松江のお茶 製造直売『錦峰園』 松江のお米 栽培直販『夢拓人』 野津家のブログ

お茶&お米&椎茸農家。

東京出身Iターン就農の夫+
農家の跡取娘の夫婦と両親で、
一生懸命農業に励んでいます。

渇水で、代掻き・田植え作業に難儀してま~す

2017年06月18日 20時57分24秒 | 

父 綴ります。

今日の夕方のテレビを見てたら、東京では雨傘を差した人たちが、、。

え~、関東では雨かよ~。 羨ましい~。

 

こっちでは、5月・6月の雨は2~3回で雨量は10mm程度が降ったかどうかくらいの状況です。

10日ほど前の7日(水)に、「入梅したと思われます。」の報道に期待感をもったものの、

その後は、曇っても雨は降ってくれてません。

早く今年の”田植え作業”を終えてしまって、ホッと一段落つけたいのに、、。

 

用水路からの水は、取り合い状況なので、排水路からの取水に作戦にしました。

エンジンポンプの4台をあっちの圃場、こっちの圃場に運びまわしながら、、、。

中には、エンジン不調のやつもあったりで。

(修理代と修理までの時間を惜しんで、点火プラグだけを発注して、自分達でキャブレーター掃除)

 

昨日は、午後からの作業の段取りのため、20aのカラカラの圃場に”3台のポンプ”を一斉に使って!。

昼休みしてる間に一気に水を溜めて”代掻き作業”だあって!。

 

私は、午後2時からの親戚の’法事供養’に行きましたので、

午後6時頃に帰宅して様子を聞くと、

『並んだポンプのちょっと先の畦元の3~4箇所の穴から水が漏ってて、うまい具合には行かなかったョ!』

あちゃ~、’ザリガニ’にしてやられたぁ。

 

 

 

”代掻き”を済ませても、2-3日後の土が落ち着いてからの”田植え”になります。

”田植え機械”も、水が表面に数cm溜まってないと、スムースな進行が出来ないので苦労します。

もちろん、その後にも水を切らさないようにしないと、「生育不調」や、

「一発除草剤」の効果が、陽射しによって消滅してしまって、やがてヒエなどの草が発生してきて、、、。

 

今夜時点の気象予想では、21日(水)22日(木)に雨傘とか、、、。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラクターに乗って、まだま... | トップ | 4サイクルエンジンもオイル供... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL