サラリーマン活力再生

対米追従の政治家・官邸・マスコミ等と闘う「民族派」「国益派」を応援し、「安心して暮らせる社会」を目指すブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

184481 福田降ろしの背景~学会関連のスキャンダル隠し目的で公明が引導を渡した?

2008年09月02日 | アメリカ→官邸・電通→マスコミの日本支配
184481 福田降ろしの背景~学会関連のスキャンダル隠し目的で公明が引導を渡した?
  猛獣王S ( 30代 営業 ) 08/09/02 PM04


『福田降ろしの“背景”…公明が引導を渡した 』(ZAKZAK)より転載します。
----------------------------------------------------------------
福田康夫首相は1日、たった1年で政権を投げ出した。12日召集の臨時国会を乗り切れないと判断した末の“敵前逃亡劇”だが、永田町では「公明党が引導を渡した」との説が有力だ。同党は年末年始の衆院解散に照準を合わせ、「福田首相は選挙の顔として失格」との評価を吹聴。自民党内の「福田降ろし」を誘発し、政策面でもさまざまな圧力を加えていった。

「私は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」

福田首相は1日夜の辞任会見で、自らの政権運営の成果については淡々と述べていたが、「他人事のように聞こえるが」との質問には、突如逆ギレした。

このインパクトが強烈だったが、自民党ベテラン議員は、首相の次の発言に強く反応した。「自公政権が順調にいけばいい。しかし、私の先を見通す、この目の中には決して順調ではない可能性がある。不測の事態に陥ってはいけないとも考えた」

公明党への不信感をにじませた瞬間だ。実際、福田首相は事前に、辞任の意向を太田昭宏代表にすら伝えていない。8月29日には、商店街を一緒に視察することを打ち合わせたという。

その太田氏は同日夜、「大変突然のことで、正直言って驚いている」と語ったが、先のベテラン議員は「公明党にとっては、希望通りの展開だろう」と語る。

公明党は、支持母体の創価学会とともに来年夏の東京都議選を重視している。その準備期間を確保するため、年末年始の衆院選を希望しているのだが、福田政権の長期支持率低迷が続き、自民党に半身の姿勢を見せ始めた。

事前に「花道論」も出ていた北海道洞爺湖サミット後、支持率が上がらないと見るや、同党幹部から「福田首相の下では次期衆院選は戦えない」との声を打ち上げた。内閣改造に際しても当初、党首会談の呼びかけに応じようとしなかった。北側一雄幹事長とソリが合わない自民党の伊吹文明前幹事長の交代を求め、麻生太郎幹事長になると、露骨に喜んだ。

臨時国会の焦点となる新テロ対策特別措置法改正案でも路線は対立した。

前臨時国会で使った衆院3分の2の賛成による再可決に慎重姿勢を崩さず、福田首相は国会召集時期でも大幅譲歩を余儀なくされた。先週末にまとめた経済総合対策でも、首相が難色を示していた定額減税について公明党側に押し切られた。

さらには最近、麻生氏に近い甘利明前経産相が「福田降ろし」の可能性に言及したり、中川昭一元政調会長が「何もしない首相」と批判するといった動きが出た。これも公明党の「福田離れ」に連動したとの見方が広がっていた。

一方の自民党は、一連の小泉改革によって、かつて自民党選挙を支えた支持団体が崩壊し、各小選挙区に約2万票を持つという公明党はいまや「自民党の最大支持団体」とされ、意向は無視できない。太田誠一農水相の事務所費問題では、太田氏が領収証を公開したにもかかわらず、公明党幹部が「説明が不十分だ」と攻めたて、「福田降ろしをしろ、ということでは」(自民党関係者)との見方は強まっていた。

12日に臨時国会を召集するなら、今週は所信表明演説の詰めに入らないといけない。福田首相流にいえば、こうした「いろいろなことを総合的に判断した結果」、その前に区切りをつけようとしたとみられる。

自民党ベテラン議員は「民主党が徹底的にいじめ、公明党が最終的に引導を渡したということだろう。進むも地獄、引くも地獄の判断だった」と、福田首相の心境を代弁した。
----------------------------------------------------------------

以下、「公明党は選挙を有利に戦うため森喜朗に「首相の顔のすげ替え」を要求した」(株式日記と経済展望)リンクより一部転載します。

(私のコメント)

>福田総理が選ばれたのも民主党との大連立構想があったからですが、小沢代表の裏切りによって大連立構想は崩壊してしまった。大連立構想が上手く行っていれば公明党は政権からはじき出されますが、池田大作名誉会長を証人喚問されるようなことは創価学会としては阻止しなければならない。だから政権与党から離脱することは許されない。

>もはや公明党は自民党の総裁を首を挿げ替えるのも自在となり、現在の自民党はかつての自民党とは異なり創価学会の支援無しには選挙に勝てない議員を沢山抱えている。こうなれば総選挙に敗れて政権を投げ出して、公明党とも関係を解消して出直すしかないだろう。現在のままでは政権を維持しても公明党のリモコン政党になってしまう。

>今回の福田辞任劇と創価学会スキャンダルとは深い関係があり、池田名誉会長は自民党総裁選挙と臨時国会冒頭の解散によってスキャンダルを吹き飛ばすつもりなのだろう。このことによって一番利益を受けるのは公明党であり民主党だ。自民党としてはいったん下野して民主党と公明党を連合させてやれば、細川連立政権のように烏合の衆の政権は直ぐに崩壊する。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 184455 驚くほど横行している... | トップ | 184619 国の造幣局が印刷した... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。