幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

惜しまれる呉松山フェリー

2009-05-27 05:20:25 | 蒲刈・とびしま海道


先月に続いて松山へ出張整体に行ってきました。
6時発のフェリー、阿賀から堀江の航路が廃止になりそうということで
今後、松山出張の効率がかなり悪くなりそうです。
いまさら、この航路の有難さを感じます。



旅というのは1000円でいけることがすべてではなくて、ゆったり船の旅や
ガタゴト、ローカル線の旅も必要なのですがスローな生活は
どうやら資本主義社会では生き残りにくいようです。



オレンジ色の太陽の光をあびて阿賀港を出発して1時間、
海は青々としてきました。島のそばをとおります。
航路の地図でみると野忽那島(のぐつなじま)とその沖にある小さなしま田ノ島
だと思われます。

地図を眺めてると、斎灘とかいてる。



堀江港に到着。この港に降りることもそのうなくなるのですね。



堀江の駅前。ここに到着が8時少し前、一日のスタートとしては
いい時間です。学生や散歩する人など少しずつ動き始めています。



堀江港から徒歩5分、JRにのって11分でJR松山駅に着くわけですから
こんなに便利な船はないのです。それになんといっても運行時間の幅が
とても長い、朝4時から夜は9時半ですからね。

料金あがっても残るようなことがおこらないかなぁ。

広島ブログ
 ↑
人気ブログランキングに参加しています。1日1クリックお願いします。


整体院のHP → 
『広島県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道後温泉駅 | トップ | 俳句の町 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くりき妻)
2009-05-26 08:04:04
このニュース、私もなんだかとてもやりきれない思いで見ました。

本当に必要なものが、この進んだ時代にあって適当な緩和や憂慮もされず、見捨てられてゆく・・・

淘汰というひと言では悲しすぎます・・・。
Unknown (金星)
2009-05-26 08:53:28
>くりき妻さん
今朝の新聞では高速道路1,000円の影響とはっきり書いていましたね。
これは呉と広島の人が別ルートで松山にいくようになったのではなく、他の観光地にいったと
いうことだろうと思います。
さて、松山に行ってみようと思ったときには
残念なことになってるのですよね。
残念です (呉市民まりもん)
2009-05-26 12:26:08
コレ聞いて泣きましょう(T_T)
「松山行きフェリー」
http://www.youtube.com/watch?v=b2jFe5IZCg0
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND36441/index.html
残念でなりません (yamayu)
2009-05-26 16:31:40
やまあらしさんも悲しんでましたー。
安くて便利だったのに残念です。
堀江港の食堂とかどうなるんだろう…。
Unknown (金星)
2009-05-27 05:00:22
>呉市まりもんさん
コメントありがとうございます。
この曲、いいですね、船旅のゆっくりした感じによくあいます。

>yamayuさん
原油高とETC1000円がきいたのはわかるのですが、しまなみ全開通は尾道~今治ルートなのでこの航路とはあまり関係ないと思うんだけどね、一度値上げしてでも続けてみて欲しかったですね。
Unknown (やまあらし)
2009-05-28 08:04:57
 恐れていたことが現実になった、という感じがします。


 こういう事がある度に、エコだスローライフだと騒がれている事が欺瞞でしかないように思えます。


 もう少し値上げ・減便してでも存続して欲しい。
Unknown (金星)
2009-05-28 08:40:35
>やまあらしさん
そうなのです。どこまで値上げしたら本当にお客さんが減っていくのかもう少し調査してほしかったですね。
最終便の乗ってたトラックはかなりいたのであれが橋に流れたとは思えないのです。

お願いなので考え直すように説得してください。
国道33号で高知から、呉松山フェリー! (呉松ファンのホテルマン)
2009-06-07 22:01:04
幼少の頃から乗り慣れ親しんだ航路…、その頃はまだ完全に車搭載スペースが覆われていないタイプの船(呉松さんすみません!)が主流で、時々「どうご丸」→現在スタイルの先駆け的存在? に乗り合わせることもありました。船体塗装も当時は肌色一色で瀬戸内海の穏やかな色彩にも溶け込んでいた記憶が鮮明に残っております。着船案内放送の前に「真珠貝の歌」が流れていた頃もあり、このフェリー独特の味わいを感じたものでした。「(次の便は)後進積」の指示案内表示や港窓口にあった巻き取り型の船名表示「次の~ほりえ丸」、今は昔となる日が…。
Unknown (金星)
2009-06-08 13:03:57
>呉松ファンのホテルマンさん
コメントありがとうございます。ずっと昔の話もなんとなく、あ~そんな感じだったかなぁと思います。どんなに便利になってきても船は船のよさとして瀬戸内をはしっててほしいですね。
ありがとうございました!! (カメリアⅡ)
2009-06-21 22:31:21
なにげに検索してみました呉・松山フェリーの船員です。
私自身もこの航路がなくなるのはとても残念です↓↓やはり時代の流れには勝てないものがありますね。
でもこんなふうにお客様に喜んで御乗船いただいてとても船員としても嬉しく思います。
またたくさんの人たちが喜んで乗船していただいたのでこの航路の使命は果たせたと思います。
今まで本当にありがとうございました!!

コメントを投稿

蒲刈・とびしま海道」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL