kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『裏切りのサーカス』を観て

2012-05-15 13:22:43 | ヨーロッパ映画

12-38.裏切りのサーカス
■原題:Tinker Tailor Soldier Spy
■製作国、年:イギリス・フランス・ドイツ、2011年
■上映時間:128分
■字幕:松浦美奈
■観賞日:5月14日、TOHOシネマズシャンテ



□監督:トーマス・アルフレッドソン
□原作:ジョン・ル・カレ
◆ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)
◆キャシー・バーク(コニー・サックス)
◆ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)
◆デヴィッド・デンシック(トビー・エスターヘイス、コードネーム:プアマン)
◆コリン・ファース(ビル・ヘイドン、コードネーム:テイラー)
◆トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン、コードネーム:ティンカー)
◆キアラン・ハインズ(ロイ・ブランド、コードネーム:ソルジャー)
◆ジョン・ハート(コントロール)
◆マーク・ストロング(ジム・プリドー)
◆スティーヴン・グレアム(ジェリー・ウェスタービー)
◆トム・ハーディー(リッキー・ター)
◆スヴェトラーナ・コドチェンコワ(イリーナ)
◆サイモン・マクバーニー(オリヴァー・レイコン)
【この映画について】
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を、『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化したサスペンス。英国諜報組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜すため、引退生活から呼び戻されたスパイが敵味方の区別もつかない中で真相に迫る姿を描く。
主演のゲイリー・オールドマンをはじめ、『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したコリン・ファース、『インセプション』のトム・ハーディら実力派の競演は必見。(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。ハンガリーの将軍が<もぐら>の名前と引き換えに亡命を要求。コントロールは独断で、工作員ジム・プリドーをブダペストに送り込むが、ジムが撃たれて作戦は失敗に終わる。

責任を問われたコントロールは長年の右腕だった老スパイ、ジョージ・スマイリーと共に組織を去ることとなる。直後にコントロールは謎の死を遂げ、引退したスマイリーのもとに<もぐら>を捜し出せという新たな命が下る。
標的は組織幹部である“ティンカー”ことパーシー・アレリン、“テイラー”ことビル・ヘイドン、“ソルジャー”ことロイ・ブランド、“プアマン”ことトビー・エスタヘイスの4人。過去の記憶を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。浮かび上がるソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>、そしてかつての宿敵・ソ連のスパイ、カーラの影。やがてスマイリーが見い出す意外な裏切り者の正体とは……。

この作品は東西冷戦時代が舞台で、しかも作者が諜報員だったジョン・ル・カレによるものなので所謂小説家が創造した世界とは一線を画し、作者の実体験または業務上知り得ていた事柄が基になっているのは想像に難くない。
登場人物のスパイ達のコードネームは単純でユニークなものが多くてクスッとさせられるが、その同僚達の間でもお互い知らないことが多い。中には同僚の妻と不倫していた者や足を洗って外国で英語教師として生活している者やロシアの女スパイと関係を持つ者など様々だ。
親玉格のコントロールを演じたジョン・ハートの演技を筆頭に、英国の俳優達の演技は流石だったのだが、ストーリー的には旧ソ連のスパイとの微妙な関係が裏で続いていたり、その敵側スパイとの接点、女スパイの存在がチラチラと映し出される場面は冷戦時代のそれを思わせ緊張感を煽いでいる。だが、この旧ソ連スパイとの関係を築いたのは意外な人物だったのがキーポイントだった。そこから展開が早くなったのだが、数少ない女性登場人物の一人の鋭い眼差しと女性ならではの分析力が光ったシーンだった。

