ると、どんなに小さなシーンにも全て意味があったというか繋がりがあったことが改めて判り、トルナトーレ監督の脚本の素晴らしさを認識させられた。

『ヴァージルのハマった罠』
①本プロジェクトのプロデューサー的な役割を果たしたのは、オークションの相棒ビリーだった。ビリーは彼に自分の画を酷評され続けていた。
修復家のロバートは、ディレクター的な役割を担う。プレイボーイの彼はクレアを利用してヴァージルが恋の盲目状態に陥るように数々の仕掛けを施す。古びた歯車の鑑定、オートマタの活用。特に後者はヴァージルが卒論に選んだテーマであることまで調査済みだった。
③クレアの住む古ぼけた屋敷、これはロバートが2年かけて完璧なセットを施す。クレアが12年間外出していないことになっていたが、それを見破っている謎の女性が向かいのカフェに居た。その女性の名前は...。何と驚きだった。
④ヴァージルはクレアと一緒になる。ヴァージルの自慢のコレクションである女性の肖像画が秘密の隠し部屋に所蔵されているシーンが登場。その視線は全てヴァージルに向けられている、全てオークションでセコイ手段を講じて手に入れた逸品揃いだ。だが、クレアと一緒になったことで安心したのか?それとも何時の間にか秘密部屋の暗証番号が流出したのか、クレア共々全て消えて無くなった。
ということは屋敷の使用人までグルだった?

女性との交際経験の無かったヴァージルが得た束の間の恋。消えたクララが以前語っていたプラハのカフェへと向かったヴァージル。
そこには無数の時計が。呆然とするオールドマンにウェイターが「おひとりですか?」と尋ねるも、一瞬、つまって…「あ、いや、人を待っている」と力無く返事するも、待ち人が現れることは無いだろう。美術品の鑑定眼力は超一流だったが、生身の人間の鑑定は素人だった。余生をどう過ごすのだろうか?

トルナトーレ監督は当初からジェフリー・ラッシュにヴァージルを想定して脚本を書いたそうだ。従って、彼の演技は実によくハマっているし、彼の個性も充分に活きている。オークションで仕切るシーンなどは素晴らしいし、クレアに徐々に惹かれて行く心境の変化も見事に表現している。それと相棒ビリー役のドナルド・サザーランド、やはり彼がこの罠の全てを仕切っていた。ただ者では無いね。
「アクロス・ザ・ユニヴァース」でブレークしたジム・スタージェスは、この罠の進行役?をこれも見事に疑われること無くこなしていたのは立派。彼が恋の指南役を務めなければこの罠は完成しなかっただけに良い味だしていた。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相が靖国神社参拝…第1次... | トップ | 2013年、映画観賞履歴~1年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りお)
2014-03-17 01:57:12
こんにちは。
④は、クレアが暗証番号を盗み見ていたか、ヴァージルがクレアには教えていたとか、そういうことだと思いますよ。
使用人は暗証番号を知らないんじゃないのかな。
ドナルド・サザーランドは良かったのですが、こいつ腹に一物持ってるな~ってのがわかってしまうのが残念でした(笑)
Unknown (kintyre)
2014-03-18 23:32:33
>りおさん、こんばんは
4に関しては説明は無いので観た側が推測するしか
ないので、どちらの可能性もありますね。
それにしてもD・サザーランド、やはり只者ではあり
ませんね。ヴァージルをこう言う形で見捨てるとはね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『鑑定士と顔のない依頼人』 2013年12月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『鑑定士と顔のない依頼人』 を鑑賞しました。 今日は14日なので東宝で(笑) もちろん満席御礼でした この映画は見逃せません ベスト1候補に急浮上です。(この年末で印象深い映画になった) 【ストーリー】  天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマ...
鑑定士と顔のない依頼人 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジェフリー・ラッシュ主演、監督は 「ニュー・シネマ・パラダイス」などで 知られるジュゼッペ・トルナトーレが務めた 映画「鑑定士と顔のない依頼人」が公開 されましたので観に行ってきました。 鑑定士と顔のない依頼人 原題:LA MIGLIORE OFFERTA THE BEST OFFER 製作...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La migliore offerta」…aka「The Best Offer」2013 イタリア ヴァージル・オールドマンに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」のジェフリー・ラッ...
鑑定士と顔のない依頼人 (I am invincible !)
