*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

第3戦: スーパーレース キャディラック6000,チョ・ハンウ シーズン2勝を上げて

2017年06月18日 19時44分30秒 | Ryu Siwon...*^^*
kinta (@kinta_chan)さんが5:46 午後 on 日, 6月 18, 2017にツイートしました。
슈퍼레이스 캐딜락 6000, 조항우 시즌 2승을 올려
スーパーレース キャディラック6000,チョ・ハンウ シーズン2勝を上げて
https://t.co/jmx5grjSxt
(https://twitter.com/kinta_chan/status/876360443962417152?s=09)

(翻訳機使用)

슈퍼레이스 캐딜락 6000, 조항우 시즌 2승을 올려
경쟁 속 되돌려 받은 아트라스 BX, 엑스타의 숙제로 남다

スーパーレース キャディラック6000,チョ・ハンウ シーズン2勝を上げて
競争の中返してもらったアトゥラスBX、エクスタに宿題に残る
2017-06-18 龍仁(ヨンイン)=ハン・チャンヒ編集長

(画像)

[写真=韓国モータースポーツ記者団] CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ(以下スーパーレース) 3戦キャディラック6000クラス決勝が18日龍仁(ヨンイン)エバーランド スピードウェイ サーキットで開催された中でアトゥラスBXチョ・ハンウ(No 10)がシーズン2勝目を上げてドライバーチャンピオンシップ先頭に出た。

特に、チョ・ハンウはエバーランド スピードウェイで繰り広げられた競技で全部優勝をおさめて他のチームには恐ろしい存在に残ることになった。 チョ・ハンウは予選を通じてチョン・ヨンイル(ハンター-インジェレーシング、No 3)とステファンラジンスキー(アトゥラスBX,No 93),ティムベルグマイスター(アトゥラスBX,No 9),タカユキアオキ(チーム106,No 19)の競争を受けなければならなかったが開幕戦の思い出があるためなのかあまり難しい表情ではなかった。

(画像)

24台のストックカーが参加して21ラップに繰り広げられたキャディラック6000クラス ローリング スタートが進行されてポール・ポジションを捉えたチョ・ハンウが先頭に出た後3グリッドにあったステファンラジンスキーがチョン・ヨンイルを追い越して2位に出た。 また、タカユキアオキを抜いてエクスタデュオのイデユウジ(No 7)とチョン・ウィチョル(N0 1),そしてチェ・ミョンギル(ソルライトゥインディゴ、No 85)がティムベルグマイスターの後方に立って追い越し競争を始めた。

(画像)

3ラップに入ってステファンラジンスキーの後方で席を出したチョン・ヨンイルのもう少し近く近寄っていたし、イデユウジもティムベルグマイスターと近接していつでも追い越しが可能を知らせた。 特に、今年に入って最も暑い天気の中猛暑により先頭圏にあるチームとドライバーが車両のコンディションを調節するように序盤レースは果敢な追撃よりは安定したペースを維持していた。

(画像)

これとは違い4位を置いてレースを継続しているティムベルグマイスター、イデユウジ、チョン・ウィチョル、チェ・ミョンギルに続きタカユキアオキまでははやいスピードで競争を継続して熱いことも忘れるようにさせた。 後方でレースを広げるキム・ジェヒョン(イエネムモータースポーツ、No 38)は出発後順位を引き上げてリュ・シウォン(チーム106,No 72)と順位競争を広げた。 また、オイルギ(第一製糖レーシング、No 11)とキムドンウン(シージェイロジスティックス レーシング、No 2),キム・ウイス(第一製糖レーシング、No 17)もポイント圏 に入るための競争を継続して序盤レースを広げた。

(画像)

競技序盤から数ラップ目続いているチョン・ウィチョル、チェ・ミョンギル、タカユキアオキの順位競争は一寸の譲歩もなしで続いたし、先頭圏で競争を広げているチョン・ヨンイルも先んじたステファンラジンスキーと距離を0.3秒差に減らして追い越しのための準備ができていることを知らせた。 このような順位競争の中で先頭で出たチョ・ハンウは2位のステファンラジンスキーと3秒以上距離を広げて2連勝のためのレースを順調に進めていった。

(画像)

順位競争の中追い越しを狙ったイデユウジは12ラップ目先んじたティムベルグマイスターを抜いて4位にのぼるのに成功したし、チョン・ヨンイルも13ラップに入ってステファンラジンスキーの内側コーナーをとらえて追い越して2位にのぼるのに成功した。 ここにもう少しスピードを出したイデユウジは先んじたステファンラジンスキーの後方にぴたっと近寄って、追い越し機会を再び狙っていた。 特に、チョン・ウィチョルとチェ・ミョンギル、タカユキアオキの競争にオイルギまで追加されて中盤レースはより一層開くを帯びるようにさせた。

(画像)

16ラップに入ってチェ・ミョンギルが先んじたハンドキャップ ウェイトを持っているチョン・ウィチョルを、オイルギもタカユキアオキを追い越して順位変動を導いた。 順位をあげたオイルギは再び先んじたチョン・ウィチョルを追い越したが容易に見えなかったし、かえってタカユキアオキの反撃を受けなければならなかった。 だが、タカユキアオキの反撃をよく防御したオイルギは先んじたチョン・ウィチョルと距離を再び狭めようと試みて後半ペースを上げ始めた。

(画像)

競技が終盤に近寄って先んじていたイデユウジがスピードが減ってティムベルグマイスターが余裕があるように追い越して順位を引き上げたし、競争の勢いを乗って同僚であるステファンラジンスキーまで追い越して3位にポディウムに上がることができるようになった。 だが、2位にあるチョン・ヨンイルに追いつくには多くの距離の差が広がっていてさらに多くの追撃は難しいように見られた。

(画像)

結局、エバーランド スピードウェイで進行されたスーパーレース3ラウンドは序盤から前に出たチョ・ハンウがポール ツーフィニッシュで優勝を握ったし、その後を熱い勝負終わりに再び2位にのぼったチョン・ヨンイルが、3位は競技終盤3位までのぼったティムベルグマイスターが占めた。 また、初めての国内レースに挑戦したステファンラジンスキーが最後にチーム同僚に席を渡して4位を、イデユウジが最後に順位を維持できないまま5位に競技を締め切った。

スーパーレース4ラウンド競技は来る7月14日~16日までコリアインターナショナルサーキットでアジア モータースポーツ カーニバルに進行される。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イマソラ | トップ | 晩飯 »
最近の画像もっと見る

Ryu Siwon...*^^*」カテゴリの最新記事