結局、この配役から言って、また、容疑者と名指しされた4人+スマイリーの中での知名度の高さからもコリン・ファース(「英国王のスピーチ」で世界的な注目浴びました)が「モグラ」で、死んでいた筈だったプリドーが実は母国に戻っていたのがオチでした。
ゲイリー・オールドマンの渋さも含めて英国人俳優総出演的なオールスター・キャストで、映像的にも英国らしさが存分に出ていて良かったのですが、この映画はやはり1度観ただけでは細部を頭に入れるのは難しかった、と言うのが私の本音。と言って2度観れば納得するのでしょうが、2度目がいつ来るのかは...。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『貞子3D』を観て | トップ | 映画『タクシー・ドライバー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『裏切りのサーカス』 2012年4月11日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『裏切りのサーカス』 を試写会で鑑賞しました。 私の頭では理解不能でした 久しぶりに超難解映画を観てしまった 【ストーリー】  東西冷戦下の1980年代、英国諜報(ちょうほう)部「サーカス」を引退したスパイ、スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が...
試写会「裏切りのサーカス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/4/11、よみうりホール。 最近はよみうり会館の階段に並ぶのが嫌で、 開場時刻が過ぎてから着くことが多い。 1階席のいいところは埋まっていて、2階席やや左側に陣取った。 椅子の上に荷物を置いて席を取っている人多し。 満席ではなかったからいいようなも...
裏切りのサーカス (とりあえず、コメントです)
ジョン・ル・カレ著の『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化した作品です。 予告編を観た時から、こんな豪華キャストでどんな物語が描かれているのだろうかと気になっていました。 1970年代の英国情報部を舞台に二重スパイをめぐる、ル・カレらしい緊張感...
『裏切りのサーカス』 (ラムの大通り)
(英題:Tinker Tailor Soldier Spy) ----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。 この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、 えいもお手上げだったのかと…。 「う~ん。 ある意味、そう取られても仕方ないのかな。 お話として...
「裏切りのサーカス」気を抜くな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を映画化した息詰まるサスペンスは、一瞬たりとも気が抜けない。 見ている側もスパイになって神経を尖らせている気分になる、最近にないどっしりと見応えバッチリな作品だ。
裏切りのサーカス / TINKER, TAILOR, SOLDIER, SPY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 元MI6諜報部員であり、スパイ小説で有名なジョン・ル・カレ彼がMI6在職中に実際に起きた事件を基に書き上げ、“スパイ小説の金字塔”と呼ばれた小説、 『ティンカー、テイラー、ソルジャー、...
裏切りのサーカス (試写会) (風に吹かれて)
そして誰もいなくなった?公式サイト http://uragiri.gaga.ne.jp4月21日公開原作: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ジョン・ル・カレ著/ハヤカワ文庫)監督: トーマ
裏切りのサーカス (Diarydiary! )
《裏切りのサーカス》 2011年 イギリス/フランス/ドイツ映画 - 原題 -
裏切りのサーカス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(15)(10) フィルム・ノワールな雰囲気がいいじゃない!
裏切りのサーカス / Tinker Tailor Soldier Spy (勝手に映画評)
昨日見た『Black & White/ブラック&ホワイト』もスパイモノですが、今日の『裏切りのサーカス』もスパイモノ。ですがテイストは全く違っていて、『Black & White/ブラック&ホワイト』はお馬鹿ムービーですが、『裏切りのサーカス』は重厚なエスピオナージになっ...
『裏切りのサーカス』 (2011) / イギリス・フランス・ドイツ (Nice One!! @goo)
原題: TINKER TAILOR SOLDIER SPY 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ゲイリー・オールドマン 、コリン・ファース 、トム・ハーディ 、マーク・ストロング 、トビー・ジョーンズ 公式サイトはこちら。 アカデミー主演男優賞に絡んだ本作。 評判もよさ...
トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞、もぐらについて触れています。ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ( Tinker Tailor Soldier Spy )」を「ぼくのエリ 200歳の少女
「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー賞にゲイリー・オールドマンが主演男優賞などでノミネートされた作
映画 「裏切りのサーカス」 (ようこそMr.G)
映画 「裏切りのサーカス」
■『裏切りのサーカス』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:イギリス+フランス+ドイツ合作映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ジョン・ル・カレ原作&製作総指揮、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ...