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は鋭く確かな鑑定眼と豊かな知識を持つ、超一流のオークショニア。 芸術品、特に女性の肖像画を熱愛する一方、人付き合いが嫌いで潔癖症の偏屈。
『鑑定士と顔のない依頼人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人」 □監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン ■鑑賞日 12月2...
「鑑定士と顔のない依頼人」、美術品の鑑定をする鑑定士を巡るミステリーです、恋もあります。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ イタリア映画だが、英語版。 ヨーロッパの美術鑑定士といえば、名画だ。それを演じるのがジェフリーラッシュ。美術品のオークションを取り仕切りその手際は鮮やか。 この男が曲者、なにしろ独身だが、その生活はスタイリッシュ、そして、裏部屋に美...
鑑定士と顔のない依頼人 (gala)
丁寧な作品作りは眼の保養となり、含蓄ある台詞まわしは心に滋養を与え。 イタリアの凄さをたっぷり堪能させていただきました。 敢えて言うなら、《詐欺集団が詐欺師をたぶらかした》 と言ってしまうと《みもふたもない》となってしまうので、 ここは、台詞の中から...
鑑定士と顔のない依頼人 (試写会) (風に吹かれて)
どんなものでも偽れる偽物の中にも本物はある公式サイト http://kanteishi.gaga.ne.jp12月13日公開監督: ジョゼッペ・トルナトーレ  「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上
鑑定士と顔のない依頼人/ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを主演に美術競売人が謎めいた女性からの鑑定依頼に ...
鑑定士と顔のない依頼人 (♪HAVE A NICE DAY♪)
中々面白かった!! いや~~~~~~ジェフリー・ラッシュは流石の演技!! 序盤は、天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)の オークションの仕事をテキパキとやり 見ていて気持ちいいくらい素晴らしいです 独身で潔癖症...
映画:鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 予告編が良かっただけに... 失望も大きい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」)の新作ミステリー。 予告篇が良くできていたので、期待が大きかった。 これが大幅に裏目に出てしまったかな... 予告篇では「謎」までを提示するが、本編でもその「謎」の提示まで...
鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。 美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、 潔癖性で、常に....
鑑定士と顔のない依頼人 / La migliore offerta (The Best Offer) (勝手に映画評)
姿を見せようとしない女性の依頼人からの美術品鑑定依頼。当初は、姿を見せようとしない依頼人に反発を覚えていた鑑定士のオールドマンだったが、ある時、依頼人の姿を隠れ見て、その美しさに引かれていってしまう・・・。 互いに時には非常に失礼な態度を示し反発し合い...
鑑定士と顔のない依頼人 (はるみのひとり言)
試写会をお譲りした人が高評価だったので、期待大で映画館に足を運びました。題名から鑑定士と依頼人の美術品をめぐる駆け引きなのかなと思っていましたが、全然違ってました。なが~い時間をかけて散りばめられた伏線の後で驚きのラスト10分。予告も観たことないし、予...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』観てきた~♪ (よくばりアンテナ)
やっと金沢でも公開されたので喜び勇んで観て参りました。 ミステリーなので上手く騙されたくてワクワクしてたので 事前に情報をなるべく仕入れずに鑑賞。 鑑定士って職業がいまいちわかってないのですが、 一流のオークショニアってなかなか権威のある職業の...
鑑定士と顔のない依頼人 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞鑑定士と顔のない依頼人/LA MIGLIORE OFFERTA 2013年/イタリア/131分 監督: ジュゼッペ・トルナトーレ 出演: ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド 公開: 2013年12月13...
鑑定士と顔のない依頼人 (夏の雨)
「鑑定士と顔のない依頼人」観ました。 2013年 イタリア 監督 ジュセッベ・トルナトーレ 出演 ジェフリー・ラッシュ    ジム・スタージェス    シルビア・ホークス    ドナルド・サザーランド 一流鑑定士の所にある日、女性の声で親の遺産である自宅の....
鑑定士と顔のない依頼人 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「鑑定士と顔のない依頼人」の試写会へ行ってきました。 ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、優れた鑑定眼と美術の知識を持つ著名な鑑定士。両親が残した絵画
『鑑定士と顔のない依頼人』 (beatitude)
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、世界中のオークションで活躍する一流オークショニア。早くに親を亡くし、結婚もせず、友人もいない人間嫌いの彼の楽しみは、自宅の隠し部屋の壁一面に飾った女性の肖像画鑑賞だった。自分が仕切るオークションで、パ...
鑑定士と顔のない依頼人 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。偏屈な美術鑑定士には、『シャイン』など...
