*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

第2戦:[スーパーレース2戦] 井出有治 前面に出したクムホタイヤ、キャディラック6000クラスで圧倒的な競技力で優勝

2017年05月15日 10時26分39秒 | Ryu Siwon...*^^*






[슈퍼레이스 2전] 이데 유지 앞세운 금호타이어, 캐딜락 6000 클래스에서 압도적인 경기력으로 우승
[スーパーレース2戦] 井出有治 前面に出したクムホタイヤ、キャディラック6000クラスで圧倒的な競技力で優勝

(画像)

[イーデイリーオートinキム・ハクス記者] エクスタレーシングの井出有治、チョン・ウィチョルがかたい走行を前面に出してCJ大韓通運スーパーレース キャディラック6000クラス2ラウンドでワンツーフィニッシュを達成した。

今回の競技結果を通じてエクスタレーシングは開幕戦でワンツーフィニッシュおよび4位を達成してシーズン競争で優位をを占めたアトラスBXレーシングに対抗して今年のシーズン激しい競争の開始を知らせた。

前日の13日進行された予選でもエクスタレーシングの強勢が引き立って見えた。 特に井出有治は2分14秒460の記録を出してキャディラック6000クラス ポール・ポジションを確定したし、チョン・ウィチョルやはり2分14秒842を記録して2位にの名前を上げた。

14日井出有治を先鋒でしてローリング スタルで始まったキャディラック6000クラス決勝競技は競技序盤からエクスタレーシングを中心に進行された。 井出有治とチョン・ウィチョルがなめらかなスタートでオープニング ラップを始めた反面3位からは競技序盤から順位競争が繰り広げられた。

(画像)

実際のオープニング ラップではファン・ジンウがチョ・ハンウを、中位圏のキム・ドンウンが5位まで順位を引き上げる姿であったし、2ラップではE&Mモータースポーツのキム・ジェヒョンがピットイン、カン・ジンソンは車両が破損してそのままリタイアした姿を見ることができた。 その上チョ・ハンウはペースが落ちて8位まで落ちた。 一方個人通算100競技を達成したリュ・シウォンやはり3ラップでリタイアした。

中上位圏が混乱これに対し陥った状況で競技序盤にはエクスタレーシングの井出有治とチョン・ウィチョルが互いに競争して競技を繰り広げて競技を継続した。 競技中盤にはタカユキアオキとチョン・ヨンイルの競争をはじめとして柳田真孝とキム・ドンウンの競争を見られたのに9ラップではキム・ドンウン、柳田真孝、オ・イルギ、チョ・ハンウ、タカユキアオキなどが中上位圏競争の広げて観覧客の耳目を集中させた。

競技序盤から安定的に先頭の席を守ったエクスタレーシングの井出有治と2位のチョン・ウィチョルは一番最初に18ラップを達成してチェッカーを受けて競技を終えた。 3位は競技序盤に3位に上がって安定した運営をリリースしたファン・ジンウがポディオムの残った一つの席を満たした。

一方キャディラック6000クラスは競技後半スタート隊列離脱に対する審査が進行されて競技終了後キム・ドンウン、柳田真孝、ソ・スンボム、キム・ウイス、キム・ジュンウ、キム・ジャンレ、リュ・シウォン45秒のペナルティが付与されて最終順位が大幅変更されたがエクスタレーシングのワン・ツーフィニッシュはそのまま記録で残ることになった。

(画像)

エクスタレーシングの井出有治は“良いタイヤを作ったクムホタイヤに感謝の伝える”として“今年のシーズンはやく優勝をして上昇の勢いに乗ろうと思ったがその2ラウンドで優勝をすることになったし今後も最善をした”と所感を明らかにした。

CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ3ラウンドは来る6月18日ヨンインスピードウェイで開かれる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月14日(日)のつぶやき その3 | トップ | 晩飯 »
最近の画像もっと見る