*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

第5戦: アトゥラスBX 柳田、'ナイト レース初優勝快挙!'

2017年08月13日 09時47分00秒 | Ryu Siwon...*^^*
.(翻訳機使用)
kinta (@kinta_chan)さんが9:43 午前 on 日, 8月 13, 2017にツイートしました。
アトゥラスBX 柳田、'ナイト レース初優勝快挙!'
아트라스BX 야나기다, `나이트 레이스 첫 우승 쾌거!`
https://t.co/detcvg2HdZ
(https://twitter.com/kinta_chan/status/896532583823036416?s=09)

(画像)
(画像)

アトゥラスBXティムの柳田真孝(日本)がナイト レースでシーズン初めて優勝した。

柳田は12日夜江原道(カンウォンド)インジェスピディウム(1周3.908km)で開かれた'2017 CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ' 5ラウンド ナイト レース キャディラック6000クラス決選で競技中盤先頭に出た後ただ一度も追い越しを渡さない疾走を広げて優勝をおさめた。 柳田はチームにシーズン3勝目も抱かれて、チーム得点1位を守るのに大きい貢献をした。

この日ナイト レースに繰り広げられた決選では初めての周から何と5台が衝突でリタイアをしながら再スタートをしなければならないほど序盤から迂余曲折が多いレースであった。 再出発後予選1位であるチョン・ウィチョル(エックス他レーシング)と2位チョン・ヨンイル整然(ハンターインジェレーシング)が激しい先頭争いを行った。 しかし8周目チョン・ウィチョルとチョン・ヨンイルの車両が衝突してサーキットの外ではねられていく間すぐに後に従った柳田がいち早く先頭に出たし。 これを最後まで守った。

(画像)
(画像)
(画像)

衝突事故でチョン・ヨンイルは右側ヘッドライトが破損する危機の中でも2位に上がる立派な競技を繰り広げた反面、ナイト レース3年連続優勝を狙ったチョン・ウィチョルは13周目競走車両異常でピットインをしたために惜しく15位に完走するのに満足しなければならなかった。

この日競技の結果3位にチェッカー旗を受けた井出有治(エクスタレーシング)が衝突違反ペナルティを受けて4位に押し出されたし、後にあったキム・ドンウン(CJロジスティックス レーシング)が3位に上がる喜びを味わった。 だが、井出有治は得点ポイントを追加して序盤衝突事故でリタイアをしたチョ・ハンウ(アトゥラスBX)を抜いてドライバー得点1位を奪還した。

5位~10位まではオ・イルギ(第一製糖レーシング),チェ・ミョンギル(ソルライトゥインディゴ),ティム・ベルグマイスター(アトゥラスBX),キム・ジェヒョンとカン・ジンソン(以上イーエムモータースポーツ),アン・ヒョンジュン(ドリームレーサー-ディエイ)順だ。

(画像)
(画像)

一方先立って開かれたASA GT1決選ではキム・ジュングン(ソハンパープル-レッド)がポールトゥフィニッシュで優勝を握った。 同じチームのチョン・フェウォンが2位、ベテラン ドライバー イ・ジェウ(シボレーレーシング)が3位に上がった。

ASA GT-2クラスはオ・ハンソル(アールエンドス レーシングチーム)がポールトゥフィニッシュを勝利をおさめたし、ノ・ドンギとソン・インヨン(以上ドリームレーサー-ディエイ)がそれぞれ2,3位に並んで授賞台にのぼった。

ASA GT-4クラスではハン・ミョンヒ(ドリームレーサー-ディエイ)が優勝して2012年チョン・ナンヒ優勝以後でスーパーレースで2回目優勝を記録した女ドライバーで記録された。

CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ6戦銭は来る9月3日 ヨンインエバーランド スピードウェイで開かれる。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イマソラ | トップ | 晩飯 »
最近の画像もっと見る

Ryu Siwon...*^^*」カテゴリの最新記事