二重スパイは誰だ? ~『裏切りのサーカス』 (真紅のthinkingdays)
 TINKER TAILOR SOLDIER SPY  1970年代、東西冷戦時代の英国。MI6内英国諜報部「サーカス」 のリーダ ーであるコントロール(ジョン・ハート)は、組織の中にKGBの二重スパイがいる と...
『裏切りのサーカス』 (beatitude)
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。...
裏切りのサーカス・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スマイリーは笑わない。 東西冷戦たけなわの70年代を背景に、英国情報部“サーカス”に紛れ込んだ東側のスパイ“もぐら”の摘発を命じられた老スパイ、スマイリーの活躍を描く、第一級のスパイスリラー。 あの...
「裏切りのサーカス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Tinker Tailor Soldier Spy」2011 UK/フランス/ドイツ ジョージ・スマイリーに「ザ・ウオーカー/2010」のゲイリー・オールドマン。 ビル・ヘイドンに「英国王のスピーチ/2010」のコリン・ファース。 パーシー・アレリンに「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~...
裏切りのサーカス (だらだら無気力ブログ!)
タイトルのカッコよさに惹かれて観に行った。
裏切りのサーカス (心のままに映画の風景)
東西冷戦下の1980年代、英国諜報部「サーカス」を引退したスパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。 それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイ...
裏切りのサーカス (うろうろ日記)
映画館で観ました。 【予告orチラシの印象】諜報機関に紛れ込んだスパイを探すため
裏切りのサーカス (カプサイシンノココロモチ)
『裏切りのサーカス』 “TINKER TAILOR SOLDIER SPY” (2011・イギリス=フランス=ドイツ・2h08) 監督 : トーマス・アルフレッドソン 出演 : ゲイリー・オールドマン、ジョン・ハート、コリン・ファース、マーク・ストロング、トム・ハーディ、ベネディク...
「裏切りのサーカス」 (てんびんthe LIFE)
「裏切りのサーカス」TOHOシネマズシャンテで鑑賞 2012-045 ゲイリー・オールドマンさまオスカーノミネート作品。 だからなのか、公開以来やけに混んでます。 東京もシャンテと武蔵野館2館だけなのでシャンテ来ちゃうよね。 TOHOポイントたまるし、武蔵野館もっと...
裏切りのサーカス (いやいやえん)
これは確かに、何度か観ないと本旨が分からない作品かもしれないです。ストーリーはそれほど複雑化はしていないのですが、どの時点で解ったのかという点に関して、どうにも謎が残る1回目鑑賞。2回は見ないとですね
本格的スパイ (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも....
[映画『裏切りのサーカス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆東西冷戦下、英国の、対ソビエト諜報戦の物語。  主人公ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が属しているのは英国MI6で、話のメインが「英国諜報部(通称サーカス)内に潜む二重スパイを探し出す」であるので、  物語は、雰囲気的に、英国諜報部の「見...
『裏切りのサーカス』 (こねたみっくす)
不親切な映画。だから難解でもストーリーは面白いのに、映画としてはあまり面白いとは思えない。 英国諜報員の過去を持つジョン・ル・カレの人気スパイ小説を映画化したこの作品 ...
『裏切りのサーカス』(R15+) 2度目の方がスリル満点だった! (コナのシネマ・ホリデー)
意外にも、本作で初めてアカデミー賞にノミネートされたG・オールドマン。思い返せば、圧倒的な存在感を見せつけてきた評価の高い俳優だったにもかかわらず、たしかにアカデミー賞には無縁だった。その彼が初めてノミネートされたのだから、この作品は見逃せないでしょ。
「裏切りのサーカス」 (Con Gas, Sin Hielo)
後追いに終始。 怪しげな登場人物が多い。舞台が飛び、時間が飛ぶ。狂言回しによる解説はなし。 とにかく物語が難解だ。 何か起こりそうな空気や個性的な俳優陣のおかげで、一瞬の眠気にも襲われなかった。にも拘らず、肝心なところで物語を見失ってしまっていた気が....
裏切りのサーカス (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TINKER TAILOR SOLDIER SPY】 2012/04/21公開 イギリス/フランス/ドイツ R15+ 128分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ジョン・ハート 一度目、あなたを...
「裏切りのサーカス」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
二重スパイの正体。 プレゼントのライター。
映画評「裏切りのサーカス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2011年イギリス=フランス=ドイツ合作映画 監督トーマス・アルフレッドソン ネタバレあり
裏切りのサーカス (Tinker Tailor Soldier Spy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 ゲイリー・オールドマン 2011年 フランス/イギリス/ドイツ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「誰にも言わないで欲しいんだけどね・・・」と前置きされる話をよく女の人から聞かされるんですけど、“誰にも言わないで欲...