*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

第4戦: スーパーレース キャディラック6000決勝で 青木 初勝利

2017年07月17日 08時27分56秒 | Ryu Siwon...*^^*
kinta (@kinta_chan)さんが6:31 午後 on 日, 7月 16, 2017にツイートしました。
スーパーレース キャディラック6000決勝でアオキ初勝利
슈퍼레이스 캐딜락 6000 결승서 아오키 첫 승
https://t.co/VKWVCZ9krT
(https://twitter.com/kinta_chan/status/886518592132362240?s=09)


(出処:2017-07-16)翻訳機使用

슈퍼레이스 캐딜락 6000 결승서 아오키 첫 승
팀106에게 시즌 첫 승 선물…시즌 선두 경쟁에 나서다

スーパーレース キャディラック6000決勝でアオキ初勝利
チーム106にシーズン初勝利プレゼント…シーズン先頭競争にでる

2017-07-16 霊岩(ヨンアム)=ハン・チャンヒ編集長

(画像)

CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ4戦が15~16日全南(チョンナム)、霊岩(ヨンアム)、コリアインターナショナル サーキット(以下KIC)で繰り広げられる中で大会最高クラスであるキャディラック6000クラス決勝が16日に進行された。 ここでタカユキアオキ[青木孝行]は序盤競争で最後まであきらめなくてドライバーとチームにシーズン初優勝を伝達した。

(画像)

前日予選を通じてポール・ポジションはチョ・ハンウが占めた中でその後をチェ・ミョンギル、チョン・ウィチョル、タカユキアオキ、ティム・ベルグマイスター、イデユウジ[井出有治]などが布陣して容易ではない競技を予想するようにさせた。 ここに後方に位置したオ・イルギ、キム・ウイス、チョン・ヨンイル、キム・ドンウン、ファン・ジンウ等も優勝候補競争から抜け出ることができないので優勝競争を導くのに充分に見えた。

(画像)

スタートが進行されてキム・ドンウンの車両に事故発生しながら順位が全体的に変化があった。 4グリッドにあったタカユキアオキが先頭に出たし、その後をイデユウジとチョン・ウィチョルを布陣してチョ・ハンウを4位に押して出した。 ここにキム・ウイス スピンをしながら序盤レースが困難を経験したあげくSC状況が発令された。

(画像)

競技が再開された後先頭競争を広げているタカユキアオキとイデユウジ、チョン・ウィチョル、チョ・ハンウの追い越し競争が起きた。 チョ・ハンウは先んじたイデユウジを追い越して3位にのぼったし、2位にのぼったチョン・ウィチョルも先頭であるタカユキアオキを追い越すようにために近接競争を広げ始めた。 また、その後に続いてティム・ベルグマイスターとオ・イルギが順位競争を導いて18ラップ競技の序盤レースを進めた。

(画像)

5ラップに入って先頭であるタカユキアオキとチョン・ウィチョルの間隔は0.5秒差でKICで優勝するための二人のドライバーのレースは続いた。 6ラップに入るために各人ストレートを通過したチョン・ウィチョルはタカユキアオキ インコーナーを攻略して追い越しをするのに成功して先頭に出たし、以後スピードを上げて距離を広めていき始めた。 これとは違い中位圏で競争を広げたリュ・シウォンはアン・ヒョンジュンと追突をしながらコースに車両が立ち止まってしまった。

(画像)

3位を置いて競争を広げたチョ・ハンウとイデユウジは7ラップに入って勝負が分かれた。 スピードが落ちたチョ・ハンウのサイドを食い込んだイデユウジが直線に入って果敢に追い越しを試みて3位にのぼった。 また、柳田真孝もチーム同僚であるティム・ベルグマイスターを追い越して順位を引き上げてレースを濃がっていった。

(画像)

だが、9ラップに入るとすぐに先頭に走ったチョン・ウィチョルが車両に問題があるようにピットに入ったし、先頭は再びタカユキアオキが位置してレースを導いた。 ここに中位圏で順位競争を始めたオ・イルギは先んじたドライバー追い越して10ラップが越えて6位までのぼるのに成功した。 これとは違い16グリッドから出発したキム・ジェヒョンは追い越しを進めて10位に進めたがドライブ スルーペナルティを受けて再び力に余ったレースを進めることになった。

(画像)

競技が終盤に至ってタカユキアオキが相変らず先頭を維持しているなかで2位に上がったイデユウジと7秒以上の距離の差を広げていった。 ここにイデユウジは3位であるチョ・ハンウはこれ以上追撃戦よりは安定したレースに集中をするように見えたし、その後をチーム同僚である柳田真孝とティム・ベルグマイスターが4,5位に位置していた。

(画像)

この後これ以上追い越し競争は起きなかったし、序盤先頭に出た後チョン・ウィチョルに席を奪われたが再び先頭を捉えたタカユキアオキがシーズン初優勝を握った。 その後に続いてイデユウジとチョ・ハンウが占めてシーズン先頭競争はより一層困難を持たさせた。 特に、先頭に走ったチョン・ウィチョルのリタイアはエクスタレーシングはもちろんドライバーにも大変なシーズンを作るようにする。

(画像)

一方、この日の競技でソルライトゥインディゴ レーシング チェ・ミョンギルはチーム同僚であった故ソ・スンボム選手のマシン(No. 14)を乗って出場した。 特別出走方式で競技に参加したチェ・ミョンギルはチーム同僚が好きだったレースの最後を追慕するために競技に臨んだし、2ラップ後ピットインし最後のレースを広げることもした。

(画像)

次の競技であるスーパーレース キャディラック6000クラス5ラウンド競技は来る8月11日~12日インジェスピディウムでナイトレースに開かれる。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月16日(日)のつぶやき その3 | トップ | 晩飯  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む