鑑定士と顔のない依頼人 (迷宮映画館)
さすがに本物の絵の持つオーラが感じられました。
真贋~『鑑定士と顔のない依頼人』 (真紅のthinkingdays)
 LA MIGLIORE OFFERTA    THE BEST OFFER  潔癖症で、孤独に生きる美術鑑定士のヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ ラッシュ)は、クレアと名乗る女性からの電話を受ける。それは彼女が亡き両親 から相続した広大なヴィラにある、美術品の査...
鑑定士と顔のない依頼人(La migliore offerta)(The Best Offer) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受...
・・・哀れ。『鑑定士と顔のない依頼人』 (水曜日のシネマ日記)
著名な美術品鑑定士と姿を見せない女性依頼人の物語です。
鑑定士と顔のない依頼人 (心のままに映画の風景)
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定して欲しいとクレア(シルヴィア・フークス)という女性から依頼を受ける。 屋敷を訪ねたヴァージルは、決して姿を見せないクレアに不信感を抱...
鑑定士と顔のない依頼人 (to Heart)
原題 LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER 製作年度 2013年 製作国・地域 イタリア 上映時間 131分 脚本:監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽 エンニオ・モリコーネ 出演 ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド/フィリッ...
鑑定士と顔のない依頼人  (映画と本の『たんぽぽ館』)
鑑定士=偽装を見破ることが仕事だが・・・ * * * * * * * * * * 天才的審美眼を誇る鑑定士でありオークショニアでもある、 バージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)。 彼のもとへ、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという...
鑑定士と顔のない依頼人 (とりあえず、コメントです)
ある鑑定士が謎の依頼人と出会ったことから大きく運命を変えていくサスペンスです。 予告編を観て、どんな結末になるのだろうと気になっていました。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督の紡ぎ上げる物語は、かなり心がぞわぞわするような展開になっていました。
「鑑定士と顔のない依頼人」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・ イタリア/Paco Cinematografica配給: ギャガ 原題: La migliore offerta (英題: The Best Offer)監督:ジュゼッペ・トルナトーレ脚
鑑定士と顔のない依頼人 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月1日(水) 16:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービス・デー) パンフレット:未確認 老いらくの恋と思いきや。 『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイト ミステリーなどという宣伝文句を知らずに観た。 最後の15分位から、驚くべき展開。まあ...
鑑定士と顔のない依頼人 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
鑑定士と顔のない依頼人 '13:イタリア ◆原題:La migliore offerta ◆監督:ジュゼッペ・トルナトーレ「シチリア!シチリア!」「海の上のピアニスト」 ◆主演:ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド、フィリッ...
「鑑定士と顔のない依頼人」 The Best Offer (2013 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
監督が「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ。音楽は巨匠エンニ
鑑定士の運命 (笑う社会人の生活)
5日のことですが、映画「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞しました。 美術鑑定士ヴァージルは、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受け、屋敷を訪ねるも 依頼人の女性クレアは決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美....
劇場鑑賞「鑑定士と顔のない依頼人」 (日々“是”精進! ver.F)
恋は盲目… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402110001/ 【送料無料】鑑定士と顔のない依頼人 [ ジュゼッペ・トルナトーレ ]価格:1,575円(税込、送料込) ニュー・シネマ・パラダイス(Blu-ray Disc)価格:...
鑑定士と顔のない依頼人  THE BEST OFFER (映画の話でコーヒーブレイク)
NHK「あさイチ」で紹介していたのを見て、面白そうだったので鑑賞決定。 邦題がなんともミステリアス。 豪華なセットに凝った小道具、不思議な雰囲気のある作品です。 時代設定は20世紀初頭かしら?と思っていたら、携帯が出てくるはネットでオークションに 入札するはで....
鑑定士と顔のない依頼人 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「ニューシネマパラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作は「極上のミステリー」と宣伝されていますが、むしろ切なく美しい純愛の物語という感じでした。ジェフリー・ラッシュの演技に◎。  作品情報 2013年イタリア映画 監督:ジュゼッペ・トルナトー...
鑑定士と顔のない依頼人 (愛猫レオンとシネマな毎日)
昨年暮れの東京散策時に、TOHOシネマズシャンテにて鑑賞。 「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による作品。 天才的な鑑定眼を持つオークション鑑定士のヴァージルは、人間嫌いで 芸術品しか愛することが出来ない。 彼の隠し部屋...
鑑定士と顔のない依頼人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァ....