*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

スーパー6000出馬表より、リュ・シウォンのチーム106

2017年04月04日 19時37分11秒 | Ryu Siwon...*^^*


(出処:오토레이싱 2017年4月4日)翻訳機使用
2017 CJ대한통운 슈퍼레이스 슈퍼 6000 출사표⑤ 류시원의 팀 106, “챔피언 타이틀 차지할 수 있도록 철저하게 준비했다!”
2017 CJ大韓通運スーパーレース スーパー6000出馬表⑤リュ・シウォンのチーム106,“チャンピオン タイトル占められるように徹底して準備した!”

オートレーシングは4月15~16日ヨンインエバーランド スピードウェイ開幕戦を控えているCJ大韓通運スーパーレース最高種目スーパー6000クラスのチーム106と書面インタビューを進めました。 リュ・シウォンが監督兼ドライバーで、チョン・ヨンイル(現ハンターインジェレーシング)とツートップで昨年出場したこのチームは今年タカユキアオキ[青木孝行]を迎え入れて戦列を再整備しました。 次はリュ・シウォン監督が送ってきた返事を質疑応答で再構成したのです(編集者).

(画像)
予選途中モニターを見ているリュ・シウォン監督. 写真=スーパーレース


オートレーシング: 開幕戦を含んでチームの2017シーズン目標は?

チーム106: 今年のシーズン! タカユキアオキ[青木孝行之]を迎え入れることによってシーズン チャンピオンを目標にしている。 モータースポーツファンならばなじむ青木は2012シーズンのうちスーパー6000クラスでポール ツーフィニッシュをおさめるなど視力をすでに検証受けた。 それで開幕戦から二台の完ぺきなチーム106マシンで本人と青木が良い結果をおさめられるように努力する。


オートレーシング: ストーブリーグの間チーム体質を改善するために注力した部分は?

チーム106: 新しいドライバーの招聘が最も大きかったようだ。 ここでチームのメカニックを補強して現在は何より成績を出せるようにマシンに最も多く気を遣って準備中だ。 開幕戦から変わったチーム106の姿を見せるだろう。 ここにモデル ラインを再構成するなどファンたちとより一層親和的なチームになるようにする計画だ。


オートレーシング: 今年のシーズン チームのドライバーラインナップは?

チーム106: 先立って明らかにしたように本人が監督兼ドライバーで青木と出場する。 私たちは72年生まれ同年齢の友達でドライバー皆レース経歴が20年になったベテランだ。 良い呼吸で見事な競技をプレゼントする。

青木はスーパー6000で外国ドライバーのうち最も経験が豊富だ。 今年は日本スーパーGT 300クラスに出場して日本と韓国を行き来してレースを広げる予定だ。 今年二人のドライバーの活躍をたくさん応援するように願う。


オートレーシング: リュ・シウォンと青木のシーズンをむかえる心境と目標は?

リュ・シウォン: 昨年に多様なセッティングを通したデータを蓄積できて今年はより一層はやくなると期待している。 上位圏と競争に合流して優勝を目指している。

アオキ: 良いチームに合流してうれしい。 チーム106の完ぺきなマシンでリュ・シウォン監督と共に完ぺきなチームワークでチーム106に優勝を抱かせられるように最善を尽くす。 チーム106の素敵なレースに多くの応援お願いする。


オートレーシング: 今年のシーズン変わった規定(予選方式とタイヤ使用個数など)に対する方案は?

チーム106: タイヤを含んだ規定はすべてのチームに同じように適用される。 このために私たちは私たちのチームだけのノウハウで対応するつもりだ。 ただし今後スーパー6000はワンメイク レースに合うようにタイヤも単一ブランドに変えなければなければならないと考える。 現在の規定はワンメイク レースの本質から抜け出している。


(画像)
日本人ドライバータカユキアオキ[青木孝行]を迎え入れたチーム106の今年のシーズン目標はタイトルを取得することだ。 写真=スーパーレース


オートレーシング: ヨンインエバーランド スピードウェイで今年は4競技をおこなってそのどの時より適応力が重要なことと見えるが?

チーム106: 基本的に二人のドライバー皆エバーランド トラックに経験が多くて大きい心配はない。 他のチームも同じ条件だと見る。


オートレーシング: 昨シーズンと比較してチームの変化があるのか?

チーム106: 最も大きい変化は青木の招聘だ。 チーム モデルも2人をさらに補強した。 今年も韓国タイヤの後援と支援が続いて、新しく田辺スプリングと後援契約を結んだ。 青山メインランドとアルス カンパニー、ボッシュ、J5サスペンション、モチュールとピコサウンドも一緒にする。 スポンサーに心より感謝して良い結果で報いる。


オートレーシング: チームを導いて‘喜怒哀楽’を表現するならば?

チーム106: 喜はチームが優勝する時でないかと思う。 怒は公正でない状況である時で皆が同じだろう。 哀はレースをしながら感じたことがない。 楽は最善を尽くしてレースをする時だ。


オートレーシング: CJ大韓通運スーパーレースが粘り強く成長しているようだ。 もっと出るには?

チーム106: 多くの改善と発展はあると考える。 だが、まだ改善しなければならないことがとても多い。 チームとドライバーだけでなくプロモーター、すべての関係者たちがみな一緒に知恵を集めなければならない。 基礎がとても丈夫なレースになることを願う。


オートレーシング: 最後にしたい話は?

チーム106: 現在に安住しないでもっと出られるように私たち自らが改善して努力しなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩飯  | トップ | SUPERRACEより »
最近の画像もっと見る

Ryu Siwon...*^^*」カテゴリの最新記事